四緑木星 2021年12月の運勢 手中の成果を把握し充実を図る

四緑木星 12月 運勢と吉方位
2021年12月7日~2022年1月4日
まで四緑木星 12月本命星: 中央(中宮回座)
12月の吉方位:北・南西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北東・南
2021年 四緑木星の吉方位

 

四緑木星 2021年12月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

大雪の節入り時刻は、2021年12月7日6時57分です。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上のには二黒土星が回座し、年間通して死気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

九紫火星が巡る の祐気効果

  • カオス状態の悩み事を分離して解消する知恵に恵まれる。

 

南西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上の南西には三碧木星が回座し、年間通して歳破(未)となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

一白水星が巡る 南西の祐気効果

  • 物事を堅実的に取り組む姿勢と思慮深い思考が養われる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

四緑木星2022年の運勢 強運の風に乗る!発展の年

2022年 壬寅 四緑木星 運勢

四緑木星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

四緑木星 2021年12月の運勢 ~全体運~

九星気学 12月 運勢

四緑木星 12月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

12月の月盤上では、中央の「中宮」に本命星が回座し、年盤上の六白金星と同会します。(六白同会

12月の四緑木星は、中宮回座による「五黄象意」と六白同会による「六白象意」が主な課題となります。

中宮回座による主な五黄象意

中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

六白同会による主な六白象意

天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

被同会について

年盤上の震宮に回座する本命星には月盤上で回座する二黒土星が本命星に被ります。(二黒被同会

被同会は否が応でも二黒象意を他動的に被る傾向があります。

二黒被同会による主な二黒象意

大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い、裏方、大衆、従業員、母、妻

 

スポンサーリンク

 

2021年を締め括る月は「始まりの月」

12月の月支(月の十二支)は「子(壬子)」です。

「子(ね)」は、十二支で一番目の干支で「新たな始まり」を担う「地の気」であります。

そして、12月22日には「冬至」を迎える月です。

冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ「易経」に出てくる言葉です。

意味としては「陰の気が極まった後に陽の気が少しずつ復る」また、「悪いことが続いた後に幸運に向かう」ことを言います。

暦法上では子月の後半に訪れる「冬至」が1年の始まりとされています。

そして、来年(2022年)は「壬寅の年」従って「天の気」は「壬(みずのえ)」です。

「壬」は、糸巻きの真中が太くなった様子を表わす象形文字です。

その文字に人(女性)を足す「妊」に通じ「陽気を下に姙(はら)む」という意味があります。

「天の気」を担う十干が「壬の年(孕む年)」を迎える前にしっかり締め括り、そして12月の「子月」による地の気のエネルギーを用いて「新たな創造」へ歩む月となります。

 

挑戦を発展に繋げる年を迎える前のメンテナンス月

今年(2021年)の四緑木星は「挑戦の一年」で、これまでの努力と自己の才能を発揮する年です。

失敗を恐れずに「チャレンジ精神」を発動させて、勇ましく歩むことが開運行動です。

その一年も残りわずかとなりました。

来年(2022年)も強い年運は続きます

今年一年、自らが積極的に挑戦したが発展と拡大する年運(2022年)が巡ります。

 

急いては事を仕損じる

勢い強い年運に恵まれる最中に迎える、9月以降から始まった高運期によって、ここ週ヵ月の月運は強い運の勢いに恵まれていました

この勢いがこのまま続き、拡大路線で活動したい気持ちが高まるかもしれませんが…

勢い任せの歩みは「急いては事を仕損じる」となるでしょう。

 

今月(12月)は、これまでを振り返り、ここまでの成果を把握する月運が巡ります。

これまでの進捗が鈍化することで「焦り」が生じ、物事を意図的に早く進めるような傾向が現れるかもしれません。

月運としては「充実期」でありながら、本人のエネルギーが極まる月です。

自己の力技で物事を推し進めるような活動は控える方が良いでしょう。

時には立ち止まって、静観姿勢で周囲の状況を把握することも大事です。

また、振り返りと通して、改めて気づくこともあるでしょう。

改善するべき事は速やかに取り組むみ「充実を図る」ことが、2022年の盛運に役立つ開運行動となります。

 

停滞は一時的!運気に乗れている

今月(12月)は「完成、剛健、統率、権力」を担う六白金星と同会する月です。

六白象意の環境におかれるので、意識としては『決断力を最大限に活かして完璧に成し遂げて成果を得たい!』といった、気持ちが高まりますが…

その強いエネルギーを外に向ける(陽的作用)よりも、内に向ける(陰的作用)に活かすと良いでしょう。

受動的スタンスで「尽くす」ことが多くなり、達成感が得られないかもしれませんが

結果的には「情けは人の為ならず」のように、巡り巡って自分に返ってきます。

世話事が多く、そのための足踏み状態は一時的なことで済みます。

その様なことが発生することは「運の流れに乗れている証」ですので、ポジティブに捉えて下さい

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 12月の日運グラフ

12月7日 大雪(06時56分)から
四緑木星 12月の日運グラフ

12月22日 冬至(00時59分)から
四緑木星 12月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 12月の仕事運

仕事運

ここ週ヵ月は拡大路線で仕事に取り組んでいたスタンスを「内部の充実」に尽くすことが課題となります。

その内容においては、おかれている立場や業態によって様々になりますが。

基本的には、支障をきたす可能性のある状況や環境を整え改善することになります。

直接利益に繋がるような仕事内容ではないので「成果を手に入れる実感」を得ることは出来ないかもしれません。

しかし、組織の為に最善を尽くす事で必ず自分に戻ってきます

四緑木星の方は、四緑象意の「調整と信用」を「本命」に担うので、陰日向なく取り組む仕事ぶりが信用に直結し、四緑象意の「風」に乗って人々に伝わります

 

進むに利あり退くは凶

独断専行、依頼心、焦燥感を発動させるとトラブルに繋がり、諦めて退くと「ヤルベキことを先送り」しただけの結果しか得られません

本命星が五黄象意の「破壊と再生」を担う中宮に回座する月ですので、取り組む内容も少々ヘビーかもしれません。

しかし、諦めずに取り組み、そしてゆっくりでも堅実に歩むことが開運行動となります。

今月(12月)は「剛健、権力、威厳」を担う六白金星と同会する環境におかれるので、本来四緑木星が持っている柔和性が欠ける可能性があります。

無意識に横柄な態度と命令口調が表面に現れる可能性があるので、意識的に柔和な雰囲気を心掛けるようにして下さい

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 12月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(12月)の四緑木星は月盤の中央にある「中宮(ちゅうぐう)」という宮に、一ヵ月間回座します。

本命星が中宮に回座する時期は、周囲の様子を把握することが出来る反面、周囲からも見られる中心的存在となります。

身近な人や親などの方から紹介やお見合いの話が舞い込むかもしれません。

また、社交の場では持ち前の社交性と中宮回座の五黄象意による「引き寄せ力」が加わり「出会い」においては成果が期待できるでしょう。

ただ、今月(12月)は「完成」を担う六白同会の環境に本命星が置かれているので「完璧さ」を求める傾向があるようです。

もちろん! どこまでハードルを上げるか?下げるか?は本人次第となります。

 

礼儀と順序を守って対人運アップ!

恋愛のみならず人間関係における「活動」において、順序正しく進むことが大切な開運行動となります。

コミュニケーションや交渉事などで「先を急ぐ」ような進め方は慎む方が良いでしょう。

知り合ったお相手が、早急な進展を求めてくる方の場合は警戒心のレベルを上げた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 12月の金運

金運

今年(2021年)は「挑戦の一年」です。

来年(2022年)は、自発的に芽吹いた生命を発展させて、花を咲かせる「盛運の年」を迎えます

 

コロナ禍がきっかけとなって社会情勢が一変し、人々の価値観とライフスタイルも変わりました。

その最中に迎える「成長期」(2019年~2023年2月節分まで)なので、これまでの知識と感覚では通用しない可能性は大いにあります。

有形資産から派生する金銭だけでなく、無形資産からの可能性も加えて「資産に対する意識」を高めるような取り組みが必要になります。

まずは、今おかれている状況をしっかり把握して、長期的な計画を見直してみると良いでしょう

 

スポンサーリンク

 

2021年 四緑木星 金運アップの財布

九星別 金運財布

2021年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

2021年に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 12月の健康運

健康運

健康面においては基本的には良好です。

年間通して、本命星は「震宮」に回座し、三碧象意による「顕現化」を促す年運の気を受けています。

その最中に迎える今月(12月)は本命星が中宮に回座し、五黄象意の「古い問題」が表面化する月運が巡ります。

従って、何らかの持病をお持ちの方は再発予防を心掛けて下さい。

持病もなく、健康に問題を抱えていない方でも、これまでの生活習慣が何らかのカタチで「結実」として現れる傾向があるかもしれません。

これまでに良くない生活習慣を送られている方は、この機に生活習慣を見直すことをお勧めします。

 

 

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

四緑木星2022年の運勢 強運の風に乗る!発展の年

2022年 壬寅 四緑木星 運勢

四緑木星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

 

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 2021年の運勢

 

四緑木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

四緑木星の月運

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

四緑木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

 

四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

四緑木星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

子年 酉年 午年 卯年
1960年(昭和35)
2月5日4:23~
1961年(昭和34)
2月3日まで
庚子年

1969年(昭和44)
2月4日 8:59~
1970年(昭和45)
2月3日まで
己酉年
1978年(昭和53)
2月4日 13:27~
1979年(昭和54)
2月3日まで
戊午年
1987年(昭和62)
2月4日 17:52~
1988年(昭和63)
2月3日まで
丁卯年
1996年(平成8)
2月4日 22:08~
1997年(平成9)
2月3日まで
丙子年
2005年(平成17)
2月4日 2:44~
2006年(平成18)
2月3日まで
乙酉年
2014年(平成26)
2月4日 7:03~
2015年(平成27)
2月3日まで
甲午年
2023年
2月4日 11:43~
2024年
2月3日まで
癸卯年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ