五黄土星 今月の運勢

五黄土星 毎月の運勢

この記事では、五黄土星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星五黄土星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、五黄土星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”五黄土星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和7年(1932)2月5日~昭和8年(1933)2月3日
昭和16年(1941)2月4日~昭和17年(1942)2月3日
昭和25年(1950)2月4日~昭和26年(1951)2月4日
昭和34年(1959)2月4日~昭和35年(1960)2月4日
昭和43年(1968)2月5日~昭和44年(1969)2月3日
昭和52年(1977)2月4日~昭和53年(1978)2月3日
昭和61年(1986)2月4日~昭和62年(1987)2月3日
平成7年(1995)2月4日~平成8年(1996)2月3日
平成16年(2004)2月4日~平成17年(2005)2月3日
平成25年(2013)2月4日~平成26年(2014)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

五黄土星 今月の運勢と吉方位

五黄土星 5月 運勢と吉方位
2020年5月5日~6月4日まで五黄土星 5月 運勢と吉方位本命星: 中央(中宮回座)
5月の吉方位:南西・西(天道)・北東・南

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西
2020年 五黄土星 年盤

五黄土星 2020年5月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

外出自粛要請は5月6日までが、5月末まで延長が確定しました。

従って、祐気取りにおいては、人混みを避けて日盤吉方をとる散歩程度をお勧めします。

 

南西

二黒土星が巡る 5月の南西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西殺気方位ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 身体健全と心の安定

 

西天道

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西暗剣殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

七赤金星が巡る 5月の西の祐気エネルギー

天の道(お天道様)から福徳を受けると言われる程の「天道」吉方位です。

お買い物やウォーキングなどに日盤吉方にご活用下さい。

  • 金運・恋愛運アップ

 

九紫火星が巡る 5月の南の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では歳破殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 物事の本質を見抜き、先見の明が促される

 

北東

八白土星が巡る 5月の北東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北東死気方位ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 俯瞰力を養う

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

五黄土星 2020年5月の運勢
内に存在する原因追及を通して本物を見出し視界が変わる

五黄土星 5月「月盤と年盤の関係」
中宮回座により七赤同会。震宮にて三碧被同会。(上記の年盤と月盤参照)

5月の月盤では、五黄土星は「震」と書かれている「震宮(しんきゅう)」という宮に入ります。

5月 吉神 月盤

その中宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「最強」となります。

しかし、その強いエネルギーを対外的に発動するのではなく!

「内容(自己)の充実」を図るための強いエネルギーです。

開運ワードは「周囲への気配り」

 

あらゆる角度から自分を知り自己成長に繋げる

今月(5月)の五黄土星は、月盤の中央である「中宮(ちゅうぐう)」という宮に入ります。

この宮に本命星が入るタイミングの時は、とてもエネルギーが強い状態であります。

月盤の場合、盤の中央に入る星が、その月の中心的存在となるので、世の中全体的に「五黄的な象意」が高まります。

従って、五黄土星生まれの方もエネルギーが高まるのですが、その強いエネルギーを他者に向けてはいけません。

強いエネルギーは自分に向け、そして自己成長へ繋げる。

その為のエネルギーなのです。

今月(5月)の五黄土星は、七赤金星と同会する月です。

七赤金星は悦楽を担う星でもありますが、「不足」を象徴する星でもあります。

なので、この時期の五黄土星は自分に足りない部分を知り、それをしっかり自己受容することで「自己メンテ」が促され、自己成長に繋がります

とは言っても…「自分に足りない部分」は、案外自分で見つけ辛いものですよね。

そこで、一例として…

自らの中から込み上げてくる「不満」と向き合ってみるのも一つの方法です。

「不満」は、不満元となり得る事柄(人物)にターゲットを向けて報復してしまいがちですが。

stop!

その行動の前に一旦落ち着いて、ターゲットを自分に向けてみましょう!

何故?不満を抱くのか?

不満の根源は?(内的原因)…

改めて冷静に向き合ってみると、本当は…自己の承認欲求を満たしたいだけかもしれません。

では、何故?承認欲求を満たしたい?

他者に認めて貰わないと自信が持てない。

では何故?自分で自分を認めることが出来ない?

要するに自分を「信じていない、自信がない」。

もって突っ込んで言えば、「自分で自分を認めることが出来ない為にぽっかりと開いた心の穴を他者から供給して埋めようとしている」ことが原因なのかもしれません。

この話は、たとえ話で、ほんの一例です。

あらゆる角度から客観的に自分と向き合い、そして、「なぜ?どうして?」を活用して追求することで、気付かなかった「自分」が見つかるかもしれません。

自分自身の探求を通じて、新たな自分を発見し、更には新たな才能(隠れた資質)に気づくかもしません。

今年(2020年)の五黄土星は、自身の才能を活かして飛躍する年運が巡っているので、この時期に行う「自己メンテ」は非常に有益性の高いチャンスの元を手に入れるはずです。

「不満」を抱くことは誰にでも起こる感情ですから、罪悪感を感じたり、胡麻化してやり過ごすよりも追及することで腑に落ち、気が楽になるかもしれません。

不満(不足)と悦楽の星、七赤金星と同会するタイミングを大いに活用して下さいね。

 

五黄土星 5月の日運グラフ

5月5日から20日まで
五黄土星 5月 日運グラフ

5月21日から6月4日まで
五黄土星 5月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。
※五黄土星と冲(対面)により起こる暗剣殺は、五黄土星にはありません。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

五黄土星 5月の仕事運

仕事運

これまでの活動や努力の結果が「結実」となって表面化する月運に恵まれます。

また、中心的存在となる月でもありますから、周囲への気配りも多くなるでしょう。

面倒になって気配りを疎かにすると不備や不足が発生するかもしれません。

他者との関りだけでなく、自分自身にも起こり得る事柄ですから、何事も意識づけしながら業務に取り組みましょう。

仕事だけに関わらず、何事も「心」がどこかに行った状態で作業を行うと「無意識(潜在意識)」が発動されます。

それが、本当の自分なのですが、公的な場で発動させる意識ではありません。

しかし、無自覚・無意識が原因で何らかのミスが発生した際は、自分と向き合うチャンスとして捉え、改善策に取り組みましょう。

無意識を顕在化へ向かわせ、自由自在にコントロールできる技を手に入れることが出来るでしょう。

熟練した作業ほど、意識を集中させることで素晴らしい結果が得られます。

 

 

五黄土星 5月の恋愛運

恋愛運・人間関係

悦び・恋愛・社交・金銭を担当する七赤金星と同会する月ですから、恋愛においてはチャンスが多く、また中心的存在となり得る場面も多いので、きっとお誘いのチャンスも多いでしょう。

今年の年盤では、東の「震宮」に本命星(五黄土星)が一年間入り、その上(月盤)に三碧木星が被る(被同会)の月です。

他動的なご縁としては、年下もしくは、年上でも若々しい、元気で楽し気な人とのご縁があるかもしれません。

出会いの機会やイベントがあれば積極的に活動することをお勧めします。

ただ、今月末まで外出自粛要請が発動しているので、何かと活動し辛いかもしれませんが…

来月(6月)の運気は好調ですから、安心してください。

今月(5月)だけに限ったことではありませんが…

この時期は特に陰口や噂話を面白おかしく盛って話すと、ブーメランを喰らってしまうかもしれませんから、人の噂話はスルーするほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 5月の金運

金運

副業をされている方や趣味を活用することで収入アップが期待できる月運に恵まれています。

また、人によっては祝い事や悦び事を通じてお金が巡ってくるかもしれません。

しかし、逆に私利私欲に走ると、詐欺に気づかずに騙されるかもしれません。(注意の不足)

今月(5月)の五黄土星はエネルギーが高まりますから、そのエネルギーを趣味に活かし、それが何らかのカタチで「表現」となって、思わぬ評価が結実となってあられる可能性もあります。

いずれにしても、悦び・楽しみで得たお金は、プラスのエネルギー生み出しすので独り占めしない方が良い結果に恵まれます。

今年(2020年)の五黄土星は「飛躍の年」ですから、自己成長を促すような「お金の運用」を意識づけておきましょう。

 

2020年 五黄土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 五黄土星に相応し金運財布と購入日

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 5月の健康運

健康運

今月(5月)の五黄土星は「結実」が現れやすい月運ですので、生活習慣が何らかのカタチで現れるかもしれません。

人によっては自粛太りを感じたり、運動不足を実感するかもしれません。

また、今月(5月)は、七赤同会の月ですから「口(くち)」に関わる事柄が健康面に現れる傾向が高まります。

単純に「食べる機会」が増える場合もあるでしょう。

しかし、ジャンクフードやスイーツばかり摂取すると栄養が偏ります。

口内炎が発生したら注意信号です!

外出自粛要請がさらに月末まで延長されたので、引きこもる機会が多くなり、日光を浴びる機会が減っている方は極力日光浴を心がけて下さい。

今年(2020年)年間通して、五黄土星のラッキーアイテムは「お日様」で特に「朝日」健康運アップと運気アップを促します。

 

スポンサーリンク

九星気学 6月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 関連コンテンツ

2020年 五黄土星の運勢

2020年五黄土星の運勢

五黄土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら五黄土星 2020年の運勢」御覧下さい。

2020年 五黄土星の月運

九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

五黄土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

亥年 申年 巳年 寅年
1959年(昭和34)
2月4日 22:43~
1960年(昭和35)
2月4日まで
己亥年
1968年(昭和43)
2月5日 3:08~
1969年(昭和44)
2月3日まで
戊申年
1977年(昭和52)
2月4日 7:34~
1978年(昭和53)
2月3日まで
丁巳年
1986年(昭和61)
2月4日 12:08~
1987年(昭和62)
2月3日まで
丙寅年
1995年(平成7)
2月4日 16:13~
1996年(平成8)
2月3日まで
乙亥年
2004年(平成16)
2月4日 20:56~
2005年(平成17)
2月3日まで
甲申年
2013年(平成25)
2月4日 1:14~
2014年(平成26)
2月3日まで
癸巳年
2022年
2月4日 5:51~
2023年
2月3日まで
壬寅年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ