五黄土星 今月の運勢

五黄土星 毎月の運勢

この記事では、五黄土星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星五黄土星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、五黄土星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”五黄土星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和7年(1932)2月5日~昭和8年(1933)2月3日
昭和16年(1941)2月4日~昭和17年(1942)2月3日
昭和25年(1950)2月4日~昭和26年(1951)2月4日
昭和34年(1959)2月4日~昭和35年(1960)2月4日
昭和43年(1968)2月5日~昭和44年(1969)2月3日
昭和52年(1977)2月4日~昭和53年(1978)2月3日
昭和61年(1986)2月4日~昭和62年(1987)2月3日
平成7年(1995)2月4日~平成8年(1996)2月3日
平成16年(2004)2月4日~平成17年(2005)2月3日
平成25年(2013)2月4日~平成26年(2014)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

五黄土星 今月の運勢と吉方位

五黄土星 2月 運勢と吉方位
2021年2月3日~3月4日まで五黄土星 2月本命星: 中央(中宮回座)
2月の吉方位:北西・西・北東・南

年盤・月盤共通の吉方位:西・北東
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2021年の吉方位:北・西・北東
2021年 五黄土星の吉方位

五黄土星 2021年2月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立春の節入り時刻は、2021年2月3日23時59分です。

西

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

七赤金星が巡る 西の祐気効果

  • 恋愛運・金運アップ

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

八白土星が巡る 北東の祐気効果

  • 再始動や転機がチャンスへ繋げる機運に恵まれる

北西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北西暗剣殺方位ですので、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

六白金星が巡る 北西の祐気効果

  • 目上や権威者からの引き立てが期待できる

南(天道)

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では死気方位ですので、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

九紫火星が巡る の祐気効果

  • 試験運アップ
  • 自己表現力や頭脳活動が高まる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

五黄土星 2021年2月の運勢
盛運年の歩み把握して決意を固める

九星気学 2021年1月の運勢

五黄土星 2月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

2月の月盤上では、中央に位置する「中宮」に本命星が回座し、年盤上の六白金星と同会します。(六白同会

2月の五黄土星は、中宮回座による「五黄象意」と六白同会による「六白象意」が課題となります。

主な五黄象意

中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

主な六白象意

天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

被同会について

年盤上の巽宮(南東)に回座する本命星には月盤上の四緑木星が被ります。(四緑被同会

被同会は否が応でも四緑象意を受けます。

主な四緑象意

風、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

 

スポンサーリンク

 

2月立春から「発展の気」が本格的に始まる!

2月立春から2021年の年運が本格的に始まります。

とは言え、前月(1月)の月盤は六白中宮で丑月、即ち2021年の年盤と同じ九星の配列(六白中宮)で丑年なので「破」は「未」に付きます。

なので、早々と2021年の運気が漂う雰囲気を実感されたかもしれません

 

月運のエネルギーは最強だが独断専行はNG

五黄土星は昨年11月立冬から高運期に入り、月運における上昇運気が続く三ヶ月間でした。

何事も積極的に前進姿勢で取り組んで来られた五黄土星ですが…

今月(2月)は、これまでの活動の結果が「結実」となって現れる月運が巡ります。

  • 「結実」は努力した結果ですので、その努力が正しかったか?
  • このまま進めて良いのか?
  • 改善を施すべきなのか?

などを把握するタイミングを迎えます。

この時期に「振り返り」「修正」「改善」を施さない状態で、物事を推し進めたり、広げようとすると来月(3月)に訪れる「完成の気」に上手く乗ることが出来なくなる可能性を高めてしまうかもしれません

 

今後の進路や方向性をしっかり把握して決意を固める月

今月(2月)は中宮に本命星が回座し、月運のエネルギーは最強です

そして、「剛健、完成、決断」を象意とする六白金星と同会する月を迎えます。

「完璧さ」を求めて「振り返りと改善」を施すのなら良い進路を歩むことになるのですが…

もう既に「完璧である」と思い込み、周囲の意見に耳を傾けず、状況を把握しない状態で歩みだすと中宮が担う五黄象意である「破壊と腐敗」が発動させるかもしれません

2020年は「挑戦と飛躍の年」、そして2021年は挑んだことを整わせて結果へ向かわせる盛運の年が巡ります

まずは、自己実現に向けて「自分の器」を充実させることが重要になります。

その「充実を図る」時期に本命星が中宮に回座する運の強い時期に行うことが出来るグッドタイミングなのです!

面倒な事や先延ばしにしていた事に取り組むことで、目的に向かうための明確な目標も固まります

今月(2月)に回座する中宮は五黄象意の「破壊と再生」の気が高まるので、「振り返りと改善」を通して「再生」を促し、完成と成果に向けて有益性をもたらします

孤立せず、周囲と協調して「仲間をつくる」ことが今後の運気を大きく発展させる開運ポイントです

 

五黄土星 2月の日運グラフ

2月3日立春(23時59分)から17日ま
五黄土星 2月の日運グラフ

2月18日雨水(19時42分)から3月4日まで
五黄土星 2021年2月の運勢 盛運期の歩みを決意する

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。
※五黄土星と冲(対面)により起こる暗剣殺は、五黄土星にはありません。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2月の仕事運

仕事運

強い月運エネルギーを職権に発動させないことがポイント!

「有難う」の反対語は「当たり前」

周囲からの協力が得られやすい月運に恵まれます。

しかし「してもらえる」ことが当たり前のような感覚に陥ると孤立する可能性を高めることになります。

感謝の気持ちが欠け始めると「当たり前」といった態度が現れます。

周囲の協力が得られやすい月運に恵まれる時期だからこそ「帰属意識」を高めて、積極的に周囲の人々が活躍しやすい環境や状況を提供することが開運行動となります。

完璧主義よりも改善主義

何事にも「完璧さ」を求め過ぎたり、他者に「完璧」を求めることは慎みましょう。

また、何事も自分本気に仕事を進めようとしたり、欲深い利益追求は仕事運を損ねるので慎むことを常に心掛けて下さい。

今月(2月)は、これまで成し遂げたことを改めて「見直し」そして、改めるべきことは先送りにせず解決させることにエネルギーを注ぎましょう!

 

 

五黄土星 2月の恋愛運

恋愛運・人間関係

年間通して人との交流の機会に恵まれ、人間関係が広がる年運に恵まれます

新たな出会いを求めている方にとっては、積極的に活動することで出会いのチャンスに恵まれる年運です。

ただし、成り行き任せの出会いよりも目的をしっかりもった出会いを成し遂げるための具体的な活動することをお勧めです。

結婚なら「お見合い」や「紹介」の段取りを行いましょう!

 

今月(2月)は月盤の中宮に回座し、周囲の人々から注目を浴びたり、人々が五黄土星に集まる月運に恵まれます。

オンライン飲み会など人と繋がることが出来る企画を企ててみると良いでしょう。

人々が楽しむ場をプロデュースすることで好感度アップに繋がり、今月だけに関わらず今後のご縁にも良い影響が現れるかもしれません

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2月の金運

金運

今年(2021年)は9年周期で巡る「盛運の年」で、物事の発展や拡大の機会に恵まれる年運が巡ります。

年間通して交際費や旅費などの活動費による出費が発生しやすい傾向があります。

今月(2月)は、目上の方や自分より立場的に上の人との関りが多く、どちらかと言えば「ご馳走」になる機会が多いかもしれません。

しかし、ご馳走になることを「当たり前」と思わず、何らかの「お礼」をすることを心掛けて下さい。

あまりケチっぽい考えや行動はかえって金運を損なうので、大盤振る舞いする必要はありませんが…

バランスの良い金銭感覚で交際費として投資することも必要です。

今年(2021年)は、風を担う四緑木星と同会し、今月(2月)は四緑被同会となる月が巡ります。

風は「情報や通信」など担うので、ネット環境や通信などのメンテナンスや改善などに資金を投じると良いでしょう。

 

2021年 五黄土星 金運アップの財布

九星別 金運財布

春財布 2021年 五黄土星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 2月の健康運

健康運

2月立春から盛運期に入り、月運においても強いエネルギーに恵まれるのですが。

何事も「やり過ぎ注意」です。

気力に溢れているのですが、疲れが取れにくい傾向があります。

日々の疲れは、持ち越さないように心掛けましょう。

今年一年間(2月立春から翌年2月節分まで)同会する四緑木星の四緑象意は「長い」に派生するので、体調を崩すと完治するまで少々時間が掛かる傾向が現れやすくなります

逆に、この機会に「身体に良い」とされることを「長く続ける」ことも出来ます

五黄土星に限ったことではないのですが…

今年(2021年)の年盤では、五黄土星と対面となる七赤金星に暗剣殺が付きます

七赤金星は「口や嗜好品」を担う星で、その事柄で世の中全体に何らかの受け身的な影響を受ける傾向があります。

この機会に嗜好品を控えることを通して健康増進を図ると良いでしょう。

例えば、禁煙に取り組むとか、飲酒やカフェインを控えるのもお勧めです

 

スポンサーリンク

 

九星気学 2月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

 

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 2021年の運勢

2021年 辛丑 五黄土星の運勢

何事も大きく広がり新たな拡張で発展へ向かう
五黄土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

2021年 五黄土星の月運

九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

五黄土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

 

五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

五黄土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

亥年 申年 巳年 寅年
1959年(昭和34)
2月4日 22:43~
1960年(昭和35)
2月4日まで
己亥年
1968年(昭和43)
2月5日 3:08~
1969年(昭和44)
2月3日まで
戊申年
1977年(昭和52)
2月4日 7:34~
1978年(昭和53)
2月3日まで
丁巳年
1986年(昭和61)
2月4日 12:08~
1987年(昭和62)
2月3日まで
丙寅年
1995年(平成7)
2月4日 16:13~
1996年(平成8)
2月3日まで
乙亥年
2004年(平成16)
2月4日 20:56~
2005年(平成17)
2月3日まで
甲申年
2013年(平成25)
2月4日 1:14~
2014年(平成26)
2月3日まで
癸巳年
2022年
2月4日 5:51~
2023年
2月3日まで
壬寅年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ