五黄土星 今月の運勢

五黄土星 毎月の運勢

この記事では、五黄土星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星五黄土星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、五黄土星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”五黄土星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和7年(1932)2月5日~昭和8年(1933)2月3日
昭和16年(1941)2月4日~昭和17年(1942)2月3日
昭和25年(1950)2月4日~昭和26年(1951)2月4日
昭和34年(1959)2月4日~昭和35年(1960)2月4日
昭和43年(1968)2月5日~昭和44年(1969)2月3日
昭和52年(1977)2月4日~昭和53年(1978)2月3日
昭和61年(1986)2月4日~昭和62年(1987)2月3日
平成7年(1995)2月4日~平成8年(1996)2月3日
平成16年(2004)2月4日~平成17年(2005)2月3日
平成25年(2013)2月4日~平成26年(2014)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

五黄土星 今月の運勢と吉方位

五黄土星 1月 運勢と吉方位
2020年1月6日
2月3日まで
好機に向けて準備の月

五黄土星 1月 運勢 吉方位

年盤の吉方:・北西
月盤の吉方位:南東・・西(天道)
年盤・月盤共に吉方:
(移転引っ越し吉方)

五黄土星 2019年 坤宮回座年運や方位は2020年2月3日(立春前日)まで
2019年の年盤による「気」の影響を受けています。

 

 

五黄土星 2020年1月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南東

八白土星が巡る 1月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 八白の象意「心機一転」の祐気エネルギーの恩恵を得る
  • 人間関係の好転に恵まれる
  • 俯瞰力が高まり、あらゆる情報に右往左往せずに判断力向上

七赤金星が巡る 1月の北西の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。移動距離は長距離、引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 活動力・発展力に恵まれる
  • 金運アップに繋がるヒラメキやヒントに恵まれる

 

西(天道

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

二黒土星が巡る 1月の西の祐気エネルギー

  • 話力に包容力が加わり説得力向上
  • 金運と蓄財意識向上
  • 恋愛運アップ

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

五黄土星 生まれ月別(月命星)2020年1月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    2020年の初詣と恵方参り

    初詣は恵方参り二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

     

    五黄土星 2020年1月の運勢
    ご縁や絆を深め2020年の好機に備える土台づくりの月

    2020年 新たな年がスタートします。

    しかし、九星気学における「気(年の気)」は、現状では2019年の影響を受けています。

    とはいえ、運気はデジタル的に「パキッ」と入れ替わるのではなく、じわじわ2020年の「年の運気」が押し寄せます。

    従って、2020年の年運は、2月4日(立春)18時03分から本格的にスタートします。

    2020年の年盤では「七赤金星」が中央に位置する「中宮(ちゅうぐう)」という宮に入ります。

    そして、五黄土星は、東の「震宮(しんきゅう」」という宮に一年間(来年の立春前日まで)滞在するので、一見『七赤?関係ない!』と思われかもしれませんが…

    五黄土星にとって「中宮(ちゅうぐう)」という宮は五黄の居場所(本座)です。

    七赤の気を被る(被同会)一年となりますから決して、無関係ではありません。

    さらに、世の中全体が七赤的な事柄が「人の気」として漂う年となります。

    七赤は主に「口(くち)」から派生る事柄を担当します。

    「言葉を交わす、飲食、接吻」など口に関わる「悦び事」です。

    他に沢山の象意はあるのですが…詳細は、こちら九星気学 2020年のビジョンと開運」の記事をご覧ください。

    2020年の五黄にとって「言葉」は重要なアクションなのであえて取り上げました。

    なので、毎年「中宮」に入る九星は五黄土星にとって無関係ではなく、「人の気」による影響を被るキーとなり得る星であり、2020年な「七赤金星」となるわけです。

    常に(毎年)世の中全体の主たる事象を被る五黄土星は、それを受容するポテンシャルと活かす能力が備わった生まれの星だから「帝王」と呼ばれるのです。

    2020年の運気は、2月の立春以降から本格的に始まり、主な運気としては「新たなチャレンジと飛躍の年」で、年運のエネルギーは強く、高運な成長期となります。

    前置きが長くなりましが…

     

    2020年飛躍の年!「飛躍のジャンプ台」を創ろう!

    今月(1月)の五黄土星は、モチベーションが盛り上がり辛い傾向が現れやすいようです。

    決して運気が悪いわけではなく、9ヵ月サイクルで巡る低調な月運となるので「活発化させ辛い」傾向が現れるだけなのです。

    年末から年始にかけての休暇が、カレンダー上の影響で比較的長期間(最大9連休)となる方が多数いらっしゃると思います。

    このお休みは、アクティブに外出するより、家でゆっくり家族と過ごして心身ともにゆったりと過ごすとよいでしょう。

    とはいえ、「お正月」を迎えるわけですから、親戚などの来客や挨拶回りなど身内との関りで忙しくなるかもしません。

    今月(1月)は、心身ともに「充電の月」。

    そして、2020年は「新たなチャレンジと飛躍」の年を迎えます。

    何事も「新規」は、トライ&エラーを繰り返し、経験値を高めながら走り続ける事になること多々あります。

    また、これまでの知識や経験だけでは足らない事にも気づくでしょう。

    なので、この時期は、しっかり自分自身と向き合い、これからチャレンジする事柄にしっかり根拠を見出し、信念を固めるような深い学びを通じて、「飛躍のジャンプ台」を構築しましょう。

    2020年は、過去二年とは違い「進展の局面」となり得るので、現状維持バイアスに捕らわれないように頭を柔らかく、拘りを手放す、意識創りも必要になるでしょう。

    知識や情報収集を通じて探求する学びや水面下で企画を練るなどのクリエイティブ能力が高まる月運に恵まれています。

     

    スポンサーリンク

     

    五黄土星 1月の仕事運

    九星 仕事運

    今月(1月)の五黄土星は、何事も丁寧な仕事を心掛けましょう。

    もちろん、普段から丁寧に仕事をされている五黄土星ですから大丈夫なのですが…

    この時期は、体調のコンディション次第で、仕事に身が入らないときもあるようです。

    大切なお約束や納期が迫っている仕事を抱えている方は、体調管理をしっかり行い、進捗状況もしっかり把握した上でチェックの時間も設けたスケジュール管理を行うと良いでしょう。

    今月(1月)の月運だけが低調な状態で、年運としては「飛躍とチャレンジ」の年に向けて歩み始めています。

    なので、仕事量は少なくはありません。

    更に来月(2月)から高運な年が始まると同時に月運も上昇運気を迎え、3月に飛躍のチャンスを迎え、4月には何事も具体的に結果へ繋げる取り組みを積極的に行うチャンスに恵まれるます。

    なので、1月はその結果に繋がる「原因」を水面下で企てる大切な月でもあります。

    具体的な取引に発展する可能性が高まるような兆しが、交流を通じて得られやすい月運に恵まれています。

    ビジネスに必要な人脈づくりと親睦を図るチャンスに恵まれる月運ですから、積極的に交流を図ると良いでしょう。

     

     

    五黄土星 1月の恋愛運

    九星占い 恋愛運

    今月(1月)の五黄土星は、月運のエネルギーとしては低調なのですが、人との出会いについては比較的ご縁が恵まれる月運です。

    それは、恋愛だけに関わらす、仕事上のご縁でも同じです。

    ただ、恋愛面においては、「情」か入り込みますから感覚的に捉えやすいかもしれません。

    新たな出会いを求めて恋活・婚活中の方は、自主性と積極性は発動させて行動が出来るほどではありませんが…

    受け身的な流れで、ご縁に恵まれる傾向があります。

    なので、恋愛・出会いとしてチャンスの恵まれる月となるでしょう。

    ただ、運気はこれからグイグイ上昇しますから、来月(2月)そして3月もチャンスに恵まれます。

    現在、交際中の方は、落ち着いてゆっくり過ごすことが出来るデートが良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    五黄土星 1月の金運

    九星占い 金運

    2018年から2019年にかけて金運としては期待ほどの結果が得られず、月運においても昨年の秋ごろからはイマイチな調子…。

    その影響から今月(1月)も少々緊縮対応となるかもしれません。

    しかし、今月(1月)は、「信用」が地中奥深くに潜んでいる金脈のような役割をしますから、お金より「信用」を大切する意識を持ちましょう。

    ただし、「気持ちの大きさ=金額」ではない事は、しっかり心掛けてるようにして下さい。

    来月(2月)からは運気が上昇し、それに伴い金銭の動きも大きくなり始めます。

    運気としては「成長期」にあたりますから、お金を「投じる」ことが発生する傾向が現れます。

    この投資はチャンスの種が芽吹き、与える水や肥料のようなモノですから与えなければ枯れてしまい成果が得られません。

    その時の為に今月(1月)は、質素と倹約を心がけ、何とか乗り切ってください。

     

    2020年 五黄土星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    2020年に受ける「気」を上手に生かして金運アップ!

    金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    五黄土星 1月の健康運

    九星占い 健康運

    今月(1月)は、万全の体調管理を行うことをお勧めします。

    決して著しく体調を崩すような運気ではありませんが…

    ちょっとした風邪でも長引くかもしれません。

    1月は、インフルエンザやノロウイルスなど予防は大事な時期でもあります。

    日頃から健康で体力に自慢がある方でも、今月(1月)は十分な休息と栄養をとって、身体を冷やさないように心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    五黄土星 関連コンテンツ

    2020年 五黄土星の運勢

    2020年五黄土星の運勢

    五黄土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら五黄土星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 五黄土星の月運

    九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    亥年 申年 巳年 寅年
    1959年(昭和34)
    2月4日 22:43~
    1960年(昭和35)
    2月4日まで
    己亥年
    1968年(昭和43)
    2月5日 3:08~
    1969年(昭和44)
    2月3日まで
    戊申年
    1977年(昭和52)
    2月4日 7:34~
    1978年(昭和53)
    2月3日まで
    丁巳年
    1986年(昭和61)
    2月4日 12:08~
    1987年(昭和62)
    2月3日まで
    丙寅年
    1995年(平成7)
    2月4日 16:13~
    1996年(平成8)
    2月3日まで
    乙亥年
    2004年(平成16)
    2月4日 20:56~
    2005年(平成17)
    2月3日まで
    甲申年
    2013年(平成25)
    2月4日 1:14~
    2014年(平成26)
    2月3日まで
    癸巳年
    2022年
    2月4日 5:51~
    2023年
    2月3日まで
    壬寅年

     

    関連記事(一部広告含む)

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ