五黄土星 2021年11月の運勢 充実で更なる完成へ

五黄土星 11月 運勢と吉方位
2021年11月7日~12月6日
まで五黄土星 11月本命星: 中央(中宮回座)
11月の吉方位:南西・北西・西・北東・南

年盤・月盤共通の吉方位:西・北東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・北東
2021年 五黄土星の吉方位

五黄土星 2020年11月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立冬の節入り時刻は、2021年11月7日13時57分です。

 

南西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では三碧木星が回座し「未」方位歳破が付き年間通して歳破殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る 南西の祐気効果

  • 勤勉気質が高まり、技術や能力アップが期待できる。

 

北西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では七赤金星が回座し、暗剣殺がつくので年間通して暗剣殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

六白金星が巡る 北西の祐気効果

  • 目上や実力からの引き立てに恵まれる。
  • 気力と目的意識が高まる。

 

西

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

七赤金星が巡る 西の祐気効果

  • 運・社交力アップ。

 

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

八白土星が巡る 北東の祐気効果

  • 健全な変化と改革の機運に恵まれる。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では一白水星が回座し、年間通して死気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

九紫火星が巡る の祐気効果

  • 深く探求した得た知識と教養を知恵に促され優れた頭脳が表面化する。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    五黄土星 2021年11月の運勢 ~全体運~

    九星気学 11月 運勢

    五黄土星 5月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    11月の月盤上では、中央に位置する「中宮」に本命星が回座し、年盤上の同宮で六白金星と会います。(六白同会

    11月の五黄土星は、中宮回座による「五黄象意」と六白同会による「六白象意」が主な課題となります。

    中宮回座による主な五黄象意

    中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

    六白同会による主な六白象意

    天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

    被同会について

    年盤上の巽宮(南東)に回座する本命星には月盤上の四緑木星が被ります。(四緑被同会

    被同会は否が応でも四緑象意を他動的に被る事象が現れます。

    四緑被同会による主な四緑象意

    風、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

     

    スポンサーリンク

     

    今月(11月)の月盤は「五黄中宮」です。

    先月(10月)年盤・月盤が同じ「六白中宮の月」を迎え、今年の中心的存在となる「六白金星の気」がピークを迎えました。

    そして今月(11月)の月盤は、2022年の年盤(五黄中宮)と同じ盤の「五黄中宮の月」を迎えます。

    五黄土星の気が中心的存在となる月の気が始まる11月立冬以降から、ゆっくり2022年の気が少しずつ生じ始めます

    しかし、本格的に2022年の年運が本格的に始まるのは2月立春からです。

    2022年の五黄土星は「結実と静観の年」を迎えます。

    一旦止まって役割と使命に気づき、それを成し遂げる為に必要な精神と能力などの「自分に必要なもの」を養いつつ充実を図る一年を迎えます。

     

    原点回帰の月

    今月(11月)は、五黄土星は月盤の中央にある「中宮(ちゅうぐう)」という宮に回座します。

    この宮は五黄土星の定位置で本来の居場所に9ヵ月ぶりに戻る、月盤上での原点回帰となります。

    月運の勢いは強く、パワーは最強です。

    そして、年盤上の中宮には六白金星と同宮で同会する月を迎えます。

    従って、今月(11月)に五黄土星がおかれる環境は六白象意の「完成」の機運が高まります

     

    ハイグレードな完成

    今年(2021年)は「辛丑の年」で「天の気」を表す十干が「辛(かのと)」です。

    「辛」は文字通り「辛い」を表します。

    世の中全体に影響することなので五黄土星に限ったことではありません。

    しかし、今年(2021年)の五黄土星は十二支が担う「地の気」による三合金局(丑・巳・酉)の「巳」による拡大の恩恵を受けるので、あらゆる事柄が拡大する一年です。

    そして、8月立秋から月運における高運期を迎え、発展・拡大・成長を経験されたと思います。

    中には、世の中全体が「辛」を体験する一年ですから、拡大した辛さも経験されたかもしれません。

    その最中に迎える「結実と完成の運気」により、五黄土星は「グレードの高い完成」を求められでしょう。

    とは言え、ここで完全燃焼して燃え尽き症候群に陥らないように!

    何事も目の前の事は一つ一つ確実に成し遂げながらも、少しづくグレードを上げることを心掛けて下さい。

     

    潜在意識を活かす五黄土星

    五黄土星の方は、生まれ持った環境を表す星(同会星)と潜在能力を表す星(傾斜星)が同じです。

    生まれ月は二十四節気の節入り前に生まれた方は前の月生まれになります。

    • 月命星が二黒土星の方(2月と11月生まれ)は、同会星:八白土星、傾斜星:八白土星
    • 月命星が一白水星の方(3月と12月生まれ)は、同会星:九紫火星、傾斜星:九紫火星
    • 月命星が九紫火星の方(4月と1月生まれ)は、同会星:一白水星、傾斜星:一白水星
    • 月命星が八白土星の方(5月生まれ)は、同会星:二黒土星、傾斜星:二黒土星
    • 月命星が七赤金星の方(6月生まれ)は、同会星:三碧木星、傾斜星:三碧木星
    • 月命星が六白金星の方(7月生まれ)は、同会星:四緑木星、傾斜星:四緑木星
    • 月命星が五黄土星の男性(8月生まれ)は、同会星:三碧木星、傾斜星:三碧木星
    • 月命星が五黄土星の女性(8月生まれ)は、同会星:四緑木星、傾斜星:四緑木星
    • 月命星が四緑木星の方(9月生まれ)は、同会星:六白金星、傾斜星:六白金星
    • 月命星が三碧木星の方(10月生まれ)は、同会星:七赤金星、傾斜星:七赤金星

    従って、潜在意識(無意識)と環境に抵抗が生じない。

    さらに、強いエネルギーを放つ「中宮」が本座(定位置)ですので「帝王の星」と言われる強さを持っています。

    なので、無意識に自分の思い通りに物事を進め、周囲の人々を思い通りに動かそうとする「コントロール欲求」が発動しやすい傾向があります。

    他の本命星にもコントロール欲求はあり、その欲求に「良し・悪し」はありません。

    ただ、今月(11月)は特に! 中心的存在となる月に権力意識が高まる環境にいるので、自己のコントロール欲求を発動させるよりも「周囲への気配り」が開運行動となります。

    周囲が活動しやすい環境をつくり、人々の願いを叶えることに全力を尽くすことを心掛けて下さい

    潜在意識と環境に抵抗感がない「徳」を利他的に活用することで、これからの進路(足元)がしっかり固まり、仲間や協力者も集まります

     

    停滞を感じる人も…

    これまでの発展と成長の月運から、ガラッと充実を図る流れに入るので人によっては停滞や状況が停止したような感覚を体験されるかもしれません。

    このような状況は決して「悪い状態」ではなく、満を持して機をうかがい、そして実力を養いながら蓄え、自分自身を成長させましょう!

    自分が成長すれば、見る目も変わり、環境も変わります。

     

    五黄土星 11月の日運グラフ

    11月7日 立冬(13時57分から
    五黄土星 2021年11月の日運グラフ

    11月22日 小雪(11時34分)から
    五黄土星 2021年11月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。
    ※五黄土星と冲(対面)により起こる暗剣殺は、五黄土星にはありません。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    五黄土星 11月の仕事運

    仕事運

    月運としては、八月の立秋から多忙な日々が始まり、高運期の最中に悲喜こもごもな出来事を体験されたと思います。

    仕事面では、これまでは発展や拡大といったスタイルでしたが…

    今月(11月)はこれまでの活躍ぶりが「結実」として現れ始める月運が巡ります。

    その実り始めた「結実」を更なる「充実」図り、本物の成果へ向かわせる流れとなります。

     

    統率力

    今月(11月)は「完成、組織、統率」を担う六白金星と同会する環境におかれます。

    六白象意を適切に活用し、その課題に取り組むことが開運に繋がります。

    今月(11月)は、これまでの活動で創り上げた信用が信頼となり、組織を任されるポジションに就くかもしれません。

    または、地位としてはこれまでと変わりがなくても、任される仕事がこれまで以上にハイレベルな内容になるかもしれません。

    外交や取引先においても、雲の上の人や組織との取引が発生し、心の中ではプレッシャーを感じるかもしれません。

    いずれにしても、これから携わる仕事は、仲間と周囲の協力が必要になります。

    快活さ大事

    仲間や組織を束ねる仕事に取り組むことになりますから、自分の都合を優先にした仕事の取り組みは見直しましょう。

    そして、周囲に勇気と希望を与える快活な姿勢と利他的思考を発動させましょう!

    「情けは人の為ならず」を常に心の片隅に置いておくと良いでしょう。

    日々の刷り込みが無意識に発動し、2022年に巡る「本来の役割を果たす年」に活かされます。

     

     

    五黄土星 11月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    「恋愛」に関して基本的にプライベートな領域の人間関係が殆どです。

    恋愛をビジネスにされている方は別として…

    今月(11月)は「公共性」を象徴する六白金星と同会し、さらに来月(12月)は六白象意を担う「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。

    従って、今月と来月(大雪の前日)までは、公的な事柄で忙しく、気持ちもそっちに持っていかれるかもしれません。

    そのため、新たな出会いを求めている方は活動の機会を積極的に作らなければ、出会いのチャンスが遠のくかもしれません。

    しかし、その反面、仕事や何らかの公的な活動で出会いがあるかもしれません。

    女性の場合、自分よりも高い能力や肩書を持っている方との出会いが発生すると、一気にボルテージが上がるかもしれませんが…

    ガッツリ肉食系女子のような行動は控えることをお勧めします。

    同会する星の影響は、ご自身の見た目や雰囲気にも影響するので、普段以上に愛想よく振る舞うように心掛けて下さい

    また、六白象意の「完成」が他者に向けると人の欠点ばかり気になるかもしれません。

    その様な兆候が現れたら、六白象意の「寛容と円」を適切に活用されると良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    五黄土星 11月の金運

    金運

    今月(11月)は「金運」そのものの「良し」「悪し」といった事よりも、これまでの収支をしっかり把握して費用対効果を分析されると良いでしょう。

    この時期は、マクロ的な観点で物事を見いることが出来る月運に恵まれているので、物事をロングスパンで捉えることが出来るはずです。

    その思考を経済面に活かし、金銭感覚を大きく養うと良いでしょう。

    「現金」そのものを蓄えるよりも、守り蓄える「知識と能力」を蓄えて金運アップにアプローチされることをお勧めします。

    来月(12月)は金銭の出入りが激しくなる月運が巡り、「金銭」を担う七赤金星に暗剣殺が付く環境下(同会)におかれます。

    なので、今月(11月)の取り組みは12月の金運に良い効果をもたらすかもしれません。

     

    2021年 五黄土星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    秋財布 2021年 五黄土星に相応し金運財布と購入日

    秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    五黄土星 11月の健康運

    健康運

    基本的には身体健全で過ごすことが出来るでしょう。

    ただ、「結実の月運」が巡っているので、これまでに不摂生されている方は生活習慣や食生活を見直す必要があります。

    また、何らかの持病をお持ちの方は適切なケアを心掛けて下さい。

    九星盤の中央にある中宮に本命星が回座すると「八方塞がり」と言われますが…

    「中宮回座=八方塞がり」ではありません!

    むしろ、笑顔で優しく丁寧に人と接し、利他的思考で活動することで、八方から人が集まり「八方広がり」にすることが出来ます。

    そうすることで、精神的に豊かな気持ちが養われ、そのメンタルから身体健全へ繋がります

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 11月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

     

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
    詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    五黄土星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 五黄土星の運勢

    何事も大きく広がり新たな拡張で発展へ向かう
    五黄土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

    2021年 五黄土星の月運

    九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    五黄土星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    五黄土星 2023年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    亥年 申年 巳年 寅年
    1959年(昭和34)
    2月4日 22:43~
    1960年(昭和35)
    2月4日まで
    己亥年
    1968年(昭和43)
    2月5日 3:08~
    1969年(昭和44)
    2月3日まで
    戊申年
    1977年(昭和52)
    2月4日 7:34~
    1978年(昭和53)
    2月3日まで
    丁巳年
    1986年(昭和61)
    2月4日 12:08~
    1987年(昭和62)
    2月3日まで
    丙寅年
    1995年(平成7)
    2月4日 16:13~
    1996年(平成8)
    2月3日まで
    乙亥年
    2004年(平成16)
    2月4日 20:56~
    2005年(平成17)
    2月3日まで
    甲申年
    2013年(平成25)
    2月4日 1:14~
    2014年(平成26)
    2月3日まで
    癸巳年
    2022年
    2月4日 5:51~
    2023年
    2月3日まで
    壬寅年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ