六白金星 2020年11月の運勢 堅実で積極な活動で盛運月へ繋げる

六白金星 11月 運勢と吉方位
2020年11月7日~12月6日まで六白金星 11月本命星: 東(震宮回座)天道
11月の吉方位:なし

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北東
2020年 六白金星 年盤

 

 

六白金星 2020年11月 吉方位

11月の吉方位はありません。

11月は日盤のみを用いてご利用ください。

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)日盤吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    六白金星 2020年11月の運勢 ~全体運~

    六白金星 11月「月盤と年盤の関係」
    震宮回座により五黄同会。巽宮にて七赤被同会(上記の年盤と月盤参照)

    11月の月盤では、六白金星は「卯」(方位は東)と書かれている「震宮(しんきゅう)」という宮に入ります。

    11月 吉神 月盤

    月盤において、東の「震宮」に本命星が入る月は、月運のエネルギーは「上昇高運」となります。

    何事にも「積極的に行動する」その行動量に比例して成長が促されます。

    しかし、何事も思いつきで物事を始めるのではなく、計画・準備はしっかり踏まえた上で「新規事を始める」相応しいタイミングです。

    開運ワードは「積極的的行動」

     

    11月7日08:14から立冬

    二十四節気の「立春・立夏・立秋・立冬」の「立」は新たな季節の始まりを意味し「立冬」は「冬」の始まりを表します

    そして、今年も残り1クォーター(4分の1)弱となりました。

    人の気を表す「九星」は「引継ぎ・変化」を担う八白土星が「中宮」に回座するので、八白が中心的な役割を担います。

    月盤の震宮(東)に回座する六白に天道が付き、年盤上の六白(南東)には月破が付いた七赤が被同会するので…

    「政治・経済(六白象意)・金(七赤象意)」の問題に注目を浴びそうですね。

    go to 2021 辛丑

    「人の気」は早々と2021年の運気に向けて意識(集合的無意識)が注がれています。

    11月の月盤では、一白は九紫同会、二黒は一白同会、三碧は二黒同会(歳破)、四緑は三碧同会、五黄は四緑同会、六白は五黄同会、七赤(月破)は六白同会、八白は七赤同会、九紫は八白同会です。(上記の年盤・月盤参照)

    同会が成立する宮は違いますが。

    下記の図は、後天定位盤の上に2021年の年盤を乗せた図です。

    五黄同会

    各九星が同会する星としては「2021年の年盤と同じ」です。

    2021年の六白金星の場合、中央の「中宮」に回座して「五黄同会」となります。

    なので、11月の出来事は2021年の運気が始まる前の「序章」のような気が漂う月となるでしょう。

     

    2020年までの歩みと2021年に向けての活動

    九星気学では2月立春から翌年2月節分までが、その年一年間の運気とされているので、運気としての2020年も残り4分の1弱となります。

    六白金星は、アグレッシブな挑戦に挑む気を促す「震宮」に昨年回座し、そしてチャレンジした事柄を人脈や情報を通して広げる「巽宮」に今年(2020年)回座する高運期であります。

    さらに! 大地が発する気である「地の気」によって、運のエネルギーが倍増する状況が2019年・2020年の二年間連続で得られました。

    このような星の巡りは36年周期で巡る、非常に強い運気に恵まれる二年間です。

    その最中の運気も、そろそろラストスパートの時期を迎えます。

    とは言え、九星が担当する「地の気」は9ヵ月サイクルなので、11月の「地の気」(八白中宮)は2021年の前触れを漂わせ始めているので、気の早い人は2021年に向けた歩みを始めている人もおられるでしょう。

    年運ベースでは高運期の一年なので、9月の低調運気においても大きな落ち込みを感じることがなく、10月から始まる月運における高運期も上々で11月を迎えます。

    今月(11月)は、来月(12月)に迎える2020年の集大成を結果に繋げる盛運月に向けて、事前に備える活動を行う月運になります。

    現時点で完璧な状態であれば、その流れに乗って前進しても大丈夫です!

    年運・月運共にコンディションの良い11月、さらに上昇する12月を迎えるので、11月は闇雲に突っ走らないことを意識して頂きたいです。

    2021年はこれまでに創り上げた様々なモノを定着させ、充実を図る年を迎えるので、11月から12月に欲張って広げ過ぎると空中分解を起こすリスクを高めるので「理想より現実」を心がけて下さい。

     

    一陽来復に向かう陰極まる月

    11月(立冬)は「丁亥の月」。

    「亥月」を易の八卦で表すと上下「」となる坤為地(こんいち)です。

    この気は、この時期に全ての九星が受けている気です。

    陰の気が最も極まるのですが、内側では「陽」をじっくり育んでいます。

    陽は外に向けるエネルギーですので、そのエネルギーの根源を育む気が漂う月であります。

    なので、この時期の気づきは来年に必要な事柄に繋がる「ヒント」かもしれません。

    「偶然は必然」ですので、ご縁や物事のきっかけなどは敏感に感じ取る「洞察力」を高めると良いでしょう。

    逆にネガティブな事柄も来年に向かわせる可能性があるので、危機管理はしっかり行いましょう。

     

    六白金星 11月の日運グラフ

    11月7日から21日まで
    六白金星 11月の日運グラフ

    11月22日から12月6日まで
    六白金星 11月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

    六白金星 11月の仕事運

    仕事運

    今月(11月)は、積極性が高まる月運に恵まれているので、新たなプランや案件にもトライしたい気持ちが高まります。

    ただ、月運としては「チャレンジ」に相応し月ではあるが、しっかりとした「詰め」が重要になります。

    来月(12月)には結果へ繋げ、年明け2月頃には完成へ繋げたいので、大風呂敷を広げっ放しにならないような規模と時間も織り込んだプラン設計が必要になるでしょう。

    今月(11月)の月盤では六白金星は東の震宮に回座し、五黄土星と同会します。

    五黄は非常に強いエネルギーを促す星で「破壊と再生」といった極端な事象を表します。

    なので、現状を充実させて、手堅い結果に繋げることに全力を注ぐ方が良い結果に繋がるでしょう。

    とは言え、進捗が難航したり、面倒なことが発生しても、諦めずに強い決意で「仕切り直すチャレンジ」を試みてください。

    今月(11月)に同会する五黄土星には「トラブル処理」と言った象意があり、その「処理」を通してチャンスに恵まれます。

     

     

    六白金星 11月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    六白金星は「天」を象徴する星ですので、常に志が高く、上を目指す完璧主義な傾向があります。

    今月(11月)は、本来持っている資質が高まる傾向があるので「出会い」においてはお相手に対して「完璧さ」を求めてしまうかもしれません。

    「完璧」においての内容は、各個人の主観で様々なのですが。

    結果的に過剰に求める要素を増やすことで、自らハードルを上げてことになります。

    年間通して出会い運好調で、今月(11月)さらに12月も月運においても好調な運気に恵まれるので、拘り過ぎない方が良いご縁に巡り合うでしょう。

    この時期は、相手からのアプローチより、自らが積極的にアプローチする方が恋人獲得率がアップします!

    六白金星の方は、少々プライドが高い傾向があり、アプローチの前に『フラれたらどうしよう…』と考えてしまうかもしれません。

    しかし、お相手が「イエス」「ノー」を選ぶ確率は二分の一ですし、その権利はお相手にあるのですからアプローチ後の結果を意のままにしたい支配欲は慎みましょう。

    誠実な気持ちを伝えることが重要なのです。

     

    スポンサーリンク

    六白金星 11月の金運

    金運

    年運・月運ともにエネルギーが高まる11月なので、その欲求が金銭面に現れると、お金に対する執着に現れます。

    損得勘定優先の思考で行動すると、人が離れてしまうかもしれません。

    今月(11月)同会する五黄土星には「支配」と言った象意があります。

    しかし、人は自由であることを心地よく感じる生き物です。

    従って、支配されると「自由を奪われるリスク」を敏感に感じ取って逃げようとします。

    高運期のフィナーレに人が去るのは、来月の盛運月、さらに2021年に迎える「中心的存在」としての価値を損ねてしまいます。

    2021年は六白金星が担う「リーダー的資質」を発揮する一年ですので、この時期の損得勘定は控えることをお勧めします。

    11月は「発展・成長」の気が高まっている月なので「結果よりプロセス」にエネルギーを注ぐ方が金運アップに繋がります。

     

    2020年 六白金星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 六白金星に相応し金運財布と購入日

    金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    六白金星 11月の健康運

    健康運

    今月(11月)の六白金星は積極的な活動が旺盛になり、特に「瞬発力」が高まります。

    何事にもフットワークが軽く、行動が出来ることは非常に良いのですが…。

    時間に追われると「慌てる」傾向が強く現れるので、車の運転や歩行中においても安全確認を怠らないようにして下さい。

    急な方向変換や飛び出しは、事故やケガに繋がるリスクを高めるるので、常にゆとりを持って行動しましょう!

    今月(11月)に回座する「震宮」は顕現化を促すので、この機会に健康診断を受けると良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 11月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    六白金星 関連のコンテンツ紹介

    2020年 六白金星の運勢

    九星気学 2020年 六白金星の運勢と開運吉方位六白金星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 六白金星の運勢」御覧下さい。

    六白金星の月運

    九星気学 六白金星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    六白金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    六白金星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    六白金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    戌年 未年 辰年 丑年
    1958年(昭和33)
    2月4日 16:50~
    1959年(昭和34)
    2月3日まで
    戊戌年
    1967年(昭和42)
    2月4日 21:31~
    1968年(昭和43)
    2月4日まで
    丁未年
    1976年(昭和51)
    2月5日 1:40~
    1977年(昭和52)
    2月3日まで
    丙辰年
    1985年(昭和60)
    2月4日 6:12~
    1986年(昭和61)
    2月3日まで
    乙丑年
    1994年(平成6)
    2月4日 10:31~
    1995年(平成7)
    2月3日まで
    甲戌年
    2003年(平成15)
    2月4日 15:06~
    2004年(平成16)
    2月3日まで
    癸未年
    2012年(平成24)
    2月4日 19:23~
    2013年(平成25)
    2月3日まで
    壬辰年
    2021年
    2月4日 0:00~
    2022年
    2月4日まで
    辛丑年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ