六白金星 2021年5月の運勢 情熱は学びに向ける

六白金星 5月 運勢と吉方位
2021年5月5日~6月4日まで六白金星 5月本命星: 南(離宮回座)
5月の吉方位:南東

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 六白金星の吉方位

六白金星 2021年5月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立夏の節入り時刻は、2021年5月5日15時47分です。

 

南東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤(五黄回座)の南東五黄殺方位です。

移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

一白水星が巡る 南東の祐気効果

  • 良好な人間関係に恵まれ社会的信用アップも期待できる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

六白金星 2021年5月の運勢 ~全体運~

5月

六白金星 5月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます。(同会法)

回座と同会について

5月の月盤上では、本命星が南の「離宮」に本命星が回座し、年盤上の一白水星と同じ宮で会います。(一白同会

5月の六白金星は、離宮回座(九紫の定位置)による「九紫象意」と一白同会による「一白象意」が主な課題となります。

離宮回座による主な九紫象意

火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

一白同会による主な一白象意

水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

被同会について

年盤上の中宮に回座する本命星には月盤上で回座する二黒土星を同じ宮で被ります。(二黒被同会

被同会は否が応でも二黒象意を他動的に被る傾向が現れます。

二黒被同会による主な二黒象意

大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い、裏方、大衆、従業員、母、妻

 

スポンサーリンク

 

温度差や方向性に乖離を感じるかも

今月(5月)の六白金星は「火、情熱、目立つ、最高位、分離」を担う「離宮(りきゅう)」(方位は南)に回座するので、「志は高く、意識は上へ向かう」月運となります。

その離宮に今年(2021年)一年間「水性」を担う一白水星が滞在中しているので、今月(5月)の六白金星は一白象意も受けることになります。

周囲の状況としては、一白の水性気質なので「冷たい水が低地に流れる」ような状況なので冷めてます。

その状況下で六白金星は、離宮(九紫)の火性気質で「熱く、燃え上がる炎のように上昇」しようとするので、周囲との乖離を感じるかもしれません。

「熱い・冷たい」「上へ向かう・下へ向かう」ことは、各々向かう方向が違うだけですので、それ自体に「良い」「悪い」の判決を下すものではないのですが…。

ただ、強い決断力が取り柄の六白金星に熱い情熱が加わっている状態なので、この乖離状態に決着を付けようとするかもしれません。

 

金持ち喧嘩せず

「保身のためもめごとを避ける」ことを表すことわざ通り、今月(5月)は対立や論争は極力避ける方が良いでしょう。

とは言え「不利益を被らないための保身」は、その場しのぎの「事なかれ主義」なので、六白金星生まれの方にとってはあまり好ましく感じないかもしれません。

また、根本的解決は期待できないのですが…。

ただ、この時期の運気による状況としては「水と油」のような状態です。

その状況で論争が勃発すると揉め事は平行線で和解は厳しいかもしれません。

今年(2021年)の六白金星は「破壊と腐敗」を担う五黄土星の定位置である「中宮(ちゅうぐう)」に一年間滞在中です。

なので「破壊から再生へ向かわせる」為にも根本的解決が必要に思われるかもしれません

が、しかし!

この時期は自ら周囲へ能動的に指導するよりも専門家や経験者、またはメンターからのアドバイスを受けて内面から充実を図ることに徹する方が良い結果に繋がります

 

7月から始まる高運期に向けて、しっかり学ぶ!

運気から派生する事柄は「自分VS環境(職場や家庭)」のだけでなく、「自分の心と体」だったり、「理想と現実」だったり、様々な事柄に派生するかもしれません。

手っ取り早く解決することよりも「学ぶ」ことから取り組むと良いでしょう。

その問題が、自分自身の問題ならば「学び」そのものが解決に繋がるかもしれません。

今年(2021年)一年間「離宮」内にある「丙(ひのえ)」に福徳をもたらす「歳徳神」が滞在しています

今月(5月)の六白金星は、その「離宮」に回座するので、このタイミングの「学び」は「素晴らしい知恵」が授かるチャンスに恵まれています!

また、本命星(六白)が一年間滞在している「中宮(ちゅうぐう)」には「育成、勤勉、準備」を担う二黒土星が本命星(六白)の上に乗る月を迎えます。(二黒被同会)

外部から取り入れた「知識や教養」をしっかり育む絶好のチャンスです!

5月から7月 六白金星

来月(6月)は「坎宮(かんきゅう)」(方位は北)に回座し、年盤上の坎宮に滞在中の二黒土星と会います。(二黒同会

翌月7月には二黒土星の定位置である「坤宮(こんきゅう)」(方位は南西)に本命星(六白)が回座し、年盤上の坤宮に滞在中の三碧木星と会う(三碧同会)流れになります。

これまでに大きく発展と拡大を成し遂げ、築き上げた「結果」を「思考と学び」を通して確実に定着させて充実を図る三ヶ月になるでしょう

 

六白金星 5月の日運グラフ

5月5日清明(15時47分)から
六白金星 5月の日運グラフ

5月21日穀雨(04時37分)から
六白金星 5月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 5月の仕事運

仕事運

今月(5月)の六白金星は「情熱、頭脳明晰、学問芸術」を担う離宮に回座しているので、勘が鋭く、仕事に対する気力も熱く燃えています。

しかし、周囲は熱く燃えている六白金星のことが理解できないようです。

それが、満たされない承認欲求となって「怒り」に繋がるかもしれません。

今月(5月)は良くも悪くも目立ちますからネガティブ感情は表面化させないことを強くお勧めします。

逆に!「離の運気」をポジティブに活用すると良いでしょう。

その一例として、「課題の分離」に繋げてみると良いでしょう。

そもそも、人を意のままにコントロールすることは不可能ですし、するべきではないのです。

「分離」を捉えた上で「上司や権力者(天)」を敬い、「部下や後輩(地)」を思いやることで「分断や対立の気持ち」は解消されるでしょう。

一年間滞在している中宮の六白金星には「大地、育成、受動」を担う二黒土星が上に被る月ですので、六白金星が歩みよれば「受動の気」が促されるでしょう。

今月(5月)は、頭脳明晰で先見の明に恵まれる月運ですので、少し高みを目指した技能やライセンス習得などの学びや受験にトライしてみると良いでしょう。

熱く燃えている「やる気と気力」のエネルギーを「学問芸術やスキルアップ」で昇華させると良いでしょう

 

 

六白金星 5月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今年(2021年)の六白金星は年盤の中宮に回座しているので、年間通して「引き寄せ力」が強い年運に恵まれています。

一般的には「八方塞がり」と言われますが、それは「暴欲」が発動すると「八方塞がりになるよ!気を付けてね」という戒めの表現であり、「深い懐」で人々と接していればドンドン人が集まり「八方広がり」となります。

その年運の最中に迎える今月(5月)の六白金星は離宮が担う(九紫象意)により「目立ち」華やかな雰囲気に恵まれる月運となります。

新たな出会いを求めて活動中の方は、活動に比例して出会いのチャンスに恵まれるでしょう。

ただ、今月(5月)は「溺れる、秘密」を担う一白水星と同会する月ですので、出会って直ぐに親密な関係に陥らないように気を付けて下さい。

「秘密の関係」の可能性もありますが…

「秘密」を抱えている人と出会う可能性もあります。

甘い誘惑の多い月となりそうなので、ムードや雰囲気に流されないようにして下さい。

 

対人運全般について

今月(5月)は、自分の話を聞いてもらうよりも、聞き役に徹して「周囲の人々の話を聞く」ことを心掛けて下さい。

話の内容に「愚痴や相談事」が含まれるかもしれません。

その話に白黒はっきりした答えを出すのではなく、包み込むように相手がスッキリするまで話を聞いて上げることで対人運に「安泰」の気が育まれます

 

 

スポンサーリンク

 

六白金星 5月の金運

金運

今月(5月)の六白金星は「美麗、露見、最高位、手離す」を担う「離宮」に回座する月です。

「火性」を担う離宮に本命星が回座する時期は「火のエネルギーで金(金銭)を溶かす」と、よく言われます。

さらに、今年(2021年)の離宮には「水性」担う一白水星が一年間滞在しているので、「ウエットな情」の作用も受けます。

なので、承認欲求だけでなく、情に流されると「散財」に向かう可能性を高めてしまうでしょう。

間接的自己呈示が発動するとブランド物や高級品を自分の経済力以上に買い求めるかもしれません。

今月(5月)に回座する「離の作用」を自分自身に向けると良いでしょう。

観念(執着)を手離す

人と比べることで発生する「劣等感」、自らが抱き続けているコンプレックスなどを「手離す」ことで承認欲求が解消され、金銭面に悪影響を及ぼす可能性を著しく軽減させることが出来るでしょう。

物事を思慮深く探求する思考を促す一白象意も同時に活用することで自己受容も深まります

目先の欲や感情で衝動的に金銭を扱わない精神を養うことが「金運アップの軸」となります。

 

2021年 六白金星 金運アップの財布

九星別 金運財布

2021年 六白金星に相応し金運財布と購入日

2021年に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

5月21日は「己巳の日

60日に一度しかない貴重な金運アップの日

特に今月(5月)は「巳月」です。

そして、己巳の日に「種銭」を作ってお財布に入れておけば「仲間(お金)」が集まると言われています。

さらに! 今年は「丑年」ですので「丑・巳・酉」の三支で金運アップ効果が期待できる「三合金局」が形成される年です。

生まれた年・月・日に「巳と酉」を持っている方は今年の「三合金局のエネルギー」を効率よく発揮させることが出来るでしょう。

 

 

六白金星 5月の健康運

健康運

強い光を浴びる南の宮(離宮)に日の当たらない北の宮の主「一白水星」と同会する環境に居る六白金星は精神的にやや不安定な傾向が現れるかもしれません。

感性が高まる月運も巡っているので、その反応が感情に刺激をすると、イライラしたり、気持ちが落ち込んだりするでしょう。

その感情に振り回されずに、しっかり捉えて、改めて原因と向き合って「自分を許して」受け入れると良いでしょう。

ターゲットを他者に向けるとメンタルヘルスを悪化させる可能性があるので控えて下さい。

 

スポンサーリンク

 

九星気学 5月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

六白金星 2021年の運勢

2021年 辛丑 六白金星の運勢

六白金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 六白金星の運勢」御覧下さい。

六白金星の月運

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

 

六白金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

 

六白金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

戌年 未年 辰年 丑年
1958年(昭和33)
2月4日 16:50~
1959年(昭和34)
2月3日まで
戊戌年
1967年(昭和42)
2月4日 21:31~
1968年(昭和43)
2月4日まで
丁未年
1976年(昭和51)
2月5日 1:40~
1977年(昭和52)
2月3日まで
丙辰年
1985年(昭和60)
2月4日 6:12~
1986年(昭和61)
2月3日まで
乙丑年
1994年(平成6)
2月4日 10:31~
1995年(平成7)
2月3日まで
甲戌年
2003年(平成15)
2月4日 15:06~
2004年(平成16)
2月3日まで
癸未年
2012年(平成24)
2月4日 19:23~
2013年(平成25)
2月3日まで
壬辰年
2021年
2月4日 0:00~
2022年
2月4日まで
辛丑年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ