九紫火星 2021年5月の運勢 調和を心掛けて更に運気上昇

九紫火星 5月 運勢と吉方位
2021年5月5日~6月4日まで九紫火星 5月本命星: 東(震宮回座)
5月の吉方位:なし

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・東・西
2021年 九紫火星の吉方位

九紫火星 2021年5月の吉方位

5月は月盤上の吉方はありません。

立夏の節入り時刻は、2021年5月5日15時47分です。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

九紫火星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    九紫火星 2021年5月の運勢 ~全体運~

    5月

    九紫火星 5月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    5月の月盤上では、「震宮(しんきゅう)」(方位は東)に本命星が回座し、年盤上の四緑木星と同会します。(四緑同会)

    震宮を定位置とする三碧木星「三碧象意」と、同宮で四緑同会による「四緑象意」が主な課題となります。

    震宮回座による主な三碧象意

    雷、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、自己主張、主観、軽率、競争、論争、長男、青年、インフルエンサー

    四緑同会による主な四緑象意

    風、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

     

    被同会について

    年盤上の艮宮に回座する本命星月盤上の五黄土星が被ります。(五黄被同会

    被同会は否が応でも五黄象意を他動的に被る事象が現れます。

    五黄被同会による主な五黄象意

    中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

     

    スポンサーリンク

     

    2021年の盛運月が始まる!

    今月(5月)は「新たな芽吹き」を促す「震宮(しんきゅう)」に本命星(九紫)が回座するので、新たに物事が始まる機運に恵まれるでしょう。

    さらに! 一年間「震宮」に滞在している年盤上の四緑木星と同じ宮で会う「四緑同会の月」を迎えるので、三碧象意の推進力と四緑象意の調整力が相まって、非常に強い運気に恵まれます。

    来月(6月)の月運も「福運宮」と言われる「巽宮回座の月」を迎えますが。

    物事が展開するスピードは5月の方がスムーズに進むでしょう。

    何事にも積極姿勢で取り組むことを心掛けて下さい

     

    成長には調和が必要不可欠

    今月(5月)に迎える「成長の機運」を有意義に活かすためには「意欲と勇気」がエネルギーとなって自発的に起動させなければなりません。

    チャレンジ精神が起動力の根源なのですが…

    自己の能力を過信すると意気込み過ぎて勇み足になり、「調和」を軽視した行動に走るかもしれません。

    しかし、今月(5月)の飛躍運(成長)を有意義な結果へ繋げるためには「調和」を心掛ける行動が開運行動となります。

    新たな人間関係が始まり、交友関係も広がる月運に恵まれている月です。

    自分に関わる人々への配慮を行い、常に「調和」を心掛けて下さい

     

    顕現を通して「欠け」が見つかる

    今月(5月)は、新たな物事を創り出す機運に恵まれているのですが。

    何事も生み出すには、大なり小なり何らかの「困難」があります。

    それは、運の良し悪しによるものではなく、「創り出す」際に起こる自然現象であります。

    その現象を発生させる根源は「何か一つ欠けている」ことが原因かもしれません。

    能力(経験・技・知識)なのか?

    人材や人脈なのか?

    情報なのか?

    それとも、資金なのか?

    具体的な内容は人によって様々で「欠けている事柄」は広範囲にわたります。

    とは言え、それほど多くのモノ(コト)が欠けているわけではないので見つけ出してみましょう。

    今月(5月)の九紫火星は「顕現化」を促す「震宮」に本命星が回座しているので、その恩恵をしっかり活かして「顕現」から「見つけ出す」ことが出来る月運に恵まれています。

    もし、問題やトラブルが発生しても、その「顕現」を通して成長が促され、発展へ繋がります。

    手を抜かずに丁寧に取り組んで「調いの機運」を活かして仕上げることを心掛けて下さい

     

    九紫火星 5月の日運グラフ

    5月5日立夏(15時47分)から
    九紫火星 5月の日運グラフ

    5月21日小満(04時37分)から
    九紫火星 5月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 5月の仕事運

    仕事運

    今月(5月)は「積極的に勝負する」ことで、強い運気がさらに強く動き出す月運に恵まれています。

    とは言え、何事も単独で仕事をこなすのではなく、周囲と足並みを揃えて目標に向かうことが、より大きな成果に繋がります。

     

    三人寄れば文殊の知恵

    基本的に波動の高い九紫火星なのですが、今月(5月)は特に「震」のエネルギーによってさらに!波動が高まっています。

    その波動が九紫火星の「頭脳」を刺激し、素晴らしいアイデアが溢れるでしょう。

    そのアイデアを「思考」だけで留めず、職場の仲間や関係者に提案して見ると良いでしょう。

    気の合う仲間内だけでなく、畑違いの人を交えることで有益な情報が得られる可能性がグッと上がり、それと共に協力してくれる仲間も集まります

    今月(5月)は「雷」を象徴する「震宮」に回座するので、「口調や言葉」に激しさと鋭さが現れる傾向があるので口論に発展させないようにご自身を調整することを心掛けて下さい。

    また、調和の取れた状態(環境)を整える役割を果たすことで、好調な仕事運に恵みの追い風が吹くでしょう!

     

     

    九紫火星 5月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(5月)は「交際、結婚、縁談、見合い、仲介」を担う四緑木星と同会する月ですので、行動範囲を広げて人と関わる機会を積極的に増やすことで出会いのチャンスも増えます

    ただただ「広がる」だけでなく「震のエネルギー」も加わるので、ワクワクときめくような出会いにも恵まれるでしょう。

    新たな出会いは一気に交際が進む可能性は大いにあります。

     

    交際中の方で結婚へコマを進めるタイミングとしても良い時期です。

    ただ、ご自身の気持ちを暴走させるのではなく、調整しながら話を進めることが大切になります。

    自分とパートナーと家族の間を上手に橋渡しする調整役は九紫火星の方が進んで引き受けると良いでしょう。

     

    今月(5月)の九紫火星は非常に強い運気に恵まれているので、思考や行動など全てにおいて「強気傾向」が現れます。

    その行動力は良いのですが、エネルギーの強さと共に「発言(言葉)」にも「強気さ」が現れる可能性があります。

    調和を心掛け、調整役を担う月ですのでソフトな言葉遣いを心掛けて下さい。

     

    年間通して「組織や家族(親類縁者)」に関わる事柄を担う「艮宮(ごんきゅう)」(方位は北東)に本命星(九紫)が回座していて、今月(5月)は月盤上の五黄土星が回座するので「古い問題」が現れるかもしれません。

    その問題においても、調停役として積極的に取り組むことを心掛けて下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 5月の金運

    金運

    先月(4月)から高運期に入り、5月の月運は更に加速が促されるので金銭面においても「調整」が必要になります。

    人間が成長するには「栄養」が必要です。

    運においても、それは同じで「発展と飛躍」に恵まれる月運ですので、それを加速させるために「投じる」ことが必要になります。

    また、活動範囲の広がる月運に恵まれているので交際費や通信費などの出費が増えるでしょう。

    年間通して蓄財に対する意識が高まっているので、金銭に関しては「計画性」を上手に発揮することが出来る年運を上手に利用して「投じるべきこと」と「無駄とみなすこと」をハッキリ区別して決断を下しながら経済管理を行いましょう。

    「投資」「蓄財」「守り」の三つのバランスを保つことが金運アップに繋がります。

     

    2021年 九紫火星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    2021年 九紫火星に相応し金運財布と購入日

    金運アップに相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    5月21日は「己巳の日

    60日に一度しかない貴重な金運アップの日

    特に今月(5月)は「巳月」です。

    そして、己巳の日に「種銭」を作ってお財布に入れておけば「仲間(お金)」が集まると言われています。

    さらに! 今年は「丑年」ですので「丑・巳・酉」の三支で金運アップ効果が期待できる「三合金局」が形成される年です。

    生まれた年・月・日に「巳と酉」を持っている方は今年の「三合金局のエネルギー」を効率よく発揮させることが出来るでしょう。

     

     

     九紫火星 5月の健康運

    健康運

    今月(5月)は「発奮、意欲、躍動」を担う震宮に本命星が回座するので、行動傾向は「活発化」されます。

    活動的になるのは、しっかり運気に乗れている証ですから、とても良いことなのですが…

    少々、気持ちの方が先走る傾向があるので、転倒や手足をぶつけるなどのちょっとしたケガに注意してください。

    震宮を定位置とする三碧木星が担う身体的部位は主に「神経、筋、肝臓、咽頭」で、同会する四緑木星の身体的部位は体の長い部分「髪の毛、腸」風の象意を強く受ける「呼吸」に関する部分のケアをしっかり行うことで健康運アップに繋がります。

    このご時世ですので、感染症対策はしっかり行うことを心掛けて下さい。

    また、免疫力アップを目的とした腸内環境を整える食品の摂取を日々意識的に行うことをお勧めします

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 5月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    九紫火星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 九紫火星の運勢

    新機軸を打ち出し変化で進化へ向かう
    九紫火星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

    九紫火星の月運

    九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    九紫火星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    九紫火星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    未年 辰年 丑年 戌年
    1955年(昭和30)
    2月4日 23:18~
    1956年(昭和31)
    2月4日まで
    乙未年
    1964年(昭和39)
    2月5日 4:05~
    1965年(昭和40)
    2月3日まで
    甲辰年
    1973年(昭和48)
    2月4日 8:04~
    1974年(昭和49)
    2月3日まで
    癸丑年
    1982年(昭和57)
    2月4日 12:46~
    1983年(昭和58)
    2月3日まで
    壬戌年
    1991年(平成3)
    2月4日 17:08~
    1992年(平成4)
    2月3日まで
    辛未年
    2000年(平成12)
    2月4日 21:41~
    2001年(平成13)
    2月3日まで
    庚辰年
    2009年(平成21)
    2月4日 1:50~
    2010年(平成22)
    2月3日まで
    己丑年
    2018年(平成30)
    2月4日 6:29~
    2019年(平成31)
    2月3日まで
    戊戌年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ