七赤金星 2021年5月の運勢 高運期に向けて水面下でじっくり育む

七赤金星 5月 運勢と吉方位
2021年5月5日~6月4日まで七赤金星 5月本命星: 北(坎宮回座)
5月の吉方位:南東

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 七赤金星の吉方位

七赤金星 2021年5月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立夏の節入り時刻は、2021年5月5日15時47分です。

 

南東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤(五黄回座)の南東五黄殺方位です。

移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

一白水星が巡る 南東の祐気効果

  • 良好な人間関係に恵まれ社会的信用アップも期待できる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    七赤金星 2021年5月の運勢 ~全体運~

    5月

    七赤金星 5月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    5月の月盤上では、北の「坎宮」に本命星が回座し、年盤上では坎宮に回座している二黒土星と同じ宮で会います。(二黒同会

    5月の七赤金星は、坎宮回座による「一白象意」と二黒同会による「二黒象意」が主な課題となります。

    坎宮回座による主な一白象意

    水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

    二黒同会による主な二黒象意

    大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い、裏方、大衆、従業員、母、妻

    被同会について

    年盤上の乾宮(北西)に回座する本命星月盤上の三碧木星が本命星の上に被り同じ乾宮で会います。(三碧被同会

    被同会は否が応でも三碧象意を他動的に被る事象が現れます。

    三碧被同会による主な三碧象意

    雷、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、自己主張、主観、軽率、競争、論争、長男、青年、インフルエンサー

     

    スポンサーリンク

     

     

    今月(5月)の七赤金星は「水、穴、苦悩、忍耐」を担う「坎宮(北)」に回座するので、月運としては最も低調な月を迎えます。

    低調な月運とは「波動が弱い状態」のことを表すので「弱い=悪い」ではありません。

    ただ、今年(2021年)の年盤上では「完成」を担う「乾宮(北西)」に回座し、暗剣殺が付帯。

    そして、月盤上では乾宮に滞在中の七赤金星の上に「月破」付帯の三碧木星が上に被る月。(三碧被同会)

    この星の配置から「他動的に事象を被る」事柄を指すので、否が応でも被る可能性があります。

    とは言え、事前の心構えでトラブルを未然に防ぐことは出来ます

     

    目先の欲に惑わされない!

    トラブルを「他動的に被る」可能性を知った現時点で、思考レベルの回避は完了です。

    後は、行動レベルでの回避です。

    今月(5月)は「発奮、猛進」を担う三碧象意を被る月で、その三碧木星には「月破」が付帯しています

    従って、外部から好奇心を掻き立てられ「モノ(コト)や情報」が目の前に現れると、後先考えず飛びついてしまう可能性があります。

    しかし、それを手に入れて活用するには「十分な知識・経験・常識」が必要です。

    また、それは自分に相応しいモノ(こと)なのか?

    正しい選択(進路)なのか? 十分に思案することも必要です。

    それより前に、目の前のモノ(コト)の正体を見抜き、ファクトチェックも必要です。

    強い思い込みや希望的観測で、安易に飛び付くとリスクを負うことになります

    「急いては事を仕損じる」を心掛けて下さい。

    今月(5月)は、急いで判断して、急いで行動すると重大な失敗を犯す可能性を高めます。

    ファクトチェックの後、十分に理解してから無理のない計画を立てから行動しましょう!

     

    誘因的にモチベが上がる

    先月(4月)は「水、穴、苦悩、忍耐」を担う一白水星と同会する月運が巡り、今月(5月)も一白水星の定位置である「坎宮」(方位は北)に本命星(七赤)が回座します

    人の思考や志向に影響を及ぼす「離宮(南)」から「坎宮(北)」に本命星が飛泊する際に「一白象意」を受けているので、心情としては腹の底から「気力と明るさ」を発揮することがし辛い時期かもしれません。

    今月(5月)は低いモチベーション状態の気分とは裏腹に「様々なモノ(コト)」が集まる月運が巡っています。

    ただし、その「集まり事」には「お金・時間・精神力」が必要になるでしょう。

    また、内容次第では、悪影響が及ばないように自分の身を守ることも必要になるでしょう。

    一見、面倒なことが「集まり事」のように感じるかもしれませんが、実はそうではないのです。

    来月(6月)からは高運期に入り、7月には推進力が高まる月運が巡ります

    この時期からしっかり「情報・知識・教養」を蓄えおくことで、今後迎える高運期に必要になります。

    その内容は、昔の人の言い残した知識だったり、新しい情報だったり多岐にわります

     

    自己の殻を破壊する「ひと皮むける」チャンス!

    今月(5月)は「月破」付帯の三碧木星を被り。

    来月(6月)は「歳破」付帯の三碧木星と同会。

    その翌月(7月)は、三碧木星の定位置である東の「震宮(しんきゅう)」に本命星(七赤)が回座する流れになります。(下記の図参照)

    七赤金星 5月から7月

    三碧象意の影響を連続的に受ける三ヶ月となります。

    三碧の主な象意「音、声」に派生すると、周囲に賑やかさが現れる反面、クレームや噂話を耳にする機会が増えるでしょう。

    その中には「忠言耳に逆らう」言われるように、素直に聞き入れることが出来ない「忠告」を受けることもあるでしょう。

    正論であればあるほど、図星であればあるほど、耳が痛いかもしれません。

    が、しかし! 周囲の意見や忠告をスルーすると破壊殺を発動させるかもしれません

    また声や意見には「発展、意欲、決断、勇気」に繋がる「声(助言)」も含まれています

    さらに! 今年(2021年)の七赤金星は「完璧、完成」を担う乾宮に一年間滞在し、暗剣殺が付帯しています。

    なので『自分は完璧』と思い込み、自己流の完璧主義者に陥ると付帯している「暗剣殺」を発動させる可能性もあります。

    暗剣殺や破壊殺で「運を破る」のではなく「自己の殻を破る」ことに「破壊」を活用して、更なる成長へ向かいましょう!

    今月(5月)は基盤を水面下でしっかり構築する月運に恵まれているので、この機に改めて「基礎的な部分」に目を向けて足元を固めて歩みましょう!

     

    七赤金星 5月の日運グラフ

    5月5日清明(15時47分)から七赤金星 5月

    5月21日穀雨(04時37分)から
    七赤金星 5月

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 5月の仕事運

    仕事運

    今月(5月)の七赤金星は、体調を崩しやすいので、無理は慎んで下さい。

    健康管理をしっかり行うことが仕事のパフォーマンス向上に繋がります

    仕事では、思い通りの進捗が期待できず、焦りを感じるかもしれません。

    「焦りの気持ち」が現れると、目先の利益に心を奪われてしまい、何事にもスピード重視で処理する傾向が現れます。

    しかし、急いで仕事を一気に片付けようと、急げば急ぐほどミスを犯したり、トラブルを発生させたりする可能性があります

    無理のない計画を立てて仕事を進めるように心がけて下さい。

    「目上、権力者」を象徴する「乾宮」(年盤の北西)に本命星が滞在中ですので、仕事上では目上や上司の方と関わる機会が多い一年です。

    その最中の今月(5月)は「乾宮」(月盤の北西)に「月破」付帯の三碧木星が本命星(七赤)の上に被る月となります

    自分より上の立場の方から小言やクライアントからのクレームも聞かされるかもしれません。

    その事で理不尽さを感じたり、不満を抱いたりするかもしれませんが…

    批判的な発言で反論したり、陰口をたたいたりは絶対しないで下さい。

    来月(6月)からは高運期に入り、運気も上昇し始め、月運は今年の盛運期へ向かうのでチャンスを逃さない為にも良好な人間関係を維持することに徹しましょう!

    トラブルや問題解決は早めに着手

    トラブルや問題の進行は想像以上に進展する可能性があるので、先送りせずに早め早めに対応するようにしましょう。

    その際には、時間と手間を惜しまず、着実に丁寧に処理することを心掛けて下さい。

    今月(5月)は、人・モノ・情報・意見などが集まる月運に恵まれているので、その兆候と共に運気は回復し始めます

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 5月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(5月)の七赤金星は、月盤の北に入り「坎宮(かんきゅう)」という宮に回座します。

    「坎」は「つちへん」に「欠ける」即ち「あな、くぼみ」の示し、その穴に入っている状態のような運気を迎える月ですので、恋愛運もイマイチなのかな? と、思われるかもしれませんが…

    艶っぽさを促す「水」を担う宮ですので、恋愛面においては「色っぽいムード」が漂います

    また、一白象意を担当する宮ですので、物事も始まりも促されるので「新たな出会い」のチャンスに恵まれます。

    ただ、一白象意の「秘密」が発動させると、秘め事を抱えるような恋愛になるかもしれません

    合コンやSNSのようなで出会いよりも、身近な人間関係と繋がりのある方との出会いの方が堅実な交際が望めるでしょう

     

    今月(5月)の人間関係は「身近な人」との関係を良好に保つことを心掛けて下さい。

    家族や夫婦だけに関わらず、物理的に距離の近いご近所の方、職場ではフラットな関係の同僚なども含まれます。

    来月(6月)から運気が上昇し、月運における盛運に向けて「準備の月」を迎えます。

    今後の発展において、支えてくれる家族や仲間は大切な存在です。

    つまらないプライドにこだわって意地を張ると関係をこじらせてしまうので、親しい間柄でも謙虚さを心掛けて下さい

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 5月の金運

    金運

    今月(5月)は、急がず時間をかけてゆっくり蓄えることを始めると良いでしょう。

    ダイレクトに「積立預金」を始めるのも良いのですが…

    もっと水面下で取り組むようなことの方が良いでしょう。

    「収益」は、価値に対する「対価」として支払われるモノですから、「価値」を上げることで「収益」が増えます。

    その価値を上げるための知識や教養を蓄えることで、いずれその蓄えが源泉となって溢れるでしょう。

    また、お金や税に関する学びも良いでしょう。

    今月(5月)に飛び込んでくる「調子の良いうまい話」はには、最大限に警戒することを強く勧めます。

    投資や投機的なことは慎んで下さい。

    今月(5月)の七赤金星は「穴の中」から周囲を見ている状態なので、視界は狭い状態なので大きな決断は控えて下さい

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 七赤金星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    2021年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

    金運アップに相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    5月21日は「己巳の日

    60日に一度しかない貴重な金運アップの日

    特に今月(5月)は「巳月」です。

    そして、己巳の日に「種銭」を作ってお財布に入れておけば「仲間(お金)」が集まると言われています。

    さらに! 今年は「丑年」ですので「丑・巳・酉」の三支で金運アップ効果が期待できる「三合金局」が形成される年です。

    生まれた年・月・日に「巳と酉」を持っている方は今年の「三合金局のエネルギー」を効率よく発揮させることが出来るでしょう。

     

    七赤金星 5月の健康運

    健康運

    本命星(七赤)が一年間滞在する乾宮(北西)に暗剣殺が付帯し、今月(5月)は「月破」を付帯する三碧が回座する月を迎えます。

    乾宮は「高速回転するモノ」を担当し、それに派生する可能性があるので、リスク回避を心掛けて下さい。

    その一例としては…

    エンジンや車輪の付いているモノを扱う際には、時間と気持ちに「ゆとり」をもって扱い、法令遵守を常に心掛けて下さい。

    歩行者であっても同じです。

    人やモノが集まる月運が巡っているので、渋滞に巻き込まれる可能性も想定して出発時刻を前倒しにすると良いでしょう。

    何事も急いで行動すると「事故やケガ」のリスクを高めます。

     

    健康増進を目的にした取り組みを水面下から始める

    今月(5月)は「育み」を担う二黒と同会する月です。

    この運気を活かして健康運アップの取り組み例としては…

    怠惰な生活を改善して良い生活習慣を定着させるようなことから始めると良いでしょう。

    来月(6月)は「育成、準備」を担う「坤宮」に本命星が回座するので、この流れに乗って「ゆっくり無理なく」健康運アップを図り、来月(6月)からの上昇運気に向けて体力を養いましょう!

    ただし! 急に激しい運動を始めて「早く結果を出す」ことを目的にするような体力づくりははお勧めできません。

    続けることを目的にしましょう!

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 5月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    七赤金星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 七赤金星の運勢

    七赤金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    七赤金星の月運

    九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    七赤金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    酉年 午年 卯年 子年
    1957年(昭和32)
    2月4日 10:55~
    1958年(昭和33)
    2月3日まで
    丁酉年
    1966年(昭和41)
    2月4日 15:38~
    1967年(昭和42)
    2月3日まで
    丙午年
    1975年(昭和50)
    2月4日 19:59~
    1976年(昭和51)
    2月4日まで
    乙卯年
    1984年(昭和59)
    2月5日 0:19~
    1985年(昭和60)
    2月3日まで
    甲子年
    1993年(平成5)
    2月4日 4:37~
    1994年(平成6)
    2月3日まで
    癸酉年
    2002年(平成14)
    2月4日 9:24~
    2003年(平成15)
    2月3日まで
    壬午年
    2011年(平成23)
    2月4日 13:33~
    2012年(平成24)
    2月3日まで
    辛卯年
    2020年
    2月4日 18:04~
    2021年
    2月3日まで
    庚子年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ