七赤金星 2019年4月の運勢 チャレンジが開運行動

七赤金星 2019年4月
運勢と吉方位
4月5日
(清明)~5月5日まで
七赤金星 4月【月盤】本命星:震宮(東)
グレーは、凶方位

年盤の吉方:西・東
月盤の吉方:南東・南西
年盤・月盤共に吉方:なし

月盤吉方を取る際に本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)4月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

春の土用期間:4月17日~5月5日は、南東が土用殺方位となる為、吉方旅行や祐気取りはお勧めできません。

2019年の年盤七赤金星2019年 歳破 巽宮2019年の吉方:西・東
(移転・引越し吉方位)

2019年の年運については、「七星金星 2019年の運勢」をご覧ください。

今後と運気の流れについては、「七赤金星 2019年 月運バイオリズム」ご覧ください。

5月の運勢は「七赤金星 2019年5月の運勢 物事を調える月!円満が開運へ導く」をご覧ください。

 

七赤金星 2019年4月の運勢 ~全体運~

春風がとても心地よい季節、気分は明るく、七赤金星は何故か? ワクワク感に満ちています。

季節的にも過ごしやすく、新たな出会いが多く、新たなチャレンジも必然的に起こりやすい時期です。

「4月だから…」と、いうものではないようです。

今年(2019年)の七赤金星は、物事を積極的に「調え」「結果」に繋げる取り組みを行う絶好の年!

高運期となる一年です。

その年運に恵まれた最中の4月は「チャレンジの月」であります。

腹の底から沸き上がるワクワク感は、高運月の運気に乗るための「潜在意識」が発動しているのです。

これまでに育んできた計画が「芽吹く」運気に恵まれています。

今に至るまで、様々な学びと探求を施し、積み重ねてきた努力に「自信」を持ってチャレンジあるのみです。

4月は芽吹き

2019年に入り、立春からの七赤金星は足元を固め、チャンスの種蒔きを行う時期でしたが。

4月(清明)からは、チャンスの種が「芽吹く」運気に突入なのです。

種を植えると「芽が出る」ことは、当たり前のことのように思われますが、「種」にとっては硬い皮をブチ破って「芽を出す」のですから、「飛び出すエネルギー」が必要になります。

人間もそれと同じで、これまで以上の能力を発揮するにはエネルギーのみに限らず、強力なチャレンジ精神も必要になります。

なので、自分の中に備わっている(潜在意識)「現状維持機能」に新たな刺激を加え、新たに芽吹いた意識を「現状維持機能」に組み込みましょう!

過去の失敗やリスクを恐れて否定的になると、折角「芽吹いた」新たなチャンスを逃してしまいます。

過去の失敗は、訪れたチャンスを掴み取る為の「ヒント」ですし、リスクは管理力強化「課題」なのです。

この好調な運気は、来月(5月)にピークを迎え、チャンスの芽が成長し、花を咲かせる月運に恵まれます。

今月(4月)は、成長(飛躍)が今後の運気に大きく影響するので、何事も必ず「実行」することを心掛けましょう!

スポンサーリンク

七赤金星 4月の仕事運

九星気学 仕事運

新たなチャンスに恵まれる運気なので、仕事の方針や職場の環境においても新たに変化が訪れるでしょう。

しかし、その変化による停滞を感じることなく、スムーズに対応できる自分の能力に驚くことでしょう。

今月(4月)は、新たな案件が発生したり、運営やプラン構築において決断力が必要になるかもしれません。

今月(4月)の七赤金星は公明正大性に長けているので、的外れな決断は下さないでしょう。

ただし、独断専行は良い結果に繋がりません。

チームワークを無視した決断は避け、周囲の意見をしっかり取り入れて判断することをお勧めします。

転職や転勤などで新たな職場環境で、お仕事されるか方は気疲れしやすいかもしれません。

可能な限り、早めに帰宅してプライベートは、リラックスできる時間を確保しましょう!

七赤金星 4月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

新たな出会いと求めている方にとっては、チャンスの多い月になりそうです。

ただ、この時期の運気は、積極性が大事です。

片思いの方は、告白のチャンス!です。

今月(4月)の七赤金星が受けている象意は「音(声)」なのです。

だから、自分が思っている事や意思表示は、「相手に伝える」という運気に恵まれているのです。

なので、この時期は、「誘われる」とか「告白される」ことを待っていてはチャンスを逃してしまいます

気になる方から、誘われるような策略は逆効果です。

また、気になる方が現れたら、自分の直感を信じてアプローチしてみましょう!

相手があなたの事を「どう思っているか?」が気になるのですが、自分が相手の気持ちがある事を伝える事が大事なのです。

自分の事をどう思ってもらうかは、意思表示をしてからで良いのです。

デートは、コンサートやライブ、カラオケなど「音」で共感して盛り上がるようなデートがおススメです。

現在、お付き合いされているカップルは、パートナーに対する「言葉」に注意です。

この時期の七赤金星は、普段以上に発言や表現がストレートになりやすい傾向が現れやすいようです。

スポンサーリンク

七赤金星 4月の金運

九星占い 金運

新しい事柄が起こりやすい運気に恵まれています。

特に音が出もモノや電気製品など、古くて使いづらい、劣化しているなどの状態なら買い替えを検討してみるのも良いでしょう。

くたびれた財布を使っている方は、この機会に買い替えてみると良いでしょう。

今年(2019年)の七赤金星は高運期なのですが、安全と安定を意識したい一年ですから、安定を促すカラー「緑色の財布」がおススメです。

これまで「良し」とされていた、金銭感覚に何らかの刺激が加わりそうな月運です。

「豊かさ=貯金」と捉えていた方が「貯蓄」以外のことに目を向けたり、これまでは「資産」だと思っていた物が…実はただの「消費」だったことに気づく運気に恵まれています。

今月(4月)は、潜在意識の中にある「現状維持機能」によるリミッターを解除して、多くの情報を取り入れて、刺激をうけてみると良いでしょう。

これまでにない金銭感覚が芽生えるかもしれません。

七赤金星 4月の健康運

九星占い 健康運

好調な運気に恵まれ、その影響もあって健康面においては著しく体調を壊すようなことはないでしょう。

普段以上にフットワークが軽く、行動も軽やか!

ただ、公私ともに忙しく、慌ただしい日々を過ごすことになりそうです。

その為、日々の行動がどうしても「せっかち」になる可能性があります。

なので、注意して頂きたいのが「足元や手」のケガ

そして、自動車の運転、スピードの出し過ぎに注意です。

今月(4月)の七赤金星は、勘が優れる分だけ神経も使っています。

自分が感じている以上に気を使っているはずですから、ビタミンCが豊富に含まれている食物を積極的に摂取することをおススメします。

スポンサーリンク

2019年 七赤金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

七赤金星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢と月の運勢運気の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 七赤金星のバイオリズムグラフ

揺るぎない決意と自信でポジティブに歩む年の運気の流れと上手に活用しよう!

七赤金星 2019 運勢バイオリズムグラフ2019年を上半期と下半期に分けて月運のエネルギーの活用法を こちら で記事で紹介しています。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星の吉方位

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

七赤金星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2020年 吉方表と吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ