八白土星 2022年の運勢 変化で進化!吉兆のサイン

八白土星 2022年の運勢と吉方位
九星気学 2022年 八白土星の運勢
右往左往せず
心静かに
変化を受入れる

八白土星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位北西・西・南

 

六白金星が回座する北西の祐気エネルギー効果

  • 自分より上の立場の方からの援助に恵まれ、事業運アップの期待できる。
  • 生き甲斐と充実感に満たされる。

七赤金星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 副収入などによる金運アップ
  • エンターテインメント性向上が期待できる。

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 知的能力が高まり優れた判断力が得られる。
  • 的確な取捨選択能力が向上し、良いご縁と進路に恵まれる。

今年(2022年)は、「寅の方位(東北東)」と「午の方位(南)」と「戌の方位(西北西)」の三支で三合金局が形成され、特に「午の方位(南)」大吉方位です。

ただし、月命殺・月命的殺となる「3月・4月・12月・1月生まれの方」は用いることが出来ません

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

八白土星 2022年の運勢

2022年2月3日(立春)2022年2月3日(節分)までの全体運

昨年(2021年)は「喜悦」を担う「兌宮(西の宮)」に一年間在泊し、人間関係や経済共に大きく広がる事象に恵まれる一年を過ごされました。

昨年(2021年)は、これまでの努力と活動の成果が「収穫」として手に入れる「悦びの年」でしたから、楽しさと達成感を満喫されたと思います。

しかし、敏感な方は悦に浸る中にいながら、何となく「次に向かう時期が訪れる」ことを既に感じていたかもしれん。

今年(2022年)は「変化運」を迎え、変化をきっかけに転換期に入ります

 

「不足や不便」が「気づき」へ

昨年(2021年)に在泊していた「兌宮」には「不足、不便、不満」といった「欠けている」事象をもっています。

今年(2022年)は、欠けた部分を補うために「変化」が起こり、さらに季節の移り変わりのような「変化」も加わります。

もう既に昨年の立冬頃から兆候が現れ、2022年の新たな運気を迎える2月立春には足元から変化を促す動きが現れ始めるでしょう。

 

原点回帰の年

今年(2022年)一年間、本命星が在泊する「艮宮(ごんきゅう)」は、本命星の本座(定位置:方位は北東)です。

2022年八白土星の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

八白土星は過去8年間それぞれの宮を巡り、そして2022年に自分の家(宮)に戻りました。

今年(2022年)の八白土星は、八白象意を担う艮宮に居ながら、本命星の八白象意を積極的に活用することが出来る一年です。

「八白土星らしさ」を有意義に活用することが出来る年運に恵まれます。

 

変化を受入れて進化する

人間は基本的に変化を嫌いますが、その原因は「現状維持バイアスにある」と言われています。

現状維持バイアスとは、現状に大きな問題がなければリスクを取って『変化する必要はない』と、考える心理傾向のことを言います。

しかし、現状に何らかの歪みが生じ、それに加えて時代との乖離が生じるのが現実です。

その結果、何らかの問題が生じて「変えざるを得ない」状況が発生するので、本命星が「艮宮」に回座する年を一般的に「凶」と表現されることが多いようです。

また、他動的な変化は予期せぬ事態が生じるので、対応に追われることで一時的な停滞を感じるでしょう。

しかし、他動的な変化を受入れる事でリカバー力と適応能力が養われ、その結果「進化した自分」を手に入れるので「」ではありません

むしろ、長期的な視点で捉えると「変化は吉兆」です。

 

八白土星 2022年の月運バイオリズムグラフ

八白土星 2022年からの9年運上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2022年の年運は2月立春から始まります。

坤宮回座2月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種=種蒔き)【暗剣殺・月破】

2月立春から新たな年運に入り、そして月運においても高運期が始まり上昇局面をむかえるので「足元を固めて準備する月」です。

奇想天外な作戦は「足をすくわれる原因」となり得るので控えましょう。

 

震宮回座3月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽)

運気は一気に上昇し、飛躍の機運が高まります。

卯月を迎える月に本命星が卯の方位(東)に回座するので「月建」の光を受けて拡張作用のエネルギーも加わります

自己を成長さる糧や知識を正しく取り入れましょう!

発言も正しく丁寧を心掛けて下さい。

 

巽宮回座4月は月盤の「巽宮(そんきゅう)」に本命星が回座します。(④開花)

運気は先月よりさらに上昇し「成長運気のピーク」を迎えます。

さらに「万事調う」事象が現れ、何事も結果が現れ始めます。

内部事情をしっかり把握して、問題点は速やかに改善に取り組みましょう。

 

中宮回座5月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

これまでの取り組みが何らかのカタチで「結実」として現れる月運が巡ります。

何事も振り返りと通して充実を図る絶好のタイミング月です。

良し悪しで判断せず、謙虚に受け入れて取り組むことで、充実の機運に恵まれます。

5月立夏から月運における充実期が始まります。

 

乾宮回座6月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

完成の気と共に八白土星の能力を高めるチャンスを得るきっかけに恵まれます。

この月は「天道」の光を受けて拡張作用も加わります。

経験者や目上からの助言はしっかり腑に落とし知識とて蓄えましょう。

 

兌宮回座7月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運の勢いは下降局面に入ります。

損得勘定意識が高まり「損」に関しては過剰に拒否反応が起こるかもしれませんが

「損して得取れ」

この月の出費は「負債」ではなく有益な「投資」となり得る可能性があります。

 

艮宮回座8月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)【月破】

2022年の気が一番強調される月ですので、2022年を象徴するような事象が現れやすい月を迎えます。

周囲の変化によって「変わらざるを得ない事態」が発生するが、変化を受入れることで進化が促され後の機運に恵まれます

何事も先延ばしにせず、早めに対応と対処に取り組みましょう!

 

離宮回座9月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

2022年の気が最も強く現れる月が終わり、9月白露以降からは徐々に2023年の気が生じ始めます。

その気は微妙に少しずつなので運気としては2022年の気は継続中です。

運気に明るさと華やかさが現れる月ですが、大胆な行動は控えて歩みは小さく堅実に!

 

坎宮回座10月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

2022年の月運で最も低下する月は、月運の勢いが弱いだけで「悪い運気」ではありません

蒙昧な人と関わったり、自分自身の蒙昧を痛感する場面を体験するかもしれません。

教える側、教わる側、いずれにしても「在り方」の重大さを感じるかもしれません。

 

 

八白土星 2022年の仕事運

仕事運 転職運

今年(2022年)は、八白象意を担う「艮宮(ごんきゅう)」(方位は北東)に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)本命星が在泊します。

艮宮が担う主な八白象意は「山、静止、高尚、変化、保守、停滞、閉塞、不動、蓄財、再起、組織、迷い、相続、継目、改修、強引」です。

八白象意の環境下におかれるので積極的に用いることが課題となります。

職場では人事異動や転勤、仕事の内容や会社の方針が変わる、担当者が変わるなどの事態が発生するかもしれません。

今年(2022年)に体験する変化は「他動的に持ち込まれる」ような事柄が殆どです。

予想外の変化ですので、自分の意志や好みにそぐわない内容かもしれません。

 

変化の対応は止まって行う

慣れないことで様子が分からず、それに加えてこれまでの戦略が通用しないので、進捗状況にも停滞が生じるかもしれません。

また、持ち込まれた変化によって見え方が変わり、選択肢の幅が変わることで「迷い」が生じることもあるでしょう。

常に正しい選択が出来れば良いのですが…

トランプゲームの神経衰弱でシャッフルされた状態のカードを当てることが出来ないですよね。

それと同じような状況におかれるので、「正しい選択」を目的にするよりも「リカバー力」を養いながら進めると良いでしょう

また、状況の変化を正しく捉えるには、右往左往せず落ち着いて対応することを心掛けて下さい。

今年(2022年)に在泊する艮宮の正象「山」のように「動じない安定感」を積極的に用いることで良い仕事を成し遂げることが出来るでしょう

 

解決の秘訣は「早めに着手」

他動的に受け入れる変化は受動的なのですが。

受け入れた変化によって発生する問題は解決においては自分から積極的に対応に取り組むことが大事です。

早めに取り掛かれば比較的手間が少なくて済みます

先延ばしにすると厄介なことになるかもしれません。

複雑な事から取り掛かるのではなく、簡単に出来ることから取り掛かると良いでしょう

 

孤立せず共存共栄

三合火局 2022

今年(2022年)は「寅年」ですので「寅に太歳」が付き三合火局を形成するので「拡大」の効果が期待できるでしょう。

八白象意の「組織」は職番の同僚だけなく、関係者全ての方とは良好な関係を築くことが仕事運に拡大の機運をもたらすでしょう。

 

 

八白土星 2022年の転職運

今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

壬

その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

社会的トレンドとしては、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要が高まるかもしれません。

 

今年(2022年)は「変化の年」ですので、現在求職中の方は「求職中から職に就く」といった変化がおこるでしょう。

 

欲張らず惑わされず

八白象意の「頑固さ」が強く現れる傾向があるので仕事選びに妥協できず、就活に苦戦を強いられるかもしれません。

就業中の方は「変化運」の影響から『転職』を考えるかもしれませんが…

衝動的に行動を起こすのではなく『仕事を辞めたくなる』原因の改善から取り組むと良いでしょう。

ただし、心身ともに仕事の継続が困難な状況にまで陥ってる方は、本命星が在泊している「艮宮」の「とまる、とどまる」象意を用いて、まずは休職するのも有りかもしれません。

八白土星 9年運 2022

上記の図は、2022年から2031年までの八白土星の年運を可視化した図です。

2024年から始まる20年間は「第九運」に入り、2022年と2023年は「第八運」の最終章と言えます。

社会全体の運気が大きく変わる時期に迎える「八白土星の転換期」ですので、今年(2022年)の変化運は「価値ある変化」となるでしょう

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2022年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

2022年の「変化運」は、さまざまなシーンで事象として現れるので「恋愛」だけでなく人間観家全般的に変化が現れるでしょう。

 

出会い

これまで、ご縁に恵まれず恋愛から遠ざかっていた方は状況に変化が現れるかもしれません。

しかし、「今まで通りの生活」を繰り返す日々が続くと、出会いを得ることは出来ません。

まずは、趣味のサークルや運動不足解消も兼ねてスポーツクラブに入るなどの行動を起こして日常生活の行動パターンを変えると良いでしょう。

恋愛に繋がりやすいシーンとしては、同窓会などの「再会」から発生する可能性があります。

家族や親族からの紹介も期待できるので、あらかじめアピールしておくと良いでしょう。

 

結婚運

現在交際中のカップルにも何らかの変化が起こるでしょう。

その変化は「心情」の面に現れるかもしれません。

今年(2022年)の八白土星は「停滞」を感じやすく、それが「マンネリ」となってパートナーへの関心が薄れてしまう可能性があるでしょう。

ただ、男女の間に関することは、そんな単純な事だけではありません。

ただ、運気の流れの中では将来のことを見据えて、これからの関係を考えるタイミングと言えます。

変化の運気が漂う中で「現状維持」に拘るよりも、お互いにとって最適な道を話し合うと良いでしょう。

前向きに結婚へ進む気持ちがある方は、お相手の家族とコミュニケーションを図る機会を積極的につくって、焦らず具体的にお話を進めると良いでしょう。

 

人間関係

今年(2022年)は八白象意を担う「艮宮」に一年間、本命星が在泊するので八白象意が担う「組織」に関する事柄がテーマとなります。

職場では異動や担当が変わるなどの変化が生じやすい年運ですので、関わる人間関係にも変化が現れるでしょう。

職場だけでなく、社外の関係者も含めて「仲間」として温かく迎えて組織づくりをされることをお勧めします。

この取り組みは家庭内においても同じで、特に家族は自分を支えてくれる大切な存在ですので運気にも影響するので「仕事優先」のような行動は慎んで下さい。

2022年の「変化運」は家族構成にも変化が生じるかもしれません。

結婚、出産、進学や就職で独立するなど、変化の内容はさまざまです。

2022年に生じる変化は、これまでの変化よりスケールが少々大きいかもしれません。

また、易経では「艮為山(ごんいさん)」で易の卦は「☶ ☶」で、山が二つあることから「山を二つ超える」ような事を体験するでしょう。

 

 

八白土星 2022年の金運

金運

進路変更は一旦停止して

車の運転でカーブを曲がる際にはハンドル操作だけでなく、必ず「減速もしくは一旦停止」をします。

人生の進路においても「変化(曲がり角)」が生じた際には一旦止まる必要があります。

変化が生じやすい年は、変化の数だけ「止る」ことも発生します。

 

無欲=ストレスフリー

昨年(2021年)は「収穫の年」を迎え、そして今年(2022年)はその流れが継続する運気ではありません

経済面においては戦略を立て直すと良いでしょう。

今年(2022年)の八白土星は「無欲になる」ことで、さまざまなストレスから解放され、それが経済面にも影響することもあります。

無欲になる一例としては

これまで『必要』と感じていた事に費やしている固定費を見直すと良いでしょう。

ライフスタイルも変わりやすい一年ですので、年間通してその度に見直してみると良いでしょう

固定費の削減は、わざわざ貯金をするよりも無理なくお金が残ります。

そもそもの「固定費が発生する原因」である「欲」そのものを見直してみましょう!

 

あらかじめ心の準備を

今年(2022年)は艮宮が担う八白象意の「相続」に関する事柄が生じやすい一年です。

その様な事が発生する可能性が高い年頃の方はあらかじめ知識を蓄えておくと良いでしょう。

八白土星に付いている「太歳」は生成する事柄においては良いのですが、争いごとを嫌う吉神です。

物事の良し悪しに関わらず、何事においても「拡大」が作用するので、金銭だけに関わらず争わないことをお勧めします

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2022年のラッキーカラー

イエロー・ベージュ・ブラウン

2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「艮宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

艮宮は八白土星の本座(定位置)ですので、本命星らしさを用いるには良いタイミングです。

本命星(八白土星)の象意カラーは「イエロー・ベージュ・ブラウン」です。

 

八白土星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境とご縁の拡大が期待できるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 イエロー・ベージュ・ブラウン
3月・12月 シルバー・ホワイト
4月・1月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
5月 レッド・パープル
6月 レッド・パープル
7月 ブラック・ホワイト
8月 イエロー・ベージュ・ブラウン
9月 ブルー・ネイビー
10月 グリーン

2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2022年の健康運

健康運

一年間在泊する「艮宮」の主な身体的象意は「鼻、背、肩、関節、骨」で、本命星の八白土星の同じです。

身体のケアは「身体全体」のケアを行うのが基本なのですが。

一年間影響を受ける象意の観点からは、主に「関節」で、また骨を支える「筋肉や筋」です。

ただ、人間の身体は複雑に出来ているので、単純に関節や筋肉のケアだけでは足りません。

身体を作るために必要な栄養と適度の運動は必須です!

 

今年(2022年)の八白土星は何事にも「滞り」が起こる年運ですので、身体的な「滞り」も感じるでしょう。

健康増進を目的にした運動なら「ストレッチ」のような運動をこまめに行うと良いでしょう。

 

「変化」は体質にも!

「変化の年」でもありますから、体質の変化も考えられます。

特に八白象意の「鼻」に関わる症状では、アレルギー性鼻炎などがあるでしょう。

 

太歳のエネルギー有意義に活用

今年(2022年)は「寅」の方位から「太歳」の光があたるので、拡張作用に恵まれます。

この気を積極的に活用して「よりよい健康状態を目指す」取り組みをされると良いでしょう。

その一例としては、筋トレです!

筋トレはダイエットやボディーメイクなど、さまざまな目的で用いるトレーニングです。

基本的には「筋肉を鍛えて増やす」ことを目的にしたトレーニングで、個人のレベルに合わせて行うことが出来ます

また、器具を使わない自重トレーニングは気軽に取り組むことができます

関節や筋肉を傷めやすい運気だからこそ、ゆっくりした動きで自分の体と向き合いながらトレーニングされることをお勧めします。

さらに!八白象意の「積み重ね」による効果が拡大するので、良い結果が得られるでしょう。

逆に運動不足に陥ると八白象意の「滞る」+「積み重ね」に太歳の拡張作用が加わり、脂肪による体重増加が起こる可能性があるので、同じ「増やす」のなら「筋肉」を増やしましょう!

 

八白土星 2022年の運勢

2022年 壬寅 八白土星 運勢

変化で進化!吉兆のサイン
八白土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 八白土星の運勢」御覧下さい。

八白土星の月運

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

八白土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

八白土星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ