八白土星 2020年1月の運勢 ご縁で可能性が広がる好機到来

八白土星 1月 運勢吉方位
2020年1月6日
2月3日まで
福運月

八白土星 1月 運勢 吉方位

年盤の吉方位:・北西
月盤の吉方位:・西(天道)
年盤・月盤共に吉方:
(移転引っ越し吉方)

2019年 八白土星 吉方位年運や方位は2020年2月3日(立春前日)まで
2019年の年盤による「気」の影響を受けています

 

 

八白土星 1月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

七赤金星が巡る 1月の北西の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。移動距離は長距離、引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 活動力・発展力に恵まれる
  • 金運アップに繋がるヒラメキやヒントに恵まれる

 

西(天道

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

二黒土星が巡る 1月の西の祐気エネルギー

  • 話力に包容力が加わり説得力向上
  • 金運と蓄財意識向上
  • 恋愛運アップ

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)2020年1月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2020年1月の運勢 ~全体運~

九星気学では、年の運気は2019年の年運の影響を受けています。

とは言え、運気はデジタル的に「パキッ」と入れ替わるのではなく、じわじわ2020年の年運が押し寄せます。

まるで、満潮時に海水が川に流れ込み、河川が海水と真水が混ざる感潮区間(かんちょうくかん)のような感じをイメージして頂けたら分かりやすいかと思います。

そして、今月(1月)の月運は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」1月6日AM6:30から始まります。

八白土星は2016年から運気が上昇し始め「人生の成長期」を迎え、そして2019年は内省を調え改善を通じて充実を図る年でした。

いよいよ!満を持して「達成(成果)」へ挑む「気」に満ちた年を迎えます。

現時点では、年明け早々ですから、まだ「達成(成果)」が現れていないのですが…

心は既に「武者震い」を感じているのではないでしょうか?

 

奉仕的積極性で網を広げ可能性を広げる

昨年(2019年)の11月頃から運気が徐々に上昇!

12月は新たな気づきと新たな発展の芽吹きに恵まれた月運の流れから、今月(1月)も好調な月運に恵まれます。

今月(1月)は、何事も物事が調う月運に恵まれます。

現在、具体化していない事柄を積極的に具体化させ、結果に繋がる活動を行うタイミングです。

『えーっ!年明け早々?!』と、思われるかもしませんが…

本格的な「成果」を得るための「ご奉仕月」です。

そもそも、2020年に得る「成果」は2015年…

人によってはもっと以前からの努力を積み重ねてこられたのですから、この一ヵ月で「サクッ」と終わるものではありません。

まだまだ、これからです!!

今月(1月)は、人とのご縁が好調な月運に恵まれます。

なので、人を通じて「発展・拡大」させる取り組みを行うと良いでしょう。

特に遠方からのコンタクトや紹介運も好調です。

積極的にコネクションを築くことで今後のチャンスに繋がる「重要人物」とのご縁もあり得ます

ただ、この時点で「損得勘定」を発動させ、心の中で常にソロバンを弾いているようでは、折角のご縁を台無しにするかもしれません。

人間だれしも『損するより得をしたい』と思う気持ちがあります。

それは、当然のことで決して悪いことではありませんが。

逆に相手も同じ人間なのですから『損するより得をしたい』と思うのも当然です。

今月(1月)の八白土星は「ご奉仕月」さらに! 何事も物事が調う月運に恵まれているので「情けは人の為ならず」のような結果が得られやすい月運なのです。

まずは、他者の要望を聞き入れ、得(恩)を与えることで、物事がスムーズに調う運の流れに乗ることができます。

ただし、自己犠牲を伴う「奉仕」は「奉仕」ではありません!(大事)

今月(1月)の八白土星は、常に周りを見て明確に判断する思考力が高まるので、何事も自信を持って決断できるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 1月の仕事運

九星気学 仕事運

今月(1月)の八白土星は、頭脳が冴え、勘も冴えているので判断能力が優れています。

正に「空気が読める」状態ですから、コンディションも良好です。

イキイキとした仕事ぶりが買われ、信用に繋がり、ポジションな巡り更なるチャンスを引き寄せます。

今月(1月)は、信用がとても大事で、信用が信頼へ発展し、多くのビジネスチャンスに恵まれます。

その相乗効果で、やる気がさらに沸き上がります。

人と変わる業種、接客や営業などのお仕事に就かれている方は、きっと実感されると思います。

遠方からの問い合わせや取引先からの紹介など商談が活発化する可能性は大いにあります。

 

 

八白土星 1月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

人間関係が活発化する月運に恵まれていますから、必然的に異性との出会いも発生しやすい月運に恵まれています。

しかし、家の中で「出会いないかなぁ」と、ぼーっと考えていても出会いはありません。

何事も原因がなければ結果は現れないのですから、積極的に行動を起こすことが大前提です!

今月(1月)は、物事が具体化し、物事が調う運気に恵まれていますから、比較的空振りすることは少ないはずです。

新たな出会いを求めて恋活・婚活中の方は、積極的にパーティーやイベント、何らかのコミュニティに飛び込んで社交の場を広げましょう。

思いがけない出会いに恵まれるかもしれません。

また、紹介運に恵まれているので、知人の紹介を通じて素敵な出会いに巡り合えるかもしれません。

紹介運は、かしこまった「紹介」でなくても、誘われて「参加した」とか「友人の付き添いで…」といった、若干主体性のない領域でも運は発動します。

なので、網はしっかり張り巡らせておくことをお勧めします。

現在、交際中の方は、これまで愛を育まれた結果が具体化する可能性は大いにあります。

お付き合いから結婚へ話が調う機運が高まるでしょう。

物事がスムーズに進みやすい運気を大いに活用してくださいね。

恋愛関係だけに関わらず、人間関係全般において、コミュニケーションはとても大切なアクションです。

今月(1月)の八白土星は、頭の回転が良く、先見性も優れ、思考が冴えています。

ただ、その思考が言語化されると、的は得てるが『何だかキツイ』と受け止められる可能性があります。

ポジティブ感情に溢れた優しい表現を心掛けると、さらに運気が上がります!

 

スポンサーリンク

 

八白土星 1月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

1月は、年間通じて何かと物入りで出費の多い月です。

さらに!今月(1月)の月運は、交際費やレジャー費などの出費が発生しやすい月運が巡っていますから、やり繰りは計画的に行うように心掛ける必要があります。

昨年(2019年)は、金銭の巡りが悪いわけではないのですが、何となく鈍化しているような一年でした。

2020年からは、金銭の巡りが活発になる年運が巡りますから、金銭の出入りが激しくなる傾向が現れます。

なので、収支のバランスをしっかり把握し、相対思考を健全な状態に保つように心掛けましょう。

大きなお金が動くと人はコスト管理が雑になるので注意しましょう!

とは言え、今月(1月)は、人との繋がりでチャンスを得る可能性が高い月運が巡っていますから、財布のひもをガチガチに固く結ばない方が良いでしょう。

お金は、人の体の部位に例えると「血液」ですから、健全に巡ること人間の生命が維持されています。

活発に行動するときは血液の巡りも激しくなるので、それと同様なので、今月(1月)は価値をしっかり見極め、生きたお金の使い方を心掛けましょう!

 

 

八白土星 1月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

昨年(2019年)は、メンテナンスと改善で充実を図る一年でしたから、健康面においても同じです。

なので、この時期は、かなりコンディションが良いはず!…と、思われます。

好調な月運の影響もあって、健康状態も良好!

ただ、良好だから無理が利くわけではありません。

今月(1月)の八白土星は、非常に忙しく人と会う機会も多く、その為の移動も多くなるでしょう。

そうなると、やはり「風邪対策」は万全に行うことを強く勧めます

決して風邪をひきやすい月運ではありませんが。

体調を崩すと長引きやすい月運であります。

日常的に行う「風邪対策」で、うがい手洗いに加え、風邪予防の期待が出来ると言われている「亜鉛」をしっかり摂取すると良いでしょう。

そして、質の高い睡眠とバランスの取れた食事を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

2019年 八白土星の運勢を繁栄に向ける!開運法

八白土星 2019年の運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

八白土星 2019年 月運バイオリズムグラフ

2019年 八白土星の月運バイオリズム2019年の月運の流れをしっかり把握して充実を図る!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

八白土星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ