八白土星 2022年1月の運勢 従順姿勢で開運へ

八白土星 1月 運勢と吉方位
2022年1月5日~2月3日(節分)
まで八白土星 1月本命星:北(坎宮回座)
1月の吉方位:南東・北東

年盤・月盤共通の吉方位:北東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・北東
2021年 八白土星の吉方位2022年2月節分までは「2021年の年盤」を用います。

 

 

八白土星 2022年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

小寒の節入り時刻は、2022年1月5日18時12分です。

 

南東

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上の南東五黄土星が回座し、年間通して暗剣殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る 南東の祐気効果

  • 持続力と忍耐力の強化が期待できる。

 

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

六白金星が巡る 北東の祐気効果

  • 事業運アップに繋がる変化が得られる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    八白土星 2022年1月の運勢 ~全体運~

    九星気学 1月 運勢

    八白土星 1月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    1月の月盤上では、本命星が北の宮「坎宮(かんきゅう)」に回座し、年盤上の二黒土星と同会します。(二黒同会

    1月の八白土星は、坎宮回座による「一白象意」と二黒同会による「二黒象意」が主な課題となります。

    坎宮回座による主な一白象意

    水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

    二黒同会による主な二黒象意

    大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い、裏方、大衆、従業員、母、妻

    被同会について

    年盤上の兌宮に回座する本命星には月盤上の五黄土星が上に被ります。(五黄被同会

    被同会は否が応でも五黄象意を他動的に被る傾向が現れます。

    五黄被同会による主な五黄象意

    中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

     

     

    2021年のラスト月は「1月」

    一般的に2022年1月は「新たな年を迎える月」でありますが。

    九星気学では新たな年運を迎えるのは「2月立春から」です。

    従って、一年間のベースとなる運は「2021年の運気」ですので、用いる年盤も2021年の年盤となります。

     

    盛運期に向けて英気を養う

    月運における「転換期」が11月から始まり、今月(1月)は新たな始まりが水面下で生じ始める月運が巡ります。

    月運の勢いとしては9ヵ月周期の中で最も「運気が低い」ひと月です。

    本命星が北の「坎宮(かんきゅう)」に回座する時期を季節で例えると「冬」です。

    冬は、生物の成長や活動に活気なく、それを象徴するような運気にあたるのが「坎宮回座」の期間です。

    坎宮回座の事象は人によって、それぞれ異なり、その年ごとにも違いがありますが…

    悪い運ではなく「弱い」だけですので、内面を磨いて「英気(鋭気)を養う」タイミングに当たります

     

    裏方役が吉!

    今月(1月)の八白土星は、年盤上の坎宮に在泊中の二黒土星の上に本命星が乗る月です。(二黒同会)

    従って、二黒象意の「努力、堅実、柔順、準備、裏方、身近」などの事象が生じやすい環境におかれます

    また、月運においては一白象意を担う「坎宮」ですので、一白象意の「苦悩、忍耐、思考、内観」を体験するでしょう。

    これらの象意によって、今月(1月)の八白土星は、意のままに事を運ぶことが出来ないかもしれません。

    このような時期は、能動的よりも「受動的」、表方よりも「裏方」の方が相応し行動スタンスです。

    また、中期計画は水面下で構築するような取り組みを始めるには良いタイミングの月運です。

    リサーチや調査に必要な「洞察力」や「思慮深い行動」が自然に出来る月運です。

    瞬発力や推進力を必要としない事にエネルギーを注ぐと良いでしょう。

    また「探求力」が必要な分野やシーンでは、通常以上の能力を発揮することが期待できるでしょう。

     

    八白土星 2022年1月の日運グラフ

    1月5小寒(18時12分)から
    八白土星 2022年1月の日運グラフ

    1月20日 大寒(11時39分)から
    八白土星 2022年1月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    八白土星 1月の仕事運

    仕事運

    仕事においては、各個人で様々なお仕事をされているので一概に言えませんが…

    スピード感が必要な方や、能動的スタンスで仕事をする必要がある方にとっては少々やり辛さを感じる月になるかもしれません。

    ただ、受け身的なスタンスで仕事をされている方でも、スタミナ不足を感じてしまうかもしれません。

    いずれにしても、ご自身の体力と気力を養うことが仕事運に直結するので無理をしないことが大事です!

     

    足元を固める

    職場では自制力や品性に欠けている人々が、幅をきかせるような事態が生じる可能性があるかもしれません。

    ご自身の足元が崩壊しないように「足元を固める」ような取り組みが必要になるでしょう。

    人の上に立つリーダー的立場の方は、状況をしっかり把握することが大事です。

    この「足元を固める」事とは、ご自身の肉体的な事(健康)も含まれます

     

    先延ばしにしないことが解決策

    他動的に持ち込まれる仕事は、大変な内容のモノかもしれませんが…

    面倒がらずにサッサと取り掛かる事が一番の解決策であり、成果を得られるでしょう

    ただし! 早く取り掛かり、ゆっくり取り組むことがポイントです!

    焦りが生じると、どうしてもスピード重視となり、その結果ミスを起こす可能性を高めます。

    堅実に仕事を進めることを心掛けて下さい

     

     

    八白土星 1月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(1月)の八白土星は、通常よりもモチベーションが上がらないので、積極的に新たな出会いを求める行動を起こしづらい月となるかもしれません。

    出会い運が悪いわけではないので、行動次第で出会いのチャンスは得られます。

    ただ、出会いの場では「ノリの良さ」が必要となるので、その空気感に馴染めない感覚を抱くかもしれません。

    なので、出会いの場においては「ジャンル」を絞ると良いでしょう。

    同じ趣味を共有できるコミュニティーやサークルなど、物理的に近距離もしくは頻繁に会うことが出来る場で出会いの活動をされると良いでしょう。

    月運においては、2月から成長運気に入り、運気は上昇局面に入るので、それに伴って恋愛のチャンスも増えます。

    今月(1月)は好機に向けて準備に取り掛かる月として活動されると良いでしょう

     

    スポンサーリンク

     

    八白土星 1月の金運

    金運

    今年(2022年)の八白土星は「変化運の年」を迎えるのですが。

    2022年は「寅年」ですので、八白土星の本座(定位置)である「艮宮」に内包されている十二支の「寅」に太歳の光が当たる一年です。

    「寅」から連想される虎の子は「秘蔵の金品」に当たるので、集合意識においても「金銭」に関することにフォーカスされる一年となります。

    その最中に迎える「変化の年」ですので、経済と向き合いながら金銭感覚に変化が訪れるかもしれません。

    その様な年運に繋がる今月(1月)は「資産形成」について学んでみると良いでしょう。

    今月(1月)は水面下で活動する月ですので、まずは「思考」からスタートです!

    なので、いきなり投資を始めるのではなく「学び」からのスタートが金運アップへの歩みとしては相応しい順序です!

    2022年は「蓄財」の八白土星(寅)、「資本」の六白金星(戌)、「学術」の九紫火星(午)の三支(寅・午・戌)に三合火局を形成するので、活動以上の結果が得られる可能性は大いにあります!

    八白土星の俯瞰力を活かして、長期計画の資産形成に取り組まれると良いでしょう

     

     

    八白土星 1月の健康運

    健康運

    本命星が「坎宮」に回座する時期は、健康管理が一番大事な期間となります。

    「坎宮」の正象は「水」ですので「冷却」が生じやすい傾向があります。

    身体を冷やすような行動や生活スタイルは改善することをお勧めします。

    特に!食生活においては、冷たい飲み物は控えた方が良いでしょう。

    冬場でも、暖かい部屋でアイスクリームを食べる方は、ひと月くらいは我慢することで健康運アップが期待できます。

    身体の表面的な冷えよりも「内臓を冷やす」ような事は慎んで下さい。

    今月(1月)と来月(2月)共に二黒土星の上に本命星(八白)が乗る月を過ごします。

    従って、この二ヶ月間は二黒象意の環境におかれるので、二黒象意の「努力、堅実、柔順」を大いにいかして、2022年の変化運を乗り越える「準備」を施す良いタイミングです。

    今月(1月)は表面的に見えない部分の「体の中のケア」から始めると良いでしょう。

     

    九星気学 1月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2022年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
    詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    八白土星 2022年の運勢

    2022年 壬寅 八白土星 運勢

    八白土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 八白土星の運勢」御覧下さい。

    八白土星の月運

    九星気学 八白土星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    八白土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    八白土星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    八白土星 2023年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    申年 巳年 寅年 亥年
    1956年(昭和31)
    2月5日 5:13~
    1957年(昭和32)
    2月3日まで
    丙申年
    1965年(昭和40)
    2月4日 9:46~
    1966年(昭和41)
    2月3日まで
    乙巳年
    1974年(昭和49)
    2月4日 14:00~
    1975年(昭和50)
    2月3日まで
    甲寅年
    1983年(昭和58)
    2月4日 18:40~
    1984年(昭和59)
    2月4日まで
    癸亥年
    1992年(平成4)
    2月4日 22:48~
    1993年(平成5)
    2月3日まで
    壬申年
    2001年(平成13)
    2月4日 3:30~
    2002年(平成14)
    2月3日まで
    辛巳年
    2010年(平成22)
    2月4日 7:48~
    2011年(平成23)
    2月3日まで
    庚寅年
    2019年(平成31)
    2月4日 12:14~
    2020年
    2月3日まで
    己亥年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ