六白金星 2022年1月の運勢 変化に乗って開運へ

六白金星 1月 運勢と吉方位
2022年1月5日~2月3日
まで六白金星 1月本命星:北東(艮宮回座)月建
1月の吉方位:・南東・

年盤・月盤共通の吉方位:北・南
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 六白金星の吉方位2022年2月節分までは「2021年の年盤」を用います。

 

 

六白金星 2022年1月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

小寒の節入り時刻は、2022年1月5日18時12分です。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

八白土星が巡る の祐気効果

  • 親族や夫婦の親睦が深まる。

 

南東

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上の南東五黄土星が回座し、年間通して暗剣殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る 南東の祐気効果

  • 持続力と忍耐力の強化が期待できる。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

七赤金星が巡る の祐気効果

  • 学問や芸術などのクリエイティブ能力を実利に繋げるチャンスが期待できる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    六白金星 2022年1月の運勢 ~全体運~

    九星気学 1月 運勢

    六白金星 1月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます。(同会法)

    回座と同会について

    1月の月盤上では、本命星が北東の「艮宮」に本命星が回座し、年盤上の九紫火星と同じ宮で会います。(九紫同会

    1月の六白金星は、艮宮回座による「八白象意」と九紫同会による「九紫象意」が主な課題となります。

    艮宮回座による主な八白象意

    山、静止、高尚、変化、保守、停滞、閉塞、不動、蓄財、再起、復活、相続、継目、改修、組み立て、強引、肥満、神主、少年、兄弟、親類縁者、相続人

    九紫同会による主な九紫象意

    火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、離合集散、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

    被同会について

    年盤上の中宮に回座する本命星には月盤上で回座する三碧木星を同じ宮で被ります。(三碧被同会

    被同会は否が応でも三碧象意を他動的に被る傾向が現れます。

    三碧被同会による主な三碧象意

    雷、奮励、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、発明発見、自己主張、主観、軽率、競争、論争、長男、青年、インフルエンサー

     

    スポンサーリンク

     

    2021年のラスト月は「1月」

    一般的に2022年1月は「新たな年を迎える月」でありますが。

    九星気学では新たな年運を迎えるのは「2月立春から」です。

    従って、一年間のベースとなる運は「2021年の運気」ですので、用いる年盤も2021年の年盤となります。

     

    これまでの歩みから2022年に向けて

    昨年(2021年)は年盤の中央(中宮)に本命星(六白)が回座し、自由に活動しづらい一年を過ごされたと思います。

    そのような状況は決して悪い流れではなく、むしろ「しっかり充実を図る」一年ですので、2020年までの拡大路線から充実期への移行が出来ている証拠です。

    2021年はこれまでの総点検と改善を施し、そして2022年の「成果と完成の年」に本領を発揮することが出来ます!

    2022年の十二支から生じる地の気を受けて、三支(寅・午・戌)で形成される「三合火局」の「三合」を六白金星が担当するので、2022年の「成果と完成」はこれまでにない大きな成果が期待できます!

     

    変化が訪れ転換期に入る月

    今月(1月)は、月運における転換期を迎えるので、ご自身の身の回りで何らかの変化が生じる月運が巡ります。

    月運の勢いとしては、先月(12月)から下降局面に入りました。

    運気が下がることは悪いことではなく、四季の移り変わりのような現象と同じです。

     

    変化は吉兆!

    車の運転で進路変更を行う際には走行速度を落として進路変更されますよね。

    運の変化もそれと同じで、変化が生じる際には若干の停滞を感じるかもしれません。

    変化の内容においては、個人の主観で判断することになるので必ず好ましい変化であるとは限りません。

    とは言え、2022年は六白金星の本領を発揮する一年が2月立春から始まるので、この時期の変化は2022年の運気に必要な変化です。

    拒まずに受け入れることをお勧めします

     

    公明正大な精神で仲間を集める

    今月(1月)は「変化」に加えて、仲間づくりが課題になります。

    年盤上の艮宮には九紫火星が滞在中で、今月(1月)は本命星(六白)が九紫火星の上に乗る月ですので、九紫象意の「離合集散」が生じる環境におかれます。

    人事異動などの何らかの理由で離れても、新たな出会いが生じて人が集まります

    人間関係の新陳代謝のような事象が起こるので、同じ志を持った人との出会いも期待できます

    このような事象は来月(2月)も起こり得る事象なので、公平無私の精神で仲間づくりに取り組むことを心掛けて下さい

    異なる考えを持つ人であっても、決して排他的な扱いはしないようにして下さい。

     

    六白金星 2022年1月の日運グラフ

    1月5小寒(18時12分)から
    六白金星 2022年1月の日運グラフ

    1月20日 大寒(11時39分)から
    六白金星 2022年1月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    六白金星 1月の仕事運

    仕事運

    全体運で述べた「仲間づくり」ですが。

    この「仲間」は公事的なシーンで強く現れる傾向があります。

    「仲良しクラブ」のような仲間づくりではないので、仕事を通した組織づくりとなります。

    六白金星の公明正大な仕事ぶりを見て集まる人々の中には、同じ志を持ちつつも自分にない能力を持っている人との出会いが期待できます

    イノベーションに繋がる「発見」と出会う

    今年(2022年)は「完成」の機運が高まる一年です。

    現状よりもハイレベルな能力と知識が必要になるので、この時期に知り合う識者は貴重な存在となるでしょう。

    事業主の方や創造性を必要とする仕事に就かれている方は、交流会やセミナーなどに参加してみると良いでしょう。

    また、実際の業務とは少し分野が違っていても、多面的思考に刺激が得られ、有意義な変化へ発展するかもしれません。

    2月立春までは年盤の中宮に本命星(六白)が滞在中です。

    その中宮に「発明発見」を担う三碧木星が、本命星(六白)に被る月です。(三碧被同会)

    他動的に有意義な刺激が得られる可能性があるので、そのような場に身を置いてみると良いでしょう。

     

     

    六白金星 1月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    新たな出会いを求めている方は恋活や婚活と言った、いわゆる「出会いの場」だけで活動するのではなく、行動パターンを変えてみる事で「出会うご縁に変化」が現れるでしょう。

    もちろん! 従来通りの活動でも良いのですが。

    せっかく、訪れた「変化運」を活かして、これを機に自らが行動パターンを変えて「革新へ」向かわせるのも良いでしょう。

    昨年(2021年)の運気から2022年の運気へ移行するタイミングで「変化運」が訪れる月です。

    自らが積極的にご縁の新陳代謝を促す活動を起こしましょう!

    この月運による象意は来月(2月)も継続して生じるので、お洒落にも気合を入れることをお勧めします。

     

    スポンサーリンク

     

    六白金星 1月の金運

    金運

    昨年(2021年)は「結実の年」を迎え、それに伴って経済面においても「結実」を得る機会があったと思います。

    ただ、今後の収益に繋げるための改善やメンテナンスなどに何らかの出費も発生する一年でした。

    そのため収支のバランスを調整することで精一杯だったかもしれません。

    これまでの成長運気を経て、そして「充実を施した価値」を資本として、フル回転させる2022年を迎えます。

    今月(1月)は「組み立て」を象徴する八白象意を担う艮宮に回座し、「頭脳明晰、学問」を担う九紫火星と同会する月です。

    この機に「経済」について学び、その知識と金銭感覚をすり合わせてみると良いでしょう。

    今年(2022年)は大金を回す機会が生じやすい年運です。

    ただ、これまでの経験と知識だけでは心許ないでしょう。

    専門知識を取り入れるタイミングとしては良い月です。

    この機に学びを通して金運アップに繋がる計画を立てることをお勧めします

     

     

    六白金星 1月の健康運

    健康運

    今月(1月)に回座する「艮宮(ごんきゅう)」の正象は「山」です。

    「塵も積もれば山となる」と、いうような事象が同会する九紫象意によって「露見」する月運が巡っています。

    それが健康面に現れるかもしれません。

    コツコツ積み重ねたトレーニングの成果が現れることもあれば、食べ過ぎや運動不足の積み重ねによってサイズアップもあり得ます。

    何が積み重ねられるかは、これまでの生活習慣によって人ぞれぞれの事象として現れます。

    また、今月(1月)と来月(2月)共に表面化しやすい月運がめぐるので「気づき」が得られます。

    従って、この機会に健康診断を受けると良いでしょう。

    その検査結果と専門家からの指導を受けて、健康管理に励まれると良いでしょう。

    今月(1月)は変化の月ですので、健康増進を目的にした変化を起こす事で、その成果も期待できるでしょう。

     

    九星気学 1月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2022年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    六白金星 2022年の運勢

    2022年 壬寅 六白金星 運勢

    六白金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 六白金星の運勢」御覧下さい。

    六白金星の月運

    九星気学 六白金星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    六白金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    六白金星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    六白金星 2023年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      戌年 未年 辰年 丑年
      1958年(昭和33)
      2月4日 16:50~
      1959年(昭和34)
      2月3日まで
      戊戌年
      1967年(昭和42)
      2月4日 21:31~
      1968年(昭和43)
      2月4日まで
      丁未年
      1976年(昭和51)
      2月5日 1:40~
      1977年(昭和52)
      2月3日まで
      丙辰年
      1985年(昭和60)
      2月4日 6:12~
      1986年(昭和61)
      2月3日まで
      乙丑年
      1994年(平成6)
      2月4日 10:31~
      1995年(平成7)
      2月3日まで
      甲戌年
      2003年(平成15)
      2月4日 15:06~
      2004年(平成16)
      2月3日まで
      癸未年
      2012年(平成24)
      2月4日 19:23~
      2013年(平成25)
      2月3日まで
      壬辰年
      2021年
      2月4日 0:00~
      2022年
      2月4日まで
      辛丑年

       

      関連記事(一部広告含む)

      コメントは受け付けていません。

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ