九紫火星 2021年1月の運勢 変化で進化が始まる

九紫火星 1月 運勢と吉方位
2021年1月5日~2月2日(節分)まで九紫火星 1月 運勢と吉方位本命星: 北東(艮宮回座)
1月の吉方位:北・東・西

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北・南西・北西
2020年 九紫火星 年盤

立春の節入り時刻は、2021年2月3日23時59分からです。
それまでは「年盤上の吉方」や「年運」は2020年の年盤を用います

 

九紫火星 2021年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

秋の土用期間は、1月18日から2月3日までです。

この期間中は、北東土用殺方位となります。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

二黒土星が巡る 1月のの祐気エネルギー

  • 同僚や家族などの親しい仲間との親睦が深まる

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では五黄殺ですので、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

四緑木星が巡る 1月のの祐気エネルギー

  • 新たな出会いや紹介に恵まれる

 

西(天道)

八白土星が巡る 1月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西は暗剣殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 思い切った改革案が閃く
  • 経済やお金に関する学びが楽しむきっかけを見出す

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

九紫火星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    2021年 初詣は恵方参り
    2021年 恵方二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

     

    九紫火星 2021年1月の運勢 ~全体運~

    九紫火星 1月「月盤と年盤の関係」
    艮宮回座により一白同会兌宮にて八白被同会(上記の年盤と月盤参照)

    1月の月盤では、九紫火星は「丑寅方位」の「艮」と書かれている「艮宮(ごんきゅう)」という宮に入ります。

    1月 吉神 月盤

    艮宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ「変化」の月運となります。

    開運ワードは「変化を受け入れる」

     

    転機の始まり

    1月(小寒)から1月の月運が始まり「変化運」が訪れます。

    環境や状況など身の回りに変化が始まる直前に物事の進展が滞ったり、停止するような事柄が現れます。

    もしくは、突然何らかの変化によって、歩を止めざるを得ない状況が発生するかもしません。

     

    人間は基本的に「現状維持」を好みます。

    なぜなら「過去と同じ生き方」によって、現在「無事に生きている」ことが実現されてるからです。

    従って「現状維持」の方が安全性が高く、確実であるから「無意識(潜在意識)」によって、自動的に同じ行動を「癖づけ」られます。(思考停止)

    しかし、季節が変わるように時代も変わり、個人の「運」も同じように必ず「変化」は訪れます

    今年(2021年)の九紫火星は、年運においても「変化の年」を迎えます。

    なので、変化を拒むことを選択するのではなく、前向きに変化を受入れることが課題になります

    そして今月(1月)は、新たな始まりによって「変化」が起こる月運となるので、これまで自動的に繰り返していた事は「一旦停止」するような事柄た起こるでしょう。

    それは、進化の始まりであり「これから完成へ向かう」兆しが現れ始めた証です。

     

    結果は後からついてくる

    本命星が「変化・改革」を担う「艮宮」に回座し、年盤の艮宮に滞在してる一白水星の上に本命星が乗ります。(一白同会)

    なので、一白象意の「悩む・陥る」が「思考」に影響をおよぼすかもしれません。

    しかし今月(1月)の九紫火星は、艮宮の定位置の八白象意をポジティブに活かすことで、上手に気持ちを切り替えることが出来ます

    この時期は、何事も確実に「積み重ねる能力」が高まる月運に恵まれます。

    その能力を活かして、変化に対応するための「準備」を一つ一つ積み重ねることが開運行動となります。

    九紫火星は頭脳明晰で優れた先見性の持ち主なのですが、この時期はその長所が活かしづらいかもしれません。

    しかし、その反面、一白象意の「思慮深さ」が活かされ、冷静な思考と慎重な行動が促され、それが良い結果に繋がるでしょう

     

    九紫火星 1月の日運グラフ

    1月5日小寒から19日まで
    九紫火星 1月の日運グラフ

    1月20日大寒から2月2日まで
    九紫火星 1月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 1月の仕事運

    仕事運

    仕事の内容が変わったり、人事異動など、様々な変化が起こる月運が巡ります。

    その変化のほとんが、自分にとってあまり「好ましくない変化」でテンションが下がるかもしれません。

    新たに任される仕事や組織は、当然のように「未完成な状態」で、スタートは手探り状態になるでしょう。

    まずは、要領を掴むまでに時間が掛かりそうです。

     

    今月(1月)は「結果」を急ぐ必要はなく、むしろ慎重な判断と行動で確実に「確かなモノ」を積み重ねることが重要です。

    環境や状況に変化が発生しやすい時期こそ、自分自身のメンタルは安定させることが大事です。

     

    今月(1月)は、ケアミスやど忘れを起こしやすい傾向が現れるでしょう。

    ど忘れは「記憶してる情報をアウトプット出来ない状態」によって起こるので、インプット後直ちに「メモを取る、復唱する」とか「会話を通して確認する」などの動作を通して「即!アウトプットする」ような動作を癖づけると良いでしょう。

    ミスやど忘れによる失敗に落ちむより、気持ちを切り替えて建設的な行動を促すような工夫を施すことで仕事運アップに繋がります

    何事も最後まで気を抜かず、「確実に終えている」ことを「確認」してから次工程に繋げましょう!

     

     

    九紫火星 1月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(1月)は、人間関係に変化が現れやすいでしょう。

    2020年の年盤の艮宮には、人間関係を担う一白水星が滞在し、その上に本命星が乗る「一白同会の月」となります。

    一白象意から派生する人間関係とは主に「親密な人間関係」を表します。

     

    新たな出会いを求めている方は、思いがけない「新たな出会い」のチャンスが巡る月運に恵まれます。

    何事も「行動(原因)」がなければ「出会い(結果)」は期待できません!

    出会いのきっかけとなる行動パターンやフィールドを変えてみると良いかもしれません。

     

    交際期間の長い方は、これから次のステージに向かう時期に入るので、将来的なことをパートナーと話し合うと良いでしょう。

    ただ、今月(1月)は、何事も思う通りの結果が得られずモヤモヤするかもしれませんが…

    これから完成へ向かう運気ですので、焦らず「ゆっくり歩む」方が良い結果へ繋がります。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 1月の金運

    金運

    今月(1月)の九紫火星は「塵も積もれば山となる」の「山」を象徴する艮宮に回座します。

    様々な事柄に何らかの「変化」が起こることで、金銭感覚においても「変化」が起こりやすい月運が巡ります。

    この機会に毎月支払っている固定費を見直してみると良いでしょう。

    たとえ少額でも毎月積み重ねると「山となり」、蓄財が増えるかもしれません

    その反面、予定外の出費が発生するかもしれません。

    ただ、予定外の出費は「その場」だけの出費なので「ご祝儀」は快くお包みしましょう!

     

     

    2021年 九紫火星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    春財布 2021年 九紫火星に相応し金運財布と購入日

    春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

     九紫火星 1月の健康運

    健康運

    運気の変化は、身体的な変化にも影響する可能性があります。

    ただ、急に体調を崩すようなことではなく『何となく体が冷える』といった地味な症状なのですが。

    放置せずに「ゆっくり湯船に浸かる」「体を温める食材を食する」ような取り組みを行いましょう!

    今月(1月)は家族とゆっくり過ごすことで心身ともにリラックス出来ます。

    1月は「西」に天道が巡り、九紫火星は同会吉方となります。

    この機会に家族と一緒に温泉に出かけ、ゆっくり英気を養うと良いでしょう。

    日々の健康増進ポイントとしては「質の高い睡眠」をしっかりとりましょう。

    睡眠不足は全てのパフォーマンス低下に繋がり、体調を崩す原因となり得るので、しっかり眠ることを心がけて下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 1月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    2021年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    九紫火星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 九紫火星の運勢

    新機軸を打ち出し変化で進化へ向かう
    九紫火星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

    九紫火星の月運

    九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 九紫火星の運勢

     

    九紫火星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

    2020年 九紫火星の月運

    九紫火星 2020年の運勢バイオリズムグラフ

    九紫火星2020年バイオリズムグラフ
    九紫火星 2020年の月運バイオリズムグラフを活用して喜悦運をさらに!アップ

    詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

     

    九紫火星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    九紫火星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九紫火星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    未年 辰年 丑年 戌年
    1955年(昭和30)
    2月4日 23:18~
    1956年(昭和31)
    2月4日まで
    乙未年
    1964年(昭和39)
    2月5日 4:05~
    1965年(昭和40)
    2月3日まで
    甲辰年
    1973年(昭和48)
    2月4日 8:04~
    1974年(昭和49)
    2月3日まで
    癸丑年
    1982年(昭和57)
    2月4日 12:46~
    1983年(昭和58)
    2月3日まで
    壬戌年
    1991年(平成3)
    2月4日 17:08~
    1992年(平成4)
    2月3日まで
    辛未年
    2000年(平成12)
    2月4日 21:41~
    2001年(平成13)
    2月3日まで
    庚辰年
    2009年(平成21)
    2月4日 1:50~
    2010年(平成22)
    2月3日まで
    己丑年
    2018年(平成30)
    2月4日 6:29~
    2019年(平成31)
    2月3日まで
    戊戌年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ