二黒土星 2022年1月の運勢 好調運到来!謙虚さで更にアップ

二黒土星 1月 運勢と吉方位
2022年1月5日~2月3日
まで二黒土星 1月本命星: 南東(巽宮回座)
1月の吉方位:北・北東・南

年盤・月盤共通の吉方位:北東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:西・北東
2021 二黒土星 吉方位2022年2月節分までは「2021年の年盤」を用います。

 

 

二黒土星 2022年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

小寒の節入り時刻は、2022年1月5日18時12分です。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上のには本命星が回座し、年間通して本命殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

八白土星が巡る の祐気効果

  • 親族や夫婦の親睦が深まる。

 

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

六白金星が巡る 北東の祐気効果

  • 事業運アップに繋がる変化が得られる。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上のは一白水星が回座し、年間通して死気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

七赤金星が巡る の祐気効果

  • 学問や芸術などのクリエイティブ能力を実利に繋げるチャンスが期待できる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください

二黒土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が表示されます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

二黒土星 2022年月の運勢 ~全体運~

九星気学 1月 運勢

二黒土星 1月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

1月の月盤上では、「巽宮(南東)」に本命星が回座し、年盤上の五黄土星と同会します。(五黄同会

1月の二黒土星は、巽宮回座による「四緑象意」と五黄同会による「五黄象意」が主な課題となります。

巽宮回座による主な四緑象意

風、出入り、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

五黄同会による主な五黄象意

中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

被同会について

年盤上の坎宮に回座する本命星には月盤上の八白土星が被ります。(八白被同会

被同会は否が応でも八白象意を他動的に被る傾向が現れます。

八白被同会による主な八白象意

山、静止、高尚、変化、保守、停滞、閉塞、不動、蓄財、再起、復活、相続、継目、改修、強引、肥満、神主、少年、兄弟、親類縁者、相続人

 

スポンサーリンク

 

2021年のラスト月は「1月」

一般的に2022年1月は「新たな年を迎える月」でありますが。

九星気学では新たな年運を迎えるのは「2月立春から」です。

従って、一年間のベースとなる運は「2021年の運気」ですので、用いる年盤も2021年の年盤となります。

 

好機到来!バランスの整った行動が吉

今月(1月)の二黒土星は、月運における「成長期」のピークを迎え、上昇運気の最終局面を迎えます。

月運の勢いとしても強い月運に恵まれ、年明け早々に好調な運気でスタートです!

本命星(二黒)が「巽宮(そんきゅう)」(方位は南東)に回座する時期は、物事が調う機運が巡るので、何事も思い通りに事を運ぶことができるでしょう。

ただ、二黒土星の「土性気質」のせいか?(土性の行動パターン=ゆっくり)

その歩みは、少々スローペースになりがちです。

とは言え、目先の事に夢中になると、思慮に欠ける性急な行動を起こして成果を得るチャンスを逃すかもしれません。

好調な月運に恵まれる時期だからこそ「間延びさせない、節操がない性急な行動を慎む」この微妙なバランスがとても大事です!

 

「謙虚」が開運行動!

年盤上の巽宮(南東)には、五黄土星が在泊中ですので、今月(1月)は五黄土星の上に本命星(二黒)が乗る状態となります。(五黄同会)

従って、五黄象意の「破壊、腐敗、再生」が生じやすい環境におかれます

一見、恐ろしいイメージを抱かれるかもしれませんが、身の回りに禍が生じるわけではありません

むしろ、周囲の状況を把握し、破壊になり得ることに一早く気づき、改善を施しながら物事を整えることが出来ます。

五黄象意の「再生」は根本的解決が期待できる象意ですので、有意義な結果が得られるでしょう。

好調な運気と破壊的な効果が期待できる五黄象意を効果的に用いる開運行動は「謙虚」です!

どのような状況であって現実を謙虚に受け止めて、前向きに改善に取り組むことで、これまでにない素晴らしい「万事調う」の機運を得ることが出来るでしょう。

 

二黒土星 2022年1月の日運グラフ

1月5小寒(18時12分)から
二黒土星 2022年1月の日運グラフ

1月20日 大寒(11時39分)から
二黒土星 2022年1月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 1月の仕事運

仕事運

スムーズな進捗が期待できる月

今月(1月)に本命星(二黒)が回座する巽宮は四緑象意を担い、主な象意は「発展、整う、外交、信用、人望、仲介、調和」等が生じる月運に恵まれます。

特に!人間関係や交渉事に現れやすいので、仕事の進捗や交渉においてはスムーズな進展が期待できます。

 

組織の要(かなめ)

信用や人望も得られるのでリーダー的なポジションを任されるかもしれません。

もちろん! その依頼は快く引き受けることをお勧めします。

ただ、独裁的な態度でリーダーシップを発揮すると、五黄象意の「破壊」を発動させるかもしれません。

組織の要を担う人が抑圧的な方法を用いると、組織の内部から腐敗が始まり、自身の足元が崩れます

この時期に周囲から求められている「要(かなめ)」としての役割は「調整役」です。

それに加えて、二黒土星の「寛容性」が発揮されると素晴らしい成果が得られるでしょう

 

 

二黒土星 1月の恋愛運

恋愛運・人間関係

行動が大事!

11月から上昇運気に入り、既に2022年の年運(高運期の始まり)を迎えたような運気が漂う月運の最中に迎える盛運月(1月)です。

また、月運においても四緑象意の「交際、結婚、縁談、見合い、仲介」が生じやすい月運に恵まれるので恋愛運においても好調です!

ただ、回座する宮から得られる象意や同会する星の象意は積極的に用いることが出来る象意ですので、行動を起こさなければ事象は得られません

受け身気質の二黒土星の人の中には、少々気後れされるかもしれませんが…

想像や理屈で頭でっかちにならず、行動する事をおススメします

 

窓口は広げて出会の機会を増やそう!

「出会い」だけでなく「紹介運」も好調ですから、何らかの経由で紹介を利用すると良いでしょう。

マッチングアプリもお勧めです!

 

人との繋がりが大事

恋人がおられる方や既婚者の方は、恋愛だけに関わらず人間関係が広がる月運に恵まれます。

従って、外交の機会が活発化するので、恋人や身内との関係が疎遠になるかもしれません。

公事と私事のバランスを整えることも、この時期の機運を有意義に活かす開運行動となります。

 

話し上手より「聞き上手」

コミュニケーションにおいても「謙虚さ」が運を開く大切な心掛けとなるので、自分の話よりも「相手の話を聞く」配慮を常に意識されることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

二黒土星 1月の金運

金運

今月(1月)に本命星が回座する「巽宮(そんきゅう)」の正象は「風」です。

「風」は感じることや匂いを運びますが、実態そのものはありません

また、同会する五黄土星の象意においても「万事いわく付き」の事象があります。

従って、金銭が絡む話や儲け話などにおいては「実態をしっかり把握する」ことが、とても重要なポイントとなります。

行動範囲が広がり、それに伴って人間関係も広がりますから情報収集も容易に行うことが出来るのですが、それに伴うリスク対策もしっかり行う必要があります。

目先の利益に飛びつくような行動は慎んで下さい

また、謙虚さを失うと道徳心に欠けた輩の狙いの的になり兼ねない事態が生じるかもしれません。

トラブルが起こる月運ではありませんが、運の強さに応じた策は必要になります。

金運においても「謙虚さ」は重要です!

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 1月の健康運

健康運

昨年(2021年)の一年間は「坎宮」に回座し、現在も「坎宮」に滞在中です。

坎宮に回座している期間中は、身体的な波動も低めですので「英気を養う時期」であります。

その年運を抜けようとしているタイミングで、月運は好調な活動期ですので少々ギャップが生じるかもしれません。

著しく体調を崩すような事態に陥る事はないのですが。

風邪をひくと完治まで長引くかもしれません。

風邪はひき始めの対処が肝心です!

感染対策だけでなく、日頃から免疫力を上げるような食事と生活習慣を心掛けて下さい。

 

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー

建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!

詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

二黒土星 2022年の運勢

2022年 壬寅 二黒土星 運勢
二黒土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

二黒土星の月運

九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

二黒土星の性格と生涯運

二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

二黒土星 2022年 吉方位

2022年の年盤における「二黒土星の吉方位」 を生まれ月(月命星)別で作成した吉方表を記載しています。

詳細は、下記リンクからご覧ください。

二黒土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

二黒土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

二黒土星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

寅年 亥年 申年 巳年
1962年(昭和37)
2月4日 16:18~
1963年(昭和38)
2月3日
壬寅年
1971年(昭和46)
2月4日 20:26~
1972年(昭和47)
2月3日
辛亥年
1980年(昭和55)
2月5日 1:10~
1981年(昭和56)
2月3日
庚申年
1989年(平成元)
2月4日 5:27~
1990年(平成2)
2月3日
己巳年
1998年(平成10)
2月4日 9:57~
1999年(平成11)
2月3日
戊寅年
2007年(平成19)
2月4日 14:18~
2008年(平成20)
2月3日
丁亥年
2016年(平成28)
2月4日 18:46~
2017年(平成29)
2月3日
丙申年
2025年2月3日
23:11~
2026年2月3日
乙巳年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ