二黒土星 2020年1月の運勢 一期一会にチャンスあり!

二黒土星 1月 運勢吉方位
2020年1月6日
2月3日まで
対話にチャンスが潜む

二黒土星 1月 運勢と吉方位

年盤の吉方:・北西
月盤の吉方:南東
年盤・月盤共に吉方:なし

二黒土星 2019年盤 暗剣殺年運や方位は2020年2月3日(立春前日)まで
2019年の年盤による「気」の影響を受けています

 

 

二黒土星 2020年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

南東

八白土星が巡る 1月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 八白の象意「心機一転」の祐気エネルギーの恩恵を得る
  • 人間関係の好転に恵まれる
  • 俯瞰力が高まり、あらゆる情報に右往左往せずに判断力向上

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

二黒土星 生まれ月別(月命星)2020年1月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

2020年の初詣と恵方参り

初詣は恵方参り二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

二黒土星 2020年1月の運勢 ~全体運~

年が明けて2020年が始まる1月!

1月運は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」から始まります。

年間運勢のベースとしては、まだ2019年の年運ですがが。

しかし、2020年の年運が押し寄せてくる時期となります。

まるで、満潮時に海水が川に流れ込み、河川が海水と真水が混ざる感潮区間(かんちょうくかん)のような感じをイメージして頂けたら分かりやすいかと思います。

2019年の二黒土星は、「変化と改革の年」でした。

二黒土星は、基本的にあまり変化を好まないタイプで、どちらかと言えば「保守派」傾向です。

しかし、この変化を通じて更なる高みに向かう2020年がやってきます!

 

人々との集いが楽しい!悦び多い一月

先月(12月)は、非常に忙しく、主に公的な事柄で時間を費やすことが多かったでしょう。

その影響で、プライベートの時間を確保することが出来ないくらい…

その忙しさも、1月に入る頃には落ち着きが現れるでの、プライベートの時間を満喫することが出来るしょう。

月運のエネルギーとしては、緩やかにパワーダウンする周期に入りますが、モチベーションがダウンするような運気ではありません。

むしろ! 今月(1月)は、人々が集う機会に恵まれる月運です。

なので、飲食などの機会を通じて楽しいムードで盛り上がる運気に恵まれます。

さらに! 1月は新年会などのイベントの多いシーズンです。

そのような、人が集まるイベントには積極的に参加することをお勧めします。

今月(1月)に出会う人、若しくは、以前からの知り合いだったが改めて交流が深まるような出会い。

これらのご縁を通じて、今後の人生において何らかの影響を得る可能性があります。

例えば…

その人を通じて、新たな出会いが広がり、ビジネスチャンスに繋がるとか…

その人からの影響で新たなビジョンやヒラメキに繋がる刺激を受ける…などなど

ただ、今月(1月)の二黒土星は、物事を注意深く考える能力が高まります。

その思慮深さを「警戒心」として発動させるよりも!

収集した情報を鵜呑みするにすることなく「取り入れる」ような、前向きな活用として発動させましょう!

コミュニケーションによる開運法としては「話し上手は聞き上手」を心がけて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 1月の仕事運

九星占い 仕事運

今回の年末年始の休暇は、9連休となる会社も多く、その影響と公的な事柄で忙しくなる月運と相まって、12月の二黒土星を大忙し!

その延長で年明け早々も忙しい?!と…予想されているのではないでしょうか?

今月(1月)は、業務的な忙しさよりも仕事上の付き合いが活発になる月運に恵まれています。

この運気を活用して、人脈を広げてみると良いでしょう。

その人脈が即! 業績に反映することは期待できませんが。

まるで、地下水脈のような「潤い」をもたらしてくれるような人脈に恵まれるでしょう。

それは、仕事に直結するようなご縁でなくても、専門的な知識や経験者からのアドバイスや会話の中から、クリエイティビティ向上に促す何らかのヒントが得られる可能性は大いにあります。

今月(1月)の二黒土星は、月盤の西にある「兌宮(だきゅう)」という宮にはいり、天道(天からの恵み)が付きます。

「口(くち)」に関わる事柄を通じて、チャンスを得られる月運に恵まれています。

この時期に関わったコミュニティからの情報が、後々仕事に活かされる可能性も秘めています。

「飲み会は仕事に関係ない!」なんて言わずに顔を出してみると良いでしょう。

 

二黒土星 1月の恋愛運

九星占い 恋愛運

新たな出会いを求めて恋活もしくは婚活中の方は、出会いのチャンスに恵まれる月運到来!です。

仕事の件でも申し上げましたが、口に関わる事柄で悦び多い月運に恵まれますから、飲食や会話…それと、「接吻」といった男女の出会いにおける「ご挨拶(?)」(^▽^)

と、いった象意(気)が味方となります。

なので、今月(1月)の二黒土星は、話術に長け、会話も弾みます。

『あれ、この話…こんなにウケるの?』と、自分でも驚くほどコミュニケーションの能力が高まります。

1月は未だ2019年の年運の影響を受けているので、年盤の西には一白水星がいます。

なので、新たな出会いの象意(気)の影響も期待できます。

但し! ノリが良すぎてムードに流されないように気を付けて下さいね。

現在、交際中のカップルは、二黒土星の方が「楽しめるデート」のプランニングをしてみると良いでしょう。

もちろん!お互い楽しめる内容であることは大前提ですよ!

グルメ&温泉でお泊りデートは盛り上がりますよ!

 

スポンサーリンク

二黒土星 1月の金運

九星占い 金運

副業など、本業以外で何らかの収入源をお持ちの方は臨時収入が入り、お財布が温まるかもしれません。

とはいえ、今月(1月)は、交際費による出費が増える傾向があります。

また、冠婚葬祭などで予定外の出費が発生する可能性も…ありそうです。

何となく快楽的にお金を使うと浪費にを促しかねないので、堅実な金銭管理を心がけて下さい。

その反面、金銭に関わる情報も入手できる月運に恵まれています。

現在では、インターネットなどで様々な情報に溢れています。

その情報の全てが健全で有益な情報とは限りません。

しかし、この時期の二黒土星は、長所である「堅実性」が緩み、安易に儲け話に心惹かれてしまうかもしれません。

その際には、思慮深さが高まっている運気を活用して、とことんリサーチと探求を行いましょう!

趣味や特技を生かして、それを「価値(金銭的報酬)」に促すことを始める「きっかけ」となり得るかもしれません。

ただし! 初期投資は限りなく「ゼロ」で、自分自身も楽しめ、継続性が可能なモノに限るでしょう。

なので、収入アップの即効性は、現時点では期待できないでしょう。

 

二黒土星 1月の健康運

九星占い 健康運

今月(1月)だけに限らず、空気が乾燥する寒い季節は「インフルエンザ」や「風邪」には十分注意して、予防に努めましょう!

二黒土星だけに限った話ではないのですが。

2019年の年盤(1月は未だ2019年)では、南東に「歳破」が付いています。

南東は「風」を担い拡散を促すので万人が警戒することなですが。

今月(1月)の二黒土星は、「口(くち)」に関わる事柄が発生しやすい月運です。

なので、健康面での注意としては「飛沫感染」です。

インフルエンザに感染した人が、咳やくしゃみをすることで飛んだ、飛沫に含まれるウイルスを鼻もしくは口から吸い込んでしまい、ウイルスが体内に入り込み感染します。

うがい手洗いだけでなく、しっかり栄養と質の高い睡眠を確保して暴飲暴食は控えましょいう!

 

スポンサーリンク

 

2020年 二黒土星の運勢

2020年二黒土星の運勢

二黒土星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら二黒土星 2020年の運勢」御覧下さい。

二黒土星の月運

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

2019年 二黒土星の月運バイオリズムグラフ

2019二黒土星バイオリズムグラフ変化の波に乗って豊かな人生を創る!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

 

二黒土星の性格と生涯運

二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

 

九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

二黒土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは3月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

寅年 亥年 申年 巳年
1962年(昭和37)
3月4日 16:18~
1963年(昭和38)
3月3日
壬寅年
1971年(昭和46)
3月4日 20:26~
1972年(昭和47)
3月3日
辛亥年
1980年(昭和55)
3月5日 1:10~
1981年(昭和56)
3月3日
庚申年
1989年(平成元)
3月4日 5:27~
1990年(平成2)
3月3日
己巳年
1998年(平成10)
3月4日 9:57~
1999年(平成11)
3月3日
戊寅年
2007年(平成19)
3月4日 14:18~
2008年(平成20)
3月3日
丁亥年
2016年(平成28)
3月4日 18:46~
2017年(平成29)
3月3日
丙申年
2025年3月3日
23:11~
2026年3月3日
乙巳年

二黒土星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

二黒土星 2020年 吉方位カレンダー

二黒土星 2021年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ