一白水星 2020年1月の運勢 意識的ピボットで新年を迎える

一白水星 1月 運勢吉方位
2020年1月6日
2月3日まで
謙虚さと冷静な思考が開運マインド

一白水星 1月 運勢と吉方位

年盤の吉方:南・北
月盤吉方:東・北東
年盤・月盤共に吉方:なし

2019 一白水星 年盤年運や方位は2020年2月3日(立春前日)まで
2019年の年盤による「気」の影響を受けています。

 

 

一白水星 2020年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

七赤金星が巡る 1月の北西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

  • 活動力・発展力に恵まれる
  • 金運アップに繋がるヒラメキやヒントに恵まれる

 

北東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

三碧木星が巡る 1月の北東の祐気エネルギー

  • 適応力にスピード感が増す
  • 改革・改善から才能を見出す
  • 行き詰った問題解決の糸口に恵まれる

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

一白土星 生まれ月別(月命星)2020年1月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

運勢関連記事

2020年の初詣と恵方参り

初詣は恵方参り二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

一白水星 2020年1月の運勢 ~全体運~

年が明け、2020年が始まる1月の月運は二十四節気の「小寒(しょうかん)」から始まります。

年運のベースとしては、2019年の年運が漂う中、2020年の年運が押し寄せてくる時期となります。

まるで、満潮時に海水が川に流れ込み、河川が海水と真水が混ざる感潮区間(かんちょうくかん)のような感じをイメージして頂けたら分かりやすいかと思います。

2019年の一白水星は、これまでの努力の結果が成果となり、そのご褒美を味わう「悦び」に恵まれる一年でした。

そして、2020年は、「変化と改革の年」を迎えます。

2020年の年運は、9年周期で巡る年運において「節目」となります。

これを境に一白水星のチェンジが始まり、ワンランク上のステージに向けて「整理整頓」や「自己の意識改革」を施す2020年となります。

「庚子」の年を迎える

天の気を示す「庚」は「更新」を表し、地の気を示す「子」は「万物孳る=増える」ことを表し、一白水星だけでなく万物全てに起こり得ることを表しています。

その渦中で迎える「変化の年」は、一白水星にとって大きな改革による自己成長を促す年になるでしょう。

とはいえ、2020年の運気は2月(立春以降)から始まるので、今月(1月)は「意識」を切り替える期間として有効に活用しましょう!

今月(1月)の一白水星は、月運のエネルギーは強く、頭脳も冴えています。

この恵まれた月運を活用して、これから必要性が低下するもの、逆に強化するべきものなどを見極め、区切りをつけるとタイミングです。

ただ、今月(1月)は、公的な事柄で忙しくなる月ですから、じっくり自分のことに集中する時間は限られるかもしれません。

また、今月(1月)の一白水星は、非常に感性が鋭く、先見の明にも恵まれています。

なので、周囲の人々の「手ぬるさ」が目につくようで…内心『イラっ』するこもあるかもしれません。

しかし、それに対する指摘が正論でも、指摘の仕方(表現・口調)がトリガーとなって口論に発展するかもしれません。

上から目線の指摘は避け、言い争いにならないように心がけて下さい。

 

スポンサーリンク

 

一白水星 1月の仕事運

九星占い 仕事運

今月(1月)は、援助運に恵まれる月運です。

しかし、棚ぼた的に援助が得られるわけではなく。

むしろ「重要な仕事を任される」とか「少々実力以上の仕事」とか「リーダー性が必要となる」といった、「責任」を負うウエイトが重めになるかもしれません。

その仕事を通じて、上司や権威者から助言などの援助が得られるので、上司や権威者との関係性が大切になります。

今月(1月)は、多忙にも関わらず、やり残した仕事も処理しなければならない。

なので、迅速な活動のみならず、マルチタスクとなる場合もあるでしょう。

ただ、人間は同時に2つ以上の作業を行なう「マルチタスク」を完璧に行っているようで出来ていないのが現実です。

しかし、「自分は今、同時に複数のことをやっている!」と、信じ込むだけでパフォーマンスが向上し、集中力も向上します。

今月(1月)の一白水星は、意識や思考を活用することで実力以上のパワーを発揮できる月運に恵まれているので「向上心」は常に意識的に心掛けると良いでしょう。

 

 

一白水星 1月の恋愛運

九星占い 恋愛運

新た出会いを求めて恋活・婚活中の方にとっては、出会いのチャンスに恵まれる月運です。

そもそも、2019年は出会い・恋愛共に好調な年運で、その影響が未だ続いている月ですから、積極的に活動しましょいう!

とはいえ、仕事や公的な事柄で忙しい月ですから、スケジュール管理をしっかり行う必要があります。

今月(1月)は、新年会などのイベントも多いシーズンなので、日頃からオシャレには力を注ぎ、いつでも誘われたらイベントに参加できるようにスタンバっておきましょう!

現在、交際中のカップルやご夫婦の場合は、上から目線の物言いに注意しましょう!

今月(1月)の一白水星の方は、自身の能力や知力において自信に満ち溢れています。

従って自己肯定感が高まるので良いのですが。

「自分が出来るのだから、あなたもできるでしょ!」といった感覚が現れると、口調が強くなる可能性を高めてしまいます。

先見の明に恵まれている一白水星ですから、その人の能力を見極めることに活かしてみると良いでしょう。

過度な期待を控えることで、良好な人間関係が保たれます。

 

 

スポンサーリンク

一白水星 1月の金運

九星占い 金運

今月(1月)は、金銭の出入りが激しくなる傾向があります。

新年のご挨拶や新年会など、何かと交際費が発生しやすいシーズンでもありますから、仕方がないかもしれません。

ただ、これまでの運気(年運)において、少々浪費気味になっていると、思われるような節があれば見直すべきです。

今月(1月)は、これまでの行動に区切りをつけて、意識を切り替える時期です。

2020年の一白水星は、環境の変化が起こりやすい年なのですが、意識の中では単なる変化よりも「ピボット」が必要ないなるかもしれません。

それは、金銭面においても同じです。

時期としても、昨年の収支がハッキリ現れる時期ですから、しっかり見直し、不必要なコストはバッサリ削減するような取り組みを始めましょう!

 

 

一白水星 1月の健康運

九星占い 健康運

今月(1月)の一白水星は、やる気や気力に溢れているので、仕事も無理して頑張ってしまう傾向があります。

月運のエネルギーとしては、強い状態を維持しているのですが…

少しずつ、エネルギー低下し始めています。

また、年運においても2020年の年運と共に身体的変化も感じるかもしれません。

「運」としては、季節の変わり目のようなシーズンですから、健康面においてもその兆候を感じるでしょう。

なので、健康面や日々の生活習慣においても、「暴飲暴食傾向な方」や「不摂生」などを見直し、悪習慣と思われることから「卒業」しましょう!

今月(1月)は、「時間がない!」とか、「イラっとする」といった不安定な気持ちを上手に切り替えるようにしましょう。

そのような状態で車のハンドルを握ると、うっかりスピードオーバーになり兼ねません。

事故や手足のケガにも気をつけてください。

 

スポンサーリンク

 

2020年 一白水星の運勢

2020年一白水星の運勢一白水星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら一白水星 2020年の運勢」御覧下さい。

一白水星の月運

 

2020年 一白水星 上半期と下半期のバイオリズムグラフ

一白水星 2020 グラフ変化と改革で豊かな人生へ導く!
2020年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

 

2020年 一白水星の相性 ご縁と人間関係

一白水星 相性 20202020年の一白水星は「リコネクティング(Reconnecting)」を活用しよう!
2020年 一白水星と各九星のご縁と相性期 を詳しく、こちらの記事で紹介しています。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

九星気学 一白水星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

一白水星 日盤 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

この記事は、生まれ月別で作成しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

卯年 子年 酉年 午年
1963年(昭和38)
2月4日 22:08~
1964年(昭和39)
2月4日まで
癸卯年
1972年(昭和47)
2月5日 2:20~
1973年(昭和48)
2月3日まで
壬子年
1981年(昭和56)
2月4日 6:56~
1982年(昭和57)
2月3日まで
辛酉年
1990年(平成2)
2月4日 11:14~
1991年(平成3)
2月3日まで
庚午年
1999年(平成11)
2月4日 15:57~
2000年(平成12)
2月3日まで
己卯年
2008年(平成20)
2月4日 20:01~
2009年(平成21)
2月3日まで
戊子年
2017年(平成29)
2月4日 0:35~
2018年(平成30)
2月3日まで
丁酉年
2026年2月4日
5:02~
2027年2月3日まで
丙午年

一白水星 2019年 吉方位カレンダー

一白水星 2020年 吉方位カレンダー

一白水星 2021年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ