七赤金星 2020年1月の運勢 積極的な行動力で好機を活かす

七赤金星 1月 運勢吉方位
2020年1月6日
2月3日まで
上昇運気

七赤金星 1月 運勢と吉方位

年盤の吉方:東・西
月盤の吉方:南東・北西
年盤・月盤共に吉方:なし

七赤金星2019年 歳破 巽宮年運や方位は2020年2月3日(立春前日)まで
2019年の年盤による「気」の影響を受けています。

 

 

七赤金星 2020年1月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

南東

八白土星が巡る 1月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 八白の象意「心機一転」の祐気エネルギーの恩恵を得る
  • 人間関係の好転に恵まれる
  • 俯瞰力が高まり、あらゆる情報に右往左往せずに判断力向上

 

北西

一白水星が巡る 1月の北西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 物事を思慮深く分析する能力を活かし能力向上。

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

七赤金星 生まれ月別(月命星)2020年1月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

七赤金星 2020年1月の運勢 ~全体運~

新たな年を迎え、世の中では2020年がスタート!

しかし、九星気学では年の運気は、未だに2019年の年運の影響を受けています。

とは言え、運気はデジタル的に「パキッ」と入れ替わるのではなく、至ってアナログですから、じわじわ2020年の年運が押し寄せます。

まるで、満潮時に海水が川に流れ込み、河川が海水と真水が混ざる感潮区間(かんちょうくかん)のような感じをイメージして頂けたら分かりやすいかと思います。

2019年の七赤金星は幸運期の真っ只中で、何事も調い具体的な結果に繋げる年運でした。

主に「風」の気を活用しつつ、「風」に苛まれるような体験をされてと思います。

ここで言う「風」は、世の中のトレンド、組織の方針や課題、もっと広範囲になると人類の意識や価値観から起こる変化です。

物理的な風ではないので、肌に触れる感覚がなく、また、天気図のように台風の進路予想のように「山を張る」ことも難しい。

高運な運気で「福運の年」と言われる一年だが、一筋縄ではいかない局面もあったでしょう。

しかし、この体験から得た経験は、かなり価値があり経験値が高まったはずです。

そして、来月(2月)の立春以降から始まる、2020年の運気におけるテーマは「保守整備・見直しと改善」で内省強化を図る年を迎えます。

なので、昨年の経験から「保守整備・見直しと改善」のヒントが見つかるはずです!

 

前置きが長くなりましたが…

今月(1月)の月運は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」1月6日AM6:30から始まります。

 

自分を過信せず積極性を発動!!

今月(1月)の七赤金星は、昨年の12月から運気が徐々に上昇し、さらに上昇気流に乗る運気を迎えます。

好調な月運で「挑戦が飛躍を促す」に恵まれ、自発的で且つ積極的な行動がチャンスを掴む開運行動となります。

これまで、行き詰まっていた問題を解決させるヒントやヒラメキ、若しくは権威者からの助言など、あらゆる情報が刺激となって「解決策」が見つかるかもしれません。

また、あらゆる改善や新たな要素を用いることで再チャレンジも十分可能です。

ただし、ポッと思いついたことを深く考えず無計画に「勢い」だけで行動を起こすことは控えた方が良いでしょう。

なぜなら、2020年の「保守整備・見直しと改善」の年が始まろうとしていますから、大風呂敷を広げるような行動は慎みましょう。

ここで見つける「ヒントや気づき」は「保守整備・見直しと改善」に繋がる内容かもしれません。

また、独断専行は良い結果に繋がりません。

他者に全く影響を与えないような事柄なら全て自己責任です。

なので、トラブルも不利益も全て自分だけの問題で済みますが…

他者が絡むと、問題から発生する波紋は大きく広がり、人間関係にも問題が生じます。

この時期、目上の方や権威者との関係が大切な時期です。

常に謙虚さを心掛け、周囲の人々との意思疎通をしっかり行いましょう。

年運・月運共に高運ですから良くも悪くも物事が大きく成長するタイミングです。

なので、「向こう見ずな行動」「自分勝手な行動」「人の話を聞かない」といった思考や行動を自己制御することで好機を大いに活用するチャンスに恵まれます。

自己制御することで委縮することなく!明るく元気に!

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 1月の仕事運

九星気学 仕事運

今月(1月)は、あらゆる方からの問い合わせが殺到するかもしれません。

ただ、現れた案件の中には、実がなく話だけで終わり、実質的にはただの宣伝だけで終わる場合もあるでしょう。

今月(1月)の月盤では、七赤金星は東の「震宮(しんきゅう)」という宮にはいり、主に「音」の象意(影響)を受ける傾向が強くなります。

なので、慌ただし、騒がしいなどの賑やかさがあるのですが。

「声はすれども姿は見えず…」のような局面も起こりやすい運気なのです。

しかし、どこにどんなチャンスが潜んでいるか?

それは、行動を起こさないと分かりません。

なので、突然持ち込まれた案件やあちこちからの問い合わせに応対するのは大変ですが、しっかりスケジュール管理を行い、冷静に対応しましょう。

企画やプランの提案は積極的なアピールで進めると良いでしょう。

思わぬ高い評価が得られるでしょう。

今月(1月)だけに限らず、常に「報告・連絡・相談」は大切ですが、とくにこの時期は先輩や上司からの引き立てがポイントとなります。

周囲との連携と意思の疎通が、良い結果に繋がる成功のカギとなるでしょう。

 

 

七赤金星 1月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

今月(1月)の七赤金星は、「新たな芽吹き」に恵まれる月運です。

初対面、初参加、初挑戦…などを通じて「出会いのチャンスの機会」に恵まれます。

ただ、必ずしも「初」でなければならないわけではありません。

要は「行動する」「心がワクワクする」と言った自分の中にある「躍動感」を発動させることがポイント!です。

何でも「初めての事」はドキドキ・ワクワクしますよね。

そういった意味で「新規事」を活用するだけです。

それ以外でも「躍動」が促されるのであれば自己流で大丈夫です。

この時期の七赤金星は、元気で明るい増します。

その人柄で周りを明るく盛り上げることで、出会いのチャンスがさらに向上します。

新たな出会いを求めて恋活・婚活中の方は、出会いの機会を自らの力で増やし、積極的に行動する事をおススメします。

今月(1月)さらに!来月(2月)も恋愛運は好調ですから、この好機を大いに活かしましょう!

意中の方がおられる方は積極的なアプローチでアタックするのみ!です。

現在、交際中の方は、パートナーに対しての言葉や表現は、極力優しくソフトに!を心掛けましょう。

本人は、意識していないかもしれませんが…

今月(1月)の七赤金星は、思いついたことを口にしたり、表現がストレートになりやすい傾向があるようなので…お気を付けください。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 1月の金運

九星占い 金運

「金運」としては悪い時期ではありません。

むしろ、事業主やフリーランスのように独立されて、お仕事されている方は増収が期待できるかもしれません。

サラリーマンの方は基本的に一定の収入が保証されているので、保証以上の収入を得ることは期待できないかもしれませんが、副業などをされている方は増収もあるかもしれません。

ただ、いずれの方も交際費や新たな活動を起こすなど、様々な事柄で出費が多くなる傾向があるでしょう。

交際費や必要経費は価値ある物であれば、自己投資として必要ですから、収支のバランスをしっかり見極めて投じましょう。

ただし!衝動買いやギャンブル論外です!

今月(1月)の七赤金星は、自分の中にある「躍動」は発動しやすい月運です。

このタイミングで衝動買いやギャンブルに走るとブレーキが利かなくなる可能性があります。

また、投資においては、そもそも「投資と投機」の区別が曖昧でリスク管理が非常に重要です。

なので、投資がギャンブル化しないように自制力をしっかり利かすように心掛けましょう。

 

 

七赤金星 1月の健康運

九星占い 健康運

昨年12月から運気が徐々に上昇し、体力・気力共にみなぎってます。

なので、活動力としては旺盛になります。

ただ、旺盛な分それだけエネルギーを消耗しているので、自己の体力を地信せず、日頃から睡眠と休養を十分に取るうに心がけましょう。

日頃のスケジュール管理や事前の段取りなどは万全に期することで、うっかり事故やケガを防ぎます。

月運においては「成長の気」に恵まれているので、この機に代謝アップを目指して身体づくりを始めると良いでしょう。

「早起きは三文の徳」と言われるように早起きすることで仕事や勉強がはかどる月運に恵まれています。

いつもより早起きをして、可能な限り朝日に浴びましょう!

早起きをするためには、就寝時間も早め、睡眠時間を減らさない事が必須です!

 

スポンサーリンク

 

2020年 七赤金星の運勢

七赤金星 2020年 運勢

七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

 

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星の吉方位

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

七赤金星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ