七赤金星 2022年1月の運勢 感情抑制と自分磨きで開運へ

七赤金星 1月 運勢と吉方位
2022年1月5日~2月3日
まで七赤金星 1月本命星: 南(離宮回座)
1月の吉方位:南東・北東

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 七赤金星の吉方位2022年2月節分までは「2021年の年盤」を用います。

 

 

七赤金星 2022年1月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

小寒の節入り時刻は、2022年1月5日18時12分です。

 

南東

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上の南東五黄土星が回座し、年間通して暗剣殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る 南東の祐気効果

  • 持続力と忍耐力の強化が期待できる。

 

北東

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上の北東九紫火星が回座し、年間通して殺気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

六白金星が巡る 北東の祐気効果

  • 事業運アップに繋がる変化が得られる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

七赤金星 2022年1月の運勢 ~全体運~

九星気学 1月 運勢

七赤金星 1月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

1月の月盤上では、南の「離宮」に本命星が回座し、年盤上の離宮に回座している一白水星の上に本命星が乗ります。(一白同会

1月の七赤金星は、離宮回座による「離宮象意」と一白同会による「一白象意」が主な課題となります。

離宮回座による主な九紫象意

火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

一白同会による主な一白象意

水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

被同会について

年盤上の乾宮(北西)に回座する本命星月盤上で回座する四緑木星が本命星の上に被ります。(四緑被同会

被同会は否が応でも四緑象意を他動的に被る事象が現れます。

四緑被同会による主な四緑象意

風、出入り、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

 

スポンサーリンク

 

2021年のラスト月は「1月」

一般的に2022年1月は「新たな年を迎える月」でありますが。

九星気学では新たな年運を迎えるのは「2月立春から」です。

従って、一年間のベースとなる運は「2021年の運気」ですので、用いる年盤も2021年の年盤となります。

 

これまでの歩み

昨年(2021年)は「完成と成果」の年運が巡り、非常に忙しい日々を過ごされたと思います。

2021年の運気は今月(1月)で終わるので、年運による「暗剣殺」も2月節分で終息します。

七赤金星は、これまでに2019年の巽宮回座で「歳破(破壊殺)と同会し、翌年2020年は中宮回座、そして2021年は乾宮回座で活気が現れるものの「暗剣殺」を背負う一年でした。

なので、この三年間は想定外の出来事や思い通りに事を運ぶことが出来ないことも体験されたと思います。

本当にお疲れ様でした。

 

内面を磨く月

今月(1月)は月運における「転換期」の半ばを迎えます。

運気には光があるものの…月運の勢いとしては下降局面であります。

運によって施される環境は、同会する一白水星の主な象意の「苦悩、忍耐、思考、内観、孤独」などの事象が生じやすい月となります。

年明けの1月と、2022年の年運が始まる2月共に同じような環境におかれます

従って、今月(1月)は何事においてもペースを落として、自分と向き合いながら内面を磨くことにエネルギーを注ぐと良いでしょう。

 

感情の抑制は開運への近道

今月(1月)は「先見の明、頭脳明晰、学問芸術」を担う「離宮(りきゅう)」に本命星(七赤)が回座するので、知的活動においてはクオリティーの高い成果が得られるでしょう

ただ、通常よりも感性が冴える分だけ、感受性も高まりますから「感情のコントロール」をしっかり行うことが開運マインドとなります。

 

自分を持つ!

基本的に「艮宮から離宮そして坎宮」に向かう期間は「転換期」となるのですが。

人それぞれではありますが…

七赤金星の場合、離宮に回座するタイミングで変革的な事象が生じやすい傾向があります。

「物事を改める」ことが目的であれば問題ありません

また、しっかりと練り上げた計画で重要性の高い内容であれば「必要な改革」として取り組まれると良いでしょう。

ただ、今月(1月)はモチベーションを上げ辛い月運が漂うので「自分軸」をブレさせない気持ちを持たれることをお勧めします。

 

七赤金星 2022年1月の日運グラフ

1月5小寒(18時12分)から
七赤金星 2022年1月の日運グラフ

1月20日 大寒(11時39分)から
七赤金星 2022年1月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

 

七赤金星 1月の仕事運

仕事運

今月(1月)に回座する「離宮」は、日の出から日の入りの時間帯で最も日当たりの良い「南の宮」です。

 

改めて襟を正そう!

離宮に本命星(七赤)が回座する期間は、目立つ存在となり得るので仕事に対する取り組み方や、他者に対する対応など周囲から注目を浴びる月運が巡ります。

全体運でも述べましたが、感情を露わにした態度や口調は慎むことで運気を損ねるリスクを軽減させることが出来ます。

 

評価を得る月

運気としては、発展や成長よりも、これまでの仕事ぶりや貢献度が評価される月運に恵まれます。

ただ、必ず好ましい評価が得られるとは限りません。

良くも悪くも「評価」ですので、その「評価」を真摯に受け止め、また謙虚さを忘れずに行動する事が仕事運アップに繋がります。

 

知恵が味方する月

表面的には華々しい雰囲気が得られる月運ではありますが…

あるべきモノがない状態に困惑するような事態が生じるかもしれません。

その内容においては、人それぞれになりますが主に「なくて困る」「あるけで利用できなくて困る」ことが「人・モノ・金」で生じるでしょう。

七赤金星の方は打たれ強く、結果の方位「西」を本座とする星ですから帳尻合わせは上手です。

さらに! 今月(1月)の七赤金星は、非常に頭脳が冴えています

知恵と創意工夫で必ず帳尻を合わせながら、事態を切り抜けることが出来ます

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 1月の恋愛運

恋愛運・人間関係

新たな出会いを求めて、恋活や婚活に勤しんでいる方は「パートナー選び」ではなく「自己の目を養う」活動期間として活用されると良いでしょう。

 

今月(1月)の七赤金星を易の卦でいうと「沢水困(たくすいこん)」となり、沢(七赤)が担う「喜悦」が得られない可能性があります。

2022年は年間通して好調な恋愛運に恵まれる一年なのですが…

今月(1月)と来月(2月)は自己の内面を磨いて、3月から勝負する方が良縁にめぐまれるでしょう。

また、この時期は見た目を優先にする傾向があるようです。

出会う相手も見事にデコレーションされていて、その見た目に胡麻化されないように中身まで、しっかり見抜く必要があります

自分の目を養う「教材」として、距離を置くことが出来るのなら良いのですが、今月(1月)はハートに火が付きやすい傾向もあるので…

知り合って直ぐに進展させるのではなく、しばらく様子を見ながら距離を保つことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 1月の金運

金運

日頃からストレス解消は「お買い物」で行っている方は要注意です!

今月(1月)は通常より、感受性が高まる月運が巡るので、ちょっとした事で感情が激しく揺れる傾向が生じやすくなります。

そのストレスを買い物で解消すると散財に繋がるので「ストレス解消法を改める」ことを試みると良いでしょう。

長期的に捉えても金運アップに繋がります。

 

メンタルケアで金運アップ!

2022年の七赤金星は「収穫の年」を迎えるので、今月(1月)は「金銭感覚のあり方」を改めて見直してみると良いでしょう。

今月(1月)と来月(2月)は自己を内観するタイミングとして相応しい二ヶ月です。

理想の自分と自己受容が必要な自分に何らかのギャップを感じるかもしれませんが、案外受け入れてしまえば気が楽になります。

精神的な事ではありますが、精神と経済は直結しています。

経済の「景気」の「気」は「気持ち」で決まるのが定説です。

精神面からのアプローチで金運アップを図るには相応しい時期です。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 1月の健康運

健康運

昨年(2021年)は、年間通して忙しさとプレッシャーを感じることが多く、自分が見出す「成果」に自分が振り回されているような錯覚を感じることもあったと思います。

強い年運を有意義に用いて今に至っているのですが…。

今月(1月)は、蓄積した疲れが現れるかもしれません。

著しく体調を崩すような事態に陥る事はないのですが、頭痛や眼精疲労が現れたら要注意です。

体調不良は早く気づき、早く対処する事が回復の近道ですので、疲れたら「寝る!」ことを一番におススメします。

今月(1月)から3月啓蟄頃までの期間は、体を冷やさないことを心掛けて下さい。

お風呂は入浴剤を入れた湯船にしっかり浸かる。

体を温める根菜類を積極的に摂取する。

などの身近な取り組みで健康維持が期待できます

 

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

七赤金星 2022年の運勢

2022年 壬寅 七赤金星 運勢

七赤金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

七赤金星の月運

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

七赤金星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

七赤金星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    酉年 午年 卯年 子年
    1957年(昭和32)
    2月4日 10:55~
    1958年(昭和33)
    2月3日まで
    丁酉年
    1966年(昭和41)
    2月4日 15:38~
    1967年(昭和42)
    2月3日まで
    丙午年
    1975年(昭和50)
    2月4日 19:59~
    1976年(昭和51)
    2月4日まで
    乙卯年
    1984年(昭和59)
    2月5日 0:19~
    1985年(昭和60)
    2月3日まで
    甲子年
    1993年(平成5)
    2月4日 4:37~
    1994年(平成6)
    2月3日まで
    癸酉年
    2002年(平成14)
    2月4日 9:24~
    2003年(平成15)
    2月3日まで
    壬午年
    2011年(平成23)
    2月4日 13:33~
    2012年(平成24)
    2月3日まで
    辛卯年
    2020年
    2月4日 18:04~
    2021年
    2月3日まで
    庚子年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ