三碧木星 2021年1月の運勢 堅実に継続が開運行動

三碧木星 1月 運勢と吉方位
2021年1月5日~2月2日(節分)まで三碧木星 1月 運勢と吉方位本命星: 南西(坤宮回座)月破
1月の吉方位:東・南

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北東・南西
2020年 三碧木星 年盤

立春の節入り時刻は、2021年2月3日23時59分からです。
それまでは「年盤上の吉方」や「年運」は2020年の年盤を用います

 

三碧木星 2021年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

冬の土用期間は、1月18日から2月3日までです。

この期間中は、北東土用殺方位となります。

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では五黄殺ですので、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

四緑木星が巡る 1月のの祐気エネルギー

  • 新たな出会いや紹介に恵まれる

一白水星が巡る 1月の南の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南は歳破殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 探求力が高まり知恵と創造力のレベルアップが期待できる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

三碧木星 生まれ月別(月命星)の吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    2021年 初詣は恵方参り
    2021年 恵方二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

     

    三碧木星 2021年1月の運勢 ~全体運~

    三碧木星 1月「月盤と年盤の関係」
    坤宮回座により四緑同会。坎宮にて二黒被同会(上記の年盤と月盤参照)

    1月の月盤では、三碧木星は未申方位(南西)に「坤」と書かれている「坤宮(こんきゅう)」という宮に入ります。

    1月 吉神 月盤

    坤宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「これから上昇の兆し」の月運となります。

    「坎宮」で水面下で計画したこと(思考)を実行に移し、堅実的に構築する運気とされています。

    開運ワードは「努力と忍耐で育む」

     

    2021年の運気が早くも漂う!

    2021年の運気は、2月(立春)から始まります。

    ただ、今年の1月は例年とはちょっと特別な運気の移り変わりになりそうです。

    1月を担当する十二支(地の気)が「丑(丑月)」そして2021年は丑年です。

    九星(人の気)においては、1月の月盤2021年の年盤が同じ六白中宮です。

    このように月盤六白中宮から同じ六白中宮の年盤へ移り変わるのは「36年周期で巡る珍しいパターン」で、1月の月運を迎えます。

    1月は2020年の運気が続くものの、早々と2021年の気が漂い始めます

     

    1月からトンネルを抜けた気分になる

    昨年は、9年周期で巡る「坎宮」という一白水星の定位置である北に回座する一年でした。

    「明るさと元気」がアピールポイントの三碧木星にとっては、いつものパフォーマンスを発揮することが出来ず、何かと「耐える」ことを強いられる場面が多かった一年でした。

    その運気は2月(節分)に終了し、立春以降から本格的に「穴」から抜け出し、具体的に活動を始める運気に入ります

    今月(1月)は、その兆しが現れ始めるので、気持ちは明るく、行動力もアップします

     

    「堅実・安定・継続」が開運行動!

    今月(1月)の月盤では、「努力・従順・準備・育成」を担う「坤宮(こんきゅう)」(南西)に本命星が回座します。

    そして、年運を示す年盤においても、2月立春から翌年2月節分まで「坤宮」に本命星が回座します。

     

    本命星が坤宮に回座する時期は、今後必ず訪れる「盛運期」に向けて、足元を固めつつ具体的な準備をしっかり行う大切な一年です。

    その一年の予告のような運気を迎える1月は、四緑木星担う「遠方・情報・調整・整う」が課題となり、あらゆる事柄に派生します。(四緑同会)

    1月小寒から前半頃は「月破」の影響が現れやすく、情報交換や連絡などに何らかのトラブルが起こるかもしれません

    その原因は、三碧木星が問題を起こすわけではないのですが…

    他責思考を発動させて、他者を攻めたり、犯人捜しをするとトラブルに発展する可能性を高めてしまうでしょう。

    事前にメール・電話・SNSなどの扱いは丁寧に行うことを心掛けて下さい。

    また、何事においても「落ち着いて行動する」ことが開運行動となります

    基本的に三碧木星の方は、アンテナの感度がよく「ピン」ときたら即行動するタイプの方が多く、それが長所でもあります。

    ただ、今月(1月)は、その長所を上手く活かす場面が少なく、むしろ「堅実性と安定性」を意識して「継続させる」ことにエネルギーを注ぎましょう!

     

    三碧木星 1月の日運グラフ

    1月5日小寒から19日まで

    三碧木星 1月の日運グラフ1月20日大寒から2月2日まで
    三碧木星 1月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    三碧木星 1月の仕事運

    仕事運

    2020年は「自己認識」を通して、新たなステージの基盤を創造する一年でした。

    悩むことも多く、これから歩みだす方向を見出すだけで様々な葛藤を抱えたかもしれません。

    そんな2020年の運気も今月(1月)で終わり、歩みだす方向も見え始め、明るさも現れます。

    しかし、状況が一気に好転する運気ではなく、その歩みはゆっくりです。

    今年の干支「丑」のような歩みです。

     

    日々の仕事においては、雑用が多く、忙しいわりには「結果」が現れず

    今月(1月)に回座する「坤宮」は「大地」を表し、二黒象意による「技術・労働・準備・裏方」が課題となる月運です。

    なので、成果よりも「安定」そして業務内容の多くは「裏方・育成」のような仕事で忙しくなりそうです。

    ただ、好奇心旺盛な三碧木星にとっては、好奇心が刺激されるような内容の仕事ではなく、少々つまらなく感じるかもしれません。

    しかし、この時期はあえて「初心を思い出して、基本に忠実に」を心掛けて仕事に取り組みましょう!

    真面目で勤勉な姿勢が人々に伝わり、それが評判になって広がる月運に恵まれています

     

     

    三碧木星 1月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(1月)の三碧木星は、二黒土星の定位置である「坤宮」に本命星が回座し、「信用・遠方・整う・縁談」を担う四緑木星と同会する月です。

    恋愛や人間関係に「安定と継続」の気が漂う月運に恵まれるしょう。

    今月(1月)の出会いにおいては、落ち着いた雰囲気の人、一緒に居て気持ちが落ち着く人に「ほのぼのとした好感」を抱くでしょう。

    また、その様な方とご縁がありそうです。

    2021年は「育みの年」を迎えるので「安心して愛を育てる」ことが出来るパートナーを選ぶ傾向が現れます。

    そして、今月(1月)は、そのお相手と出会うチャンスに恵まれる月運です。

    親戚や知人からの紹介も期待できる運気に恵まれているので、周囲にアピールすると良いでしょう。

    同窓会などのイベントがあれば積極的に参加することをお勧めします。

    現在、交際中の方は家族にパートナーを紹介する良いタイミングです。

     

    スポンサーリンク

     

    三碧木星 1月の金運

    金運

    千里の道も一歩から

    今年(2021年)は「種蒔きの年」です。

    「種蒔き」を「経済」で表すと「増やすために投じる」時期にあたります。

    なので、大きな収穫を手に入れる時期ではありませんが、「小さな成果」を積み重ねる時期にあたります。

    そして、今月(1月)は「大地を耕す」時期に当たるので、この運気を金銭アップにつなげる為には「お金に関する学び」を通して「知識をしっかり蓄える」時期にあたります。

    「安定と堅実」を継続させることが金運アップに繋がります。

    そして今月(1月)は、その「はじめの一歩」を確実に踏み出す時期にあたります。

    この時期、三碧木星の金銭感覚は堅実志向ですので、小さなことをコツコツ始めてみると良いでしょう。

    お金についての「学び」や「家計簿をつける」など「継続」によって何らかの価値を見出し、それが経済に繋げることで金運アップに繋がります。

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 三碧木星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    春財布 2021年 三碧木星に相応し金運財布と購入日

    春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    三碧木星 1月の健康運

    健康運

    今月(1月)に回座する「坤宮」と同会する「四緑木星」共に身体的象意に「腸」があります。

    年末年始の暴飲暴食による胃腸への負担が現れるかもしれません。

    逆に、不調だけでなく「整える」タイミングとしても相応しい月運に恵まれています。

    この機会に「腸内環境を整える」、「腸内細菌を育てる」ことに取り組むと良いでしょう。

    何事においても「継続」が促される月運に恵まれているので、体に「良い」と言われていることを始めて習慣化させると良いでしょう。

    逆に乱れた食習慣も癖になりやすい月ですので、ジャンクフードの摂取や飲酒は控えましょう。

    三碧木星は「声帯・咽頭」を担当する星です。

    体調を崩し始めると「喉」に何らかの違和感が現れやすいと言われています。

    乾燥も気になる季節ですので部屋の湿度調整とノドのケアを心掛けて下さい。

     

    九星気学 1月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    2021年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    三碧木星 関連のコンテンツ紹介

    三碧木星 2021年の運勢 成果の元を創る年

    2021年 辛丑 三碧木星の運勢

    未来の成果に向けて種を蒔く年
    三碧木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 三碧木星の運勢」御覧下さい。

    三碧木星の月運

    九星気学 三碧木星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    2020年 三碧木星の運勢

    三碧木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら三碧木星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 三碧木星の月運

     

    三碧木星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    三碧木星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    三碧木星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    丑年 戌年 未年 辰年
    1961年(昭和36)
    2月4日 10:23~
    1962年(昭和37)
    2月3日
    辛丑年
    1970年(昭和45)
    2月4日 14:46~
    1971年(昭和46)
    2月3日
    庚戌年
    1979年(昭和54)
    2月4日 19:13~
    1980年(昭和55)
    2月4日
    己未年
    1988年(昭和63)
    2月4日 23:43~
    1989年(昭和64)
    2月3日
    戊辰年
    1997年(平成9)
    2月4日 4:03~
    1998年(平成10)
    2月3日
    丁丑年
    2006年(平成18)
    2月4日 8:27~
    2007年(平成19)
    2月3日
    丙戌年
    2015年(平成27)
    2月4日 12:59~
    2016年(平成28)
    2月3日
    乙未年
    2024年2月4日
    17:27~
    2025年2月2日
    甲辰年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ