五黄土星 2022年の運勢 利他的に充実を図る

五黄土星 2022年の運勢と吉方位
九星気学 2022年 五黄土星の運勢中心的存在としての
役割を果たしす

 

 

五黄土星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位北西・西・北東・南

 

六白金星が回座する北西の祐気エネルギー効果

  • 自分より上の立場の方からの援助に恵まれ、事業運アップの期待できる。
  • 生き甲斐と充実感に満たされる。

七赤金星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 副収入などによる金運アップ
  • エンターテインメント性向上が期待できる。

八白土星が回座する北東の祐気エネルギー効果

  • 変化を味方にする適応力が高まる。
  • 蓄財や相続など問題が好転する変化が期待できる。

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 知的能力が高まり優れた判断力が得られる。
  • 的確な取捨選択能力が向上し、良いご縁と進路に恵まれる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

五黄土星 2022年の運勢

2022年2月4(立春)~2023年2月3日(節分)までの全体運

昨年は成長期のピークを迎え、それに加えて三合金局による拡張作用を受けて大きな成長を成し遂げられました。

ただ、宇宙から持ち込まれる「天の気」は十干が担い「辛(かのと)」。

文字通り「辛い」という意味を含むので、それに伴い「不安や不満」が漂い混沌とした社会情勢となり、その影響に受けることも多々あったと思います。

しかし、これまでに見えなかった問題に内部改革を行い、大きな効果が得られたでしょう。

2022年は、これまでの成長路線から充実期に入ります

 

五黄土星 原点回帰の2022年

五黄土星 原点回帰の2022年

今年(2022年)の五黄土星は「中宮(ちゅうぐう)」(年盤中央)に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)在泊します。

五黄土星は、ほかの八つの星を支配する「帝王」を担う星です。

帝王が過去8年間に各宮に回座し、今年(2022年)は帝王が自身の宮(本座)に戻る年を迎えます。

そして、世の中の中心的存在となり、その役割を果たす年を迎えます。

 

五黄土星の象意

五黄土星の主な象意は「中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発」。

人物象意は「帝王、独裁者、中心人物、野蛮な人物、古物を扱う」です。

人体象意は「腹部・五臓六腑・身体全体」です。

 

成長から充実へ

今年(2022年)は五黄象意を担う「中宮」(方位は中央)に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)本命星が在泊します。

五黄土星の本領を発揮しやすい環境におかれるので、五黄象意の「中心的存在」としての使命を果たすことが2022年の課題となります。

運の勢いは強く、エネルギー量としてはマックス状態なので、どうしても昨年の勢いのまま突き進みたい気持ちになるかもしれませんが…

これまでの「拡大・成長路線」から「充実路線」へ運気は移り変わります

食べ物で例えると「発酵・熟成」の時期に「成長」を促すような施し方をすると腐敗が起こります。

発酵・熟成においては、その時に必要な菌を活かし、そして次の菌に引き継ぐ順序が正しく行われることで完成します

今年(2022年)の五黄土星は、正しい「発酵・熟成」を成し遂げる為に「拡大・成長」よりも充実を図ることに全力を尽くすことが開運行動となります

 

破壊と再生を担う五黄土星

「破壊と再生」「生と死」といった象意を担うのは五黄土星だけ、恐ろしいイメージを抱かれるかもしれませんが…

限りある命の尊さと誕生の素晴らしさをもたらすのは五黄土星だけです。

 

中心的存在としての使命

五黄土星は他の星にはない強烈な独自性をもっています。

その世界観と世の中の需要が交わり「五黄土星の居場所(環境や領域)」が出来上がります。

その領域に人々を集め、親分のように受け入れ、さらに!その人々が活躍しやすい環境を創り上げることが「中心的存在としての使命」です

何だか壮大な話になりましたが…

規模感や内容また、シーンにおいては人それぞれとなります。

正に!五黄象意「帝王」ではありますが…

暴君になると組織は崩壊し、破壊的作用を背負う五黄土星となります

 

「八方塞がり」は運気ではない

この悪い例だけを切り取って表現した「八方塞がり」が世に知れ渡っていますが。

自らが起こした結果であって「運」がもたらす作用ではありません

五黄土星が創造する世界観を広げる為の「充実を図る」ことを怠らずに成し遂げることで、2023年に迎える「完成と成果」に繋がります

 

振り返りと改善

今年(2022年)は、昨年までの進展が得られず停滞を感じるかもしれません。

学習に例えると「テストの答案用紙に向き合い間違った原因を見つけて、正しく学び直す」ような事を行う時期に当たります。

進捗としては「足踏み状態」となりますが、二度と同じ間違いをおかさない確実性が身につき、応用を利かすことも出来るようになります。

なので、一旦立ち止まって周囲を見渡し、これまでの自分を振り返り「整備と改善」を施すことにエネルギーを注ぐので停滞は運の流れに乗れている証です!

 

解決に取り組む

今年(2022年)は物事を解決させる力と機運に恵まれています

これまでに解決していない古い問題を片付けるには、相応しい一年です。

一年は365日ありますが、「旬」となる時期は案外短いです。

2022年の気は8月立秋にピークを迎え、翌年9月白露からは2023年の気が生じ始めるので早めに取り掛かることをお勧めします。

先延ばしにすると解決の道のりが厳しくなるかもしれません

また、可能な限り根本的解決に試みて下さい。

 

五黄土星 2022年の月運バイオリズムグラフ

五黄土星 2022年の月運バイオリズムグラフ上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2022年の年運は2月立春から始まります。

艮宮回座2月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

新たな年運を迎えると同時に変化の波がやってきます。

変化を通して月運における「転換期」入ります。

変化の訪れは「止る」から始まるので、進展が得られず停滞を感じる月となります。

 

離宮回座3月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

停滞感は解消し、気持ちに明るさが現れるでしょう。

頭脳明晰な月運に恵まれますが、中身をしっかり見抜き、本物を見極める目を養う必要性が生じやすい月。

重要書類の取り扱いは慎重に!粉飾など上辺の飾りに注意。

 

坎宮回座4月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

2022年の月運で最も低下する月は、月運の勢いが弱いだけで「悪い運気」ではありません

被害妄想に陥ると、大切な学びに繋がるヒントを得ることが出来ません。

指摘や注意は伸びしろと捉えて受容されると良いでしょう。

 

坤宮回座5月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種=種蒔き)

月運における「成長期」に入り運気は上昇局面を迎えます。

崩れそうな足元をしっかり固める取り組みが最重要!

直ぐに成果は得られないが、地味な努力が今後の発展に繋がります

 

震宮回座6月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽)

月運における「成長期」も半ばに入るとモチベーションが上がり気持ちも明るくなります。

自分のためになるモノ(事)を正しく取り入れる事で成長が促されます。

積極姿勢で活動することでチャンスに恵まれます

 

巽宮回座7月は月盤の「巽宮(そんきゅう)」に本命星が回座します。(④開花)

運気は先月よりさらに上昇し「成長運気のピーク」を迎えます。

さらに「万事調う」事象が現れ、何事も結果に繋がる取り組みを積極的に行いましょう。

 

中宮回座8月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

月運における「成長期」から「充実期」に入り、これまでの活動が「結実」として現れる月運が巡ります。

何事も振り返りと通して充実を図る絶好のタイミング月です。

 

乾宮回座9月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

完成の機運が巡るが、停滞を感じることもあるでしょう。

これまでの経験を活かしつつ、周囲からの要望や指導を取り入れて、目先の利益に囚われない活動を心掛けて下さい。

 

兌宮回座10月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運における「成長期」から「充実期」に入り、最終ステージの「収穫月」を迎えます。

収入に恵まれても予定外の出費が発生するでしょう。

利益を社会に還元する「損して得取る」が開運行動となります。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2022年の仕事運

仕事運 転職運

全体運でも述べましたが「中心的存在としての使命」を果たすことが、今年(2022年)の課題となります。

仕事は人と関わり協力し合って進めることが必要となるので「中心的存在としての使命」を果たす場面が多く発生するでしょう。

「中心的存在」といっても表立ってリーダーシップを発揮するようなスタンスではありません。

むしろ、裏方であり、縁の下の力持ちであり、調整役でもあります。

職場の仲間や関係者が活動しやすい状況と環境をつくることが課題ですので、拡大路線ではなく「充実を図る」ことに全力を尽くしましょう!

五黄土星が担う「帝王」は「担がれる」ようでは結果は得られません。

ましてや、「担ぐ神輿は軽いほうがいい」といわれるような存在では大成を成し遂げることが出来ません。

 

改善は必須!問題解決は速やかに着手

「充実を図る」ためには全体をしっかり把握する必要があります。

今年(2022年)の五黄土星は中宮に回座し、周りから見張られているような感覚を抱くかもしれませんが…

中央にいるから周りの様子を的確に知る事が出来ます

その置かれている環境をいかして、資金やマンパワーの偏りを正すなどの改善を施すことを試みると良いでしょう。

また、これまで「成長と拡大」にエネルギーに注いだが、それに見合う費用対効果が得られていないかもしれません。

いずれにしても改善は必須です!

今年(2022年)の五黄土星は「問題を解きほぐす」機運に恵まれているので、気が付いたら速やかに問題解決に取り組みましょう!

先延ばしにすると厄介な事態が生じる可能性を高めてしまいます

 

 

五黄土星 2022年の転職運

今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

壬

その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

社会的トレンドとしては、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要が高まるかもしれません。

ただ、「再生」は「破壊」が起こってから「再生」が始まるので、2022年の始めは混沌とした社会情勢となるかもしれません。

転職を考えている方は、リサーチと準備をしっかりと行い、その上で時間をかける覚悟が必要となるでしょう。

五黄土星 9年運 2022

上記の図は、2022年から2031年までの五黄土星の年運を可視化した図です。

2024年から始まる20年間は「第九運」に入り、2022年と2023年は「第八運」の最終章と言えます。

社会全体の運気が大きく変わり第九運に入る頃、五黄土星の運気においても次のステージを意識し始める時期に入ります。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2022年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

運気はこれまでの「成長期」から「充実期」にはいるので、人間関係においても「広がり」よりも「充実」となります。

ただ、これまでので見せた広がりが引き寄せに向かうので「人が集まる」ことで広がりが発生するかもしれません。

 

出会い運

本来、引き寄せ力が強い五黄土星なのですが、今年(2022年)は中心的存在となるので通常よりも引き寄せ力が高まります。

出会いに関しては活動量に比例して、チャンスを得ることが出来るでしょう。

ただ、出会う人々全員が良縁に発展するとは限りません。

むしろ、今年(2022年)の出会いは「玉石混合」ですので、冴えない感じがしても大物かもしれませんが…

逆に印象としては好感が持てるが、何らかの問題を抱えている人など、さまざまです。

今年(2022年)の五黄土星は「親分っぽい人の良さ」が現れるので、依存心の強い人を引き寄せてしまうかもしれません。

 

恋愛・結婚

これまで何事も進展がスムーズだった体験を経て、充実へ向かうので「進展に鈍化」を感じるかもしれません。

結婚に関しての動きにおいても、時間が掛かるかもしれません。

進展が鈍る事に不安を抱いても仕方がないので、時間をかけて話し合いながら解決の糸口を見つけ出すと良いでしょう。

ただ、解決も大事ですが「時間が解決する」こともあるので「待つことも」解決策の一つです。

 

人間関係

現在進行形で愛を育まれているカップルやご夫婦にも停滞感が生じるかもしれません。

付き合いが長くなれば「マンネリ」が発生しても不思議ではありません。

ただ、その状況責任を一方的に相手のせいにしないように心掛けて下さい。

他責思考を発動させると、何事も解決を得ることが出来ません

物事に熱中して輝いている人になれば、自然にマンネリ感は薄れます

小手先のテクニックで得る刺激より、互いに向上し合える刺激に繋がり良い関係が築けるでしょう

 

 

五黄土星 2022年の金運

金運

結実に向き合う

今年(2022年)は「結実」が現れる年ですので、これまでの努力と活動の結果が現れます。

この事象は経済面にも派生するので、人によっては収益増加もあり得ます。

しかし、「結実」は必ず個人にとって好ましい内容であるとは限りません

見境なく拡張させた事や先延ばしにした支払いなども、何らかのカタチで「結実」として現れるでしょう。

 

早めに解決に取り組む

今年(2022年)は物事を解決する機運が巡るので積極的に「解決」に取り組まれることをお勧めします

経済に関する難しい内容においては、専門家のアドバイスを得ると良いでしょう。

今年(2022年)は「停滞」が発生しやすい年運ですので、強行突破することを選択するかもしれません。

単独で行動すると、それが仇となる可能性があるので独断専行は慎んで下さい

 

自分の分限を超えないように!

基本的に五黄土星は優れた引き寄せ力の持ち主です。

今年(2022年)は、その能力が強く現れる傾向があるので、周囲からの期待や要望も引き寄せるかもしれません。

それは決して悪いことではなく、課題を成し遂げるチャンスが現れている証です。

ただ、その際には何らかのカタチで出費が発生するかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2022年のラッキーカラー

イエロー・ベージュ・ブラウン

2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「中宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

本命星(五黄土星)の象意カラーは「イエロー」です。

 

五黄土星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大と発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 イエロー・ベージュ・ブラウン
3月・12月 レッド・パープル
4月・1月 ブラック・ホワイト
5月 イエロー・ベージュ・ブラウン
6月 ブルー・ネイビー
7月 グリーン
8月 (男性)ブルー・ネイビー
(女性)グリーン
9月 シルバー・ホワイト
10月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)

2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

五黄土星 2022年の健康運

健康運

運の勢いが強く、エネルギーに満たされている状態ですので、健康面においては良好です。

ただ、健康であることに過信する傾向が現れやすいので、自分の体と謙虚に向き合う機会を設けて健康管理をされると良いでしょう。

体重・体脂肪を毎日測定するとか、血圧が気になる方は日々のチェックを怠らないようにして下さい。

今年(2022年)は「破壊と再生の年」ですのでメンテナンスを行うことが最も効果が期待できます。

是非! 健康診断は受けるようにして下さい。

五黄土星の方は『マイペースに我が道を歩みたい』気質をもっているので、周囲の人々が活躍しやすい配慮を施すことは少々ストレスを感じるかもしれません

肉体的には元気でも気疲れによって体調を崩すかもしれません。

自分なりに最適なストレス解消法を見つけて上手に処理することを心掛けて下さい

 

スポンサーリンク

 

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 関連コンテンツ

五黄土星 2022年の運勢

2022年 壬寅 五黄土星 運勢

五黄土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

五黄土星の月運

    九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    五黄土星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 2023年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    亥年 申年 巳年 寅年
    1959年(昭和34)
    2月4日 22:43~
    1960年(昭和35)
    2月4日まで
    己亥年
    1968年(昭和43)
    2月5日 3:08~
    1969年(昭和44)
    2月3日まで
    戊申年
    1977年(昭和52)
    2月4日 7:34~
    1978年(昭和53)
    2月3日まで
    丁巳年
    1986年(昭和61)
    2月4日 12:08~
    1987年(昭和62)
    2月3日まで
    丙寅年
    1995年(平成7)
    2月4日 16:13~
    1996年(平成8)
    2月3日まで
    乙亥年
    2004年(平成16)
    2月4日 20:56~
    2005年(平成17)
    2月3日まで
    甲申年
    2013年(平成25)
    2月4日 1:14~
    2014年(平成26)
    2月3日まで
    癸巳年
    2022年
    2月4日 5:51~
    2023年
    2月3日まで
    壬寅年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ