二黒土星 2022年の運勢 基本に徹して継続と準備の年

二黒土星 2022年の運勢と吉方位
九星気学 2022年 二黒土星の運勢
継続は力なり!
人基礎を固めて
2023年の飛躍の備えて
準備の一年

二黒土星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位北西・西・南

 

六白金星が回座する北西の祐気エネルギー効果

  • 自分より上の立場の方からの援助に恵まれ、事業運アップの期待できる。
  • 生き甲斐と充実感に満たされる。

七赤金星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 副収入などによる金運アップ
  • エンターテインメント性向上が期待できる。

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 知的能力が高まり優れた判断力が得られる。
  • 的確な取捨選択能力が向上し、良いご縁と進路に恵まれる。

今年(2022年)は、「寅の方位(東北東)」と「午の方位(南)」と「戌の方位(西北西)」の三支で三合金局が形成されます。

本命星が二黒土星の方は「南」が大吉方位です。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

二黒土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

二黒土星 2022年の運勢

2022年2月日(立春)2023年2月3日(節分)までの全体運

基本的に「安定」を好むタイプの二黒土星ですが…

2019年から転換期に入り、二黒土星はこれまでの価値観を変えざるを得ない状況を体験されたと思います。

2021年を季節に例えると「冬」で、九星気学では9年サイクルで巡る最も運気が低下する一年でした。

そして、今年(2022年)は、寒い冬が明けて「春」が始まる年を迎えます。

ただ、「春」と言っても、いきなり花が咲き乱れるような春ではなく、年明け始めは未だ「雪解け」頃の春です。

とは言え、2022年の二黒土星は「暗いトンネル(坎入)」を抜けて明るさが現れます

 

原点回帰の年

二黒土星2022年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

今年(2022年)に回座する「坤宮(こんきゅう)」は二黒土星の定位置で「本命星の本座」です。

まるで、旅先から自宅に戻り「ほっ」とする安心感を得るような年を過ごすことが出来るでしょう。

2022年は、五黄土星が中宮に回座するので、全ての九星が本座に収まるので、二黒土星だけでなく各々の星が「原点回帰の年」となります。

人間から発せられる「人の気」が原点に収まる年ですので、二黒土星らしさを存分に用いて本領を発揮することが出来る年運に恵まれます。

 

基本に徹する

二黒土星の五行は「土」で、ほかに五黄土星と八白土星も「土」なのですが。

各々それぞれが担当する「土」があり、二黒土星の場合は「平らな大地」にあたり、そして「万物を育む」ことを担う星です。

あらゆる育みには「安定した継続」が大事で、それを支えるのが「基本」です。

今年(2022年)の二黒土星は、今後必ず訪れる「収穫(成果)」に向けて準備の年を迎えます。

収穫を得る為の種を蒔き、辛抱強く育むことが開運行動であり、2022年の課題です

今年(2022年)に本命星(二黒)が一年間在泊する「坤宮(こんきゅう)」は二黒象意を担う宮で、その主な象意は「大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い」です。

また、二黒象意には「身近なこと」を表すので、日々の生活習慣やお仕事などの「基本」の部分を改めて見直し、最適化を図りながら継続されると良いでしょう。

出来る範囲で「継続する」ことが重要です!

 

人々を支える「縁の下の力持ち」

今年(2022年)は二黒象意を担う「坤宮」に二黒土星が一年間在泊するので「柔軟な受け身態勢」で過ごすことが開運行動となります。

また、人の目につかないところで、身近な人のために支える、まるで「お母さん」のような役割に徹することが今年のテーマとなります。

「お母さん」のような役割は、女性だけに限ったことではなく、男性でも同じです。

 

完璧より「中庸」+「鈍感力」

二黒土星の方は「気配り上手な才能」を以っており、その能力の根源は「慈愛」から育まれています。

深い愛情を施すためには、細かなことに気が付かなければ「気配り」を成し遂げることが出来ません。

ただ、それが行き過ぎると「拘り」が生じ、それが「正義」であるかのように他者に強く勧めてしまうかもしれません。

何事も行き過ぎると「完璧主義の罠」にハマる可能性を上げてしまうので、要望に範囲内で留めることをお勧めします。

二黒土星の易の卦は「☷ 坤」そして、今年一年間在泊する坤宮も「☷ 坤」で共に「陰」に属します。

この二つの陰によって「陰極まり陽となす」陰陽転化が起こり、六白象意の「完璧主義」が表面化するかもしれません

そうなると、二黒土星の良さが失われるので「完璧」に拘り始めたら「中庸」を取り戻すように心がけて下さい。

二黒土星の方は、ストレスの原因になり得る外部情報を自分の中で貯めこまず、上手く受け流す優れた「鈍感力」の持ち主です。

ご自身の資質を活用することで適切な「中庸」を維持することが出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 2022年の月運バイオリズムグラフ

2022年 二黒土星 月運グラフ

上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

年運としては勢いが弱く労多い年ですが、月運の勢いは「強い月運」からスタートします。

 

中宮回座2月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

これまでの「あり方」が結実として良くも悪くも現るので、修正や改善を施し充実を図る月運が巡ります。

この月を境に「成長路線」から「充実路線」へ向かいます。

 

乾宮回座3月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

「完成の機運」が高まります。

昨年、一年間かけて学んだことを試すチャンスも巡るでしょう。

資格試験や昇進試験にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

兌宮回座4月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運における「収穫期」となり喜悦運が高まります。

プライベートを充実させには絶好の月ですので、身近な人間関係や家族とのレジャーや個人的な趣味も思う存分楽しめる月運に恵まれます。

 

艮宮回座5月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

月運における「転換期(5月立夏から8月立夏前日まで)」に入り、周囲に変化が起こり対応に追われるでしょう。

9か月サイクルで巡る「暗剣殺の月」となります。

変わることを好ましく思うこともあると思いますが、冷静に変化に対応することを心掛けると良いでしょう。

 

離宮回座6月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

感性が豊かに盛り上がる月運ですが…

あえて「分離の気」を上手に活かすこことで「感情」に振り回されることなく、冷静に知的活動に集中できるでしょう。

ただし!自分の実力を表に出さないほうが穏やかに過ごすことが出来るでしょう。

 

坎宮回座7月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

今年(2022年)で最も月運が低下する月です。

月運の勢いが「弱い」だけで「悪い」わけではありません。

健康第一!無理は禁物! 質の良い睡眠をしっかりとることを心掛けて下さい。

 

坤宮回座8月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種)

今年(2022年)の気が強調される月運を迎えます。

正に「種蒔きの年」に迎える「種蒔きの月」ですので、今後の成長に欠かせないヒントを得るかもしれません。

日々の小さな積み重ねの中に埋もれていか、身近な環境で現れるかもしれません。

 

震宮回座9月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽ほうが)

8月に年盤と月盤が同じ九星が回座する月(五黄中宮)に2022年の気がピークを迎えました。

そして、月が明けた9月白露からは徐々に2023年の気(飛躍の年)が生じ始めます。

2023年の「リハーサル」として計画に沿って行動すると良いでしょう。

 

巽宮回座10月寒露は月運の勢いが強いく、本命星が巽宮に回座する月を迎えます。(④開花)

先月の行動に何らかの手応えを感じるかもしれません。

疎遠だった人や遠方の人と交流するチャンスが巡る月運は、積極的に行動する事でチャンスを獲得する開運行動です。

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 2022年の仕事運

仕事運 転職運

今年(2022年)の二黒土星は高運期に入り口に入り、昨年のような「不安感」が消え去り、本来のもっている「勤勉さ」が自分らしく発揮できる年運に恵まれます。

ただ、「準備と育み」を象徴する「坤宮」に一年間、本命星が在泊するので年運としては華々しい飛躍に直結するような年運ではありません。

しかし、昨年のような「目に見えない基盤」を構築する年ではありません。

具体的に「目に見える基盤」を構築する年ですので悶々とすることもなく取り組むことが出来るので精神的にはラクだと思います。

仕事の依頼は、小さい仕事や雑務が多く、大きな利益は期待できないかもしれません。

そのような状況だからこそ「基礎的な部分」に取り組むことが出来ます。

今年(2022年)の「基礎創り」は、遠回りに見えても2023年に迎える「飛躍の年」、そして2024年に迎える「盛運の年」に大きな貢献をもたらします

仕事は依頼された範囲で、要望どおりの内容を提供することを心掛けて下さい。

先回りして、必要以上のサービスや忖度は控えた方が良いでしょう。

今年(2022年)は二黒土星が一年間在泊する「坤宮」の「申方位」に歳破が付きます。

この「歳破」は「物事が壊れる」ことを表すのですが、四六時中「破壊」が起こるわけではありません。

また、『壊れた』ことで諦める必要もありません。

何らかの工夫を施しでながら前に進めば良いのです。

なので、「先回り」するよりも「壊れる原因」をしっかり把握し、改善を施す方が良い結果に繋がるでしょう。

 

 

二黒土星 2022年の転職運

今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

壬

その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

社会的トレンドとしては、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要があるかもしれません。

ただ、基本的に二黒土星の方は「トレンド」に乗って、渡り歩くことはあまり好まないタイプです。

さらに!今年(2022年)の年運としては「継続は力なり」の年です。

今後も安定収入を得る見込みがあるのなら「生活の基盤固め」と捉えれ歩むと良いでしょう。

ただ、心身ともにダメージが強く、心身ともに何らかの支障をきたす可能性があるのなら考えるべきでしょう

人生を生きるために最も大切な基本は「心と体」です

二黒土星 2022年からの9年運

上記の図は、2022年から2031年までの九紫火星の年運を可視化した図です。

来年(2023年)は「震宮(しんきゅう)」に本命星が一年間在泊、そして翌年は「巽宮(そんきゅう)」に回座します。

この二年間は、その年の十二支に付く「太歳」により、光が当たる非常に明るい2年間です。

さらに!「成長期」の真っ只中ですので、2022年の「準備の年」は今後の飛躍に大きな基盤を創る大切な一年です。

二黒土星の9年間の年運は、こちら二黒土星 2022年から9年間の運気!運の波に乗る開運法」をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 2022年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

出会い運

今年(2022年)の二黒土星は全てにおいて「基盤を固める準備の年」を迎えます。

未来に対しても『堅実的に準備したい』気持ちが高まるので、具体的な「結婚観」が明確になるでしょう。

その意識を通して求める「出会い」ですので、高望みすることなく現実的に「婚活」に取り組むことが出来るでしょう。

「互いに支え合って安定した生活を築く」ことを目的にしたパートナー選びが出来るでしょう。

年運としては、粘り強く取り組むことがポイントとなり、少々時間が掛かるかもしれません。

しかし、2023年には努力が芽吹く年運が巡り、2024年に「万事調う」結婚に最も適した年運が巡るので時間は十分にあります

現代では、SNSでの出会いやマッチングアプリの出会いでも恥じるような風潮は全くなく活動しやすい環境です。

今年(2022年)は遠くの人よりも「身近な方」の方が手応えを得られるでしょう

「身近」とは、物理的距離だけでなく「心の距離」即ち「親近感」も含まれます。

出会い目的や趣味など「共感出来る方」と出会う環境で活動されることをお勧めします。

 

結婚運

現在、交際中の方は今年(2022年)のゴールインあり!でしょう。

お互いの家族への紹介が、まだ済んでいない状態なら「お相手のお母さん」と良好な関係を築けるような気配りを心掛けて下さい

しかし「結婚生活は~~であるべき」とか、「私はこんなに尽くしてる」といった一方的な価値観をパートナーに押し付けると関係がギクシャクするので気を付けて下さい。

 

人間関係

二黒土星の方は、とても優しく世話好きで、身内や親しい友人に対しては本当によく尽くす「慈愛の塊」のような人です。

さらに!今年(2022年)は「慈愛精神」がより強くなる傾向があるようです。

それは決して悪いことではないのですが…

行き過ぎると、相手が望んでいないことを「やりたくて」やってしまう傾向が現れるかもしれません。

今年(2022年)は「望まれたこと以上のことはしない」ことを心掛ける方が良いでしょう。

自分が思う「良かれ」を相手がくみ取って共感してくれるとは限りません

あらゆる人間関係において、他者から傷つけられることがあれば、逆に自分が傷つけることもあるかもしれません。

その傷つける原因が自分にあるのなら素直に謝ることを心掛けて下さい。

「強情・頑固」を起こすと運気を損ね、良好な人間関係が得られなくなります。

今年(2022年)は「種蒔きの年」、悪い種は蒔かないことが得策です!

 

 

二黒土星 2022年の金運

金運

年運における「冬」が明け、今年(2022年)から高運期の入り口となる年運を迎えます。

ただ、これから収穫に繋がる「種を蒔く」ので、それが即「収入」に繋がることは期待できません。

むしろ、今後の可能性に向けて「種を蒔く=投じる」ことが発生するかもしれません。

金銭感覚においては基本的には堅実的なので、日々の暮らしに身の丈を超えた消費をする事はないのですが…

「育み」を担う二黒土星が「育み」を象徴する「坤宮」に一年間在泊するので、「育み」を深追いすると大金を投じてしまうかもしれません。

しかし『これだけ投じたから、ここで止めるわけにはいかない』といった気持ちが現れると、「負けたくない」「損したくない」といった目的に変わり、価値を見出すための投資ではなくなります

育みに必要な資金においては「持続可能」が大事です。

 

二黒土星 2022年のラッキーカラー

イエロー・ベージュ・ブラウン

2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「坤宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

坤宮は二黒土星の本座ですので、本命星らしさを用いるには良いタイミングです。

 

二黒土星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
3月・12月 ブルー・ネイビー
4月・1月 グリーン
5月 イエロー・ベージュ・ブラウン
6月 シルバー・ホワイト
7月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
8月 イエロー・ベージュ・ブラウン
9月 レッド・パープル
10月 ブラック・ホワイト

2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

 

二黒土星 2022年の健康運

健康運

今年(2022年)は「継続」したことで「基礎」なるので、悪習慣は改めることを試みて下さい。

何事も「定着」する機運に恵まれているので、生活習慣を見直しや身体を動かす習慣を取り入れるだけで健康な身体を手に入れることが出来ます

今年(2022年)の二黒土星は、気配りし過ぎて気疲れが生じるかもしれません

また、自分なりのやり方が通用しない場面では妥協することも多くなります。

それがきっかけとなって、過度なストレスを抱えると…

「ストレスホルモン」と言われるコルチゾールが過剰に分泌され身体や精神上の健康に問題を引き起こします。

その影響が胃腸系へ負担が掛かりのトラブルを抱えるかもしれません

今年(2022年)の二黒土星が一年間在泊する「坤宮」が担う二黒象意には「古い問題」があり、過去に抱えていた病気の再発の可能性もあるかもしれません。

二黒土星の「マメさ」を活かして、まめに検査を受診して、日々のケアを心掛けて下さい。

 

スポンサーリンク

 

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

二黒土星 2022年の運勢 基本に徹して継続と準備の年

2022年 壬寅 二黒土星 運勢

二黒土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

二黒土星の月運

九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

二黒土星の性格と生涯運

二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

 

二黒土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

二黒土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

二黒土星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

寅年 亥年 申年 巳年
1962年(昭和37)
2月4日 16:18~
1963年(昭和38)
2月3日
壬寅年
1971年(昭和46)
2月4日 20:26~
1972年(昭和47)
2月3日
辛亥年
1980年(昭和55)
2月5日 1:10~
1981年(昭和56)
2月3日
庚申年
1989年(平成元)
2月4日 5:27~
1990年(平成2)
2月3日
己巳年
1998年(平成10)
2月4日 9:57~
1999年(平成11)
2月3日
戊寅年
2007年(平成19)
2月4日 14:18~
2008年(平成20)
2月3日
丁亥年
2016年(平成28)
2月4日 18:46~
2017年(平成29)
2月3日
丙申年
2025年2月3日
23:11~
2026年2月3日
乙巳年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ