苦しい時の神頼み ~努力前提~

出張や転勤、または家族全員で吉方位が取れない!
そんな引越しは、普通にあります。

吉方位じゃないからと言って転勤を断ることもできない。

ちょっと、困った引越しは必ず誰にでも起こります。

 

今からお話しすることは、私の体験談です。
あくまでも体験談ですから、必ず!絶対!正しいわけではありません。

しかし、効力はあります!

引越し 方位に困った!

私は、以前どうしても吉方位ではない方位へ引っ越さなければならない事態になりました。
年盤では、「木剋金」程度なのですがやはり、効力が長~いのであまり、良い気はしません。

どうしようか…悩んでいたとき…

ふとっ!子どものころ親しくしていた占い師のおばさんから聞いた話を思い出したのです。

それは、大阪の堺にある「方違神社」の事です。

方違神社とは

古くより方災除の神として知られ、普請、転宅、旅行等の場合には当社の御神礼、御砂及び粽を受け、方除祈祷のお祓いを望む人が多い。
また、吾々が居住している家においても、家相上理想的な建築は容易ではなく、吾々が知らず知らずの間に、又知りながらも方位を犯して新築、改造、転宅、旅行等を行う時、古来唯一の方除けの守護神として、方位、地相、家相、日柄、厄年等に由来するすべての災難を取り除かせられ、幸をもたらすというその御神徳は、広く厚く尊崇せられている。

http://www.hochigai-jinja.or.jp/gosintoku.html より 引用

 

 
もう、こうなったら「苦しい時の神頼み」だ!!

『ご祈祷して頂こう!』っと、思いついたのです!

ご祈祷の詳しい内容は、方災除の社「方違神社」のサイトをご覧ください。

ご祈祷をしていただき、お札を部屋に貼りました。

「そんなのただのまじないだ!」とか、色々仰る方はいらっしゃいますが…

苦難を覚悟し、何事にも粘り強く努力する者には、必ずご褒美があります。

逆に、自分勝手な行動や方位が悪いと言うだけで自分もわがままを押し通す方が運に恵まれません。

私は、身をもって体験し、チャンスにも恵まれました。
確かに、吉方位へ引越しをしていればもっと良い結果に恵まれたかもしれません。

しかし、この結果は、何か深い意味があるのだろうと感じています。

このブログをご覧の皆さん!
どうしても、吉方位ではない方位への引越しをしなければならない時
不思議なパワーをお借りしてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ