九星気学 運気の活用法「五年辛抱して五年で伸びよ」

「五年辛抱して五年で伸びよ」
九星気学 開運法の基本中の基本

「良い年回り」とか「悪い年回り」とか、そのような話を聞いたり、雑誌等で見たりします。

しかし、運を「良い」「悪い」で表現されると…何だか不安を煽り、脅されている気分にもなり『胡散臭い』と、感じる方も多いと思います。

そこで、その不安を解消し、九星気学で運気を知り活用する方法をご紹介します。

九星気学の運気とは

人が誕生した時点では「中宮(ちゅうぐう)」という宮に居ます。(下記の図参照)
本命星 廻座年盤は、その年の中宮に入る星が「本命星」
月盤は、そのの中宮に入る星が「月命星」と、なります。

そして、上記の図のように①から⑨の順番で各宮を巡ります。
年盤なら一年ごと、月盤なら月毎(節入り)に移り変わります。

星が各宮を巡ることで運気が変わります。
まるで「春夏秋冬」のように季節が変わるように…人の運気も変わります。

「冬が悪くて、春が良い」ということはありません。
なので、どの宮に星が入っても「悪い」ことはないのです。

ただ、各宮それぞれに象意がありエネルギーもあります。

そのエネルギーは、「陽」と「陰」があり「陽と陰」に良いも悪いもありません。
磁石の「N極とS極」、「表と裏」、「光と影」のように単に「二元性」であります。

下記の図(本命星が回座する宮と運気図)では、「運気上昇=陽エネルギー」「運気下降=陰エネルギー」で表しています。

説明が長くなりましたが…

「悪い年回り」といわれて『今年は悪い』を思考にインプットしない事が大事なのです。

ネガティブな思考はネガティブな結果しか生み出しません。

要するに、「運=エネルギー」ですから、どのように使うかが大事なのです!

本命星が回座する宮と運気図

九星気学 9年周期の10年運図のように運気が5年間上昇し、5年間で下降していきます。

しかし、1年目の低調(坎宮の年)からその後10年後に向かえる低調な年(坎宮の年)は、更なるステップへ向かう為の基礎を固める年です。

10年前とは違う、ワンオクターブ上からの始まり!

要するに運気は上がったり下がったりを繰り返しながら、トータル的には上へ上へ向かいます。

スポンサーリンク

気学を活用!人生設計は10年計画

新しい事を始める為には、まず学びますよね。
そして、行動に移します。
計画をスムーズに達成させるためには、運気に逆らってはスムーズには進みません。
そんな事は誰もが承知しているのですが、現実は上手く出来ない事が多いのです。

例えば、仕事(事業)が順調に運営が出来ている時期は、「このままずっと順調だ!」っと思いがちです。

基本的に本命星が坤宮に入り、震宮、そして巽宮に向かう「3年間は成長期」ですから、そう感じても仕方ありません。

更に本命星が、中宮や乾宮に入る頃は最盛運期を迎えます。
しかし、本命星が乾宮の後期から兌宮に入る頃は運気はすでに下降状態です。

9年サイクルで巡る運気の中で、様々な吉神や凶神が巡ることで同じ宮で出会うことになります。
なので、細かい状態を省いた大まかな運気の流れとしては「本命星が回座する宮と運気図」のようになります。

運気下降慌てる

そして、何らかのトラブルや変化が現れた時『ヤバい!』と、気づきます。

例えば、仕事上で何らかの問題が起こり、減給や業績悪化などの変化が起こったとします。

この場合、殆どの人が手っ取り早く「収入を増やす」事を考えます。

準備も計画もないままの状態で、慌てて収入が増える何かを始めようとするでしょう。
それが、人によっては思いつきだったり、一か八かの博打的な手段だったり…

いずれにしても、思い付きでポッと始めたことが上手くいくことは殆どありません

賽の河原

そんな事を繰り返していては、人生が「賽の河原」のまま終わってしまします。

スポンサーリンク

坎宮(低迷期)は、チャンスの元

では、どうすれば運気の波に乗れるのでしょうか?

良いパターンとしては、坎宮に廻座した時期にしっかり学び探求し基礎を固めるのです。

例えば、これから家を建てるとします。

しっかりとした大地に基礎を固め、地中にある硬い岩盤に杭を打ち立てた家は、ちょっとやそっとの地震では崩れませんよね。

完成までの道のりとしては長くなりますが、しっかりとした基礎を作ることが幸せへの早道なのです。
まさに「急がば回れ」なのです。

調査もせず、基礎も固めない状態で家を立てると、その家は「砂上の楼閣」となり最終的にはどうなるかは…
ご想像通りの最悪の結果になります

 

スポンサーリンク

 

「坎宮」は、始まり(一年目)であり、終わり(十年後)なのです。

一般的には、「低迷」とか「凶」とか言われますが、とても大切な基礎作りの時期なのです。

努力に対する結果が表れない時期なので「低迷」とか言われるのでしょう。
そのため、メンタル的には辛く、もう投げ出したくなる!

そんな時期なのですが、この時期をしっかり押さえておけば、まずは5年後のハッピーは約束されています!

ウサギと亀

ウサギとカメの「亀」のように着実に歩みましょう!

 

 

九星気学 9年周期の運勢

各九星の年運を「9年間まとめて」ザックリ紹介しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ