開運の秘訣「1(運の元)=言葉の力(言霊)」×「祐気取り・方位取り」でレバレッジ効果

レバレッジとは

簡単に言うと「テコ(レバー:lever)の原理」のことです。

開運行動

スポンサーリンク

「言葉の力」で幸運(成功)脳づくり

方位取り・祐気取りの吉方効果の元は幸運(成功)脳づくりから始まる】の記事でお話ししましたが、幸運(成功)脳づくりは「言葉の力」で出来ます。

難しい哲学書を読んだり、高額なセミナーで話を聞かなくても簡単にできるのです。

日頃使っている「言葉」を変えるだけなのです。

例えば、「もう40歳」ではなく「まだ40歳」のように前向きな表現を言葉にすることです。

否定的な言葉は、NGです。

愚痴を言う癖がある人は、「私は、愚痴を言わない」ではなく「私は前向きなことを言う」と宣言するのです。

「愚痴を言わない」と宣言することは、現在は、「愚痴ばかり言う後ろ向きな人間」であることをイメージしてしまいます。
マイナスな発想からプラスは生まれません。

「私は前向きなことを言う」と宣言すると、「人々と前向きな会話で盛り上がっている」シーンが思い浮かびます。

全てにおいて、「成功」している自分をイメージし、前向きな言葉を発するのです。

 

自分自身が発した言葉が自分の「脳」をつくるのです。

 

開運の秘訣は、開運の元「1」をしっかりつくる事なのです。

否定的な言葉やイメージを自分に植え付けると、開運の元は「-1」になりますからそれにレバレッジすると…恐ろしい事になりますよね。

スポンサーリンク

運の元は、「1」でOK

運の元「幸運(成功)脳」は、たった「1」でいいのです。

「1」さえあれば、開運行動祐気取り(お水取りなど)・方位取り(引越し)がレバレッジを効かせてくれるのです。

まずは、開運の元「1」を作りましょう!

特に、七赤金星の象意を人体の部位で言うと「口」です。

発した言葉の力(言霊)の影響を強く受けるので、周りに「プラスの気」が広がるような言葉は発しましょう!

欲を言えば、プラス思考発言が「口ぐせ」になれば最高です!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ