三碧木星 2017年 上半期から下半期の運勢バイオリズムと運気

三碧木星 運勢2017年の三碧木星を大まかに ”上半期” と ”下半期” に分けて、運勢と運気の流れを月運毎に紹介します。

2017年 三碧木星 上半期
2017年2月4日から8月6日まで

運勢と運気の流れ

2017 三碧木星 上半期上記の図では、運の勢いが強まると「上昇」、弱くなると「下降」で表しています。(運勢)
月破暗剣殺のような凶神、天道(吉神)が巡る月をお天気マークで表しています。(運気)

三碧木星 2月の月運と運気

2月4日から3月4日まで
147y02b09-ri2017年の三碧木星は、「兌宮(だきゅう)」と言う西の宮に一年間(2017年2月4日~2018年2月3日まで)入っています。

運の勢いとしては、昨年よりも衰えが現れますが、喜悦を司る「兌宮」の象意を強く受ける為、楽しく穏やかな運気に恵まれます。

そんな一年が始まる月です。

2月の三碧木星は、月盤の南にある「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

感受性が豊かになる為、勘が冴えますが…
その反面、感情の起伏が激しくなりやすいので、何事も感情的に判断することは避けましょう。

まずは、”大きな勝負を挑む一年ではない” 事をしっかり心得るようにすると良いでしょう。

2016年の運気からの影響も残っている時期です。
謙虚な姿勢と気持ち意識的に行うことで ”良い年のスタート” を切ることができます!

三碧木星 3月の月運と運気

3月5日から4月3日まで

147y03b01-kan3月の三碧木星は、月盤の北にある「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、最も低調な月です。
モチベーションがアップしない…体調が優れない…物事の停滞感も感じやすい月運です。

しかし、運気が悪い状態ではありません。
集中力がアップし、落ち着きも表れます。

集中力が必要な事や学びに適した運気です。
恋愛においても、じっくり愛を深める時期です。

三碧木星 4月の月運と運気

4月4日から5月4日まで
147y04b02-kon4月の三碧木星は、月盤の南西にある「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いが現れ始めます。
運気においても、プライベートの充実感を得られやすい月運です。

慈しむ気持ちが高まりやすい運気ですから、家族との絆を強めるチャンスに恵まれます。
この運気は恋愛においても影響を与えますから、共通の趣味を通じて出会いのチャンスに恵まれるでしょう。

 

スポンサーリンク

三碧木星 5月の月運と運気

5月5日から6月4日まで
147y05b03-sin5月の三碧木星は、月盤の東にある「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、益々強さが現れます。
運気としても気力に満たされます。

今年(2017年)の三碧木星は悦び事に恵まれ、レジャーや娯楽の中にチャンスがあります。
それを一人で楽しんではもったいないし、人生の広がりが閉ざされます。

5月の行楽シーズンは、家族サービスや仲間を募ってアウトドアに出かけると良いでしょう。

計画力と発想力に恵まれている運気です。
何事も軽はずみな行動を慎み、丁寧に物事を処理することで良い結果に繋がります。

 

三碧木星 6月の月運と運気

6月5日から7月6日まで
147y06b04-son6月の三碧木星は、月盤の南東にある「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いが強く、物事を具体的に結果へ繋げる運気です。
ただ、三碧木星が巽宮(南東)に入る時期は、必ず暗剣殺になります。

その為、突発的な事や思いがけない事が起こりやすい月運となります。

特に!連絡事故や行き違いに注意です。
6月に入ってから注意するのではなく、この時期(暗剣殺の月)が訪れる事は事前に分かっている事です。
先月もしくは先々月から何らかの対策をしておくと、非常に有益な一年(2017年)になるはずです。

2月~12月までの間、目だった凶神が巡る月は、この6月だけなのです。

 

三碧木星 7月の月運と運気

7月7日から8月6日まで
147y07b05-tyu7月の三碧木星は、月盤の中央にある「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは非常に強く、むしろ強すぎるくらいです。
その為、何事も力強く推し進めたい気持ちになりやすい運気です。

しかし、吉策としては、”物事を強く推し進めたい!” 思いとは逆なのです。

周囲の動きを良~く観察し、静観姿勢がとても大切な時期なのです。

スポンサーリンク

2017年 三碧木星 下半期
2017年8月7日から2018年2月3日まで

運勢と運気の流れ

2017 二黒土星 下半期4月・5月の好機から再び8月・9月に好機到来!です。

三碧木星 8月の月運と運気

8月7日から9月6日まで
147y08b

06-ken8月の三碧木星は、月盤の北西にある「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、最も強い月です。
運気においても援助運好調で、目上の方や上司、またはご両親から的確なアドバイスが得られる運気です。

仕事が非常に忙しくなる時期ですから、チームワークを大切にして業務に取り組むと良いでしょう。
また、リーダーシップも上手に発揮できるチャンスにも恵まれるでしょう。

三碧木星 9月の月運と運気

9月7日から10月7日まで
147y09b

07-da9月の三碧木星は、月盤の西にある「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

月運としての運の勢いは衰え始める時期です。
しかし、人間関係が好調な運気です。
恋愛や交渉事などに対し説得力が発揮できるチャンスに恵まれるでしょう。

ただ、その反面、アピールが大げさだったり…物事に対し反応が大げさになりやす傾向があるようです。
”大山鳴動して鼠一匹” にならないように…

 

三碧木星 10月の月運と運気

10月8日から11月6日まで
147y10b08-gon10月の三碧木星は、月盤の北東にある「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いに衰えが現れます。
運の勢いは、”強まれば衰え”、”衰えると強まる” を繰り返してバランスを取ります。
運気においては、変化が多くなる運気です。
また、自身の心情にも変化が現れたり、方針に迷いが生じやすい傾向が表れやすいでしょう。

周囲の状況や動きを臨機応変に対処する必要が現れるでしょう。
その為の変化を受け入れることで、さらなるステージへ導かれますが…
利己的な変化や変革は、本末転倒になるかもしれません。

初心に戻って計画を見つめ直してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

三碧木星 11月の月運と運気

11月7日から12月6日まで
147y11b09-ri11月の三碧木星は、月盤の南にある「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、更に衰えますが…頭脳が冴える時期です。
運気としては、悪い運気ではないのですが過去の積み重ねが原因となって結果が表面化しやすい運気です。

何事にも ”ギリギリ行動” で日々過ごしている方は、少し時間に余裕を持つように心がけましょう。
外出時の事故や忘れ物を防ぐ為にも事前の根回しをしっかり行うことが良い結果に繋がります。

 

 

三碧木星 12月の月運と運気

12月7日から2018年1月4日まで
147y12b01-kan12月の三碧木星は、月盤の北にある「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いが最も低調な時期となります。
しかし、暗く落ち込むほどの運気ではなく、小さな失敗も的確に理解し、その経験を今後に活かすヒントに恵まれる運気です。

同僚や部下などの周囲からの協力が得られ、物事は比較的順調に進みやすいでしょう。
協力者の方々には、心から感謝の気持ちをしっかり伝えるように心がけましょう。

契約書や重要書類の扱いには注意し、慎重に行いましょう。

 

三碧木星 2018年1月の月運と運気

2018年1月5日から2月3日まで
147y01b02-kon1月の三碧木星は、月盤の南西にある「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

九星気学では、年運が切り替わる時期が「立春」です。
その為、2018年1月は、まだ2017年の年運です。
従って、2018年1月は、2017年を締め括る月であります。

運の勢いに力強さがゆっくりと表れ始めます。
ただ、運気としては突発的な予定変更や約束事の変更や延期などが起こりやすい運気です。
大切な事柄の決定は避けた方が良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ