九紫火星 2017年7月の運勢 気立ての良さで運気アップ!

九紫火星 2017年7月の運勢
育みの月
2017年7月7日
(小暑)~8月6日まで
【月盤】本命星:坤宮(南西)。
グレーは、凶方位

年盤の吉方位は、西・北東
月盤の吉方位は、南東・北・北西
年盤・月盤共に吉方は、なし

上記の方位は月命星を考慮していません。
詳細は、吉方カレンダーをご覧ください。

2017年の年盤

2017年の年運については、「2017年 九紫火星の運勢」をご覧ください。

スポンサーリンク

九紫火星 2017年7月の運勢 ~全体運~

先月(6月)は、体調がイマイチだったり、人間関係においても調子がイマイチだったり…
何事においても調子やノリが悪い状態でした。

そもそも、九紫火星の定位置は南にある「離宮(りきゅう)」という宮です。

しかし、先月(6月)は北にある「坎宮(かんきゅう」」という宮にはりますから、「水と火」の関係となり、九紫火星のパワーは著しくダウンします。

九紫火星は、坎宮に入ることでダメージを受けやすい星であります。

また、先月(6月)においては、月破が付きますから、厳しかったかもしれません。

しかし、今年(2017年)の九紫火星は「巽宮(そんきゅう)」に入っています。
この一年間は福運に恵まれていますから、基本的なベースとなる運(年運)がついています。

従順(柔順)に過ごして!さらに運気アップ!!

そして、今月(7月)は、運の勢いがアップし始める月です。
7月・8月・9月の三ヶ月間は順調で安定的に運気はアップします。

三ヶ月間の好機の始まり、そうそうから仕事や雑用など忙しく、人が集まる事柄にもご縁があり、チャンスにも恵まれます。

その様な時期ですから、大切な事は「対立」を起こさない事です。

今月(7月)の九紫火星は、何事においても粘りや集中力もアップする運気に恵まれています。
その粘り強さを自分に向ける(自分に厳しくなる)ことは自己の能力アップを促しますが、他者に向けると「対立」が生じる可能性があります。

今月(7月)の19日からは土用に入り立秋で土用が明けます。
この2週間は、特に!自分の拘りに固執しないように心掛けましょう。

気立ての良さと比例して運気が上がります。

この時期さえ問題なく過ごすことで、この後の運気はグンっとアップします。
そして、今年(2017年)で最高の好機となる9月を迎えます。

スポンサーリンク

九紫火星 7月の仕事運

九星占い 仕事運

今月(7月)は、育み事に恵まれる運気です。
何事も結果を得ようとするのなら「結果の種子」を撒かなければなりません。
そして、お世話する(育み)ことで結果に繋がります。

今月(7月)は育みの月ですから、部下の育成や同僚との関係を良好な状態で育てる必要があります。

ただ、これが正しいから「こうするべきだ!」などのように自分の価値観を相手に押し付けると関係が悪化します。

とくに!職場の人間関係は大切です。
後々の仕事運にも関わります。

今月(7月)は、相手の話しをしっかり聞いてあげる事で物事がうまい具合に運びます。

九紫火星 7月の恋愛運

九星占い 恋愛運

今年(2017年)の一年運が好調で、物事を具体化させる事柄に恵まれています。
その様な年運に恵まれ、月運においても運気が上昇中ですから、恋愛運もチャンスに恵まれます。

新しい出会いを求めている方は、この三ヶ月(7月~9月)はしっかり活動しましょう!
今月(7月)は、人々が集うよな場所にご縁がありそうです。

飲み会やパーティーなどは進んで参加すると良いでしょう!
また、友人からの紹介にもチャンスありです!

九紫火星 7月の金運

九星占い 金運

少々、交際費などで出費もありそうです。
しかし、折角の好機が始まる月ですから「実のある」お金の使い方をしたものです。

元々、お金の使い方においては、少々荒い傾向がある九紫火星ですが、目的意識がしっかりしている事柄においてはケチケチする必要はないでしょう。

ただし、見栄を張ったり大風呂敷を広げるような事はしないように気を付けましょう。

九紫火星 7月の健康運

九星占い 健康運

仕事や雑用など多忙な日々となるでしょう。
その結果、オーバーワークに陥りやすいかもしれません。

また、7月は寝苦しい日もございます。
質の高い睡眠が得られにくシーズンです。

なるべく、疲れをためないように心掛けましょう。
夜の照明は明るさを落とす、就寝前のスマホは控えるなどの工夫をすると良いでしょう。

7月からは運気のパワーがアップしますから、その運気をしっかり活用できる肉体づくりも心がけましょう!

スポンサーリンク

九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

九紫火星 月の運勢

九紫火星 2018年 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

未年 辰年 丑年 戌年
1955年(昭和30)
2月4日 23:18~
1956年(昭和31)
2月4日まで
乙未年
1964年(昭和39)
2月5日 4:05~
1965年(昭和40)
2月3日まで
甲辰年
1973年(昭和48)
2月4日 8:04~
1974年(昭和49)
2月3日まで
癸丑年
1982年(昭和57)
2月4日 12:46~
1983年(昭和58)
2月3日まで
壬戌年
1991年(平成3)
2月4日 17:08~
1992年(平成4)
2月3日まで
辛未年
2000年(平成12)
2月4日 21:41~
2001年(平成13)
2月3日まで
庚辰年
2009年(平成21)
2月4日 1:50~
2010年(平成22)
2月3日まで
己丑年
2018年(平成30)
2月4日 6:29~
2019年(平成31)
2月3日まで
戊戌年

この記事は、生まれ月別で作成しています。

九紫火星 2019年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ