七赤金星 5月の吉方位旅行・引っ越しは東と西が最強!効果倍増

七赤金星 2019年の吉方位は「東・西」

行きも帰りも吉方位!
超大開運月となる「5月」
期待できる吉方位 効果と吉象意
さらに効果の高い生まれ月の方を解説します!

2019年の年盤七赤金星2019年 歳破 巽宮2019年の吉方:西・東

年盤・月盤共にの吉方位
そして同じ八白中宮
「移転・引越し・海外旅行」
長期滞在・長距離を移動が大吉!

七赤金星 2019年5月の吉方位
5月5日
(立夏)~6月5日まで
七赤金星 5月 運勢と吉方位【月盤】本命星:巽宮(南東)
グレーは、凶方位
年盤・月盤共に吉方:東・西
(移転・引越し吉方位)

本命・月命星共に吉方となる最大吉方を日盤でしっかり把握したい方は下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)5月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

2019年 東の吉象意

東を本座とする星は「三碧木星」ですから、三碧木星を象徴する物や自然現象が「三碧象意=東の象意」であります。

今年(2019年)一年は、東(震宮)に六白金星が入ります。

なので、東(三碧)に関する象意と六白金星が担う象意が混ざった状態なのです。

東の吉方を取ることで「三碧象意+六白象意」の祐気(良い気)を受け取ることが出来ます。(祐気取り)

 

吉方位 東 効果

東の吉方による吉象意

  • 新たなチャレンジを試みる
    東は日が昇る方位ですから、眠りから目覚め、活動を促されます。
  • 自発性が芽生えれる。
    東は「春の芽吹き」を象徴する方位です。
    大地に蒔いた種が芽吹くように「心」で決意したことを実質的な行動に移すことで「発展の芽吹き」に恵まれます。
  • 覚醒と成長。
    自分も持っている能力に気づく、チャンスに恵まれます。
  • 積極性が促される。
    三碧木星の本座(居場所)となる宮は「震宮(しんきゅう)」です。
    「震」による波動で全てに影響を及ぼすので好奇心が発動されます。
    従って、陽気なり積極的な活発を起こす気力がわいてきます。

 

東の六白金星による吉象意

六白金星の主な吉象意は「満たされた完成」

六白金星を自然界で例えると「秋の収穫」の時期であり、「成果」そのものを担う星です。

なので、5月の東には「三碧象意の発展+六白象意の成果」の祐気(良い気)で満たされています。

象意の一例

  • 才能開花による成果
    自分の能力に気づき、何事も積極的にチャレンジするとこで成果に恵まれます。
  • 社会的ステータスの向上
    自分より高い能力を持った方からの援助に恵まれる。
    自分の才能や能力が認められることで、活躍の場や資金的な援助(融資)が得られるかもしれません。
    将来的に独立・起業を視野に入れて活動されている方にお勧めです。
    既に起業されている方は、新たな事業プランが見つかるかもしれません。

 

スポンサーリンク

2019年 西の吉象意

今年(2019年)の西(兌宮)には、一白水星が入ります。

なので、西に関する象意(現象)に一白水星がが担う象意(現象)が程よいバランスで混ざった「祐気」を受け取ることが期待できます。

吉方位 効果 西

西の吉方による吉象意

西は「兌宮(だきゅう)」と言われ、「兌(だ)」の訓読みは「よろこぶ」です。

なので、西は楽しみや悦びを担当します。

七赤金星の場合、本命星(七赤金星)が、年盤や月盤の中央(遁甲版の中宮)に入ると「西」暗剣殺が付きます。

そもそも、七赤金星にとって「西」は本座(自分の家)ですから、大切な場所でもあります。

七赤金星が本座(西の兌宮)から離れ中央の「中宮(ちゅうぐう)」に入る。

自宅が留守中となる。(イメージ)

あくまでも例えなのですが…

留守中自宅に何やら怪しい暗剣殺が侵入している…ような状態です。

詳細は、「九星気学 本命星が中宮に入る年の運勢とは」の記事 こちら をご覧ください。

七赤金星の本座となる「西」から得られる「祐気」は七赤金星にとってパワーの源でもあります。

常日頃から自宅の西はキレイにしておきましょう!

そして、西の吉方位が取れるタイミングには、積極的に祐気を取りにいって運気を上げましょう!

 

西の吉象意(祐気)による影響

  • 食欲増進
    兌宮(西)が担当する身体的部位は、口・舌・歯・咽頭・肺・胸部・陰部です。
    なので、「口」に関わることで悦びが得られるので「食」の楽しみが増すことで食欲が旺盛になるでしょう。
  • 楽しい日々
    「口」は食べる事だけでなく「話す」為にも使います。
    話力が促され、日々のコミュニケーションに役立ちます。
    また、「悦び」はその人の「娯楽や趣味」を表しますから、プライベートが充実するでしょう。
    興味がわき、楽しむ事ができる。毎日の生活の中で楽しみを見つける事が出来る。
    穏やかな気持ちになる
    今迄なら癪にさわったり、腹が立つようなことも、穏やかに事を荒立てずに対処できるようになる。
  • 不足
    兌宮(西)には「不足」という象意があります。
    西の吉方を取るわけですから、「不足」に陥るのではありません。
    むしろその逆で、これまで感じていた「不足」を解決させる出口戦略が見つかるかもしれません。
    お金の不足、満たされない気持ち、不平不満解消や改善が期待できる。
  • 人間関係の喜び
    「楽しみ」を通じて人間関係に恵まれます。
    積極的にコミュニティに参加して、楽しい会話が弾み、仲間が増えるでしょう。
    その仲間の中から恋人も見つかるかも!
    「恋愛を楽しみたい」方にとってはお勧めの吉方位です。

 

西の一白水星による吉象意

一白水星の主な吉象意は「始まり・基盤創り」

西の吉象意をベースにして一白水星の吉象意が加わります。

  • 乱れた食生活の改善
    西の吉象意で「食欲増進」と述べましたが、一白象意が加わることで常日頃から暴飲暴食をされている方の悪い習慣を止める事を促します。
    従って、単純に食欲が旺盛になるだけでなく、自分の食欲と向き合い、さらに「医食同源」に取り組むようになる思考回廊が芽生えるでしょう。
  • 心のこもった会話
    兌宮から促される「言葉」は非常に説得力があります。
    行き過ぎると、詐欺師っぽいほどの話術となるかもしれませんが…
    その話術に親しみやすさ、親密さが加わりますから、非常に心のこもった会話を心掛けるようになります。
    長期時間や親密なご縁が必要になる交渉が発生した際に活用できる能力を身に着ける思考が働くでしょう。
  • 不足
    不足に対する対策において思慮深く考え取り組みようになります。
    従って、根本的な解決や「不足」すら抱かない懐の深い心が養われるでしょう。
  • 人間関係の喜び
    西(七赤)に一白水星が巡る吉象意ですから「水性」の強い吉象意に恵まれます。
    人間関係においては「深さ」が現れ、長く続くようなご縁に恵まれるでしょう。
    夫婦縁・子縁に恵まれます。

 

スポンサーリンク

 

東と西はコミュニケーション能力に大きな影響を与える方位

東は主に「音」を担いますから「話す」ことに影響を促します。

西は主に「交流」を担いますから「会話」に影響を促します。

従って、東と西の祐気(良い気)は「コミュニケーション」に大きく貢献してくれる吉方であります。

コミュニケーションに自信がない方にはお勧めの祐気が得られます。

年盤と月盤共に吉方位ですから、「引越し吉方位」として方位どりを行うことが最高に有効です。

 

2019年 七赤金星の吉方旅行

出来る限り! 吉方方位の滞在期間は長い方が良いです。

ただし、2019年5月7日から6月5までの期間内には帰宅している事!

移動距離は、100キロ以上2万キロ以内が理想です。

地球は丸いので、2万キロ以上移動すると自宅から近づくことになります。

 

海外への開運旅行なら

吉方位 西 効果

  • 東:ハワイ・サンディエゴ・ブエノスアイレス
  • 西:モルディブ・済州島・上海

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 10月生まれの方は「東」がおススメ!

本命星が七赤金星で10月生まれ(寒露以降)の方は、傾斜宮が「震宮傾斜」(東)となります。

 

七赤金星 5月生まれの方は「西」がおススメ!

本命星が七赤金星で5月生まれ(立夏以降)の方は、傾斜宮が「兌宮傾斜」(西)となります。

 

傾斜宮とは

その人が持つ特異性や潜在的な能力を表します。

ざっくり言って「潜在意識を表す宮(箱のようなもの)」であります。

  • その人が本来持っている潜在意識(潜在的な能力)
  • その人が持っているが引き出されていない潜在意識(使えてない能力)

いずれにしても潜在意識を顕在化させて活用することが出来れば、更なる可能性が広がります。

その為には、様々な体験と人との関わり(ご縁)必須です。

まずは自分が変わる!

  • 何事も積極的に行動する事
  • 自らの力でチャンスの場を積極的に創る

運を引き寄せる実践的な開運行動です。

自分の人生は「自分が主役」なのですから、「ポテンシャルの活性化(顕在化)」を自らの思考と行動で促しましょう!

地球や宇宙から得られる「気(祐気)」をできる限り沢山取り込んで運気アップの活力に活かしましょう!

 

 

潜在意識の書き換えに使える吉方位

例えば、豊かな暮らしがしたい!と、日々努力をしているが…

相変わらずの生活を送っている方は、「現状維持バイアス」が発動しているかもしれません。

 

現状維持バイアスとは

現状維持バイアスとは、人間の心理作用をあらわした言葉です。

  • 「未知なもの、未体験のものを受け入れたくない」
  • 「現状のままでいたい」

と、無意識に「現状維持」を選んでいて、それは潜在意識から発動しています。

発展と成長のためには「チャレンジ」が必要なのですが…

心の底では「変化を拒み」「現状維持」を無意識(潜在意識)に選んでいるのです。

5月・10月生まれの方は、傾斜宮に吉星が入る最高のタイミング!

吉方位として使えるのですが…

単純に「運気アップ」だけでなく、根本的な運気の底上げと改善に繋げる絶好のチャンスが巡ってくるのです!

行動あるのみ!

行動を起こせない方は「現状維持バイアス」発動中かもしれません…

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ