六白金星 2018年から9年間の運気!運の波に乗る開運法…転職 仕事 結婚の旬を知る

9年周期で巡る!六白金星の運気
六白金星 2018年から2026年までの9年間の運気
六白金星

正義感が強く、公明正大な思想を持った六白金星。
リーダーとしての素質もあります。

明るく、陰日なたなく人々に優しく接することで運が大きく開ける「徳」を持っています。

ただ、少々ナイーブなハートの持ち主です。

「動」と「静」の旬を事前に把握して、効率よくチャンスも手に入れましょう!

ここでは、六白金星の2018年から2026年までの9年間の運気をご紹介します。

 

六白金星 2018年から2026年までの運気図

図の詳細は、【九星気学 運気の活用法「五年辛抱して五年で伸びよ」】の記事に詳しく説明しています。

2018年から2020年の三年かは「成長期」です。
しっかり成長することで、2022年の成果が大きく変わります。

スポンサーリンク

六白金星 2018年の運気は… ”育成期” 手堅く行動を起こす一年

六白 2018年盤土作り(基礎)した土地に種を蒔く一年です。
「蒔かぬ種は生えぬ」です。「良い種」を蒔きましょう!
その為にも、「良い種」選びを慎重に行わなければなりません。
ここで、昨年(2017年)に学んだ事や探求した事などの努力が活かされます。

2018年の得策

2016年は、人々(大衆的な)の意見にもしっかり耳を傾け柔軟な対応を行うと良いです。
2017年の辛い時期に鍛えたメンタルが活かされる一年です。
持久力が発揮でき何事も「諦めない!」根性が備わるでしょう。
「強情」と「辛抱強い」の違いを承知しておきましょう!

2018年から転職・独立には良い年

本命星と月命星を加え、更に!傾斜宮と吉神が巡る宮も考慮した「六白金星の適職」の紹介記事です。詳しくは、こちらを ご覧ください。

六白金星 2018年の運勢と開運

六白金星 2018年の運勢を仕事・転職・恋愛・結婚・健康・金運の各ジャンルを詳しく紹介しています。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

 

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

福来る 運勢カレンダー

2018年 六白金星の吉方位

2018年の年盤における ”六白金星の吉方位” を生まれ月(月命星)別に記載しています。
詳細は、こちら をご覧ください。

六白金星 2019年の運気は… ”成長期” 才能を活かす一年

六白 2019年盤成長の年
蒔いた種の芽が出る時期(一年)です。
2018年に蒔いた種の芽が出る時期、何事も成果が表れ始めます。
基本的には、この時期に勝負(独立)をしたい!…そんな思いも発生する時期です。
何事も勢いがあるので、出会いもありますし、良い情報も入手できる一年です。
しかも、才能を発揮できる一年です!!

2019年の得策

軽はずみな行動は厳禁です!
表れ始めた「芽」は、まだまだひ弱で生まれたての赤ちゃんのようなものですから、しっかり守りの固めつつ育てていきましょう!
結果が表れなくても、「芽が出ない理由」がハッキリ表れます。
諦めず、良くないところは改善する努力を行いましょう。

2019年 六白金星の吉方位

2019年の年盤における ”六白金星の吉方位” を生まれ月(月命星)別に記載しています。
詳細は、こちら をご覧ください。

六白金星 2019年 吉方位カレンダー

毎日の吉方位が一目でわかる ”日盤吉方カレンダー” です。
このカレンダーはは、本命星月命星が共に吉方となる最大吉方と…
本命星のみの吉方位を色分けして記載しています。

生まれ月別 で記事を作成しています。

六白金星 2020年の運気は… ”福運期” 何事も順調に調う一年

六白 2020年盤福運の年
六白金星の方にとって2018年はちょっと優柔不断になりやすい時期。
決してそれが悪いわけではありませんが…。
お付き合いが盛んになる時期で、何事も整えていかなければならない一年ですから、あっちを立てて…こっちも立てて…そんな事態になりやすい一年。
ただ、のらりくらりと交わしていると「信用」をなくしてしまうので要注意!
ただ、基本的運気は好調ですから積極的に結果に繋げましょう!
特に!縁談が発生しやすい年。
具体的に縁を整える「結婚」に良い年です。
整う一年ですから商談も整いやすい一年です。

2020年の得策

臨機応変な対処能力が発揮できる一年であり、また能力の問われる一年です。
自信をもって挑みましょう!

2020年 六白金星の吉方位

2020年の年盤における ”六白金星の吉方位” を生まれ月(月命星)別に記載しています。
詳細は、こちら をご覧ください。

スポンサーリンク

六白金星 2021年の運気は… ”静観期” 振り返りの一年

六白 2021年盤結実の年
2018年・2019年・2020年と上昇運気に乗っていた六白金星ですから良い実り(結果)が得られている事だと思います。
運気が良いから…と言って、運にあぐらをかいて怠けていた方には、当たり前ですが「実り」はありません。
3年間頑張っても実らなかった方は、どこかで道を間違ったか?やり方が間違ったか?思案する時期です。
実った方でも「これで良い!」と思い気を抜いてしまうと豊かな収穫が望めません。

2021年の得策

何事も結果が良くても、悪くても、一度過去を振り返り思案する時期です。
ポイントは、分相応以上の欲を出さず、おごらず、怠けないことです。
もともと、大きな事を成し遂げる六白金星ですから現状で満足してはいけません!もったいないです。
ただ、私利私欲に走っては六白金星の長所がなくなり、地位も失墜します。
公明正大な長所を育てましょう!

六白金星 2022年の運気は… ”強運期” 成果の一年

六白 2023年盤成果の年
基礎を固め、種を蒔き、花が咲いて、実りの時期…やっと収穫の時期を迎えます。
2018年・2019年・2020年と良い時期を過ごしてこられたので豊かな収穫が得られることでしょう。
2020年は良い意味で、仕事モードの一年になるでしょう。

2022年の得策

人生の先輩(上司や目上の方)の意見や協力がとても大切で、その力が有難く思う時期でもあります。
とくに仕事や社会貢献能力に長けている六白金星の方ですから、その長所を見抜く上司や後援者に恵まれる最高の年です。
その為にも、慢心とおごりは禁物です!
ご縁を大切し公明正大な考えを発揮できる一年です。
そしてキーパーソンは、上司や後援者の方です!

六白金星 2023年の運気は… ”喜悦運” 人脈広がる楽しい一年

六白 2023年盤喜悦の年
基本的には、人間関係が広がり悦び事が多い一年ですが…
ここで、歳破(凶神)が廻座します。
本来なら運気が下降気味でも楽しい一年なのですが、人間関係でトラブルが生じやすい一年になりがちです。
恋愛に関しては出会いが多い一年!
でも、ふわふわと浮かれていると危険です。

2023年の得策

「口は災いの元」これを性根に叩き込んで、この一年を過ごしましょう!
金銭トラブルや恋愛トラブルにも繋がるもとは「言葉」ですから…
もともと、表現(言葉)が鋭い六白金星の方ですから誤解を受けることが多くなりそうです。
マイナス的な表現は全て封印です!

スポンサーリンク

六白金星 2024年の運気は… ”変化・改革” の一年

六白 2024年盤変化の年
仕分けの時期です。
必要なもの、不必要になったものなどを整理するには良い年ですが、運気は下降中ですから大幅な変更による変化状況を悪化させる可能性が秘めています。
自分本位ではなくの行わなければならない変化に対しては柔軟に受け止め行う気持ちは持ちましょう。

2024年の得策

過去にやり残した事などを再始動する事態が起こることもあります。
前向きに捕え、過去の反省を踏まえてトライしてみましょう。
ただ、結果が素早く表れる時期ではありませんが、学ぶには良い年です。
教養を身に着け、内面からレベルアップを図りましょう!

 

六白金星 2025年の運気は… ”頂上運” の一年

六白 2025年盤離宮に入るこの時期(2025年)は、過去の結果が全てハッキリ表れる時期です。

コツコツ努力をしてきた事が評価されます。
まるで、あなたにスポットライトが当たったかのような一年。

しかし、光があたる分「影」も表れます。
隠ぺいしていた事は表面化し、何らかの処置を施さなければならない事態にもなる可能性があります。

いずれもしても、それが「評価」です。
その「評価」を元に更なる目標が見つかる一年です。

2025年の得策

結果に対し真摯に受け止め学ぶ一年です。
予想以上の結果が残せる一年ですから、どうしても思い上がり易くなります。
謙虚になりましょう。

感受性が豊かになる一年です。
素晴らしいアイディアも生まれるかもしれません。
何事にも反応に優れる分、キレが良すぎると”キレ”やすくなるので注意しましょう。
感情のコントロールが大切な一年です。

法的な事や契約書などの文章や印鑑の扱いに注意の一年。

六白金星 2026年の運気は…  基礎づくりの一年

 2026年は、9年周期で巡る運気の中で最も低調な運気です。
また、暗剣殺が入り、歳破がつきます。

最も気を付けるべきことは、「健康管理」です。
人間関係においても悩み事が多くなるでしょう。

2026年の得策

六白金星が北にある「坎宮(かんきゅう)」という宮に入る年は、暗剣殺の一年になります。
9年周期で訪れる宿命であります。

坎宮に入る時期は、自己の内面を磨く時期です。
自分の中で眠っている潜在意識と向き合ってみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ