2020年 五黄土星の月運バイオリズムグラフで更なる飛躍へ

2020年 五黄土星の月運バイオリズム
9年に一度の飛躍の年

五黄土星2020年バイオリズムグラフ

蒔いた種が芽吹く年!
後苦手意識や行程概念を外して飛躍!

月運バイオリズムグラフの図につてい
九星気学における運気の始まりは、2月(立春)ですので、グラフは2月からスタートして掲載しています。
2020年を上半期と下半期に分けて、運気を上手に活かす旬を「月運」ごとに解説します。

このバイオリズムグラフでは、運の勢いを背面の破線で「5段階」で表しています。
「上昇=陽エネルギー」、「下降=陰エネルギー」で表しています。(運勢)
本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

中宮・乾宮青色または赤色の四角の中に書かれている白抜き文字は各宮の略称です。
その月に本命星が入る宮を表しています。(例:中=中宮、乾=乾宮)

天道 月破 暗剣殺運気を「お天気マーク」で表します。
本命星に天道が付くと「天からの導きに恵まれる」といわれています。
月破には「雨マーク」を記載しています。

 

2020年 五黄土星の上半期
2020年2月4日から8月6日(節分)※まで

節分は「季ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。

2020年 上半期の月運図

五黄土星 運勢カレンダー 2月・3月・4月本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

2月はスロースタートでも「堅実」を意識して歩む。
早々と4月には2020年で盛運となる月を迎えます。

五黄土星 2月 運のエネルギーと運気

2月4日(立春)から3月4日まで

2月 吉神 月盤

坤宮昨年から始まった、年運における上昇運気2年目が始まります。

昨年は「堅実・安定」を意識しながらも、世の中の変化による影響もあって「自分の理想」と「現実」に乖離を感じる時期もあったと思います。

一見、『残念さ』を感じるような出来事も、自分を成長させてくれる「栄養素」だったと思うような「チャンスの芽吹き」に恵まれる年、2020年が始まります

2020年の五黄土星は、自身の資質を活かすチャンスに恵まれます。

あらゆる刺激を受けてアイディアが浮かぶのですが。

その根源は「積み重ねた知識と経験」です。

貪欲に学び、前向きに経験を積み重ねた人ほど能力を発揮するパワーは絶大です!

ただ、何事においても「顕現化」を促す「震宮(しんきゅう)」に入る一年です。

なので何事も顕現するので、個人的な良し悪しに関わらず表面化する年でもあります。

とは言え、何事も成果に繋がり得る「芽吹き」に恵まれるのでテンションが上がるでしょう!

9年に一度の「飛躍の年」が始まる、2月の五黄土星は、上記図の「坤」と書かれた「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。

2月は寅月ですから、その対面となる「申」の方位に「月破」が付きます。

従って、2月の五黄土星には「月破」が付きます。

年運が始まったばかりの時期ですが、気持ちとして前のめりになる傾向が現れ始めます。

しかし、月運としては堅実的なスロースタートの時期です。

強引に物事を推し進めると「ズッコケる」危険性を高めるので注意してください。

自分を律する

運気が上がり始める頃には「魔」が入りやすいモノです。

その根源となり得る代表的な思考は「これくらい…」といった、気の緩みや怠け心です。

なので、自己を律する気持ちを発動させ、日頃の行動は「余裕」をもって行動する事を心掛けて下さい。

この時期に育んだ「ご縁」は後にも影響するので、トラブルは避けましょう。五黄土星 2月 運勢の続きを読む

 

 

五黄土星 3月 運のエネルギーと運気

3月5日(啓蟄)から4月3日まで

3月 吉神 月盤

震宮3月の五黄土星は、上記図の「震」と書かれた「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。

3月は月盤と年盤の星の配置が同じ(七赤中宮)となる月です。(2020年の気が高まる月)

新たな年運が始まって早々に2020年の「飛躍」のチャンスが巡ってきます。

行動量と比例してチャンスが巡る

先月、「自己を律する」活動が、全てにおいて早々と活かされます。

「ふくれっ面」と「暗い表情」は折角の運気を損ねてしまうので、普段より早起きして、ウォーミングアップでテンションを上げておきましょう!

     

    五黄土星 4月 運のエネルギーと運気

    4月4日(清明)から5月4日(節分)まで

    4月 吉神 月盤

    巽宮4月の五黄土星は、上記図の「巽」と書かれた「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。

    巽宮は、何事も調うことを促すことを担う宮です。

    その宮に本命星(五黄土星)が入るので、「調い」の恩恵が得られる月となります。

    今年(2020年)の月運において最も盛り上がる月、好機到来!

    2020年の盛運月

    取引や交渉事において「結果」を意識して活動したい月運です。

    とは言え、損得勘定がむき出しになると強引さが表面化するので「共同体感覚」を見失わないように心掛けましょう!

    メールや電話などはクイックレスポンスが開運行動!

       

      スポンサーリンク

      五黄土星 5月 運のエネルギーと運気

      5月5日(立夏)から6月4日まで

      5月 吉神 月盤

      中宮5月の五黄土星は、上記図の「五」と書かれた「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。

      中宮に本命星が入る時期は、月運のエネルギーが強く、それと同時に「欲」も高まりやすくなります。

      その強い欲を他者に向けるのではなく、自己に向けることがポイント!

      その主な開運行動は「振り返りと改善」です。

      この活動は、2020年の飛躍に大きく貢献するヒントに恵まれる開運行動です。

      損得抜きで「悦び」を与える

      これまでの活動を振り返りと改善を施しながら、自分の足りない部分を把握する月運です。

      また、5月は周囲の人々とのコミュニケーションが非常に大事で、その活動を通じて今後の飛躍になり得るヒントが得られます。

      ただし、損得を考えながら会話では、得られるであろうと思われる「チャンス」を見逃します。

      相手の利益に繋がり、悦びを与える事を意識することでチャンスに恵まれます!

         

        五黄土星 6月 運のエネルギーと運気

        6月5(芒種)日から7月6日まで

        6月 吉神 月盤

        乾宮6月の五黄土星は、上記図の「乾」と書かれた「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。

        月運としては、先月と同レベル程の高い月運のエネルギーに恵まれます。

        乾宮が担当する人間関係としては「目上や権威者」を表します。

        従って、6月の五黄土星のキーマンは「目上や権威者」、そして良好な関係であれば援助運にも恵まれます。

        月運は6月から下降

        6月の五黄土星は成果が現れ、その効果もあってやる気満々です。

        ただ、月運としては6月から下降し始めます。

        俯瞰力を高め、ちょっと先を見通す意識も必要になるでしょう。

           

          五黄土星 7月 運のエネルギーと運気

          7月7日(小暑)から8月6日(節分)まで

          7月 吉神 月盤

          兌宮7月の五黄土星は、上記図の「兌」と書かれた「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。

          月運としてはピークが終わりだが、この時期の五黄土星は少々見栄を張る傾向が現れやすい。

          体裁よりも内面の精神性を高める取り組みを行うタイミングです。

          自分にとって不要なモノがハッキリ見える月運に恵まれています。

          そもそも2020年の飛躍には「自己成長」が必要不可欠です。

          そのきっかけに恵まれる月です。

          露呈

          プライベートが露呈しやすい月運です。

          プライベートとは、個人的な事柄だけでなく「あり方」や「潜在的な癖」の範囲まで及びます。

          都合よく胡麻化すことは通用しないので自己を正当化する言い訳はしない方が良いでしょう。

          「精霊潔白」であれば問題はありません。

             

            スポンサーリンク

            2020年 五黄土星の下半期
            2020年8月7日(立秋)から2020年2月2日(節分)まで

            2020年 下半期の月運図

            本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

            9感覚的には実感がないが、
            6月頃から運気は下降し始めます。
            夏ごろには停滞を感じるでしょう。

            五黄土星 8月 運のエネルギーと運気

            8月7日(立秋)から9月6日まで

            8月 吉神 月盤

            艮宮8月の五黄土星は、上記図の「艮」と書かれた「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。

            8月は「申の月」ですから、その対面となる方位「寅」に月破が付きます。

            なので、艮宮に本命星が入る五黄土星に「月破」が付きます。

            変化の月

            2020年に入り、好調な月運に恵まれていたので、8月に訪れる停滞感は少々運気の落差を感じるでしょう。

            停滞の主な原因としては「好まない変化」なので、受け入れを拒む傾向が現れるでしょう。

            ただ、ここで経験する試行錯誤こそが、経験値を高め五黄土星の成長を促します。

            悩むことが多くなるかもしれませんが、その原因を「環境・状況・他者」のせいにしても建設的な策を見出すことは出来ません。

            苦手意識と現状維持バイアスを外して、トライしてみましょう!

               

              五黄土星 9月 運のエネルギーと運気

              9月7日(白露)から10月7日まで

              9月 吉神 月盤

              離宮9月の五黄土星は、上記図の「離」と書かれた「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。

              上記図に記載していませんが、離宮は南の宮です。

              日中、陽の光を強く浴びる場所を象徴するように「先見の明」に恵まれます。

              また、物理的な「見える」に留まらず「第三の眼」も鋭くなるので勘も鋭くなる月運に恵まれます。

              真価が問われる

              強い光を浴びると影も色濃く現れます。

              なので、この時期の五黄土星は隠し事が露呈しやすい月運です。

              感性が鋭くなるので、些細な事でも感情的になる傾向があります。

              しかし、感情が高まると優れた頭脳と先見の明に活用するエネルギーが奪われます。

              感情のコントロールがポイントとなる月。

                 

                五黄土星 10月 運のエネルギーと運気

                10月8日(寒露)から11月6日(節分)まで

                10月 吉神 月盤

                坎宮10月の五黄土星は、上記図の「坎」と書かれた「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。

                月運のエネルギーとして今年(2020年)で最も低調な月運となります。

                まるで、凹んだくぼみに引きこもるような感覚に陥るかもしれませんが、決して運気が悪いわけではなく、モチベーションが上がり辛いだけです。

                チャンスは水面下にあり

                10月の五黄土星には、これまで隠れていた芽吹き(チャンス)が水面下で起こっている。

                モチベーションが上がり辛い月だから、見逃さないで頂きたい。

                耳の痛い話や批判など「不満や悩み」の中にチャンスが潜んでいる。

                この時点で得るヒントは即成果に繋がるモノではないが2021年に繋がる事柄が含まれているます。

                   

                  スポンサーリンク

                  五黄土星 11月 運のエネルギーと運気

                  11月7日(立冬)から12月6日まで

                  11月 吉神 月盤

                  坤宮11月の五黄土星は、上記図の「坤」と書かれた「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。

                  夏ごろに下降し続けていた運気も先月で底を迎え、11月から来年2月(節分)まで月運における上昇期となります。

                  2月から順々に月盤を見ると、11月の月盤は2月の配置と同じであることが分かります。

                  月運における「人の気(九星)」は、ぐるっと一回りして次のステージを向かう時期に入ります。

                  11月は早くも2021年の兆候が表れる時期となります。

                  新陳代謝

                  2020年の飛躍を通じて五黄土星に「新陳代謝」を促しています。

                  その新陳代謝が活発になる成長運気が再び始まるのが11月です。

                  これまでの「トライ&エラー」の経験を活かして新たなチャレンジに挑む準備を行いましょう。

                     

                    五黄土星 12月 運のエネルギーと運気

                    12月7日(大雪)から2021年1月4日まで

                    12月 吉神 月盤

                    震宮12月の五黄土星は、上記図の「震」と書かれた「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。

                    月運は先月よりもレベルアップし、スピード感も増します。

                    その影響もせいで、この時期の五黄土星は勇み足になる傾向が高まっていまるので「過去の反省」も加味して行動に移すことを心掛ることで良い結果に繋がります。

                    今年一年の経験を活かすチャンスが巡る月です

                    2021年に繋がる

                    来年(2021年)の五黄土星は、2020年の取り組みを結果に繋げる最高のタイミングの年となります。

                    なので、この時期に現れる新規事やチャレンジは必ず2021年に繋がるので前向きに取り組みことをお勧めします。

                       

                      五黄土星 2020年1月 運のエネルギーと運気

                      2021年1月5日(小寒)から2月2日(節分)まで

                      1月 吉神 月盤

                      巽宮九星気学において、年運は2月の節分で終わり、新たな年運は2月の立春から始まります。

                      従って、1月は世間的には「ニューイヤー」ですが、まだ2020年の年運が漂っています。

                      2021年1月の五黄土星は、上記図の「巽」と書かれた「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。

                      この記事には記載していませんが、2020年1月の月盤と2021年の年盤は、全く同じ配置(六白中宮)です。

                      年運が始まるのは、2月(立春)ですが。

                      今回は例年よりも新たな年の兆候が早く現れる傾向があるようです。

                      そのタイミングで「高運月」が巡る五黄土星は本当に強運の持ち主

                         

                        方位神

                        各月に記載している盤は「月盤」で、その中の八方位に書かれているのが「方位神」です。

                        方位神は九星術から生じた神々です。

                        吉星が巡る方位に吉神が入ると、その方位に出向いたり物事を起こすと良いとされています。

                        また、吉神と本命星が同じ宮に入ると、その吉神の恩恵が得られます。

                        吉神

                        天道(てんどう)

                        天の道(お天道様)から福徳を受けると言われ、凶を転じ吉と化す。
                        思いがけない偶然によって天の助けを得られる

                        天徳(てんとく)

                        あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                        天徳と天道は同じ宮を巡るので各月の月盤中には「天道」とまとめて記入しています。

                        月徳(げっとく)

                        陰の徳。陰の援助。天道よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                        各月の月盤中には「月」と記入しています。

                        天徳合(てんとくごう)

                        天道天徳の合神。天徳よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                        各月の月盤中には「天合」と記入しています。

                        月徳合(げっとくごう)

                        天徳月徳の合神。月徳よりワンランク落ちますが、陰の徳。陰の援助。あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                        各月の月盤中には「月合」と記入しています。

                        生気(しょうき)

                        活力と気力を与えてくれる。
                        気分が乗らない、やる気が起こらないは吉星(相生)が巡る方位に「生気」がつくタイミングに用いると良い。
                        各月の月盤中には「生」と記入しています。

                        月空(げっくう)

                        活力を得るための知恵を与えてくれる。
                        各月の月盤中には「空」と記入しています。

                         

                        五黄土星 関連コンテンツ

                        2020年 五黄土星の運勢

                        2020年五黄土星の運勢

                        五黄土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら五黄土星 2020年の運勢」御覧下さい。

                        2020年 五黄土星の月運

                        九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

                        毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

                         

                        五黄土星 吉方位カレンダー

                        一目で見つかる!毎日の吉方位

                        この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
                        本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

                        五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

                        この記事は、生まれ月別で作成しています。
                        下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

                        五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

                        この記事は、生まれ月別で作成しています。
                        下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

                         

                        節入り前に生まれた方へ

                        誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
                        九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
                        下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
                        九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
                        従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

                        亥年 申年 巳年 寅年
                        1959年(昭和34)
                        2月4日 22:43~
                        1960年(昭和35)
                        2月4日まで
                        己亥年
                        1968年(昭和43)
                        2月5日 3:08~
                        1969年(昭和44)
                        2月3日まで
                        戊申年
                        1977年(昭和52)
                        2月4日 7:34~
                        1978年(昭和53)
                        2月3日まで
                        丁巳年
                        1986年(昭和61)
                        2月4日 12:08~
                        1987年(昭和62)
                        2月3日まで
                        丙寅年
                        1995年(平成7)
                        2月4日 16:13~
                        1996年(平成8)
                        2月3日まで
                        乙亥年
                        2004年(平成16)
                        2月4日 20:56~
                        2005年(平成17)
                        2月3日まで
                        甲申年
                        2013年(平成25)
                        2月4日 1:14~
                        2014年(平成26)
                        2月3日まで
                        癸巳年
                        2022年
                        2月4日 5:51~
                        2023年
                        2月3日まで
                        壬寅年

                         

                        関連記事(一部広告含む)

                        コメントは受け付けていません。

                        サブコンテンツ

                        このページの先頭へ