九紫火星 2017年 上半期から下半期の運勢バイオリズムと運気

九紫火星 運勢2017年の九紫火星を大まかに上半期と下半期に分けて、運勢と運気の流れを月運毎に紹介します。

2017年 九紫火星 上半期
2017年2月4日から8月6日まで

運勢と運気の流れ

2017 九紫火星 上半期上記の図では、運の勢いが強まると「上昇」、弱くなると「下降」で表しています。(運勢)
月破暗剣殺のような凶神、天道(吉神)が巡る月をお天気マークで表しています。(運気)

九紫火星 2月の月運と運気

2月4日から3月4日まで
147y02b06-ken新しい年の運気が始まる月です。
2017年は、2016年よりも運の勢いが強く、何事も順調に発展する福運期です。
その一年の始まりの月「2月」の九紫火星は北西にある「乾宮」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

援助運好調で仕事や事業運に恵まれる運気です。
慈愛深く、感謝の気持ちを持ち、人々のお世話と公明正大な活動が更に運気を上げる開運行動となります。

九紫火星 3月の月運と運気

3月5日から4月3日まで

147y03b07-da「3月」の九紫火星は、月盤の西にある「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

九紫火星が兌宮に入る時期は、必ず暗剣殺となります。
従って、3月は暗剣殺の月となります。

2017年3月に限っては、月破暗剣殺が同時に巡ってきますので今年(2017年)の一年間で一番!慎重な行動が大切になります。
人とのコミュニケーションが楽しい時期ではありますが…不用意な発言を慎み、SNSやブログなどの「情報伝達」の扱いに注意しましょう。
感情的にならない事が良い結果に繋がります

九紫火星 4月の月運と運気

4月4日から5月4日まで
147y04b08-gon「4月」の九紫火星は、月盤の北東にある「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、4月よりも劣りますが、荒れ模様の運気は回復し、落ち着きが現れます。
しかし、先月の流れから方針や契約などの変更を行わなければならない事態も起こりやすい時期です。

内省を調え、整合性を高めるチャンスです!
周囲の空気を読み取り、臨機応変に変化を取り入れ、自分本位な変化を起こさない方が良い結果に恵まれるでしょう。

スポンサーリンク

九紫火星 5月の月運と運気

5月5日から6月4日まで
147y05b09-ri「5月」の九紫火星は、月盤の南にある「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(4月)よりも劣りますが、頭の回転が冴え先を見通す能力にも恵まれます。
その影響により、物事の隠れた部分が見える事もあるでしょう。
逆に、あなたが隠ぺいしていた事も露呈しやすい運気です。

いずれにしても過剰な猜疑心は事態を悪化させる可能性があります。
何事も寛大な心で対処することで、あなたの品格がアップし良い評価を得られます。

 

九紫火星 6月の月運と運気

6月5日から7月6日まで
147y06b01-kan「6月」の九紫火星は、月盤の北にある「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

2017年で最も運の勢いが低調な月です。
また、2017年6月の九紫火星に月破が巡ります。
この時期、一番気を付けて欲しいのが体調管理です。
人間関係において神経を使うことが多くなり、ストレスから体調悪化する可能性もあります。

 

九紫火星 7月の月運と運気

7月7日から8月6日まで
147y07b02-kon「7月」の九紫火星は、月盤の南西にある「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(6月)よりも強さが現れます。
運気は回復し、気力・体力も良好な方向へ向かいます。
ただ、運勢・運気共に病み上がり状態ですから、少々積極性に欠けているでしょう。
しかし、先月(6月)の出来事が怪我の功名となることもあります。

今月(7月)の九紫火星は、通常よりも素直に”人に優しく” なれる状態です。
慈愛に満ちた心を大切にし、人々に尽くすことで今後訪れる好機に大きなチャンスを与えてくれます。

スポンサーリンク

2017年 九紫火星 下半期
2017年8月7日から2018年2月3日まで

運勢と運気の流れ

2017 九紫火星 下半期7月から運の勢いが強まり、運気も好調な方向へ進みます。
8月から9月は、絶好の好機到来となります。

九紫火星 8月の月運と運気

8月7日から9月6日まで
147y08b

03-sin「8月」の九紫火星は、月盤の東にある「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(7月)よりも強さが現れ、運気としては追い風状態です。
新しいことへのチャレンジや開拓に吉アリ!

そもそも勘の良い九紫火星ですから、才能を活かすチャンスに恵まれる運気です。
ただ、何事も急ぎ過ぎたり、軽はずみな行動を起こすとチャンスを最大限に活かすことが出来なくなる可能性があります。
また、物事が二転三転する可能性もあるでしょう。
何事も最後まで気を緩めない事が大切です。

九紫火星 9月の月運と運気

9月7日から10月7日まで
147y09b

04-son「9月」の九紫火星は、月盤の南東にある「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(8月)よりも更に強さが現れ、何事においても積極性が必要となる運気です。
今までの努力を結果へ繋げ、成果へと導く大切な時期であり、そのチャンスにも恵まれる時期です。

交渉事は順調に進めることが出来るでしょう。
恋愛面では、恋愛から結婚へ。
仕事麺では、新規開拓したお客様を固定したお得意様へ繋げるチャンスもあり!

謙虚な気持ちで誠心誠意奉仕的な行いが信用となります。
それは、お金では買えない「徳」であり、更なるチャンスの元となります。

 

九紫火星 10月の月運と運気

10月8日から11月6日まで
147y10b05-tyu「10月」の九紫火星は、月盤の中央にある「中宮(ちゅうきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(9月)よりも更に強さが現れますが…
その強さは少々強すぎる傾向が「欲」という面で現れやすくなります。
運気においては、その「欲」に反して”足止め”的な傾向が現れます。

何事も力任せにゴリ押しする事はおススメできません!
九紫火星だけに関わらす、人は好調な運気が続くと傲慢になりやすくなります。
年運が好調で月運の勢いが強い今だからこそ、自分を見つめ直し、精神性を高める必要があります。
「初心忘るべからず」を心得て脇の甘さを改善することで成果へチャンスに繋がります

スポンサーリンク

九紫火星 11月の月運と運気

11月7日から12月6日まで
147y11b06-ken「11月」の九紫火星は、月盤の北西にある「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、先月(11月)と同レベルの最盛状態です。
運気においては、晴々とした運気です。

それなりにキャリアのある方は、チームもリーダーとして教育指導を任されることもあるでしょう。
若年の方は、目上の方からの指導や援助を素直に受け入れる事で株が上がります。

いずれの立場でもチームワークが大切で、その歯車に上手に加わることで大きな成果を得られるチャンスに恵まれます。
あなた自身の能力を最大限に発揮し、成果を得るちゃんす時期です。
元々、能力の高い九紫火星にとってはチャンス到来!
なのですが…
能力の高さが災いすると謙虚さがなくなり、慢心状態に陥りやすくなるので注意しましょう。

 

九紫火星 12月の月運と運気

12月7日から2018年1月4日まで
147y12b07-da「12月」の九紫火星は、月盤の西にある「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

九紫火星が兌宮に入る時期は、必ず暗剣殺となります。
従って、12月は暗剣殺の月となります。

2017年の年運は好調で、月運においても7月~8月は順調に発展する運気。
9月に自己のメンテナンスをしっかり行っていれば、好調な状態をキープしたまま11月の成果月に突入!

非常に好調な状態が続いているからこそ「好事魔多し」を心得て頂きたいのです。

頭脳明晰な九紫火星は、今月(12月)は、さらに饒舌となります。
特に!この時期は、心根がプラス的思考であることが大切になります。
この時期の九紫火星は、人の弱点や欠点を指摘しがちとなり、それがトラブルの元となります。
短所と長所は表裏一体であることを心得えることで対人トラブルを避けることが出来るでしょう。

九紫火星 2018年1月の月運と運気

2018年1月5日から2月3日まで
147y01b08-gon「1月」の九紫火星は、月盤の北東にある「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

九星気学では、年運が切り替わる時期が「立春」です。
その為、2018年1月は、まだ2017年の年運です。
従って、2018年1月は、2017年を締め括る月であります。

運の勢いとしては、先月(12月)から下降し始め、1月はさらに下降状態ですが…。
荒れ模様の運気は回復し、落ち着きが現れます。

来月(2月)には、2018年の年運に移り変わり、運気も変わります。
新しい運気を迎える為に整理整頓を行う時期であります。
契約などの見直しや再確認を行い、しっかり内省を調えることで”転ばぬ先の杖”となるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ