九紫火星 2020年の月運バイオリズムグラフで喜悦運アップ

2020年 九紫火星の月運バイオリズム
収穫と悦びの年!

九紫火星2020年バイオリズムグラフ

これまでの「お手柄」の集大成となった「成果」を手に入れ
収穫祭のような「悦び事」に恵まれる
2020年を迎えます。
社交面が広がり人脈に恵まれる反面、
それに伴うリスクも発生する年でもあります。

 

 

月運バイオリズムグラフの図につてい
九星気学における運気の始まりは、2月(立春)ですので、グラフは2月からスタートして掲載しています。
2020年を上半期と下半期に分けて、運気を上手に活かす旬を「月運」ごとに解説します。

このバイオリズムグラフでは、運の勢いを背面の破線で「5段階」で表しています。
「上昇=陽エネルギー」、「下降=陰エネルギー」で表しています。(運勢)
本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

中宮・乾宮青色または赤色の四角の中に書かれている白抜き文字は各宮の略称です。
その月に本命星が入る宮を表しています。(例:中=中宮、乾=乾宮)

天道 月破 暗剣殺運気を「お天気マーク」で表します。
本命星に天道が付くと「天からの導きに恵まれる」といわれています。
月破には「雨マーク」を記載しています。

 

2020年 九紫火星の上半期
2020年2月4日(立春)から8月6日(節分)※まで

節分は「季ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。

2020年 上半期の月運図

本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

2020年の新たな年運を迎る2月は
強い月運のエネルギーに恵まれます。
2020年で最も低調な月となる6月は
人間関係に細心の注意を払いたい月。

九紫火星 2月 運のエネルギーと運気

2月4日(立春)から3月4日まで
2月 吉神 月盤
06-ken2020年 新たな運気が本格的に始まる月!

2020年の年運におけるエネルギーとしては、昨年よりは「強さ」としては衰えますが。

社会的な重責や周囲からの期待によるプレッシャーから解放されるので「気分」としてはリラックスできる一年となります。

2月の九紫火星は、「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。

月運のエネルギーとしては強い月運に恵まれるのですが。

何事も想定通りに物事が進まない傾向が現れやすく、その影響で「焦り」が現れるかもしれません。

しかし、焦りはパフォーマンス低下に繋がります。

休日は、家族とのんびり過ごしてリフレッシュして気持ちを切り替えて、ストレスを溜めないようにしましょう!

 

 

九紫火星 3月 運のエネルギーと運気

3月5日(啓蟄)から4月3日まで
3月 吉神 月盤
07-da3月の九紫火星は、「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

九紫火星が兌宮に入る際には、対面に五黄土星が入ります。

従って、九紫火星には、暗剣殺が付きます。

また、3月(卯月)の対面となる「酉」に月破が付きます。

充実したプライベートが楽しめる月運に恵まれています。

ただ、冗談が洒落にならない事態も起こりやすい月ですから「言葉」には細心の注意を払う必要があるでしょう。

今年一年間、人との関りが盛り上がり楽しい一年ですから「楽しさ」比例して「リスク」があることも心がけましょう。

とくに!2月生まれと11月生まれの方は、九紫火星の中でも人と繋がりが活発になる傾向が高まっています。

なので「心のガード」を固めておく意識は心掛けておきましょう。

その反面、3月の九紫火星は「月空(げっくう)」という吉神の恩恵が得られます。

趣味や楽しみ事を通じて、感性を高める機会に恵まれます。

また、その道を究めた人(専門家)との会話の中で素晴らし知識が得られ「知恵の元」となり得るでしょう。

ただし! 人の欠点が目につき、自己の価値観で白黒決めたくなるが…

その答えは、ゆっくり考えてからの方が良いでしょう。

     

    九紫火星 4月 運のエネルギーと運気

    4月4日(清明)から5月4日(節分)※まで
    節分は「季ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。
    4月 吉神 月盤
    08-gon4月の九紫火星は、北東の「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

    月運のエネルギーとしては、先月から下降へ向かっています。

    その最中で迎えれる月運における「節目月」となります。

    周囲の状況が変化したり、自分自身の心情の変化も現れやすい月です。

    チェンジを盾にした「逃げ」は良い結果に繋がりません。

    俯瞰力と冷静な判断から導かれた建設的な構想が大切な開運思考となります。

    悩み事は「リサーチと探求」で解決のヒントが見つかる!

    悩むより「考え」を深め、積み重ねてみよう!

       

      スポンサーリンク

       

      九紫火星 5月 運のエネルギーと運気

      5月5日(立夏)から6月4日まで
      5月 吉神 月盤
      09-ri5月の九紫火星は、南の「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

      運のエネルギーとしては下降している状態ではあるが。

      先月(4月)の悶々とした「霧」が晴れ、先見も明に恵まれます。

      頭脳の回転も高まり、歩む方向性も見えます。

      従って、その歩みに必要な「学びや技術習得」に対する欲求も発動するので、体感的に運気の低調はあまり感じないでしょう。

      また、方向性がはっきり見えることで自信も湧いてきます。

      「学びたい」「知りたい」または「必要」といったトリガーによって知識の吸収力が高まります。

      今後、必要となる技術や知識などを身に着ける「相応しい」月運に恵まれています。

       

      九紫火星 6月 運のエネルギーと運気

      6月5(芒種)日から7月6日まで
      6月 吉神 月盤
      01-kan6月の九紫火星は、北の「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

      2020年で最も低調な月運となります。

      また、2020年6月は「午月」となるので、その対面となる「子」に月破が付きます。

      この時期、最も気を付けて頂きたいのが体調管理です。

      人間関係において神経を使うことも多々あるかもしれませんが…

      目上の方や権威者からの有益な助言に恵まれる月運に恵まれています。

      また、探求力も高まるので知識を深めることで良い知恵を得る「ヒント」に恵まれます。

       

      九紫火星 7月 運のエネルギーと運気

      7月7日(小暑)から8月6日(節分)※まで
      ※節分は「季節を分ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。
      7月 吉神 月盤
      02-kon7月の九紫火星は、南西の「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

      低調な月運から一気に強さが現れ始めます。

      5月の変化がトリガーとなった「迷いや不安」を通じて、頭脳と精神の成長が促されたと思います。

      そして、探求とリサーチが知識や精神性の底上げを構築し、7月の安定感を創り出します。

      7月は「協調と協力」が運をさらに好転させる開運行動となります。

      この時期の九紫火星は、優しさと柔らかな人柄が高まり、そのポジティブな人柄が伝わりやすい月運に恵まれています。

      「素直さ・従順さ」が、誠実さとなって「信用」がスクスクと育まれます。

       

      スポンサーリンク

      2020年 九紫火星の下半期
      2020年8月7日(立秋)から2021年2月2日(節分)※まで

      ※節分は「季節を分ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。

      2020年 下半期の月運図

      本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

      7月から上昇運気に入り
      9月頃に2020年で最も高い運気となる月を迎えます。
      11月頃には早くも2021年を視野に入れて
      活動するシーズンに入ります。

      九紫火星 8月 運のエネルギーと運気

      8月7日(立秋)から9月6日まで
      8月 吉神 月盤

      03-sin8月の九紫火星は「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

      月運のエネルギーとしては、先月よりも強さが現れ、勢いづいている「気」を感じると思います。

      気分は明るくノリノリ!の月運です。

      好奇心が旺盛となるので、何事も即断即決!即行動!したい欲求が沸き上がってきます。

      エネルギッシュで行動力が旺盛なのは良いのですが…「軽率さ」が加わるとトラブルの元となるので何事も「裏付けと根拠」をしっかり担保しておきたい月です。

      何事も「根回しと段取り」に比例して「進展量」が決まります!

         

         

        九紫火星 9月 運のエネルギーと運気

        9月7日(白露)から10月7日まで
        9月 吉神 月盤

        04-son9月の九紫火星は、南東の「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

        運のエネルギーとしては、2020年で最も高い月運となります。

        これまでの取り組みを結果に繋げるチャンスに恵まれる月です。

        社会的信用が高まる月ですから、実力や権威者からの支援も得られるでしょう。

        組織的なシーンでも活躍できる月運に恵まれているので、人との関りやご縁を特に!大切にしたい時期です。

        人々の話に耳を傾けることで共感力(EQ)が高まります。

        家庭・職場・地域において周囲の人々と結びついている感覚が増すごとに幸福感も高まります。

        このタイミングで周囲の人々との関係性が良好であることが望ましいので、それまでに「共同体感覚」を養っておくことをお勧めします。

           

          九紫火星 10月 運のエネルギーと運気

          10月8日(寒露)から11月6(節分)※まで
          節分は「季ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。
          10月 吉神 月盤
          05-tyu10月の九紫火星は、中央にある「中宮(ちゅうきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

          月運のエネルギーとしては、先月よりも強さが増しますが…

          その強さを他者に向けたり、「欲」として発動させると「トラブル」トリガーとなり得るので気を付けて頂きたい月です。

          とはいえ、今月(10月)は2020年でとくに「コミュニケーション」が重要で「語らい」の機会も多くなりそうです。

          なので、これまでの態度や自己の思考を振り返り、見直し通じて「自己メンテ」を行うことが適切な開運行動となります。

          また、何事も「成長や発展」を意識するより、「見直しと改善」を通じて「充実を図る月運」に恵まれています。

             

            スポンサーリンク

            九紫火星 11月 運のエネルギーと運気

            11月7日(立冬)から12月6日まで
            11月 吉神 月盤
            06-ken11月の九紫火星は、北西の「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

            月運のエネルギーとしては、先月と同レベルであります。

            乾宮は「天」を担う宮ですから、目上や権威者からの援助に恵まれます。

            しかし、得られる援助は「棚ぼた」ではなく、また次に繋げる取り組みを行わなければ運は滞ります。

            この時期の九紫火星は俯瞰力が高まり、未来への展望を創造する思考力が高まります。

            また、2021年は人生の節目となる時期を迎え「人生の改革の年」となるので、この時期に芽生えた創造を家族や恋人などの親しい人と語り合うと良いでしょう。

               

              九紫火星 12月 運のエネルギーと運気

              12月7日(大雪)から2021年1月4日まで
              12月 吉神 月盤
              07-da12月の九紫火星は、西の「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

              九紫火星が兌宮に入る時期は、必ず暗剣殺となります。

              そもそも、本命星が入る宮の対面に五黄土星が巡るので、暗剣殺となります。

              なので、震宮が担当する「音」と兌宮が担当する「口」との間で緊張が発生するので「言葉」や「口の利き方」に細心の注意を払う必要があります。

              とはいえ、12月は人との繋がりやコミュニケーションを通じて有益な情報や刺激が必要な時期です。

              なので意図的に人を避け、コミュニティを拒み「引きこもる」手段を選択しないで下さい。

              この時期に「自分に足らないモノ」に気づくことが大きな収穫となります。

                 

                九紫火星 2021年1月 運のエネルギーと運気

                2021年1月5日(小寒)から2月2日(節分)※まで
                ※節分は「季節を分ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。
                1月 吉神 月盤
                08-gon1月の九紫火星は、北東の「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記の図参照)

                九星気学では、年運が切り替わる時期が「立春」です。

                2021年1月(小寒以降)は、まだ2020年の運気です。

                しかし、1月の月運は「変化」の気を受けることになり、その気を受けつつ2月(立春以降)から2021年の「変化の年」となる年運を迎えます。

                なので、1月の月運は、2021年のプレスタートとして捉えるべき月と言えます。

                この時期に起こる変化は、心情的な変化が起こりやすい傾向があるでしょう。

                何事も思いつきで行動するのではなく、自分の心と対話し、自分で自分を探求してみると迷いや不安が解消されます。

                   

                  方位神

                  各月に記載している盤は「月盤」で、その中の八方位に書かれているのが「方位神」です。

                  方位神は九星術から生じた神々です。

                  吉星が巡る方位に吉神が入ると、その方位に出向いたり物事を起こすと良いとされています。

                  また、吉神と本命星が同じ宮に入ると、その吉神の恩恵が得られます。

                  吉神

                  天道(てんどう)

                  天の道(お天道様)から福徳を受けると言われ、凶を転じ吉と化す。
                  思いがけない偶然によって天の助けを得られる

                  天徳(てんとく)

                  あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  天徳と天道は同じ宮を巡るので各月の月盤中には「天道」とまとめて記入しています。

                  月徳(げっとく)

                  陰の徳。陰の援助。天道よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  各月の月盤中には「月」と記入しています。

                  天徳合(てんとくごう)

                  天道天徳の合神。天徳よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  各月の月盤中には「天合」と記入しています。

                  月徳合(げっとくごう)

                  天徳月徳の合神。月徳よりワンランク落ちますが、陰の徳。陰の援助。あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  各月の月盤中には「月合」と記入しています。

                  生気(しょうき)

                  活力と気力を与えてくれる。
                  気分が乗らない、やる気が起こらないは吉星(相生)が巡る方位に「生気」がつくタイミングに用いると良い。
                  各月の月盤中には「生」と記入しています。

                  月空(げっくう)

                  活力を得るための知恵を与えてくれる。
                  各月の月盤中には「空」と記入しています。

                   

                  2020年 九紫火星の運勢

                  2020年九紫火星の運勢

                  九紫火星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

                  2020年 九紫火星の月運

                  九星気学 九紫火星の運勢カレンダー

                  毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

                   

                  2020年 縁起のいい日カレンダー

                  縁起のいい日
                  開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
                  あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

                   

                  九紫火星 吉方位カレンダー

                  一目で見つかる!毎日の吉方位

                  この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
                  本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

                  九紫火星 2020年 吉方位カレンダー

                  この記事は、生まれ月別で作成しています。
                  下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

                   

                  節入り前に生まれた方へ

                  誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
                  九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
                  下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
                  九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
                  従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

                  未年 辰年 丑年 戌年
                  1955年(昭和30)
                  2月4日 23:18~
                  1956年(昭和31)
                  2月4日まで
                  乙未年
                  1964年(昭和39)
                  2月5日 4:05~
                  1965年(昭和40)
                  2月3日まで
                  甲辰年
                  1973年(昭和48)
                  2月4日 8:04~
                  1974年(昭和49)
                  2月3日まで
                  癸丑年
                  1982年(昭和57)
                  2月4日 12:46~
                  1983年(昭和58)
                  2月3日まで
                  壬戌年
                  1991年(平成3)
                  2月4日 17:08~
                  1992年(平成4)
                  2月3日まで
                  辛未年
                  2000年(平成12)
                  2月4日 21:41~
                  2001年(平成13)
                  2月3日まで
                  庚辰年
                  2009年(平成21)
                  2月4日 1:50~
                  2010年(平成22)
                  2月3日まで
                  己丑年
                  2018年(平成30)
                  2月4日 6:29~
                  2019年(平成31)
                  2月3日まで
                  戊戌年

                   

                  関連記事(一部広告含む)

                  コメントは受け付けていません。

                  サブコンテンツ

                  このページの先頭へ