2020年 七赤金星の月運バイオリズムグラフで強い年運を有意義に活用

2020年 七赤金星の月運バイオリズム
主役の年

七赤金星2020年バイオリズムグラフ

年盤の中央に君臨する星は、その年の主役となります。
2020年主役となるのが七赤金星。
主役は「要」であり人々を繋ぐためのお世話役が使命。
2020年は特別「人間関係」や「ご縁」が運気に影響します。

 

月運バイオリズムグラフの図につてい
九星気学における運気の始まりは、2月(立春)ですので、グラフは2月からスタートして掲載しています。
2020年を上半期と下半期に分けて、運気を上手に活かす旬を「月運」ごとに解説します。

このバイオリズムグラフでは、運の勢いを背面の破線で「5段階」で表しています。
「上昇=陽エネルギー」、「下降=陰エネルギー」で表しています。(運勢)
本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

中宮・乾宮青色または赤色の四角の中に書かれている白抜き文字は各宮の略称です。
その月に本命星が入る宮を表しています。(例:中=中宮、乾=乾宮)

天道 月破 暗剣殺運気を「お天気マーク」で表します。
本命星に天道が付くと「天からの導きに恵まれる」といわれています。
月破には「雨マーク」を記載しています。

 

2020年 七赤金星の上半期
2020年2月4日(立春)から8月6日(節分)※まで

節分は「季ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。

2020年 上半期の月運図

七赤金星 運勢カレンダー 2月・3月・4月本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

2好調な月運からスタート!
七赤金星は「悦び」を担当する星です。
個人的な悦楽ではなく人類に悦びと感動を与える星
その使命感を心掛けることで最高の年となる!

七赤金星 2月 運のエネルギーと運気

2月4日(立春)から3月4日まで

2月 吉神 月盤

巽宮2017年からの3年間は、年運における上昇運気で人生の成長期間でした。

昨年は、物事が調う「結果」に繋げる一年で、喜ばしい結果を得られた方もいらっしゃると思います。

その反面、歳破の年でもありましたから、想定外の事柄により思い通りの結果に繋がらなかった方も…。

しかし、目の前に憚る課題こそが2020年に改善するテーマであります。

なので、昨年苦戦を経験された方は工夫と改善の方向性が見えているはずです。

2020年の七赤金星は何事も一旦、責任の所在を「自分」において「振り返り」を通じて腑に落とす

このプロセスは回り道のように思えますが結果的に良い結果に繋がる開運マインドです。

自己受容を通じて他者を理解する。

そして、さらに!自己犠牲のリスク回避策にもなります。

一見、辛そうに感じる年のように思われるかもしれませんが。

年運のエネルギーとしては最高に強い一年です。

その強いエネルギーで自己を磨き、他者(人類)への貢献に活用することが開運行動となります。

新たな運気が始まる2月の七赤金星は、上記図に「巽」と書かれている「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。

先月(1月)に続き運気は強く、物事を結果に繋げるチャンスに恵まれる月運です。

決断力高まる

先月に続き決断力が高まっている状態です。

重要な事柄は、この時期にしっかり決断して進めると良いでしょう。

チャンスの神様は、常に止まることなく目の前を過ぎ去っていきます。

そのチャンスを逃さないよう捉えましょう!

ヤルベキことは即行動に移す!

先延ばし癖はチャンスを掴みそこなうので積極姿勢で挑みましょう!七赤金星 2月 運勢の続きを読む

 

七赤金星 3月 運のエネルギーと運気

3月5日(啓蟄)から4月3日まで

3月 吉神 月盤

中宮3月の七赤金星は、上記図の「七」と書かれた「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。

早々と今年(2020年)の課題を意識的に心掛ける月となります。

自分自身のあり方やこれまでの活動による結果を振り返る「メンテナンス」を通じて改善を施す月運に恵まれます。

「悦楽」担当の長所を活かす!

七赤金星は「口(くち)」を担当する星で、その口を通じて人々に悦びを提供することで運気が上がる「徳」をもって生まれています。

聞き上手で言葉のボキャブラリーも抱負ですから、その長所を活かして組織の要となる使命を果たしましょう!

しかし、批判的思考が発動し、それが言葉として表現されると周囲の人々は引き潮のように去っていくので、かならず「おもてなし精神」を心がけて下さい。

強い運気を「善なる行為」に活用すると必ず「善」なる報いが得られます。

     

    七赤金星 4月 運のエネルギーと運気

    4月4日(清明)から5月4日(節分)まで

    4月 吉神 月盤

    乾宮4月の七赤金星は、上記図の「乾」と書かれた「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。

    七赤が乾宮に入ると対面の巽宮に五黄が入るため、七赤に暗剣殺が付きます。

    七赤が入る乾宮は「公的」「目上」を担当する宮ですので、4月はパブリックな事柄で忙しくなる月です。

    ただ、常に煽られているような忙しさを感じるので、気持ちは常に焦りがち傾向が現れます。

    忙しくなると口調が刺々しくなるので「言葉遣い」には細心の注意を払うように心掛けましょう。

    要の使命を果たす意識づけ

    4月は目上や権威者と関わる機会が多く、権威者も七赤金星の活動ぶりを期待している。

    その期待は「個」としての活動ではなく「要」としての能力を期待している様子。

    七赤金星としては、部下や仲間を上司や権威者と繋ぐ「要役」であることを心掛けると良いでしょう。

    会社だけでなくパブリックな事柄において全て通じることでから、少々神経を消耗するかも…

    休日は家族やパートナーと過ごす時間を楽しんで心の疲れを癒しましょう!

    今年は親密な人間関係に支えられる一年ですから、感謝の意思表示をお忘れなく!

       

      スポンサーリンク

      七赤金星 5月 運のエネルギーと運気

      5月5日(立夏)から6月4日まで

      5月 吉神 月盤

      兌宮5月の七赤金星は、上記図の「兌」と書かれた「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。

      上記図に記載していませんが「兌宮」は日が沈む「西」の宮です。

      一日のサイクルで日が沈む夕方は、一日の用事を終え、明日への英気を養う時間帯です。

      また、年運においても「振り返りと改善で完成度を高める為の充実の年」ですから、本当に必要なモノ(事柄)以外は手放す事を検討するタイミングとなる月です。

      月盤には「天道・天徳・月徳」の吉神が智慧の元となるヒントを与えて下さる月運に恵まれています。

      パラダイムシフト

      意識が変わるだけで人を大きく変わり、さらなる成長へ歩みます。

      2020年の七赤金星は中心的存在ですから、周囲を変えるのではなく自分が変わることで大きく完成度を高めます。

       

      七赤金星 6月 運のエネルギーと運気

      6月5(芒種)日から7月6日まで

      6月 吉神 月盤

      艮宮6月の七赤金星は、上記図の「艮」と書かれた「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。

      6月は周囲や環境など様々な変化が起こりやすい月運となります。

      5月に感じたパラダイムシフトと現状で起こる変化との乖離を感じる人もいるかもしれません。

      もし、そうであれば、人々からの要望と自分の理想との乖離、もしくは現状維持バイアスが発動しているのかもしれません。

      いずれにしても、季節が変わると装いを変えるように気楽に変化を受け入れてみましょう!

      木を見て森も見る

      6月は俯瞰力を最大限に発動させる頂きたいので、時代の枠を広げます。

      そもそも2004年2月から2024年2月までの20年間は「変革の気」が漂い、2020年は既に終盤戦。

      拘りに囚われていると淘汰される…しかし、それは絶対避けたい!

      なので、変わることへの不安は自問自答を通じて自分を深堀することで無意識の自分に気づくでしょう。

      心がざわざわする時は瞑想や思考整理ノートに気持ちを書き起こすと俯瞰力が高まり、自己を客観視する能力が高まる。

       

      七赤金星 7月 運のエネルギーと運気

      7月7日(小暑)から8月6日(節分)まで

      7月 吉神 月盤

      離宮7月の七赤金星は、上記図に「離」と書かれた「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。

      上記図に記載していませんが「離宮」は日中強い光を浴びる「南」の宮です。

      なので、目の前が一気に明るくなり、頭脳明晰、先見の明に恵まれる宮とされています。

      離宮に入る七赤金星も例外なく、先月までも迷い・不安・戸惑いなどの霧が一気にはれるでしょう。

      頭脳を最大限に活用せよ!

      自分が向かう方向や将来的にビジョンも見える月運に恵まれています。

      なので、必然的にこれから必要になる技術や知識などを習得したい気持ちが沸き起こるでしょう。

      その思いは大正解!ですから、積極的に且つ!貪欲に学びに邁進すると良いでしょう。

       

      スポンサーリンク

      2020年 七赤金星の下半期
      2020年8月7日(立秋)から2020年2月2日(節分)まで

      2020年 下半期の月運図

      本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

      8月は低調な月運となりますが、
      吉神様からのご加護が得られます。
      その後、運気は上昇し
      2020年月運による最も高運月を迎えます。

      七赤金星 8月 運のエネルギーと運気

      8月7日(立秋)から9月6日まで

      8月 吉神 月盤

      坎宮8月の七赤金星は、上記図に「坎」と書かれた「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。

      月運のエネルギーとして今年(2020年)で最も低調な月運となります。

      まるで、凹んだくぼみに引きこもるような感覚に陥るかもしれませんが。

      モチベーションが上がり辛いだけで、決して運気が悪いわけではありません。

      そもそも、坎宮は七赤金星にとって居場所の悪い宮ではなく、むしろ深いところで繋がっています

      8月は体力的の消耗が早いようですから、体調管理をしっかり行いましょう。

      守秘意識を強化

      ムードメーカーな七赤金星に親しみを感じ、周囲の人々は様々な相談を持ち掛けてくるでしょう。

      自分の方こそ愚痴をこぼしたい気分でも、とりあえず話を聞いてあげましょう。

      裏話を通じて、チャンスになり得るヒントが得られるかもしれません。

       

      七赤金星 9月 運のエネルギーと運気

      9月7日(白露)から10月7日まで

      9月 吉神 月盤

      坤宮9月の七赤金星は、上記図の「坤」と書かれた「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。

      2020年の下半期が8月から始まり、9月からは月運における上昇期に入ります。

      9月から11月にかけて運気が上昇し、月運のエネルギーも高まります。

      信頼を育む

      坤宮では、慈しみ育むことがテーマとなるのですが。

      2020年の七赤金星のテーマと加味すると「人間関係における信用を育む」ことが大切テーマとなるでしょう

      9月の七赤金星は、小さなことにも良く気が付き、細心の心配りを上手に施すことが出来ます。

      その活動が運に良い影響を促します。

      周囲の人々に安心を提供することで、その安心感が信用へと導きます。

       

      七赤金星 10月 運のエネルギーと運気

      10月8日(寒露)から11月6日(節分)まで

      10月 吉神 月盤

      震宮10月の七赤金星は、上記図の「震」と書かれた「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。

      上記図に記載していませんが、震宮は朝日が昇る東の宮です。

      その震宮から発せられるエネルギーで「万物が目覚める」「芽吹き」を促します。

      この宮に巡る七赤金星も同様で、運気に活気が現れ、2020年の飛躍的な成長運気のエネルギーが漲ります

      なのでこの時期に心の中で芽吹いた意識や思考は、素直に行動へ移行してみると良いでしょう。

      ただし、思いつきの行動はお勧めできません!

      見直しと改善がカタチになる

      震宮は物事の顕現化を促す宮でもありますから、何事においても「行動」することで顕現化を促します

      これまでの「見直しと改善」が顕現化され、それが言葉となって人々へ情報発しすると良いでしょう。

      情報発信からの反応はしっかりキャッチしてリサーチする価値あり!

      チャンスの宝庫です。

         

        スポンサーリンク

        七赤金星 11月 運のエネルギーと運気

        11月7日(立冬)から12月6日まで

        11月 吉神 月盤

        巽宮11月の七赤金星は、上記図の「巽」と書かれた「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。

        この宮は、物事が調うことを担う宮です。

        なので、11月は、これまでの行動の結果が具体的に調うチャンスに恵まれる月運です。

        2020年の月運における最もピークとなる好機を迎えます。

        何事も積極的に行動へ移し、スピーディーに進展させるように取り組みましょう!

        11月は月破

        月運のエネルギーとしては強く高運となるのですが…

        11月は「亥」の方位からエネルギーが刺し込み、その対面となる「巳」は陰となるので七赤金星に月破が付きます。

        なので、何事も満を持して挑み、ある程度の余力を持ち合わせて置くことを心掛けましょう。

        下半期の後半となる11月は「人の気」としては2021年へ向かっているので、対人関係による衝突は可能な限り避けるように心がけることをお勧めします。

         

        七赤金星 12月 運のエネルギーと運気

        12月7日(大雪)から2021年1月4日まで

        12月 吉神 月盤

        中宮12月の七赤金星は、上記図の中央に「七」と書かれた「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。

        今年(2020年)の年運のテーマである「振り返りと改善を通じて充実図る」事柄に対する今年最後と振り返りとなる12月です。

        進みながら振り返り、改善しながら進んでは、周囲を見渡しフォローばかりの一年だったかもしれませんが…

        それは、決して「無駄」でも「損」ではなく

        むしろ「本物」創り上げる、確固たる地位を築き上げる為には必要なプロセスです。

        それを成し遂げた12月は達成感を味わいう月にしたい

         

        七赤金星 2020年1月 運のエネルギーと運気

        2021年1月5日(小寒)から2月2日(節分)まで

        1月 吉神 月盤

        乾宮九星気学において、年運は2月の節分で終わり、新たな年運は2月の立春から始まります。

        従って、1月は世間的には「ニューイヤー」ですが、まだ2020年の年運が漂っています。

        2021年1月の七赤金星は、上記図の「乾」と書かれた「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。

        この記事には記載していませんが。

        2021年1月の月盤と2021年の年盤は同じ六白中宮となるので同じ星の配置になります。

        正に、1月のは、2021年のプレ運気となる月であります。

        そして、2021年の七赤金星は乾宮に入り、対面となる巽宮に五黄土星が巡るので七赤金星は暗剣殺の年となります。

           

          方位神

          各月に記載している盤は「月盤」で、その中の八方位に書かれているのが「方位神」です。

          方位神は九星術から生じた神々です。

          吉星が巡る方位に吉神が入ると、その方位に出向いたり物事を起こすと良いとされています。

          また、吉神と本命星が同じ宮に入ると、その吉神の恩恵が得られます。

          吉神

          天道(てんどう)

          天の道(お天道様)から福徳を受けると言われ、凶を転じ吉と化す。
          思いがけない偶然によって天の助けを得られる

          天徳(てんとく)

          あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
          天徳と天道は同じ宮を巡るので各月の月盤中には「天道」とまとめて記入しています。

          月徳(げっとく)

          陰の徳。陰の援助。天道よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
          各月の月盤中には「月」と記入しています。

          天徳合(てんとくごう)

          天道天徳の合神。天徳よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
          各月の月盤中には「天合」と記入しています。

          月徳合(げっとくごう)

          天徳月徳の合神。月徳よりワンランク落ちますが、陰の徳。陰の援助。あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
          各月の月盤中には「月合」と記入しています。

          生気(しょうき)

          活力と気力を与えてくれる。
          気分が乗らない、やる気が起こらないは吉星(相生)が巡る方位に「生気」がつくタイミングに用いると良い。
          各月の月盤中には「生」と記入しています。

          月空(げっくう)

          活力を得るための知恵を与えてくれる。
          各月の月盤中には「空」と記入しています。

           

          九星気学 2月の運勢

          九星気学 毎月の運勢
          一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

           

          七赤金星 関連コンテンツ

          2020年 七赤金星の運勢

          七赤金星 2020年 運勢

          七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

          2020年 七赤金星の月運

           

          九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

          運勢カレンダー

           

          七赤金星 吉方位カレンダー

          一目で見つかる!毎日の吉方位

          この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
          本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

          七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

          この記事は、生まれ月別で作成しています。
          下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

          七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

          この記事は、生まれ月別で作成しています。
          下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

           

          節入り前に生まれた方へ

          誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
          九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
          下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

          九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
          従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

          酉年 午年 卯年 子年
          1957年(昭和32)
          2月4日 10:55~
          1958年(昭和33)
          2月3日まで
          丁酉年
          1966年(昭和41)
          2月4日 15:38~
          1967年(昭和42)
          2月3日まで
          丙午年
          1975年(昭和50)
          2月4日 19:59~
          1976年(昭和51)
          2月4日まで
          乙卯年
          1984年(昭和59)
          2月5日 0:19~
          1985年(昭和60)
          2月3日まで
          甲子年
          1993年(平成5)
          2月4日 4:37~
          1994年(平成6)
          2月3日まで
          癸酉年
          2002年(平成14)
          2月4日 9:24~
          2003年(平成15)
          2月3日まで
          壬午年
          2011年(平成23)
          2月4日 13:33~
          2012年(平成24)
          2月3日まで
          辛卯年
          2020年
          2月4日 18:04~
          2021年
          2月3日まで
          庚子年

           

          関連記事(一部広告含む)

          コメントは受け付けていません。

          サブコンテンツ

          このページの先頭へ