七赤金星 2020年6月の運勢 認知バイアス脱却して変化を受容

七赤金星 6月 運勢と吉方位
2020年6月5日~7月6日まで七赤金星 6月 運勢と吉方位本命星: 北東(艮宮回座)
6月の吉方位:東・西・南

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西・北東
2020年 七赤金星 年盤

 

七赤金星 2020年6月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

祐気取り・方位どりの際に行う移動においては、人混みを避けるなどのご配慮をお願いいたします。
移動距離においては「日盤吉方」なら近距離なのでランニングに活用されると良いと思います。

今年の夏至はスペシャルなエネルギーに満ちている
夏至の恵方参りでチャンスを掴む勇気と知恵を授かりに参りましょう!

詳細は下記リストからご覧ください。

 

二黒土星が巡る 6月の東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では東は五黄殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 目下の者や弱い者に愛情を注ぐ意識が高まる
  • 寛容性が養われる

西

六白金星が巡る 6月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西は暗剣殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 決断力が高まる
  • 権威者からの協力が得られる

八白土星が巡る 6月の南の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南は歳破殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 積み上げた努力が評価され、人々から称賛が得られる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

七赤金星 2020年6月の運勢 ~全体運~

七赤金星 6月「月盤と年盤の関係」
艮宮回座により一白同会中宮にて四緑被同会(上記の年盤と月盤参照)

6月の月盤では、七赤金星は「艮」と書かれている「艮宮(ごんきゅう)」という宮に入ります。

6月 吉神 月盤

艮宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ「変化」の月運となります。

開運ワードは「変化を受け入れる」

 

変化と共に成長が促される

今月(6月)の七赤金星は主に「変化運」による影響が現れやすい月運となります。

「変化」の殆どが、想定外の変化だったり、あまり好ましくない変化かもしれません。

しかし、過度に心配するほどでもなく、むしろ臨機応変に「変化の波に乗る」方が良いでしょう。

無意識に平穏無事な状況を選択することで思考停止に陥る方が停滞を感じるでしょう。

また、変化を拒み、安定と安心に執着することで、返って「変化の波」に逆らうことになります。

 

変化による「不安」を「リスク管理力」に繋げる

今月(6月)の七赤金星は、北東方位の宮である「艮宮(ごんきゅう)」という宮に入ります。

今年(2020年)一年間、艮宮には一白水星は滞在しているので、一白の上に七赤が乗ります。(一白同会)

一白には「陥る・悩む・考える」と言った事柄を表すので、変化によって「悩み」が生じるかもしれません。

しかし、悩みは「執着」が原因ですから、『なぜ?囚われてしまうのか?』を自分に問いかけ、考えてみると良いでしょう。

腑に落とすことができたら、スッキリとした気分で「執着」を手放すことができます。

今年(2020年)の七赤金星は、自己を振り返り「改善と修正」を施す一年です。

七赤金星の場合、本命星が乾宮(北西)に入る(2021年)「完成と成果の年」に暗剣殺が付きますから、この一年(2020年)の取り組みが非常に重要なのです。

その最中に迎える今月(6月)の「変化」を通して「刷新」へ繋げるチャンス月です。

 

「知る」ことで不安が解消される

悩み事とごちゃ混ぜになりやすいのが「不安」なのですが。

一白と同会するタイミングに起こる「不安」の殆どが「先が見えない」ことが主な原因です。

なので、徹底的に「調査と学び」を行い、深く深く「知る」ことで思考が整理され「先見性」が促されます

来月(7月)は、頭脳活動が活性化する「離宮(南)」に入る月を迎えるので、「先見の明」に恵まれる月運が巡ります。

なので、6月の「思考と行動」を活かした取り組みは、怠らないようにして頂きたいです。

今年(2020年)の七赤金星は、年盤(上記の青い盤)では、中央に位置する「中宮(ちゅうぐう)」という宮に一年間滞在しています。

そして、今月(6月)は、上(月盤)に四緑が被ります(四緑被同会)。

四緑は「信用・連絡・調う(整う)」を表し、これらの事柄を疎かにしない事を心掛けましょう。

  • 約束や期限を守る
  • 住まいや仕事場、取り扱う書類やデータなど整理整頓

などなど…

これらを怠ると「信用を失い」「不調和・解散」と言った事柄を被ることになる可能性を高まるので気を付けましょう!

今月(6月)の月運エネルギーとしては「衰退」へ向かう途中の段階です。

しかし、運が悪いわけではなく、探求力が高まり、現実性に長け合理的な計画を練る能力が発揮できる月運に恵まれています

 

七赤金星 6月の日運グラフ

6月5日から20日まで
七赤金星 6月 日運グラフ

6月21日から7月6日まで
七赤金星 6月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 6月の仕事運

仕事運

今月(6月)は、職場そのものが変わることがなくても、人事異動や方針の転換などで「仕事の内容に変化」が生じるかもしれません。

コロナの影響もあって、直接面談する機会が減り、オンライン上での取引や会議の機会も増えるでしょう。

直接面談で感じていた「空気」を読むことが出来ず、コミュニケーションに戸惑いを感じるかもしれません。

今月(6月)に被同会となる四緑は「風(空気)」を担うので、相手に自分の意図が伝わっているか?

確認は怠らないようにしましょう!

また、これまでのやり方が通用しないのなら、コミュニケーション方法を「学び・研究する」ことをお勧めします。

例えば…

パワーポイントなどでグラフや図面を作成して「空気」を可視化することも検討してみても良いでしょう。

若干、行き詰まりを感じやすい月運ですが、「行き詰まりの原因」を他責的に処理しようとするのではなく、自分の心(気持ち)をパラダイムシフトしてみましょう!

 

七赤金星 6月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(6月)の変化は、人間関係にも何らかの影響を与えます。

現在、恋活・婚活中の方は、昔から友人や親・親戚からの紹介で、ご縁があるかもしれません。

これも「変化」の一つですから、積極的に受けてみると良いでしょう。

現在、不倫や三角関係などが原因で「秘密の恋愛」を継続中の方は、この関係を見直すタイミングに相応しい月運です。

なぜなら…

来月(7月)は「物事が表面化しやすい月運」が巡り。

そして、8月は「陰(影)の部分に光が当たる運気」が巡ります。

従って、今月(6月)は事前に「整理」すると良いのです。

ただ、今月(6月)の七赤金星は、身動きが取り辛く、それを周囲や環境のせいにするかもしれませんが…。

しかし、その原因の殆どが「自分の中(心)」にあるので、しっかり自分を内観することで気持ちを整理することが出来ます。

フリーの人や交際中の方、いずれにしても「周囲の変化」は受け入れても、自分の軸がブレない「意志」は大事です。

環境に流され、迎合すると結果的に「自分を騙す」ことになるので、自分の気持ちに正直になって変化に乗ってみましょう!

 

スポンサーリンク

七赤金星 6月の金運

金運

今月(6月)に入る「艮宮」は「積み重ねる」「山」を表します。

お金を積み重ねることは「蓄財」を示すので、この時期の七赤金星は「蓄財意識が高まる」月運が巡っています。

逆に、積み重なるモノが「マイナスのお金」の場合、「借金」を表します。

ただ、積み重ねた「マイナスのお金」ですので、「6月に借金をする」意味ではありません。

しかし、注意したいのが「親・兄弟」から「お金を貸して欲しい」といった相談が持ち込まれるかもしれません。

お金は、信用創造で市場に生み出されるモノです。

なので、個人間での貸し借りは「信用創造を成し遂げない」ので、本来行うべき行為ではないのです。

人情的に厳しい話ですが…それが、現実なのです。

今月(6月)に行う金運アップ方法の一例としては、「固定費の見直し」です。

不必要に加入しすぎている保険や無駄に高い携帯電話のプランを見直すことで、月額1万円減らすことが出来れば、1年後には「12万」、2年後には「24万円」の貯蓄を産み出します。

1万円分の収入をアップを実現できても、もれなく「所得税」が差し引かれますが。

経費削減で得たお金は満額自分の懐に収まります。

そう捉えると、何だかワクワクしますよね!(^▽^)/

「七赤質屋通い」と言われるくらい「浪費家」のイメージがありますが…

実は、金銭感覚に優れ、無駄を嫌います。

意外に家計簿をつけていたり、頭の中で毎月の出費もしっかり把握しています。

それを可視化して具体的に計画することで、より理解が深まり、改善点が見つかるでしょう。

 

2020年 七赤金星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

七赤金星 6月の健康運

健康運

強い年運に恵まれているので、年間通して「健康には問題ない」と、思い込みやすいので気を付けましょう。

今月(6月)は、月運における「節目」の時期となるので、改めて健康管理に取り組むと良いでしょう。

外出自粛も解除され、運動しやすい環境も整い始めました。

ますは、ストレス解消程度の運動は始めると良いでしょう。

適度な運動は安眠効果を高めてくれます。

今月(6月)の七赤金星は、質の高い睡眠を確保することが健康アップに繋がります。

 

スポンサーリンク

九星気学 6月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

七赤金星 関連のコンテンツ紹介

2020年 七赤金星の運勢

七赤金星 2020年 運勢

七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

2020年 七赤金星の月運

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ