八白土星 2020年6月の運勢 寛容さと品位アップで人気運上昇

八白土星 6月 運勢と吉方位
2020年6月5日~7月6日まで八白土星 6月 運勢と吉方位本命星: 南(離宮回座)
6月の吉方位:東・西・北東

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:なし
2020年 八白土星 年盤

 

八白土星 2020年6月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

祐気取り・方位どりの際に行う移動においては、人混みを避けるなどのご配慮をお願いいたします。
移動距離においては「日盤吉方」なら近距離なのでランニングに活用されると良いと思います。

今年の夏至はスペシャルなエネルギーに満ちている
夏至の恵方参りでチャンスを掴む勇気と知恵を授かりに参りましょう!

詳細は下記リストからご覧ください。

 

二黒土星が巡る 6月の東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では東は五黄殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 目下の者や弱い者に愛情を注ぐ意識が高まる
  • 寛容性が養われる

 

西

六白金星が巡る 6月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西は暗剣殺ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 決断力が高まる
  • 権威者からの協力が得られる

 

北東

七赤金星が巡る 6月の北東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北東は死気方位ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 親戚・家庭による悦びに恵まれる
  • 蓄財運アップ

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

八白土星 2020年6月の運勢 ~全体運~

八白土星 6月「月盤と年盤の関係」
離宮回座により二黒同会。乾宮にて五黄被同会(上記の年盤と月盤参照)

6月の月盤では、八白土星は南(午)に「離」と書かれている「離宮(りきゅう)」という宮に入ります。

6月 吉神 月盤

離宮は南に位置する宮ですので、陽の光を浴びる宮とされています。

「陽の光」は物質的な事柄だけでなく、人々からの注目や称賛といった「輝かしさ」を象徴します。

さらに、6月の南(午)にて「月徳」の吉神と本命星と同会。

開運ワードは「謙虚さと品格」

 

クオリティーとパフォーマンス向上

今月(6月)の八白土星は、頭脳活動を高める「離宮」に入る月。

そして、「技術・生産・労働」を担当する二黒と同会します。

この月運の大いに活用することが課題となります。

例えば…

多くの人々の前で話す「演説」や「講義」などの依頼や自らが行う機会が発生するかもしれません。

ただ、そのような状況下では、子弟的な空気感をかもしだし、上から目線で話すような心は自重しましょう。

そもそも、有能な人ほど「驕らず謙虚な人柄」です。

逆に自信がない人ほど他者を威嚇し、さらに!上から目線の物言いをします。(;^_^A

これって「自己防衛」なのです。

今月(6月)は、目立つ存在となる月運が巡っているので、稚拙な自己防衛や見栄は通用しません。

感性が高まり、頭脳の回転にも優れる月なので、感情への刺激も多くなるでしょう。

その為、感情的になりやすい傾向はあるのですが…

その感情を自制することで、結果的には「本来のパフォーマンスは発揮する」ことが出来ます。

さらに、勤勉性が高まる月運に恵まれているので、自己の感情を制御することで「技と知識」が養われ、自己実現へステップアップへ繋げることが出来ます。

 

レベルアップに必要な負荷で能力アップ!

今年(2020年)一年間滞在している北西の「乾宮」に八白の上に「帝王」を象徴する「五黄土星」が被ります。(五黄被同会)

帝王は中心的存在を表しますから、今月(6月)の八白土星は「周囲からの依頼」もしくは「上司や権威者からの依頼」で中心的な役目を求められるでしょう。

ただ、五黄は「破壊と再生」を象徴する星ですので、果たすべき事柄の殆どが「再生・更生」を目的とした内容でしょう。

また、その内容においては、非常に「高い能力と技術力」、さらに! 精神的に「大きな器」が求められるでしょう。

従って、「クオリティーとパフォーマンス向上」することで、周囲から求められている「役目」を果たすのか?

それとも…

周囲からの要望を果たすために「自らの努力で成長」するか?

いずれにしても、今後の成長に必要なプロセスであり、「チャンスを促す元」となり得ます。

なので、この時期の学びと体験は有益な要素が含まれているので「批判的思考」や「競争心」は、チャンスを損なう可能性を高めるので全く不要!です。

他者(周囲)には、優しく寛容な心で接することが開運マインドとなります。

そして、物事を具体的に「発展」へ促す「積極性が高まる月運」は、立秋頃から始まります

その頃には「前進」する事にエネルギーを使うことになるでしょう。

今は、その好機に備えて必要な「知識や技」をしっかり養い、必要な時には素早く活かすことが出来るほどに仕上げておきましょう!

 

八白土星 6月の日運グラフ

6月5日から20日まで
八白土星 6月 日運グラフ

6月21日から7月6日まで
八白土星 5月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

八白土星 6月の仕事運

仕事運

今月(6月)の八白土星は、これまでの努力や成果が認められ、周囲からの評価される月運に恵まれています。

ただ、全ての人々が「高評価」を示すとは限らず、一部には批判的な評価をする人も現れるでしょう。

「評価」は「評価」として捉え、批判に批判を重ねるような口論は避けることが得策です。

「能ある鷹は爪を隠す」を心の中に秘めておくことをお勧めします。

今月(6月)は、様々なことで「レクチャー」する立場になることもあるでしょう。

「人に教える、説明する」行為は、自分の能力と技術力だけでなく、コミュニケーション能力や説得力も養われます。

今月(6月)は、「貢献と育成」を担う二黒と同会する月ですから、「人材育成」や「教育」の仕事を頼まれたなら、快く引き受けましょう。

人にアドバイスする際は、その人を成長させることを目的にすると「支配的」になり、その人を「コントロールしたい」気持ちが「執着」として現れる可能性を高めるかもしれません。

アドバイスは、その人の目線に合わせた指導が相応しく、結果を求めない方が良いでしょう。

また、アドバイスは、「自分の成長に必要な過程」として捉えることで「執着」に囚われることを避けましょう。

人気運の高まる月運ですから、露出度を高めることで、仕事運も高まります。

ただ、単純な広告や宣伝も良いのですが、時代に合った方法を検討することをお勧めいます。

 

 

八白土星 6月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(6月)の八白土星は、南の「離宮(りきゅう)」という宮に入ります。

南は、日が昇り沈むまで陽の光が当たる方位です。

なので、今月(6月)の八白土星は、非常に目立ち、周囲からの注目も浴びます。

露出が高まれば、高まるほど人気運も高まりますから、異性からも人気も高まる月運に恵まれます。

なので、出会い運も良好です。

ただ、強い光が当たれば、影は色濃く現れます。

従って、倫理や道徳的に反することを行うと大げさな露呈と批判が発生するかもしれません。

その露呈は、今現在の事だけでなく、何らかのきっかけでイモずる式に過去の事柄も露呈するかもしれません。

公にできない恋愛(不倫)や浮気に発展するような出会いは避けましょう。

現在進行形の場合は、清算する良い月運です。

離宮の「離」は「はなれる」ことを表しますから、良くない人間関係を切る(離れる)タイミングとしては相応しい月運です。

また、「離合集散」も象徴するので、悪縁を切ることで新たなご縁と巡り合うでしょう。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 6月の金運

金運

今年(2020年)の八白土星は「成果の年」を迎え、何事においても「完成」へ向けて、全力でエンジンを回す年運です。

その年運の影響で、経済面においては出入りが激しい年運です。

その年運の最中に迎える今月(6月)は、露出度が高まる月なので、それに伴う経費が発生するでしょう。

また、ご本人の美意識が高まる月でもあります。

さらに高級志向が高まり、露出度の影響もあって見栄を張る気持ちも高まるかも…

そうなると、出費が一気にヒートアップ!するかもしれません。

本質的価値をしっかり見出し、資産になり得るお金の使い方を養いましょう。

もし、「物欲を満たす=幸福感」が習慣化している方は、本命星(八白)が「離宮」に入る運気を活用して悪習慣を断ち切るとような取り組みを行うと良いでしょう。

また、同会する二黒は「努力と忍耐」を促してくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

2020年 八白土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 八白土星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 6月の健康運

健康運

感性が高まる月運ですから、「感動やワクワク」でストレス解消が促されるでしょう。

今月(6月)は、感動的な映画を見たり、美術館へ行ったり、知的好奇心を満たす為に図書館で読書を楽しみと良いでしょう。

精神的なストレス解消が身体的健康を高める月運です。

ただ、映画を見たり、読書は目を使います。

さらに、興味・関心を呼び起こされる内容の映像や読書は目を酷使します。

なので、今月(6月)は疲れ目に注意です。

 

スポンサーリンク

九星気学 6月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 関連のコンテンツ紹介

2020年 八白土星の運勢

九星気学 2020年 八白土星の運勢と開運吉方位八白土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 八白土星の運勢」御覧下さい。

2020年 八白土星の月運

八白土星 2020年の運勢バイオリズムグラフ

八白土星2020年バイオリズムグラフ年間通して強い運気に恵まれる!
八白土星 2020年 バイオリズムグラフで有意義な好機を創る

詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

 

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ