八白土星 2019年7月の運勢 心が通い絆が深まる人間関係に恵まれる

八白土星 2019年7月
運勢吉方位
7月7日
(小暑)~8月7日まで
八白土星 7月 運勢 吉方位【月盤】本命星:兌宮(西)
グレー:凶方位

年盤の吉方位:東・北西
月盤の吉方位:
年盤・月盤共に吉方:なし

2019年の年盤八白土星 2019 中宮2019年の吉方位:東・北西

八白土星 7月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

7月の吉方位月盤のみの吉方位ですので移動距離は近距離です。

二黒土星が巡る…7月の北の祐気エネルギー

  • 職場や仕事に関わる問題が徐々に改善される
  • 恋人や夫婦の愛が深まる
  • 子宝運アップ
  • 祐気アイテム:産地の米や麦から作られた酒や焼酎。出先で手に入れたい開運アイテム

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)7月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

7月の土用(土旺用事)

2019年7月の土用期間:7月20日から8月7日

  • 夏の土用期間中は、南西土用殺方位(凶方位)となるので中長距離移動の旅行や引っ越しは避けた方が無難です。
  • 日盤吉方は土用期間中に南西へ向かうのは大丈夫ですが「土いじり」は避けて下さい。
  • 土用の間日:7月22・29・30・8月3日(必要最低限の「土いじり」ならOKの日)詳細記事は、こちら をご覧ください。
  • 土用の丑の日:7月27日

スポンサーリンク

 

2019年 運勢関連記事

 

八白土星 2019年7月の運勢 ~全体運~

これまで、忙しい日々を過ごされた八白土星ですが。

7月に入り、のんびりとした時間を過ごした気持ちが沸き上がってくる月運が巡ってきます。

今年(2019年)に入り、忙しさのあまり家族や友人と関わる時間をつくることが出来なかったかもしれません。

今月(7月)は、会えなかった友人や会話不足になっていた家族と関わる機会を創るチャンスに恵まれる運気です。

積極的に親睦を深める行動を起こしましょう!

八白土星 7月 運勢 吉方位

季節柄(7月)アウトドアが楽しめる季節ですから、海や山に出かけてレジャーを楽しむ計画を実行しましょう!

今月(7月)の八白土星は、プライベートな人間関係に恵まれる運気です。

特に! 腹を割って話ができる友人とは積極的に親睦を深めると良いでしょう。

「秘め事」に関わるに関わりやすい運気なので、心を開放することが出来る関係が気づけている特定の人物には、自分の胸の内を明かしてみるの良いかもしれません。

互いの「秘密」を共有することで、人間関係の結束が深まるでしょう。

 

一年間の中休みのような月

今月(7月)の八白土星は、西にある「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。(黄色が目印)

八白土星7月月運においては、9ヵ月周期で兌宮に入ることになります。

兌宮は「悦び」を担う宮で、特に!口(くち)に関わる快楽的な事柄に影響が現れます。

本命星が兌宮に入る時期は、自分が楽しいと感じることに意識が強く働く傾向が現れます。

それは、決して快楽主義に陥ることを表しているわけではありません。

人との集いや触れ合いを通じて、チャンスに恵まれる運気なのです。

なので、今月(7月)は、心の底から「楽しむ」ことが開運マインドになります。

ただ、人と関わることで、様々な「欲求を満たしたい気持ち」が自分の中で沸き上がってくるでしょう。

が!しかし…自分を満たすことより、「与える」ことがポイント!

  • 自分が家族や仲間に何ができるか?
  • どうすれば、楽しんでもらえるか?

サービス精神を発動させることが重要なのです。

自分の欲求を満たすことを優先にすると孤独感に陥るかもしれません。

 

兌宮が表す 7月のテーマ

自然界で表すと兌宮は、高い土地から流れてきた水が溜まる「沢」を表します。(兌宮の象意)

生物は水を求めて集まり、そこはオアシスとなります。

ざっくり言うと、需要があるから求められる…その様子を表した宮が「兌宮」なのです。

優しさと親しみやすさが際立つ運気を大いに活かして!楽しさ倍増の7月を過ごすことが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 7月の仕事運

九星気学 仕事運

接客やサービス業の方は、好調な運気が実感できるでしょう。

今月(7月)の八白土星は、「悦び・楽しさ」が溢れ出る雰囲気が漂っているので、お客様も安心してサービスを受け入れてくれます。

接客やサービス業以外の職種の方も、7月の運気の恩恵は大いにあります。

例えば、飲み会や会食を通じて新たな得意先が発生したり、もしくは何らかの有益性に恵まれるかもしれません。

職場では、仕事仲間との関係が深まるような出来事に恵まれるでしょう。

人それぞれに「人とのご縁」で仕事に直結する「悦び」に恵まれます。

口(くち)を通じて「悦び」に恵まれるのですから、今月(7月)は、適切な表現・言葉を心掛けましょう

今月(7月)の八白土星は、コミュニケーション能力が高まる運気になのですが、少々言葉に強さがあるようです

受け取り手にとっては「トゲ」を感じてしまう人もいるかもしれません。

過剰に気配りする必要はありません。

だだ、不平不満は口にしない事をおススメします

 

 

八白土星 7月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

「人・ご縁・ふれあい」このワードがポイントとなる月運ですから、恋愛運は好調です!

八白土星の方は、少々のことでは動じない芯の強さがあります。

その人柄に頼りがいを感じる人は多数いると思います。

ただ、その要素が強く出過ぎると「強さ」ばかりが強調されることもあるかもしれません。

しかし、今月(7月)の八白土星は、「頼りがい」に「柔らかさと親しみやすさ」が加わりますから、新たな出会いを求めている方にとってはチャンスに恵まれる月になりそうです。

10月生まれの方はチャンスが多く、7月生まれはサービス精神が大当たりで好感度アップ!

ただし、合コンなどで知り合った新たな出会いはムードに流されないように、ある程度の距離感が必要になるかもしれません。

お相手が既婚者だったり、パートナーがいないか? チェックしてから交際するか?しないか?を決めましょう!

現在、お付き合いされているカップルで、そろそろ結婚を考えてるのなら7月のプロポーズは絶好のチャンス月です。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 7月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

八白土星の方は、蓄財意識が高く、無駄遣いは好まない傾向があります。

ただ、「積み重ねる」ことを得意とする八白土星なので、それが必ず「お金」を積み重ねるとは限りません。

「グッズ集め」や物質的なこと以外でも「時間」や「行為・行動」においても「積み重ねる」傾向が現れやすいようでう。

今月(7月)は、交際費やレジャー費による出費が増える可能性が高い月運なので、収支のバランスをしっかり管理する必要があるでしょう。

可能な限り交際費はケチらない方が良いのですが、計画力に長けている特性(八白土星の長所)は活かすべきです。

娯楽や趣味にハマり過ぎると、本来持っている八白土星の特性である「積み重ねる行動」が発動すると予算オーバーに陥るかもしれません。

月初めに収支計画をしっかり立てておくことをお勧めします。

 

 

八白土星 7月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

今月(7月)は、飲み会や食事会など飲食に関わるお誘いが多くなる月運に恵まれています。

楽しむことは、良いことですし、大いに楽しんで頂きたい!

ただ、楽しい仲間と会話が弾み、飲んだり食べたりしていると…

「飲み過ぎ・食べ過ぎ」に陥る可能性は高いはずです!

一週間を一区切りにして、食べ過ぎた日の翌日は、体に優しいメニューで量を控えるようにしましょう。

もちろん! 休肝日も必要です!

この季節になると冷たいビールやアイスクリームなど「冷たい食べ物」を口にする機会が増えますよね。

しかし、この時期は、身体を冷やさないように心掛けて下さい。

冷たい食べ物は、内臓を冷やすので控えめにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

2019年 八白土星の運勢を繁栄に向ける!開運法

八白土星 2019年の運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

八白土星 2019年 月運バイオリズムグラフ

2019年 八白土星の月運バイオリズム2019年の月運の流れをしっかり把握して充実を図る!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

八白土星 月の運勢

八白土星 運勢

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

八白土星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ