二黒土星 2020年7月の運勢 今年一番の好機が到来する

二黒土星 7月 運勢と吉方位
2020年7月7日~8月6日まで二黒土星 7月 運勢と吉方位本命星: 南東(巽宮回座)
7月の吉方位:北・南西・南

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西
2020年 二黒土星 年盤

 

 

二黒土星 2020年7月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

夏の土用期間:7月19日から8月6日

土用殺方位:南西(夏の土用期間のみの凶方位)

 

八白土星が巡る 7月のの祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 過去に積み重ねた人間関係が再び活性化する
  • 蓄財運アップ

 

南西

九紫火星が巡る 7月の南西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 先見の明が高まる
  • 多くの人々(大衆)が必要とすることを見出す知恵に恵まれる

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では歳破殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

七赤金星が巡る 7月のの祐気エネルギー

  • 恋愛・人気運アップ
  • 人々を悦ばすアイディアが浮かぶ

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

月命星も加味した吉方が知りたい方は、表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

7月の吉方 生まれ月別(月命星)
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事にジャンプします。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    二黒土星 2020年7月の運勢 ~全体運~

    二黒土星 7月「月盤と年盤の関係」
    巽宮回座(南東)により六白同会。離宮にて七赤被同会(上記の年盤と月盤参照)

    7月の月盤では、二黒土星は「巽」と書かれている「巽宮(そんきゅう)」という宮に入ります。

    7月 吉神 月盤

    巽宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「高運」となります。

    「万事調う」事柄を担い、幸運は外から訪れます。

    開運ワードは「奉仕的活動」

     

    勇気ある決断が最高の選択を促す

    今月(7月)の二黒土星は、今年(2020年)最も強い月運が巡る月です。

    月盤では、南東の「巽宮(そんきゅう)」という宮に入ります。

    巽宮は「信用・仲介・遠方・取引」などの人と社会を繋ぎ、何事も「調う」ことを促します。

    年間の象意を担当する年盤の巽宮には「完成」を象徴する六白が一年間滞在しています。

    なので、社会的な事柄において強い影響が現れます。

    遠方からの問い合わせや案件が増え、それに伴い人脈や行動範囲が広がります。

    この時期に広がるご縁は、自分より実力や権力が上の方が多いでしょう。

    また、紹介運も好調ですから、人から人へ口コミが広がりやすい月運に恵まれます。

    自分が発信したい情報(表現)は、様々な方法で発信(表現)すると良いでしょう。

    思った以上の効果が期待できるかもしれません。

    巽宮を象徴する「風」をしっかり捉えて、追い風に乗ることが大切なポイントです。

    全ての風(要望)を捉えようとすると、吹っ飛ばされる事態を招くかもしれません。

    なので、今月(7月)は、本当に重要(案件)なことをしっかり見極め、不必要なものは捨てる「決断」が大事です。

    そもそも、本命星(二黒)が、巽宮に入る時期は有益なと思われる情報や事象が、同時多発的に発生する恵まれた時期となるので、全てが良く見えるので「選択に迷い」が生じやすくなります

    しかし、今年の年盤には「決断」を象徴する六白と同会しているので「大きな決断」が必要となるでしょう。

    過去に六白方位(北西)もしくは六白を使って吉方を取られた方は、決断に対する勇気と的確な判断が促されるはずです。(^_^)v

    今年(2020年)の二黒土星は、2月(立春)から翌年の2月(節分)までの期間は、不要なモノを手離すことを象徴する南の「離宮」に滞在中です。

    年間通して課題となる「手離す」ことを大胆に活用する、若しく「せざるを得ない」事態となるかもしれません。

    今月(7月)は、運気としては最も盛り上がる月なので、勇気をもっ決断する。

    そして、何事も「自信を持って」取り組んで頂くことを強くお勧めします。

    もし、何らかの「不安」が沸き起こる場合は、不安の原因となるものが「不足」によって起こっているかもしれません。

    「情報」なのか?

    「知識」なのか?

    それは、人それぞれになりますが。

    いずれにしても自分の中で起こった「不安」は具体的にすることで不安の霧が解消されるはずです。

    自分を胡麻化して「おっかなびっくり状態」で物事を進めないようにして下さいね。

     

    二黒土星 7月の日運グラフ

    7月7日から21日まで
    二黒土星 7月 日運グラフ

    7月22日から8月6日まで
    二黒土星 7月 日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    二黒土星 7月の仕事運

    仕事運

    これまでの努力と活動が結果へ結びつき「調う」月運に恵まれます。

    今年(2020年)の二黒土星は、名誉を象徴する南の「離宮」に滞在しています。

    その影響から「称賛や昇進」が得られるかもしれません。

    日々の仕事においては、非常に忙しくスケジュールがびっしり詰まるよな事態になるでしょう。

    しっかり取捨選択を行い、本当に自分がヤルベキ仕事に取り組めるようにしましょう。

    外注(部下)に頼める仕事は、外注(部下)にお願いするようにしましょう。

    二黒土星の方は、何事においても「細部」に目が届き、雑用であっても自分で片付けてしまう気質を持っています。

    とても素晴らしい気質なのですが、今月(7月)は「本当に自分がヤルベキ重要な仕事」を優先するようにして下さい。

    7月は大きなチャンスが巡る好機ですから、チャンスを結果に繋げる行動を常に意識することをお勧めします。

    紹介運も好調な運気に恵まれているので、人脈も広がります。

    それに伴って行動範囲も広がりますから、可能な限り無駄な移動時間は減らすような取り組みにも積極的に行いましょう。

    ビデオ通話やメールの活用は必須です!

     

    二黒土星 7月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    紹介・交渉など人との繋がりが好調な月運に恵まれ、その象意は恋愛面にも派生します。

    シングルでこれまでに様々な恋活に挑まれた方は、チャンス!チャンス!の目白押し!

    出会いが大渋滞を起こすかもしれません!

    その中には、上司や権威者からの紹介を通した出会いもあるかもしれません。

    今年(2020年)の二黒土星は、美意識や社会的地位など、様々な意味で意識が高まっている状態です。

    なので、プライドや見栄などで判断するのではなく、自分にとって本当に必要なご縁をしっかり見極めることが重要なポイントとなります。

    ただ、非常に好調な運気に恵まれ、さらに年間通して目立つ存在となる二黒土星ですから、周囲の同性からは嫉妬される可能性があります。

    SNSなどでのリア充アピールは控えめにすることをお勧めします。

    この時期の恋愛的な出会いは「具体化させやすいシーン」で出会う方が結果に繋げやすい傾向がるので、「結婚」という目的があるのなら、それに相応しい場に参加すると良いでしょう。

    現在交際中の方で結婚を望まれているのなら、是非!プロポーズされると良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

    二黒土星 7月の金運

    金運

    社会全体が大きく「意識が変わる」…と、言うか…やむをえず変える事態が発生しています。

    これまでの社会システムが成熟し、次のステージに向かう為の事態なのかもしれません。

    そんな渦中ですから、しっかり今後のビジョンを見出し、それに相応しい金銭感覚を意識的に取り入れ、不必要となった価値観を手離す年運を迎えています。

    その一年(2020年)も、そろそろ上半期終盤を迎える7月に入りました。

    今月(7月)は好調な月運に恵まれ、追い風に乗れそうなチャンスにも恵まれます。

    ただ、何事も過大評価し、期待感だけで投資することは慎みましょう。

    本当に必要な投資は行うべきなのですが、「守り」を意識することも大事です。

    今月(7月)は、何事も活発に巡る月運に恵まれているので、金銭においても同じように活発な巡りとなるでしょう。

    しかし、調子の良い時期こそ!堅実なマネープランを心掛けることをお勧めします。

     

    スポンサーリンク

    2020年 二黒土星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    春財布 2020年 二黒土星に相応し金運財布と購入日

    春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    二黒土星 7月の健康運

    健康運

    好調な月運の勢いもあって、健康面においても良好です。

    気分もノリノリですから、少々の疲れも吹っ飛んでしまう…そのような感覚になるかもしれません。

    無理を重ねて、ストレスを溜めるような事をしなければ良好な状態は維持できるでしょう。

    ただ、ちょっと体調を崩すと完全復活までに時間がかかり、長患いとなるかもしれません。

    規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心がけて下さい。

    腸内環境が乱れると、健康維持のバランスが崩れる可能性を高めるかもしれません。

    大きな運気(年運のサイクル)では、年間通して身体のチェックを行う相応しい年です。

    健康診断など、何らかのカタチでチェックする機会があれば、スケジュールを調整して検査を受けることをお勧めします。

    「調う」運気を社会的な事だけに活用するのではなく、自分の体にも活用させましょう!

     

    スポンサーリンク

     

    2020年 二黒土星の運勢

    2020年二黒土星の運勢

    二黒土星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら二黒土星 2020年の運勢」御覧下さい。

    二黒土星の月運

    九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    二黒土星の性格と生涯運

    二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

    九星気学 7月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    二黒土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    二黒土星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    二黒土星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    二黒土星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    寅年 亥年 申年 巳年
    1962年(昭和37)
    2月4日 16:18~
    1963年(昭和38)
    2月3日
    壬寅年
    1971年(昭和46)
    2月4日 20:26~
    1972年(昭和47)
    2月3日
    辛亥年
    1980年(昭和55)
    2月5日 1:10~
    1981年(昭和56)
    2月3日
    庚申年
    1989年(平成元)
    2月4日 5:27~
    1990年(平成2)
    2月3日
    己巳年
    1998年(平成10)
    2月4日 9:57~
    1999年(平成11)
    2月3日
    戊寅年
    2007年(平成19)
    2月4日 14:18~
    2008年(平成20)
    2月3日
    丁亥年
    2016年(平成28)
    2月4日 18:46~
    2017年(平成29)
    2月3日
    丙申年
    2025年2月3日
    23:11~
    2026年2月3日
    乙巳年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ