七赤金星 2019年7月の運勢 謙虚さが開運行動!

七赤金星 2019年7月
運勢吉方位
7月7日
(小暑)~8月7日まで
七赤金星 7月【月盤】本命星:乾宮(北西)暗剣殺
グレーは、凶方位

年盤の吉方:東・西
月盤の吉方:北・南・西
年盤・月盤共に吉方:西
(移転・引越し吉方位)

2019年の年盤七赤金星2019年 歳破 巽宮2019年の吉方:西・東

七赤金星 7月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

7月の吉方位「西」は年盤・月盤共に吉方位ですから遠距離移動の旅行や長期滞在、引っ越し方位として使える吉方位です。

西

八白土星が巡る…7月の西の祐気エネルギー

  • コミュニケーション力アップで有益な人間関係に恵まれる
  • 俯瞰力が向上し、建設的な判断力が高まる
  • 恋愛・金運・蓄財力アップ
  • 祐気アイテム:地産の牛肉を食べて筋力アップ!
  • 西は七赤金星の定位置(本座)なので、「西の祐気」は七赤金星の長所を伸ばし、フォロー力向上が期待できます。

北の吉方位月盤のみの吉方位なので、移動距離は近距離です。

二黒土星が巡る…7月の北の祐気エネルギー

  • 職場や仕事に関わる問題が徐々に改善される
  • 恋人や夫婦の愛が深まる
  • 祐気アイテム:産地の米や麦。出先で手に入れると祐気効果アップ

南の吉方位月盤のみの吉方位なので、移動距離は近距離です。

一白水星が巡る…7月の南の祐気エネルギー

  • 学習能力が向上する
  • 研究熱心になり物事の本質を知る力が身に付く
  • 祐気アイテム:地酒。出先で手に入れると祐気効果アップ

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)7月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

7月の土用(土旺用事)

2019年7月の土用期間:7月20日から8月7日

  • 夏の土用期間中は、南西土用殺方位(凶方位)となるので中長距離移動の旅行や引っ越しは避けた方が無難です。
  • 日盤吉方は土用期間中に南西へ向かうのは大丈夫ですが「土いじり」は避けて下さい。
  • 土用の間日:7月22・29・30・8月3日(必要最低限の「土いじり」ならOKの日)詳細記事は、こちら をご覧ください。
  • 土用の丑の日:7月27日

スポンサーリンク

 

2019年 運勢関連記事

七赤金星 2019年7月の運勢 ~全体運~

今年(2019年)は、これまでの発展と成長が結果へ繋げるチャンスに恵まれる一年。

好調な年運に恵まれている七赤金星ですが…。

今月(7月)は、想定外の出来事に巻き込まれやすい運気になる可能性があります。

今年(2019年)の年運は、立春から始まるのですが。

立春頃は、盛り上がりに欠ける運気でしたが、3月から好調な成長運気(発展期)に入りました。

 

2019年に入り、これまでが発展的な月運。

そして、先月(6月)はこれまでの活動や仕上がりを見つめ直す「メンテナンス月」。

このチャンスを活かすことで、今後の歩みに何らかの恩恵が期待できるでしょう。

そして、そのプロセスを経て迎える7月は、自分の中にある「これまでのやり方」「方針」「意識」「固定観念」などを手放す必要が現れるかもしれません。

もちろん! 今までの考え方や、やり方が決して間違っていたわけではありません。

手放し方においては、人それぞれなのですが…

例えば…『やっぱり時代にあってないかな?』と、薄々感じている方は、現実を目の当たりにされるかもしれません。

 

「感情と感傷」の「感」から一旦離れて

物事がオートマティックに進んでいくことが、全て「良い」わけではなく、何らかのイベントがあるのが普通。

それは、更なるステップへ上がる「単なる通り道」に過ぎないのです。

宇宙(気)から持ち込まれた「改革」を受け入れることで大発展もあり得るのです。

ただ、執着を手放し、改革の渦中では、感情や感傷といった気持ちが優先的に現れるかもしれません。

しかし、今月(7月)は、落ち着いて「冷静な判断」を下すことが出来るメンタルが非常に大切です!

 

7月20日8時23分から夏の土用

今年は、八白中宮の年(世の中は変化の気が充満している)で、己亥の年ですから「土性」の強い年でもあります。

  • 八白土星=土性の星
  • 己=陰の土

その年の夏の土用(土旺用事)は、7月20日から始まります。

生物は最後「土に返る」と言いますが、それは次への再生でもあります。

なので、「再生」させるべきものがハッキリ見える、この時期は、転換のチャンスでもあります。

運の勢いが強く、エネルギーが高い時期にリセットによる改革と転換に恵まれるのは、七赤金星の特性です。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 7月の仕事運

九星気学 仕事運

七赤金星は、話力に優れ、人懐っこく、フレンドリーなコミュニケーション能力に優れています。

今月(7月)は、七赤金星が本来持っている能力とプラスして人気運に恵まれます。

そして、これまでの仕事ぶりも認められるチャンスにも恵まれる月運です。

なので、上司や周囲の人々から認められ、リーダー役(責任者)に抜擢されるチャンスに恵まれるでしょう。

人柄と仕事ぶりが認められて、モチベーションも上がります。

それは大変素晴らしいことなのですが。

「慢心」が心の奥に芽生る可能性も…

おごり高ぶると、運気を損ねてしまうので注意しましょう。

また、能力を認められて嬉しい反面…責任も重くなります。

なので、これまで以上に気持ちを引き締めて、仕事に取り組むことを心掛けましょう。

周囲の人々も、あなたの能力と結果に期待しています。

非常に強い月運に恵まれているのですが、長所も短所も目立ちやすい月運でもあります。

今月(7月)は、慣れた作業でもチェックは必ず行うことをお勧めします。

 

 

七赤金星 7月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

今月(7月)の七赤金星は、エンジンがフル回転しているような運気です。

やる気や気力に恵まれているのですが、思いがけないことが起こりやすい月運なので、平常心の維持がポイントになります。

本来、話術に長けている七赤金星に頭の回転の良さも加わりますから、非常に軽快でキレのあるコミュニケーション能力を発揮するでしょう。

新たな出会いの場では、会話の中心人物となるでしょう。

ただ、気を付けたいのが「言葉のパワー」。

七赤金星は「口」を担う星ですから、良くも悪くも「言葉」に影響が出やすい傾向があります。

新たな知り合った方やお付き合いもまだ日が浅い関係なら、それなりに遠慮が「ブレーキ」になるのですが…

お付き合いが長いカップルやご夫婦の場合、ついつい愚痴が多くなるかもしれません。

プライベートの時間は、仕事のことは忘れて、二人の時間を楽しむようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 7月の金運

九星占い 金運

今月(7月)の七赤金星は、仕事や学びなど自己啓発的なことに意識が向きやすい運気に恵まれています。

志を高く、意識も高く上がっていくことは良いのですが、少々理想の方がワンランク上を目指しているかもしれません。

現状の実力よりも少し背伸びをしたポジションを狙うことは成長において必要なことではありますが…

本質的な「価値」をしっかり見極めないと…高額な商材を買ってしまうかもしれません。

今月(7月)の七赤金星は、少々強気ななりやすい傾向が現れやすい月運です。

それが金銭面に現れると、大きな賭けに挑んでしまうかも?!

この時期は、とにかく! 「謙虚な気持ち」を常に心掛けて過ごすことが大事です!

金銭面では、どんぶり勘定は厳禁です!!

 

 

七赤金星 7月の健康運

九星占い 健康運

バイタリティーが溢れ、そのエネルギーが活動力に即発動する運気に恵まれています。

なので、仕事・プライベートなど全てに全力を尽くそうとします。

しかし、気合だけで活動すると疲労がたまって体調を崩すかもしれません。

今月(7月)の七赤金星は、「完璧」を求めやすい運気なので、少々頑張り過ぎに陥るかもしれません。

結果よりも過程に意識を置いて、時間や気持ちにゆとりをもって行動すると良いでしょう。

余裕のない行動は事故やケガに繋がるので気を付けましょう!

7月は、一年間で日照時間が長く、紫外線も強い季節です。

日中はサングラスを利用するなどの工夫も取り入れて、目のケアも心がけて下さい。

疲れ目注意。

 

スポンサーリンク

 

2019年 七赤金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

七赤金星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢と月の運勢運気の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 七赤金星のバイオリズムグラフ

揺るぎない決意と自信でポジティブに歩む年の運気の流れと上手に活用しよう!

七赤金星 2019 運勢バイオリズムグラフ2019年を上半期と下半期に分けて月運のエネルギーの活用法を こちら で記事で紹介しています。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星の吉方位

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

七赤金星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ