2020年 六白金星の月運バイオリズムグラフで更なる幸運へ

2020年 六白金星の月運バイオリズム
結果を意識して勝負に挑む年!

六白金星2020年バイオリズムグラフ

新たな年運が始まる2月は高い運気に恵まれる。
4月は見直しと改善を施し、5月から下降運気に備えたい。

 

月運バイオリズムグラフの図につてい
九星気学における運気の始まりは、2月(立春)ですので、グラフは2月からスタートして掲載しています。
2020年を上半期と下半期に分けて、運気を上手に活かす旬を「月運」ごとに解説します。

このバイオリズムグラフでは、運の勢いを背面の破線で「5段階」で表しています。
「上昇=陽エネルギー」、「下降=陰エネルギー」で表しています。(運勢)
本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

中宮・乾宮青色または赤色の四角の中に書かれている白抜き文字は各宮の略称です。
その月に本命星が入る宮を表しています。(例:中=中宮、乾=乾宮)

天道 月破 暗剣殺運気を「お天気マーク」で表します。
本命星に天道が付くと「天からの導きに恵まれる」といわれています。
月破には「雨マーク」を記載しています。

 

目次

2020年 六白金星の上半期
2020年2月4日(立春)から8月6日(節分)※まで

節分は「季ける日」ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て「節分」に当たるので「年に4回」存在します。

2020年 上半期の月運図

六白金星 運勢カレンダー 2月・3月・4月本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

2019年2月・3月は貪欲な前進よりも
安定を通じて信用強化をしっかり構築!

六白金星 2月 運のエネルギーと運気

2月4日(立春)から3月4日まで

2月 吉神 月盤

坤宮2018年からの3年間は、年運における上昇運気で人生の成長期間です。

2020年は成長の結果を見出す一年ですから、何事においても「結果」を意識して行動したい一年です。

とはいえ、何事も「独断専行」では思うような結果に繋がりにくく、ご縁から発生する「信用」が大きなポイントになります。

六白金星の定位置(本来の居場所)は、北西の「乾宮」です。

今年(2020年)は、乾宮と対面となる「巽宮」に入りますから、今年(2020年)の六白金星は「定位対冲」となります。

何事においても「自分の基盤(軸)」がブレることなく、しっかりと足元を固めておくことが好機を活かすポイントです。

意識が外に向きやすく、パブリックな事柄が中心になる一年です。

改めて自分を支えてくれている「家族」への配力を意識的に行うと良いでしょう。

家庭こそが「基盤」です。

9年に周期で巡る最も幸運な年が、いよいよ2月(立春)からスタート!します。

2月の六白金星は、上記図の「震」と書かれている「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。

運気は上がり調子で活気に漲る

月運のエネルギーとしては、先月から上昇運気に入り、そのまま継続的に上昇しています。

先月の運気とは違いとしては、あらゆる事柄が「刺激」となる運気に恵まれます。

なので、必然的に好奇心が高まるので、あれもこれも「チャレンジしたい!」気持ちが発動するでしょう。

ただ、軽はずみな行動は控えた方が良いでしょう。

お試しレベルのことであれば、積極的にチャレンジすると良いでしょう。六白金星 2月 運勢の続きを読む

 

六白金星 3月 運のエネルギーと運気

3月5日(啓蟄)から4月3日まで

3月 吉神 月盤

震宮3月の六白金星は、上記図の「巽」と書かれた「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。

この記事には年盤を記載していませんが、3月の月盤は年盤と同じ星の配置となります。(七赤中宮)

なので、早くも今年(2020年)のテーマとなる「信用を通じて結果を見出す」チャンス月となります。

この時期に得られる、ご縁や信用は大きな発展に繋がります。

積極的な活動が大事

3月は人間関係が大きく広がる運気に恵まれるので、積極的に人と関わる機会を増やしましょう。

年明け早々の好機月ですから、想定以下の結果となっても凹まないでください。

3月の時点では、未だ「ご奉仕」の段階で、目に見える結果が本格的に現れるのは11月から12月頃となるでしょう。

まだまだ!これからです。

ロケットスタートに囚われない方が良いでしょう。

     

    六白金星 4月 運のエネルギーと運気

    4月4日(清明)から5月4日(節分)まで

    4月 吉神 月盤

    巽宮4月の六白金星は、上記図の中央に「六」と書かれた「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。

    月運のエネルギーは、最も高く、周囲からも六白金星の存在感が高まる月運に恵まれます。

    周囲の人々とのコミュニケーションが大切な時期ですから、「言葉」の扱いがとても重要となります。

    強いエネルギーは公明正大に活用

    もともと、リーダーシップ気質を持っている六白金星ですから「存在感」が高まることに対しては違和感はないはずです。

    ただ、主張が強すぎたり、人の話を聞かないような態度をとると、人々は引き潮のように引いてしまいます。

    相手の話に耳を傾け、相手の利益に繋がる意見で「誘導」する。

    「悦び」に繋がる対話を心掛け「信用強化」を高めて2020年の好機を有意義な一年にしましょう!

       

      スポンサーリンク

      六白金星 5月 運のエネルギーと運気

      5月5日(立夏)から6月4日まで

      5月 吉神 月盤

      中宮5月の六白金星は、上記図の「乾」と書かれた「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。

      月運のエネルギーは、先月と同レベルで強い状態です。

      ただ、5月は「巳の月」ですから、冲(対面)となる「亥」の方位に月破が付きます。

      なので、乾宮に入る六白金星は月破殺がつく月となります。

      周囲からも六白金星の存在感が高まる月運に恵まれます。

      乾宮が担当する人間関係は「目上や権威者」ですから、そのような方との関り増える傾向があるでしょう。

      ただ、物事の変更により、想定外の事柄が起こりやすい月運です。

      外的な変更は臨機応変に対応することで経験値が高まるので、ネガティブに捉えずに取り組みましょう。

      衝突は極力避ける方が無難

      方針の変更や予定変更が、強制的で自分の望まない方向へ進んでしまう事に理不尽さを感じるかもしれません。

      しかし、それを理由に感情的な衝突を起こしても建設的な解決策は見つかりません。

      感情よりも建設的な具体策を見つけましょう。

      俯瞰力を高め、客観的な思考を発動させると良いでしょう。

       

      六白金星 6月 運のエネルギーと運気

      6月5(芒種)日から7月6日まで

      6月 吉神 月盤

      乾宮6月の六白金星は、上記図の「兌」と書かれた「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。

      月運のエネルギーは、下降し始めますが。

      人との関りを通じて楽しみ多き月運に恵まれます。

      パブリックな事柄で忙しかった状況が落ち着き、プライベートがリアルに充実できる月です。

      恋愛運も好調ですから、レジャーや趣味を通じて出会いのチャンスを増やしましょう!

      悦楽に恵まれる

      プライベートが充実し、楽しみ事に恵まれる月ですが…

      言葉の扱いには細心の注意を払うようにしましょう。

      パンチの効いた冗談は控えた方が良いでしょう。

      また、言葉足らず(情報不足)はトラブルの元となるので、必ず確認を取るように心掛けることでリスクがグッと下がり、月運の運気による幸福感が増します。

       

      六白金星 7月 運のエネルギーと運気

      7月7日(小暑)から8月6日(節分)まで

      7月 吉神 月盤

      兌宮7月の六白金星は、上記図の「艮」と書かれた「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。

      7月は「未の月」ですから未に月建がつき、その対面となる丑に月破が付きます。

      なので、艮宮に入る六白金星に月破が付く月となります。

      そもそも、変化運となる月にですから、想定以上の変化が起こり対応に追われるかもしれません。

      変化の不安を解消

      人は変わることを好まない生き物ですから、外部から変えさせられることは出来たら避けたい気持ちになるでしょう。

      ただ、変化は季節が変わる事と同じようなモノとして捉えて対応する必要があるでしょう。

      とは言え、内容次第では楽観的ではいられない状況となるかもしれません。

      そのような場合、その問題に対して、納得いくまでリサーチし、知識を深めると良いでしょう。

      不安の根源は「無知」が原因かもしれません。

       

      スポンサーリンク

      2020年 六白金星の下半期
      2020年8月7日(立秋)から2020年2月2日(節分)まで

      2020年 下半期の月運図

      本命星が回座する宮と運気図の詳細はこちらをご覧ください。

      9月は2020年で最も低調な月運となります。
      その月を境に運気は上昇トレンドとなります。
      さらに11月から12月の運気は好調で
      2020年の仕上げのシーズンとなるでしょう。

      六白金星 8月 運のエネルギーと運気

      8月7日(立秋)から9月6日まで

      8月 吉神 月盤

      艮宮8月の六白金星は、上記図に「離」と書かれた「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。

      この宮は一日で一番日差しが降り注ぐ場所を表し、そこに六白金星が入るので輝き華やかな運気となります。

      人前に出て話す機会が増えたり、これまでの成果が表面化し、人々の目に触れる機会も増えるでしょう。

      感性をクリエイティブに活かす月

      感性が高まり、その刺激が頭脳の働きを活性化させてくれます。

      しかし、感性を感情に発動させると創造性を低下させます。

      なので、自分の感情をコントロールすることがポイント!

      吉神に恵まれる月を有意義に活用しましょう。

         

        六白金星 9月 運のエネルギーと運気

        9月7日(白露)から10月7日まで

        9月 吉神 月盤

        離宮9月の六白金星は、上記図に「坎」と書かれた「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。

        月運のエネルギーとして今年(2020年)で最も低調な月運となります。

        六白金星の場合、坎宮と対面となる離宮に五黄土星が入るので、このタイミングには必ず暗剣殺が付きます。

        体調管理をしっかり行い、疲れは溜めないように心がけて下さい。

        思考が言葉となり行動を促す

        この時期は、マイナス的な思考が発動すると、それが言葉となって発してしまう傾向があります。

        しかし、愚痴や不満は自己洗脳を促すので、うっぷんが晴れるどころか…逆効果となります。

        イライラした気持ちが現れたら、自分を胡麻化すのではなく「自問自答」してみましょう。

        自分を客観的に捉えることで、イライラの根源が顕現かするでしょう。

           

          六白金星 10月 運のエネルギーと運気

          10月8日(寒露)から11月6日(節分)まで

          10月 吉神 月盤

          坎宮10月の六白金星は、上記図の「坤」と書かれた「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。

          10月を境に月運は上昇運気へ入ります。

          風通しの良い月運に恵まれ、人との交流の機会にも恵まれます。

          地に足が付いた思考

          先月の自問自答を通じて自己受容に大きな効果があらわれ、落ち着いた思考が促されます。

          その効果から得られる安定感が「安心感」となるので、あらゆる方面で良いご縁を引き寄せます。

             

            スポンサーリンク

            六白金星 11月 運のエネルギーと運気

            11月7日(立冬)から12月6日まで

            11月 吉神 月盤

            坤宮11月の六白金星は、上記図の「震」と書かれた「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。

            この宮は、朝日が昇る東の宮ですので「万物が目覚める」「芽吹き」を担います。

            さらに、11月から2021年の序章となる月運ですから、2021年の兆候が見え始めます。

            もう既に月運は2021年に向かっているので、この時期に顕現化した事柄は2021年に繋がる事柄であると捉えても良いのです。

            堅実な歩み

            この時期の六白金星は反応が素早く、敏感に行動したい気持ちで心が揺れる時期となりますが…

            パッションだけでロケットスタートするよりも、石橋を叩いて渡るぐらいの堅実的な思考が良い結果に繋がる開運マインドです。

            「念には念を入れよ」です。

            決して運気が悪い時期ではなく、むしろ高運月で好機に恵まれています。

            ただ、2021年に繋がる運気ですから、確実な結果を手に入れることを心掛けたい!

               

              六白金星 12月 運のエネルギーと運気

              12月7日(大雪)から2021年1月4日まで

              12月 吉神 月盤

              震宮12月の六白金星は、上記図の「巽」と書かれた「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。

              この宮は、物事が調うことを担う宮です。

              11月は、これまでの行動の結果が具体的に調うチャンスに恵まれる月運です。

              いよいよ勝負の月

              何事も結果に繋げる恵まれた月運が巡ります。

              最高の運気に恵まれた一年の中で最も交渉事に良いタイミングです。

              このタイミングを有意義に活かしてください!

                 

                六白金星 2020年1月 運のエネルギーと運気

                2021年1月5日(小寒)から2月2日(節分)まで

                1月 吉神 月盤

                巽宮九星気学において、年運は2月の節分で終わり、新たな年運は2月の立春から始まります。

                従って、1月は世間的には「ニューイヤー」ですが、まだ2020年の年運が漂っています。

                2021年1月の六白金星は、上記図の「六」と書かれた「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。

                この宮は、物事が結果に対する「答え」が現れる宮です。

                ただ、その答えは「物事の終わり」となる「答え」でなく、さらなる完成度高める為のヒントが沢山含まれています。

                ここで得た、ヒントは2021年に課題でもあります。

                   

                  方位神

                  各月に記載している盤は「月盤」で、その中の八方位に書かれているのが「方位神」です。

                  方位神は九星術から生じた神々です。

                  吉星が巡る方位に吉神が入ると、その方位に出向いたり物事を起こすと良いとされています。

                  また、吉神と本命星が同じ宮に入ると、その吉神の恩恵が得られます。

                  吉神

                  天道(てんどう)

                  天の道(お天道様)から福徳を受けると言われ、凶を転じ吉と化す。
                  思いがけない偶然によって天の助けを得られる

                  天徳(てんとく)

                  あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  天徳と天道は同じ宮を巡るので各月の月盤中には「天道」とまとめて記入しています。

                  月徳(げっとく)

                  陰の徳。陰の援助。天道よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  各月の月盤中には「月」と記入しています。

                  天徳合(てんとくごう)

                  天道天徳の合神。天徳よりワンランク落ちますが、あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  各月の月盤中には「天合」と記入しています。

                  月徳合(げっとくごう)

                  天徳月徳の合神。月徳よりワンランク落ちますが、陰の徳。陰の援助。あらゆる凶を吉に変え産み育てる徳がる。
                  各月の月盤中には「月合」と記入しています。

                  生気(しょうき)

                  活力と気力を与えてくれる。
                  気分が乗らない、やる気が起こらないは吉星(相生)が巡る方位に「生気」がつくタイミングに用いると良い。
                  各月の月盤中には「生」と記入しています。

                  月空(げっくう)

                  活力を得るための知恵を与えてくれる。
                  各月の月盤中には「空」と記入しています。

                   

                  九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

                  2020年 縁起のいい日カレンダー

                  縁起のいい日
                  開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
                  あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

                   

                  六白金星 関連コンテンツ

                  2020年 六白金星の運勢

                  九星気学 2020年 六白金星の運勢と開運吉方位六白金星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 六白金星の運勢」御覧下さい。

                  六白金星の月運

                  九星気学 六白金星 運勢カレンダー

                  毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

                   

                  六白金星 吉方位カレンダー

                  一目で見つかる!毎日の吉方位

                  この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
                  本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

                  六白金星 2020年 吉方位カレンダー

                  この記事は、生まれ月別で作成しています。
                  下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

                  六白金星 2021年 吉方位カレンダー

                  この記事は、生まれ月別で作成しています。
                  下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

                   

                  節入り前に生まれた方へ

                  誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
                  九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
                  下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
                  九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
                  従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

                  戌年 未年 辰年 丑年
                  1958年(昭和33)
                  2月4日 16:50~
                  1959年(昭和34)
                  2月3日まで
                  戊戌年
                  1967年(昭和42)
                  2月4日 21:31~
                  1968年(昭和43)
                  2月4日まで
                  丁未年
                  1976年(昭和51)
                  2月5日 1:40~
                  1977年(昭和52)
                  2月3日まで
                  丙辰年
                  1985年(昭和60)
                  2月4日 6:12~
                  1986年(昭和61)
                  2月3日まで
                  乙丑年
                  1994年(平成6)
                  2月4日 10:31~
                  1995年(平成7)
                  2月3日まで
                  甲戌年
                  2003年(平成15)
                  2月4日 15:06~
                  2004年(平成16)
                  2月3日まで
                  癸未年
                  2012年(平成24)
                  2月4日 19:23~
                  2013年(平成25)
                  2月3日まで
                  壬辰年
                  2021年
                  2月4日 0:00~
                  2022年
                  2月4日まで
                  辛丑年

                   

                  関連記事(一部広告含む)

                  コメントは受け付けていません。

                  サブコンテンツ

                  このページの先頭へ