六白金星 2020年10月の運勢 偶然は必然!きっかけは大事

六白金星 10月 運勢と吉方位
2020年10月8日~11月6日まで六白金星 10月本命星: 南西(坤宮回座)
10月の吉方位:東・北西・西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北東
2020年 六白金星 年盤

 

 

六白金星 2020年10月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

秋の土用期間は、10月20日から11月6日までです。

この期間中は、北西土用殺方位となります。

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では五黄殺方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

七赤金星が巡る 10月のの祐気エネルギー

  • 恋愛でイニシアチブをとる勇気が湧く
  • 未練や腐れ縁を断ち切り次へ向かう勇気が湧く

 

西

二黒土星が巡る 10月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西暗剣殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 次に向かうイメージが具体化する
  • 価値を生み出す粘り強い努力が高まる

 

北西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北西本命的殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

一白水星が巡る 10月の北西の祐気エネルギー

  • 目標達成に必要な本質的な気づきと精神性を見出す
  • 冷静に物事をとらえて深く考える能力が高まる

10月20日から11月6日までの期間は「土用殺方位(凶方位)」となります。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    六白金星 2020年10月の運勢 ~全体運~

    六白金星 10月「月盤と年盤の関係」
    坤宮回座により四緑同会。巽宮にて八白被同会(上記の年盤と月盤参照)

    10月の月盤では、六白金星は「坤」(方位は南西)と書かれている「坤宮(こんきゅう)」という宮に入ります。

    10月 吉神 月盤

    坤宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「これから上昇の兆し」の月運となります。

    「坎宮」で水面下で計画したこと(思考)を実行に移し、堅実的に構築する運気とされています。

    開運ワードは「努力と忍耐で育む」

     

    2020年の集大成を完成に繋げる取り組みが始まる月

    9月の低調な月運が終わり、10月からは高運期の初動を迎え、運気は徐々に上昇します。

    とは言え、今年(2020年)の六白金星は年運がかなり好調ですから、あまり大きなダメージを感じることはなかったかもしれません。

    ただ、剛健な気質を持った六白金星ですが、内面は意外にも神経質な一面もあるので、気持ちを切り替えて、上昇運気を迎えましょう!

    今年(2020年)の六白金星は、人との関りを通して、出会いから様々な発展を体験されたと思います。

    これまでに得た人脈を確固たる関係に育み、更なる発展に向ける月運に恵まれます。

     

    想定外の発展に繋がる

    今月(10月)の月盤では、六白金星は南西の坤宮に回座しています。

    そして、年盤の坤宮には「通信・信用・整う」事柄を促す四緑木星が一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在中です。

    従って、10月の六白金星は、四緑木星の上に乗る状態となるので「四緑同会」の月となります。

    四緑木星は自然界では「風」を象徴するので、六白金星の人柄や能力など噂が風に乗って広がります

    さらに! 今月(10月)から高運期に入り、11月・12月共に天道が巡るので光を浴びる「明るい運気」を迎えます

    9年周期で巡る「盛運の年」の集大成を「完成」に繋げる「高運期(10月~12月)」ですので、この時期の「情報・学び・気づき」などは、六白金星の方が持ち合わせていない能力や知識かもしれません。

    今月(10月)の六白金星は従順性が高く、まるで乾いたスポンジが水を吸収するように吸い取り、そして育む能力も高まっているので、このチャンスを大いに活用しましょう。

    今後、必ず迎える「完成」に必要な「知力・財力・ご縁」となる可能性は大いにあるので、固定概念にとらわれず、素直に取り入れてみましょう!

    ただ、必ず六白金星にとって都合の良い評判だけが広がるとは限りませんから、利己的な打算は慎み、執着に囚われない「献身的な活動」を心掛けて下さい。

    もともと、公明正大な気質を持った六白金星ですから、その人柄を活かすことで周囲の応援も得られます

     

    六白金星 10月の日運グラフ

    10月7日から22日まで
    六白金星 10月の日運グラフ

    10月23日から11月6日まで
    六白金星 10月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

    六白金星 10月の仕事運

    仕事運

    2020年を迎え、昨年(2019年)までの世の中が遠い昔のように感じるぐらい社会情勢がガラリと変わりました。

    これまでの方針や意識のままでは対応しきれない状況になりつつあります。

    今月(10月)の六白金星は、今後のことを見据えて組織や自分自身を育てる月運がめぐるので、この機運を大いに活かしましょう。

    この機会に「緊急性は引くが、重要なこと」に取り組と良いでしょう。

    今月(10月)は、オンライン・オフラインなど様々な方法で発生した「ご縁」を通して、発展に繋がる「情報やきっかけ」を得る可能性が高い月運に恵まれます。

    今まで自分には無関係だと思っていた分野からの刺激が起爆剤となるので、様々な業種の方との交流を試みると良いでしょう。

    日々の仕事の取組みにおいては「引継ぎは丁寧に!」

    「お任せ」のような「引継ぎ」どこかでフィルターが掛かりシャレにならない伝言ゲームになるかもしれません。

     

     

    六白金星 10月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今年(2020年)の六白金星は「交際・縁談」を促す「巽宮(そんきゅう)」という南西の宮に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在しているので、年間通して出会いや紹介のチャンスに恵まれています

    巽宮を定位置とする、巽宮の主である四緑木星と同会する月ですので、月運においても「交際・ご縁・整う」といったチャンスに恵まれます

    とは言え、月の運気としては「育み」の時期ですので、現れたご縁に迷いを感じることもあるでしょう。

    自分の中で発生した「迷い」は、自分自身が解決するしかないのですが…

    その発生の根源が「打算」であれば、こじらせる可能性を高めるかもしれません。

    何事も拡散する月ですから「誠実さ」を心掛けて下さい。

    現在、交際中で結婚を考えている方は結婚に向けて具体的に行動を起こす良い月です。

    パートナーの家族に会う、若しくはパートナーを家族に紹介する絶好のタイミングです!

     

    スポンサーリンク

    六白金星 10月の金運

    金運

    基本的に六白金星の方は、強い決断力を持っているので「迷う」ことはあまりないのですが…

    今月(10月)の六白金星の方は「迷い」があらわれる傾向があります。

    買い物の際に勧められた商品を買ってしまったり…

    ネットサーフ中にポチっと押した広告から、うっかり購入したり…

    その程度のことなら、金額も少額なので問題ないのですが。

    高額な商材や投資などの情報は注意してください。

    決して「騙される」ような運気ではないのですが。

    今月(10月)の六白金星は良くも悪くも「出会い」が多く、今時の「出会い」のきっかけは「情報」ですので、しっかり精査することを意識的に行いましょう。

     

    2020年 六白金星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 六白金星に相応し金運財布と購入日

    金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    六白金星 10月の健康運

    健康運

    10月は秋の土用(10月8日~11月6日)があり、季節の変わり目であります。

    過ごしやすい季節ではありますが、日中の温度差や日によっても気温の変化も大きい時期です。

    なので、風邪を引かないように心掛けて下さい。

    疲れをためると免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。

    今月(10月)の六白金星は運気上昇の影響から仕事も忙しくなるので、規則正しい生活習慣を心掛けて下さい。

    疲れたら、栄養を取るよりも「休養(睡眠)」をしっかり取るとる方が効果が期待できます

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 10月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    六白金星 関連のコンテンツ紹介

    2020年 六白金星の運勢

    九星気学 2020年 六白金星の運勢と開運吉方位六白金星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 六白金星の運勢」御覧下さい。

    六白金星の月運

    九星気学 六白金星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    六白金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    六白金星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    六白金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    戌年 未年 辰年 丑年
    1958年(昭和33)
    2月4日 16:50~
    1959年(昭和34)
    2月3日まで
    戊戌年
    1967年(昭和42)
    2月4日 21:31~
    1968年(昭和43)
    2月4日まで
    丁未年
    1976年(昭和51)
    2月5日 1:40~
    1977年(昭和52)
    2月3日まで
    丙辰年
    1985年(昭和60)
    2月4日 6:12~
    1986年(昭和61)
    2月3日まで
    乙丑年
    1994年(平成6)
    2月4日 10:31~
    1995年(平成7)
    2月3日まで
    甲戌年
    2003年(平成15)
    2月4日 15:06~
    2004年(平成16)
    2月3日まで
    癸未年
    2012年(平成24)
    2月4日 19:23~
    2013年(平成25)
    2月3日まで
    壬辰年
    2021年
    2月4日 0:00~
    2022年
    2月4日まで
    辛丑年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ