六白金星 2019年10月の運勢 変化を受容して好機に活かす

六白金星 10月 運勢吉方位
10月8日11月7日まで
変化運の月

六白金星 10月 運勢と吉方位

年盤の吉方:なし
月盤の吉方:北・南天道
年盤・月盤共に吉方:なし

2019年六白金星の年盤

六白金星 10月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

月盤のみの吉方位ですので、いずれも移動距離は近距離です。

八白土星が巡る 10月の北の祐気エネルギー

  • 探求力が向上し、目標に向けて忍耐強く努力を積み重ねる力が沸き上がる
  • 人間関係の再構築でご縁が深まる(人脈の再構成)

南(天道

七赤金星が巡る 10月の南の祐気エネルギー

  • クリエイティブ能力が高まる。
  • 恋愛運アップ

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

六白金星 生まれ月別(月命星)10月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

六白金星 2019年10月の運勢 ~全体運~

2月(立春)から年運・月運ともに新たに始まり、毎月九つの星が巡ります。

2月からスタートして9ヵ月目となる10月は丁度9つ目ですから、月運は一回り、そして年運は「終盤」となります。

季節おいても、10月8日(23時05分)から寒露に入り「秋の収穫」もたけなわとなり、次の季節を迎える「季節の変わり目」となります。

チェンジがチャンスに!意識は2020年へ

今月(10月)は、六白金星にとっても「運気の変わり目(節目)」となります。

周囲の環境や状況、または本人の心情の変化が起こりやすい月運となります。

今年(2019年)も終盤となる10月ですから、この時期に起こる変化は「2020年に向けた変化であります。

天地がひっくり返るような大変化じゃなくても、小さなマイナーチェンジも含めて、公私ともに様々なシーンで起こります。

小さな変化も含めて2020年に繋がっているので、変化への気づきを未来発展に意識づけることが今月(10月)のテーマであります。

しかし、変化を拒んだり、自分の都合に合わせて変化を起こすような「変化」は良い結果には繋がりません。

今月(10月)の変化は、2020年に繋がっているので「変化を拒む」ことは「発展と成長」を止めてしまうかもしれません。

たとえ、安定を手に入れても…その後には、ゆっくりと衰退へ向かうことになります。

なので、この時期に現れる「変化」は成長と発展を促す「チャンスのチェンジ」と、前向きに捉えることがポジティブ感情を促し、開運を向かいます。

来月(11月)は、これまでの努力や活動の成果が評価される月運に恵まれます。

周囲の人々からも色んな意味で「注目を浴びる状況」となりますから、色んな意味での「整理整頓」を、この時期に行うのがベストタイミングです。

「木を見て森も見る」繊細な観察力と俯瞰力に恵まれる月運です。

その運気と能力を活かして、これまでの「価値」や「方針」に拘らず、「改善」すべき点を見つけ「変化を刷新へ」促しましょう!

来年(2020年)の六白金星は、9年に一度だけに訪れる「福運」(何事も調う努力が開花する)を迎えますから、目先の利益や気分次第の「変化」は起こさないことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 10月の仕事運

九星気学 仕事運

職場では環境や方針が変わったり、段取りや手順が変わるなどの変化が起こり、その対応に振り回されているような気分になるかもしれません。

仕事の進捗状況においても、手間が増えたり、融通が利かないなどの状況が起こる為、思ったように仕事が進まない事で焦りを感じるかもしれません。

しかし、「焦り」はパフォーマンスを下げる原因になりますから、一旦立ち止まって冷静になる、そして、もう一段階深く考えてみると良いでしょう。

今月(10月)の月運は、「一旦停止、再始動」を活用することが良い結果に繋がる秘策でもあります。

取引や交渉ごとにおいては、相手の状況や利益など深く観察しすることで有益な情報を入手する可能性が期待できます。

偏った考えや拘りは手放してみる必要があるようです。

この時期の六白金星は心情の変化が起こりやすい月運ですから、目の前の困難から逃げる為に「転職」を思いつくかもしれません。

ただ、何事も「自己都合」で物事が変わることはありません。

「対応力」や「適応力」を養う方が、お金で買えない「知的財産」となります。

 

 

六白金星 10月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

「変わる」「節目」の月運となる10月です。

恋愛だけに関わらず、人間関係全般において「変化」が起こるかもしれません。

目に見える変化があれば、目に見えない「心の変化」も起こりやすい月運です。

「変化」は、これまでと違う状況となる事が「変化」ですから、良いも悪いもありません。

例えば…

独身で恋活中の活動中だが…何となくマンネリを感じている方は、行動パターンを変えてみたり、プロフィールやアピール方法を変えてみるなどの行動を起こすことで、思いがけない出会いに巡り合うかもしれません。

カップルの場合、マンネリが悪化して疎遠となったり、昔の恋人と復活愛?!

など、「変化の彩」は、人それぞれです。

いずれにしても「変化」をきっかけに状況や関係を「好転」させることも可能な月運です。

ただ、今月(10月)の六白金星の方は、状況やお相手を疑い過ぎると疑心暗鬼に陥る可能性が少々あるようです。

疑うよりも「相手を深く理解する」「状況を深く調べる」ことで「事実」をしっかり確認すると良いでしょう。

来月(11月)の月運は、先見の明に恵まれ、目の前が明るく、ビジョンが見える運気となります。

今月(10月)は、母親との関りが良好で開運パーソンですから、母親と一緒に神社仏閣めぐりに出かけてみると良いでしょう。

母親との世間話の中で「気づき」が見つかり、その刺激が良い変化を促すかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 10月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

今年(2019年)の六白金星は、積極的に自己成長することがテーマとなる一年ですから、新たなチャレンジに挑む気持ちが運気を大きく上昇させる開運行動となります。

その年運の終盤となる10月は、発展と前進を歩みつつ、整理と改善の必要性も現れる頃でしょう。

発展と成長においては、とにかく「投資」なしでは「発展と成長」は見込めません。

なので、今年は何かと投資による出費も多かったと思います。

そろそろ、今後に向けて「見込み」を立てるぐらいのデータが集まる頃ですから、具体的な計画を立ててみましょう。

今月(10月)の六白金星は、物事を現実的に捉え、計画を立てる能力に恵まれる運気で蓄財欲も高まっています。

この機会に改めて、今後必要となる固定費を見直してみると良いでしょう。

「塵も積もれば山となる」ですから、ランニングコストの見直しは重要ですし、後の金運アップに貢献します。

 

 

六白金星 10月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

10月は季節においても、秋から冬に変わり始める時期で、10月21日から秋の土用に入り11月7日に土用が明けます。

この様な時期は、日中の寒暖の差が激しいので体調管理はしっかり心掛けましょう。

変化運となる月運を利用して、いい加減止めたいと常々感じている「悪習慣」を普通の「習慣」に変えるような取り組みを試みると良いでしょう。

希望としては、「間食を食べる癖を止めて運動する」ような素晴らしい習慣が理想なのですが…

長年培った習慣化がコロッと変えられる人間は、この世の中に殆どいないと思います。(^^)

さらに、全く行動の異なる「食べる→運動」なんてストレスの原因に繋がりかねません。

なので、食べる行動は同じでも「内容」を変える「置き換え」で「悪習慣」を「普通の習慣」にするだけの「変化」で健康増進に繋げると良いでしょう。

例えは、「ジャンクフードをフルーツにする」それだけでも、ビタミンや食物繊維を自動的に摂取でき健康的な食生活になります。

悪習慣を置き換えて「良い習慣」に変えるコツは、行動や使う体の部位が同じで内容だけを変えることがポイント!

10月から12月に掛けて健康管理が健康運アップの底上げに繋がります。

 

スポンサーリンク

 

2019年 六白金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

六白金星 20192019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢と月運運勢バイオリズム

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 六白金星の月運バイオリズムグラフ

六白金星 2019 バイオリズムグラフ飛躍と成長の年!有意義に活かして2020年に繋げたい!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー 開運福来るinfo

 

六白金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

戌年 未年 辰年 丑年
1958年(昭和33)
2月4日 16:50~
1959年(昭和34)
2月3日まで
戊戌年
1967年(昭和42)
2月4日 21:31~
1968年(昭和43)
2月4日まで
丁未年
1976年(昭和51)
2月5日 1:40~
1977年(昭和52)
2月3日まで
丙辰年
1985年(昭和60)
2月4日 6:12~
1986年(昭和61)
2月3日まで
乙丑年
1994年(平成6)
2月4日 10:31~
1995年(平成7)
2月3日まで
甲戌年
2003年(平成15)
2月4日 15:06~
2004年(平成16)
2月3日まで
癸未年
2012年(平成24)
2月4日 19:23~
2013年(平成25)
2月3日まで
壬辰年
2021年
2月4日 0:00~
2022年
2月4日まで
辛丑年

六白金星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

六白金星 2020年 日盤 吉方位カレンダー

六白金星 2021年 日盤 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ