八白土星 2020年10月の運勢 今年一番の追い風に乗る

八白土星 10月 運勢と吉方位
2020年10月8日~11月6日まで八白土星 10月本命星: 南東(巽宮回座)月破
10月の吉方位:南西・東・西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:なし
2020年 八白土星 年盤

 

 

八白土星 2020年10月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

秋の土用期間は、10月20日から11月6日までです。

この期間中は、北西土用殺方位となります。

 

南西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

六白金星が巡る 10月の南西の祐気エネルギー

  • 努力の成果や勤勉な人柄が「評判」となって情報が広がる
  • 予期せぬ出会いがご縁となって物事が発展する

「一日で60日分の日盤吉方の日」

10/9(金)、10/18日(日)、10/27日(火)、11/5日(木)です。

月盤と日盤が同じ盤(九紫中宮)ですので、この日だけ南西で六白の気が高まります。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

但し、7月生まれ・10月生まれの方は除きます。(月命殺もしくは月命的殺の為)

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では五黄殺方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

七赤金星が巡る 10月のの祐気エネルギー

  • 恋愛でイニシアチブをとる勇気が湧く
  • 未練や腐れ縁を断ち切り次へ向かう勇気が湧く

 

西

二黒土星が巡る 10月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西暗剣殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 次に向かうイメージが具体化する
  • 価値を生み出す粘り強い努力が高まる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

八白土星 2020年10月の運勢 ~全体運~

八白土星 10月「月盤と年盤の関係」
巽宮回座により六白同会。乾宮にて一白被同会(上記の年盤と月盤参照)

10月の月盤では、八白土星は南東(辰巳)に「巽」と書かれている「巽宮(そんきゅう)」という宮に入ります。

10月 吉神 月盤

巽宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「高運中の盛運」となります。

「万事調う」事柄を担い、幸運は外から訪れます。

開運ワードは「奉仕的活動」

 

大きく蓄えた知識・体験などの能力を活かす

今月(10月)の八白土星は、高運期中で最も高運となるピークを迎えます。

2020年の月運では最も高い運気となります。

八白土星の思い通りに物事が進み、そして具体的な結果へ繋がり、何事も調う運気です。

なので、何事も積極的に行動することが開運に繋がります。

しかし、にわかレベルの活動で積極的に行動しても結果に繋がり辛く、中途半端な能力では通用しないかもしれません。

逆に、これまでに積み上げた経験や学びが、たっぷり蓄えられた状態であれば、その能力を十分に発揮することが出来ます

この時期は、商談や交渉事によるチャンスに恵まれます。

ただ、商談や交渉事だけに限らず、人との関りにおいては「駆け引き」は必須であり重要です。

その際に一歩も譲らない強硬な態度をとると、ご縁の基盤となる人間関係そのものが不調和となる可能性を高めるかもしれません。

公明正大な判断と行動がポイント!

今月(10月)の八白土星は「繁栄と整う」を促す「巽宮(そんきゅう)」という宮に滞在するので、その吉象意を活かす機運に恵まれます。

ただ、今月(10月)は「戌月」ですから「戌の方位」から180度反対の方位である「辰の方位」に「月破」が付くので八白土星はその影響を受けます。

従って、繁栄や物事を整える事柄に何らかの障害が入るかもしれません。

しかし、この障害は「諦め」を促すために発生する障害ではなく、むしろ更なるレベルアップを促すための「刺激」です。

なので「邪魔や障害」と捉えず「諦めないマインド」が必要であり、突破する為の重要な思考です。

とは言え、頑固に諦めない態度を主張すると拮抗状態となり、ちょっとした刺激で崩壊します。

一人で強行突破させようとせず、周囲の人々(出来るだけ沢山の人)を味方につけて、タッグを組んでトライすると良いでしょう。

周囲の協力や応援が「人望の証」となり、公明正大さが大きく伝わります。

今年(2020年)の八白土星は「天」を象徴する乾宮に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在しています。

天のエネルギーは「使命」でもあります。

そのエネルギーを最大限に活かして「組織力」に貢献する一年です。

今月(10月)は、乾宮の主である「六白金星」と同会する月でもありますから、大いに活躍されることをお祈りしています。

同会吉方の月

今月(10月)の八白土星は六白と同会する月です。

八白にとって六白は吉星で、六白は南西に回座しているので「10月の南西は同会吉方」となります。

八白土星は、年盤上の同会吉方は発生しませんから、月盤上の同会吉方が発生したら積極的に用いることをお勧めします。

特に! 10月9日(金)、18日(日)、27日(火)、11月5日(木)は月盤と日盤が同じ九紫中宮となるので、南西で六白の気が高まります。

10月の節入り後すぐの10月9日を推奨します。(10/20~11/6まで土用期間

 

八白土星 10月の日運グラフ

10月7日から22日まで
八白土星 10月の日運グラフ

10月23日から11月6日まで
八白土星 10月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 10月の仕事運

仕事運

今月(10月)の八白土星は「風」を象徴する「巽宮」に入ります。

風は全に流動性をもたらすので、経済・物流・信用(人気)を活性化させます

従って、社会的な事柄に大きく影響し、具体的な結果へ促します。

今年(2020年)の年盤では「巽宮」に「完成」を象徴する六白金星が一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在しているので、巽宮の気を活かすには「本物」でなければなりません。

本物とは「嘘や偽りがなく、見た目以上でも以下でもなく実質を備えている」ことを言います。

なので、技量や器は人ぞれぞれとなるので、そのレベルに応じた機運に恵まれます。

しかし、知識・財力・人徳がしっかり蓄えられているのであれば、その能力を最大限に発揮することで、ビジネスチャンスと人脈が広がるので、積極姿勢で「風」の勢いに乗りましょう!

月運エネルギーが強い月で、自分よりも格上の人物と関わる機会もなります。

その影響から権威者へ忖度する意識が高まるかもしれませんが、自分を支えて下さる人々にも意識を向けるようにしましょう。

仕事を依頼する際は、その人の人柄だけでなく能力をしっかり見極めた上で依頼するようにして下さい。

 

 

八白土星 10月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(10月)は、これまでの活動の結果が具体化させるチャンスが巡ってきます。

それは、人との関りを通して促されますから、恋活中の方にとってはチャンスに恵まれる月となるでしょう。

様々なコミュニティに参加したり、SNS上で活動されていた方は、デートのお誘いが増えたり、積極的にアプローチする気持ちも盛り上がります。

また、紹介運も高まる月ですので、イベントに誘われたら積極的に参加する良いでしょう。

「偶然の出会い」も期待できそうです。

婚活なら具体的に「仲人」を通して活動されることをお勧めします。

現在、交際中の方は「物事が整う機運」に恵まれるチャンス月を活かして、具体的に結婚へ向けて活動されると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 10月の金運

金運

今年(2020年)の八白土星は、年間通してお金の出入りが激しくなる一年です。

今年一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在している宮は「乾宮」は「度胸や勝負」を高めるので、金銭面にその傾向が現れると、費用対効果の分析もせずに投資したり、分析を行っていても精神論で乗り切ろうとするかもしれません。

しかし、2021年は次のステージに向けて意識を向ける年運に入りますから、今までのような金銭感覚から意識を切り替えることも視野に入れておきましょう。

今月(10月)は、強い月運に恵まれているので金銭の巡りも激しくなるでしょう。

その激しさに振り回せれることなく、しっかり費用対効果を分析して、シビアに決断する意識を維持しましょう!

 

スポンサーリンク

 

2020年 八白土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 八白土星に相応し金運財布と購入日

秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 10月の健康運

健康運

強い月運の影響もあって、健康面においては概ね良好です!

夜遅くまで残業するよりも、朝からしっかり活動する方が効率が良いので、朝イチから即活動できるように前日からしっかり準備を整えておきましょう。

しっかり睡眠をとることが健康運アップに繋がりますので、就寝前の飲食は控える方が良いでしょう

健康に自信があっても無理を重ねて、疲れをためないようにして下さい。

体調を崩すと完治まで時間が掛かるかもしれません。

 

スポンサーリンク

九星気学 10月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 関連のコンテンツ紹介

2020年 八白土星の運勢

九星気学 2020年 八白土星の運勢と開運吉方位八白土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 八白土星の運勢」御覧下さい。

2020年 八白土星の月運

八白土星 2020年の運勢バイオリズムグラフ

八白土星2020年バイオリズムグラフ年間通して強い運気に恵まれる!
八白土星 2020年 バイオリズムグラフで有意義な好機を創る

詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

 

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ