二黒土星 2020年10月の運勢 趣味やレジャーで充実

二黒土星 10月 運勢と吉方位
2020年10月8日~11月6日まで二黒土星 10月本命星: 西(兌宮回座)
10月の吉方位:南西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西
2020年 二黒土星 年盤

 

 

二黒土星 2020年10月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

秋の土用期間は、10月20日から11月6日までです。

この期間中は、北西土用殺方位となります。

 

南西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西は殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

六白金星が巡る 10月の南西の祐気エネルギー

  • 努力の成果や勤勉な人柄が「評判」となって情報が広がる
  • 予期せぬ出会いがご縁となって物事が発展する

「一日で60日分の日盤吉方の日」

10/9(金)、10/18日(日)、10/27日(火)、11/5日(木)です。

月盤と日盤が同じ盤(九紫中宮)ですので、この日だけ南西で六白の気が高まります。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

但し、7月生まれ・10月生まれの方は除きます。(月命殺もしくは月命的殺の為)

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

月命星も加味した吉方が知りたい方は、表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

生まれ月別(月命星)の吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事にジャンプします。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    二黒土星 2020年10月の運勢 ~全体運~

    二黒土星 10月「月盤と年盤の関係」
    兌宮回座(西)により九紫同会。離宮にて四緑被同会(上記の年盤と月盤参照)

    10月の月盤では、二黒土星は「兌」(酉の方位)と書かれている「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。

    10月 吉神 月盤

    兌宮(西)は、喜悦を担当する七赤金星の本座(定位置)です。

    主に「口(くち)」に関わる事柄を担当するので、「会話、飲食」を通じて人々と集い、楽しむことを象徴します。

    また、西の宮ですので季節としては「実りの秋」に通じ、現代的には「収穫=お金」とされています。

    なので、兌宮は本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ、成果を手に入れた後の「宴」のような運気となります。

    開運ワードは「次のステージに向けて不足を認め補う」

     

    趣味を楽しむ!人と集う!プライベートを満喫!

    9月の二黒土星は課せられる責任や自分が望む成果が高いなど、様々な思いと強い月運のエネルギーの威力もあり、非常に忙しい月でした。

    今月(10月)に入り、その忙しい状態から解放され、充実したプライベートな時間を楽しめる月運が巡ります。

    飲食や会話を楽しむ機会が増えるので、お誘いがあれば積極的に参加すると良いでしょう。

    また、ご本人も意識的にコミュニティに参加したい!人と集いたい!と、いった気持ちが高まる月ですので、自ら積極的に仲間を集めたり、イベントに参加してみましょう!

    趣味や同じような立場、または同じような志を持っているなどの共通点を通じて友好の輪が広がるでしょう。

     

    固定観念に囚われず寛容に!

    今月(10月)に回座する月盤の「兌宮(だきゅう)」は、「喜悦」を担う宮ですので「悦び・娯楽・趣味・飲食・会話」などの楽しみ事に恵まれる月となります。(月盤上の二黒土星)

    そして、今年一年間の状況を表す年盤上の「兌宮」には、一年間の福徳を司る神「歳徳神(恵方)」と、五黄の陰となる「暗剣殺」がつき、九紫火星が回座しています。(九紫同会)

    九紫火星(年盤)の上に二黒土星(月盤)が乗るので、今月(10月)の二黒土星は「九紫同会」となります。

    なので、九紫火星が担う主な象意(現象)「頭脳明晰・情熱・華麗・名誉名声・精神」による影響を積極的に活用する月運が巡ります

    人と集い、楽しみながら知識が強化されることで、素晴らしい知恵が湧いてくるかもしれません。

    また、知性と精神性も高まり、次へ向かうビジョンもハッキリ頭に描かれるような刺激も受けるでしょう。

    ただ、この時期の二黒土星は自分の思いとは異なるカタチで他者に伝わるような「すれ違い」が起こるかもしれません。

    今年の二黒土星は一年間(2月立春から翌年2月節分まで)九紫火星の定位である、南の「離宮」という宮に滞在しています。

    そして、10月の月盤では「離宮」に四緑木星が回座するので、年盤上の二黒土星の上に月盤上の四緑木星が被る状態となります。(四緑被同会

    被同会「良くも悪くも受動的なカタチで運気に影響する」ので暗剣殺を背負った四緑木星による影響も受けます。

    様々な事柄が複雑に絡むのですが…

    大まかなに表すと「誤解・行き違い」と言った現象が現れる可能性があるので気に留めておくと良いでしょう

     

    承認欲求を手離そう!

    今月(10月)の二黒土星は九紫同会の影響により、気持ちが情熱的になりやすいようです。

    「熱意」は真面目さ、誠実、親切など様々な思いを伝えるときに重要なエネルギーなので、とても重要です。

    ただ、その思いを「認めてほしい」といった強い「承認欲求」に発動すると、今月(10月)に回座する「兌宮」の凶象意である「不平・不満・悪口」といったカタチで現れます

    なので、自分の思う「良かれ」と他者が「求めている事」とが合致しなかった事が起こっても、他責的に捉えないことが開運マインドに繋がります。

     

    二黒土星 10月の日運グラフ

    10月7日から22日まで
    二黒土星 日運エネルギーグラフ

    10月23日から11月7日まで
    二黒土星 10月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    二黒土星 10月の仕事運

    仕事運

    今月(10月)は「人と繋がる、人と集う」といった事柄においては良好なのですが。

    「議論や提案」といった事柄においては、相手に伝えきれていない感覚を抱くかもしれません。

    仕事において「正確に伝える」ことは重要な作業ですので、丁寧な説明が大切になります。

    ただ、同じ説明を何度も繰り返すよりも「グラフで表す」とか「動画」などを駆使して伝える工夫を行いましょう。

    演説やプレゼンテーションのような、沢山の人に理解してもらい、説得する機会も発生しやすい月運です。

    また、頭脳明晰な月運に恵まれているので、この機会に「見せ方」「伝え方」を学んでみましょう

    その際に心理学や脳科学と言った分野も取り入れてみると良いでしょう。

    相手を実体や本心などの情報を入手するのも良いですが、相手から学ぶスタンスの方が良い結果に繋がるかもしれません。

    自分の意見や主張を押し付けるとトラブルを引き起こす可能性を高まるので気を付けて下さい

     

    二黒土星 10月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(10月)の二黒土星は、交友関係が広がる月運に恵まれるので積極的に活動しましょう!

    趣味やコミュニティに参加して、軽くフラットなスタイルで人との繋がりが広がると友人関係が広がります。

    その広がった交友関係の中から、異性との出会いも期待できます

    「運」は、自らが「運ぶ!」

    要するに行動することで動き出しますから「活動」なくして結果はありません。

    先ずは、友達づくりから始めましょう!

    現在、交際中の二黒土星の方は、パートナーに対し「良かれ」と思った施しと、相手が求めている内容と噛み合わないことが生じるかもしれません

    この時期は「パートナーのために…」色々考えるよりも、自分自身を人間としてより高い段階へ上昇させる「学び」に情熱を向ける方が良いでしょう。

    人は一生懸命に取り組んでいる姿が素敵ですし、輝いています

    その姿を得意げに見せつけるのではなく、自然に「楽しんでいる人」を見ると人は自然に引き付けられます

    ただし、「認めて欲しい」といった下心が現れると輝きは失われます。

     

    スポンサーリンク

    二黒土星 10月の金運

    金運

    趣味やレジャーを通して交友関係が広がる月運に恵まれているので、交際費による出費が多くなるかもしれません。

    今年(2020年)の二黒土星は九紫火星の定位置である、南の「離宮」という宮に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在しているので、年間通して「華やかさ・高級・最高」といったモノやクオリティーを求める傾向があります。

    その感覚が金銭面に現れると高級志向へ向かうので金銭感覚が派手になります。

    知識や技術の習得や学びに必要な自己投資なら良いのですが…

    自分が使いこなせる技量以上のハイスペックなモノを揃えても使いこなせないと意味がありません。

    その様な状態に陥っている二黒土星、そうではない二黒土星…様々な二黒土星の方がおられると思います。

    いずれにしても、来月(11月)からは月運における転換期に入りますから、「お金」そのものに対して意識を切り替えることで、転換期を前向きに活用することが出来ます

    自分の得意な事や趣味・知識などを活かして副業の始め方を調べたり、模索してみるのも良いでしょう。

    投資金額は限りなく「0円」で、趣味の延長であれば気持ちもラクなので、良い知恵も浮かぶでしょう。

     

    スポンサーリンク

    2020年 二黒土星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 二黒土星に相応し金運財布と購入日

    秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    二黒土星 10月の健康運

    健康運

    楽しみ多い月ではありますが…

    全体運でも述べましたが。

    主に人体の「口(くち)」を担う七赤金星の本座となる「兌宮」に回座しているので、今月(10月)は飲み過ぎ、食べ過ぎに注意しましょう!

    月運のエネルギーとしても衰退気味ですので、休養をしっかり確保することを心がけて下さい。

    体はしっかり休んでいる状態でも、お菓子をつまんだり、お酒をのんだり、ダラダラ何かを食べると「臓器」は働いています。

    なので、本当の休養は「消化器系」もしっかり休めることも意識して下さい。

    人間は「消化吸収」にも「体力」を使っています

     

    スポンサーリンク

     

    2020年 二黒土星の運勢

    2020年二黒土星の運勢

    二黒土星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら二黒土星 2020年の運勢」御覧下さい。

    二黒土星の月運

    九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    二黒土星の性格と生涯運

    二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

    九星気学 10月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    二黒土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    二黒土星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    二黒土星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    二黒土星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    寅年 亥年 申年 巳年
    1962年(昭和37)
    2月4日 16:18~
    1963年(昭和38)
    2月3日
    壬寅年
    1971年(昭和46)
    2月4日 20:26~
    1972年(昭和47)
    2月3日
    辛亥年
    1980年(昭和55)
    2月5日 1:10~
    1981年(昭和56)
    2月3日
    庚申年
    1989年(平成元)
    2月4日 5:27~
    1990年(平成2)
    2月3日
    己巳年
    1998年(平成10)
    2月4日 9:57~
    1999年(平成11)
    2月3日
    戊寅年
    2007年(平成19)
    2月4日 14:18~
    2008年(平成20)
    2月3日
    丁亥年
    2016年(平成28)
    2月4日 18:46~
    2017年(平成29)
    2月3日
    丙申年
    2025年2月3日
    23:11~
    2026年2月3日
    乙巳年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ