四緑木星 2020年10月の運勢 謙虚さで頭脳活動能力が高まる

四緑木星 10月 運勢と吉方位
2020年10月8日~11月6日まで四緑木星 10月本命星: 南(離宮回座)天道暗剣殺
10月の吉方位:北西・北東

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:
2020年 四緑木星 年盤

 

 

四緑木星 2020年10月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

秋の土用期間は、10月20日から11月6日までです。

この期間中は、北西土用殺方位となります。

 

北西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北西死気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

一白水星が巡る 10月の北西の祐気エネルギー

  • 目標達成に必要な本質的な気づきと精神性を見出す
  • 冷静に物事をとらえて深く考える能力が高まる

10月20日から11月6日までの期間は「土用殺方位(凶方位)」となります。

 

北東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北東本命的殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

三碧木星が巡る 10月の北東の祐気エネルギー

  • 問題解決となるヒントが得られる
  • 停滞や困難から脱する勇気とヒラメキが得られる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

     

    四緑木星 2020年10月の運勢 ~全体運~

    四緑木星 10月「月盤と年盤の関係」
    離宮回座により二黒同会。坤宮にて六白被同会(上記の年盤と月盤参照)

    10月の月盤では、四緑木星は午に「離」と書かれている「離宮(りきゅう)」という宮に入ります。

    10月 吉神 月盤

    離宮は南に位置する宮ですので、陽の光を浴びる宮とされています。

    「陽の光」は物質的な事柄だけでなく、人々からの注目や称賛といった「輝かしさ」を象徴します。

    開運ワードは「謙虚さと品格」

     

    天からの光を受ける

    今月(10月)の四緑木星は、南の「離宮(りきゅう)」という宮に回座します。

    「南」ですから、陽の光が当たる明るい場所で、さらに!今月(10月)は「天道(てんどう)」と言う「お天道様」の光が当たる月となります。

    ただ、北の「坎宮」に五黄土星が回座するので、四緑木星が回座する南の「離宮」に暗剣殺が付きます。

    従って、強い光と陰の影響を強く受ける一ヵ月(10/8~11/6)となります。

    この光は、スポットライトのように四緑木星を輝かせますから、あらゆる事柄で周囲から注目を受ける月運が巡ります。

    ただ、その注目は「あらゆる事柄」ですので、良くも悪くも注目されるでしょう。

    また、光は全ての物や事象をハッキリ表しますから、隠れていた事やあえて隠していた闇の部分が表面化しやすい状態となります。

    周囲から称賛を得られたり、その反面、批判的な言葉を受ける事もあるかもしれません。

    批判に関しては、言葉を発した方の「ねたみ(羨ましくて悔しい気持ち)」の現れです。

    この時期の四緑木星は、とても輝いていから「仕方ない事」として処理して、気にしないようにしましょう。

     

    感性が冴える月

    今月(10月)の月盤では四緑木星は「離宮」に回座します。

    離宮を本座(定位置)とする、離宮の主のような星は「九紫火星」です。

    九紫の「9」は陽数(奇数)の至高、そして「紫」は最高を表す色、「火星」は「炎=情熱」を表します。

    従って、この時期の四緑木星は頭脳明晰で先見の明も高まりますから、状況を考慮してあらゆる視点から物事をみたり、判断できる能力が高まります

    その反面、優れた感性が「感情」に刺激すると冷静さを失い、物事を主観的に捉え、表現や主張が感情的なカタチで現れます。

    四緑木星はバランスが整っている状態を好むタイプですので、このような極まった自分自身の状態は少々苦手かもしれません。

    なので、バランスが整っている状態を維持させるマインド「謙虚さと感謝」を意識的に発動させると良いでしょう。

    そうすることで、自らの感情に翻弄されることなく、頭脳活動が活性化され、更に「明智(めいち)」に恵まれた月運を有意義に活用することが出来るでしょう。

    本命星(四緑)が離宮に回座する時期は、次のステージはステップアップするタイミングでもあります。

    とは言え、一か八かの勝負する意味ではなく、ビジョンを描き、それに向けて思考する時期なのです。

    情報や知識・経験などを駆使して、今後の社会情勢を見据えビジョンを描きましょう。

    そして、全体(組織・家庭)にとって良い判断を下すために活用する運気なので「明智」を最大限に活かしましょう!

     

    冷静さを促す一白の吉方を活用!

    10月の月盤では一白水星が巡る「北西」が吉方です。

    一白水星は「水性の星」なので、冷却と浸透・溶解を促します。

    さらに! 四緑木星にとっては「親星」となるので、四緑木星にエネルギー与えてくれます

    主に「落ち着き」と物事を深く知る「探求」のエネルギーを得られるので、10月の四緑木星(燃え上がる情熱と明智)とは逆のエネルギーですが、この作用によってバランスが整いベストな気が保たれます。

    10月20日から11月6日までは土用期間なので、北西が土用殺方位となるので万人の凶方位となるので、土用期間は避けて下さい。

     

    四緑木星 10月の日運グラフ

    10月7日から22日まで
    四緑木星 10月の日運グラフ

    10月23日から11月6日まで
    四緑木星 10月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 10月の仕事運

    仕事運

    今月(10月)は少々理不尽さを感じるような出来事が四緑木星に被るかもしれません。

    しかし、この時期に人間関係で対立や何らかのトラブルが起こると厄介で火消しも大変です。

    そこで、四緑木星の長所である「調和の精神」を心掛けることが開運行動となります。

    元々、四緑木星が持っている気質ですから上手に活かすことが出来ます

    この時期の四緑木星は頭脳明晰で先見の明も長けているので、何事においても人よりも先回りすることが出来るのですが…

    それが、万人に通用するとは限りません。

    なので、人のために行った活動や思いが他者にはあまり響かず結果に結びつかないかもしれません。

    他者への思いが過度に働くと「コントロールする気持ち」が現れ、それがヒートアップすると怒りの感情に火をつけるので危険ですので自分の心の調和も意識的に行いましょう。

    また、過度な承認欲求も感情を荒立てる元となるので帰属意識を高まることを心掛けて下さい。

    今月(10月)の四緑木星は良いアイデアがひらめく月運に恵まれています。

    そのアイデアを理解してもらうためには丁寧な解説とプランニングがとても大切で重要なポイントとなります。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 10月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(10月)四緑木星が回座する「離宮」による代表的な象意(現象)は「離合集散」ですので、人間関係では出会いと別れが頻繁に起こりやすい運気となります。

    とは言え、「別れ=悲しい出来事」ではなく、むしろ前向きに「距離を置く」ことで良い結果に繋がることもあります。

    恋愛や人間関係は、人と人との関りで成り立つ事柄ですので「感情」による影響が大きく左右します。

    「感情のコントロールが重要」なのですが、強制的に圧力をかけて「感情」に蓋をしてもモヤモヤするだけです。

    なので、如何なる状況でも「自責思考」を保つことで、「他責思考」から発生した自分の感情に振り回されないようにすると良いでしょう。

    また、この時期は極力、主観的な思考は控えて何事も太極に捉えるように心掛けることで、恋愛だけに関わらず人間関係を通して自己成長に繋がります

    現在、交際中の方はパートナーには優しさと思いやりを心掛けるようにして下さいね。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 10月の金運

    金運

    今月(10月)に回座する離宮は「頂上」を表しますから、満たされていな何かを満たそうとする傾向が現れやすくなります。

    その現れ方は人それぞれで大小様々です。

    それが物欲に現れると購買意欲が高まり、買い物でストレス解消を図ろうとするかもしれません。

    そのような感覚がない方は問題ないのですが、お買い物好きの方は今月は必要最低限の買い物だけに抑えることをお勧めします。

    頭脳明晰と先見の明が高まる月運を活用して、この機会に経済を学んでみるのも良いでしょう。

    社会情勢が大きく変わろうとしている今こそが旬かもしれません。

     

     

    2020年 四緑木星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

    秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    四緑木星 10月の健康運

    健康運

    月運エネルギーとしては衰退期に入っており、感受性が高まる分だけ神経も使っています。

    学ぶ意識が高まり、頭脳の働きも良いのですが、その情報を吸収するために一番使う部位が「目」です。

    なので、その疲れが顕著に表れるのが眼精疲労なので、疲れ目が現れたら速やかにアイケアを行いましょう

    疲れ目を放置したまま酷使すると頭痛に繋がるかもしれません。

     

     

    2020年 四緑木星の運勢

    2020年四緑木星の運勢

    四緑木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら四緑木星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 四緑木星の月運

    九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    九星気学 10月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    四緑木星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    子年 酉年 午年 卯年
    1960年(昭和35)
    2月5日4:23~
    1961年(昭和34)
    2月3日まで
    庚子年

    1969年(昭和44)
    2月4日 8:59~
    1970年(昭和45)
    2月3日まで
    己酉年
    1978年(昭和53)
    2月4日 13:27~
    1979年(昭和54)
    2月3日まで
    戊午年
    1987年(昭和62)
    2月4日 17:52~
    1988年(昭和63)
    2月3日まで
    丁卯年
    1996年(平成8)
    2月4日 22:08~
    1997年(平成9)
    2月3日まで
    丙子年
    2005年(平成17)
    2月4日 2:44~
    2006年(平成18)
    2月3日まで
    乙酉年
    2014年(平成26)
    2月4日 7:03~
    2015年(平成27)
    2月3日まで
    甲午年
    2023年
    2月4日 11:43~
    2024年
    2月3日まで
    癸卯年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ