四緑木星 2020年8月の運勢 人間関係豊かに育つ悦びの月

四緑木星 8月 運勢と吉方位
2020年8月7日~9月6日まで四緑木星 8月本命星: 西(兌宮回座)
8月の吉方位:南東・北西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:
2020年 四緑木星 年盤

 

 

四緑木星 2020年8月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南東

一白水星が巡る 8月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南東殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 新たな取引先やご縁に恵まれる
  • ご縁や人脈を深く繋がるチャンスに恵まれる

 

北西

三碧木星が巡る 8月の北西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北西死気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 人生のパラダイムシフトとなり得るチャンスを見出す能力が高まる
  • 高い目標を目指す勇気が湧く

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

 

四緑木星 2020年8月の運勢 ~全体運~

四緑木星 8月「月盤と年盤の関係」
兌宮回座により七赤同会。坤宮にて八白被同会(上記の年盤と月盤参照)

8月の月盤では、四緑木星は「乾」と書かれている「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。

8月 吉神 月盤

兌宮は、喜悦を担当する七赤金星の本座(定位置)です。

主に「口(くち)」に関わる事柄を担当するので、「会話、飲食」を通じて人々と集い、楽しむことを象徴します。

また、西の宮ですので季節としては「実りの秋」に通じ、現代的には「収穫=お金」とされています。

なので、兌宮は本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ、成果を手に入れた後の「宴」のような運気となります。

開運ワードは「次のステージに向けて不足を認め補う」

 

人生の軸を支える根は家庭で育つ

今月(8月)の四緑木星は、「悦び・飲食・趣味」に関する事柄が盛り上がり楽しみ多い月運となります。

連休やお盆休みなどの休暇が多い月。

そして、「夏」ならではのイベントが楽しめるシーズンです。

趣味で集まる仲間と集い、野外でバーベキューを楽しむ機会もあるでしょう。

ただ、今月(8月)は、家庭外の人間関係よりも「家庭」に意識を向けて頂きた月であります。

四緑木星の天象は「風」で、主な雑相は「信用・取引・旅行」ですから、意識的には内(家庭)よりも外(社会)に向きやすい気質を持っています。

社会に風を起こし、人と人を繋ぎ、発展と成長を担う使命を果たす為には、軸がしっかり根付いている状態でなければなりません。

また、今年(2020年)の四緑木星は、今後の発展において大事な「育みの年」です。

人生の基盤となる「家庭」は、その人の根の部分を表します。

大地にしっかり根を張るためには「家内安全」であることがベストな状態です。

今月(8月)の月盤では、本命星(四緑)は、「悦び・趣味」など喜悦的な事柄を担う「兌宮」(方位は西)に一ヵ月(8月立秋から9月6日まで)滞在するので、楽しみ多い月となるのですが。

その月運を大いに活用して「家族を楽しませる」ことに活用することをお勧めします。

口調は優しく穏やかに…

年盤の兌宮(西)には一年間(2月立春から翌年2月節分まで)、九紫火星が滞在しいるので、九紫に乗っかる状態となります。(九紫同会)

「華々しい感情表現と頭脳・知恵」を担う九紫火星の気を用いるので、場の雰囲気が明るくなり、頓智の効いた会話が提供できるでしょう。

ただ、気を付けたいのが…

小言を言い始めると言葉にトゲが現れ、口調もきつくなり、口論に発展するかもしれません。

そもそも、人間の長所と短所は表裏一体です。

「几帳面が長所なら、短所として表現すると神経質」というように表裏一体なので、個人の主観で白黒決めるのではなく、全部ひっくるめて「個性」として捉えると良いでしょう。

個性を認め合うことで、安全で居心地の良い家庭が営まれ、そこに人生の軸を支える根が大きく育ちます。

 

四緑木星 8月の日運グラフ

8月7日から22日まで
四緑木星 8月 日運グラフ

8月22日から9月6日まで
四緑木星 8月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 8月の仕事運

仕事運

今月(8月)の四緑木星は、「言葉・コミュニケーション」の扱いが重要なポイントとなります。

説明や連絡などのコミュニケーション不足は問題を起こす可能性を高めるので「報告・連絡・相談」と共に「確認と復唱」を行うことをお勧めします。

今月(8月)の四緑木星は、思考力や理解力が高まる月運に恵まれているので「一聞いて十知る」ことが出来ても、他者はそうではありません。

なので、正しく伝わったか? 正しく理解されているのか?

それは、四緑木星がしっかり確認する必要があります。

それを怠ると「言った」「聴いてない」の水掛け論となります。

確実に「役割を果たす」為にもコミュニケーションは重要です。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 8月の恋愛運

恋愛運・人間関係

趣味やレジャーを通して交友関係が広がる月運に恵まれているので、飲食のお誘いも多くなるでしょう。

恋活中の方は積極的に活動することをお勧めします。

パーティーなどのお酒の席では、会話がはずみ楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

普段の四緑木星の方は、場の雰囲気や空気を読んで言葉を選ぶのですが…

今月(8月)は、うっかり発した言葉が想像以上に相手の心に刺さる傾向があります。

指摘的な発言や主観的な表現は控えて、話が盛り上がっている状態なら聞き役に徹した方が良いでしょう。

ご夫婦やカップルの場合、四緑木星の方が主導権を握り、都合よく主従関係をつくり上げると家庭内がギクシャクして、仕事など多方面に影響が出るかもしれません。

来月(9月)は、2021年に迎える「発展と飛躍の運気」に向けての転換となる変化運の月を迎えます。

なので、この時期に家庭内を整えておくことは開運に繋がります。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 8月の金運

金運

今月(8月)は交際費による出費が多く発生する傾向があります。

夏は楽しいイベントが多い季節ですから、季節柄と交友関係が活発になる運気とあいまって仕方ないでしょう。

ただ、見栄を張ったり、物欲を満たすためにお金を使うと…

後の支払いに苦労するかもしれません。

今月(8月)は「離」を象徴する九紫と同会する月ですから「離」の気を活用して「不必要なモノを手離す」ような事に取り組んでみると良いでしょう。

過去に集めたコレクションなど、家の中で眠っている「不要な物」をメルカリなどに出してみると、ちょっとしたお小遣いになるかもしれません。

 

 

2020年 四緑木星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    四緑木星 8月の健康運

    健康運

    飲食のお誘いが増える月なので、食生活が乱れたり、暴飲暴食に注意してください。

    お酒の飲み過ぎは、脱水症状を起こし、睡眠にも良い影響を与えません。

    良質な睡眠が得られないと夏バテにも繋がります。

    著しく体調を崩すような運気ではありませんが。

    月運エネルギーとしては衰退へ向かっているので日頃の食生活や生活習慣を乱さないことが健康運低下させない事に繋がります。

    眼精疲労による頭痛に注意!

     

    四緑木星 2021年の運勢 飛躍の機運は挑戦がもたらす

    2021年 辛丑 四緑木星の運勢

    真の自立に向けて泥臭い挑戦で才能発揮
    四緑木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

    九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    2021年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

       

      九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

      記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

      九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

      記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      四緑木星 関連のコンテンツ紹介

      2020年 四緑木星の運勢

       

      四緑木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら四緑木星 2020年の運勢」御覧下さい。

      2020年 四緑木星の月運

       

      四緑木星 吉方位カレンダー

      一目で見つかる!毎日の吉方位

      この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

      本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

       

      四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

      この記事は、生まれ月別で作成しています。

      下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

      この記事は、生まれ月別で作成しています。

      下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      子年 酉年 午年 卯年
      1960年(昭和35)
      2月5日4:23~
      1961年(昭和34)
      2月3日まで
      庚子年

      1969年(昭和44)
      2月4日 8:59~
      1970年(昭和45)
      2月3日まで
      己酉年
      1978年(昭和53)
      2月4日 13:27~
      1979年(昭和54)
      2月3日まで
      戊午年
      1987年(昭和62)
      2月4日 17:52~
      1988年(昭和63)
      2月3日まで
      丁卯年
      1996年(平成8)
      2月4日 22:08~
      1997年(平成9)
      2月3日まで
      丙子年
      2005年(平成17)
      2月4日 2:44~
      2006年(平成18)
      2月3日まで
      乙酉年
      2014年(平成26)
      2月4日 7:03~
      2015年(平成27)
      2月3日まで
      甲午年
      2023年
      2月4日 11:43~
      2024年
      2月3日まで
      癸卯年

       

      関連記事(一部広告含む)

      コメントは受け付けていません。

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ