四緑木星 2019年7月の運勢 好機到来!GIFTを活かして運気アップ

四緑木星 2019年7月
運勢吉方位
7月7日
(小暑)~8月7日まで
四緑木星 7月 吉方位【月盤】本命星:震宮(東)天道
グレー:凶方位

年盤の吉方:北西・西
月盤の吉方:南・南西
年盤・月盤共に方位:なし
(移転・引越しの吉方位)

2019年の年盤2019年四緑木星の年盤2019年の吉方:北西・西

四緑木星 7月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

7月の吉方位月盤のみの吉方位ですので移動距離は近距離です。

南西

三碧木星が巡る…7月の南西の祐気エネルギー

  • 物事を従順に受け入れ、自己の才能開花が促される
  • 持久力が漲る
  • 発想力向上
  • 祐気アイテム:お酢。出先で手に入れると祐気効果アップ

一白水星が巡る…7月の南の祐気エネルギー

  • 学習能力が向上する
  • 研究熱心になり物事の本質を知る力が身に付く
  • 祐気アイテム:地酒。出先で手に入れると祐気効果アップ

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)7月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

7月の土用(土旺用事)

2019年7月の土用期間:7月20日から8月7日

  • 夏の土用期間中は、南西土用殺方位(凶方位)となるので中長距離移動の旅行や引っ越しは避けた方が無難です。
  • 日盤吉方は土用期間中に南西へ向かうのは大丈夫ですが「土いじり」は避けて下さい。
  • 土用の間日:7月22・29・30・8月3日(必要最低限の「土いじり」ならOKの日)詳細記事は、こちら をご覧ください。
  • 土用の丑の日:7月27日

 

2019年 運勢関連記事

 

四緑木星 2019年7月の運勢 ~全体運~

2019年上半期終盤となる7月に突入します。

先月(6月)から、パワーがみなぎり始め、今月(7月)は「ブチ抜く」運に恵まれる月です。

 

2019年の四緑木星は、今後9年間の未来を創る「基盤づくりの一年」です。

その一年の最中でも「発展と成長」の恩恵が得られるのです。

自己実現に向けて、ヤルベキことや目標に向かう為に「基盤づくり」に取り組む中でチャレンジしたい事があれば、積極的にチャレンジするタイミングとしては相応しい月運に恵まれています。

この時期の四緑木星を植物に例えると…

種子が芽吹くとき、かたい殻をブチ破って「芽を出す」ようなイメージ。

そのタイミングが、今月(7月)ですから、自分の殻を破って飛び出す勇気が必要になるでしょう。

しかし、「勇気」だけでは足りません。

環境も必要なのです。

四緑木星は「木性」の星、元素としては「木」であります。

木が成長するには、肥えた土地に根付き、水と日光も必要ですよね。

従って、人としての四緑木星には、様々な要素からの協力を得られてグイグイ成長します。

四緑木星は、協調性に優れた気質を持っていますから、その持って生まれた才能を活かすことで良い結果に繋がります。

四緑木星 7月 運勢Gift=持って生まれた「天性(天賦)の才能」のこと

「風」を担う四緑木星

今月(7月)の月盤では、四緑木星は東にある「震宮(しんきゅう)」という宮に入ります。

この宮は、「発展と成長」を担う宮で、種子が「芽吹く」ような成長を表します。

その様子を人の運気に表すと「何事も顕現へ向かう」運気に恵まれる。

ここでいう「芽吹き」は、本命星が持っている「天性(天賦)の才能」を活かすことが最も効果的で、有益な結果へ繋がります。

さらに四緑木星は「風」を担う星ですから、その要素も「天性(天賦)の才能」です。

「風」は情報を運びますから、人々の意見や要望を集め、そして空気(トレンド)を読むことで更に風が起こる。

風が起こることで、滞ることなく「人や物そしてお金」が動きます。

今月(7月)は、四緑木星に光(天道)が当たりますから、周囲の人々もその光を欲しています。

なので、需要と供給がマッチするエネルギーを集めて、「発展と成長」のチャレンジへ発動させましょう!

この恵まれた運気は、「天性(天賦)の才能」を活かすことが重要!

そして、このタイミングは宇宙からの粋な計らいです。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 7月の仕事運

九星占い 仕事運

新たな事柄や環境が「開運の扉」かもしれません。

今月(7月)の四緑木星は、芽吹きの運気ですから、何事も「新たに目が出る」ことが起こりやし運気なのです。

なので、仕事では新たな案件が発生したり、新たなチーム編成で人の環境が変わったり、様々なことが起こるでしょう。

その「新規事」が、四緑木星の才能発揮を促します。

対外的に新規事がない場合は、自らが自主的に「芽を出す」ことを始めると良いでしょう。

  • スキルアップや資格習得の為に新たな学びを始める
  • 自己啓発的な刺激を自らが積極的に受ける

今月(7月)の四緑木星は、震宮に入りますから「震(ふるえる)」がテーマです。

この「震」は蓄積したエネルギーを放出するための「震」です。

なので、このエネルギーを活かすことで企画やアイディアが沸き上がってきます。

周囲の意見や客観的な反応も必要になりますが、率直にアイディアを表現してみましょう。

きっと、素晴らし風が起こり、今年(2019年)の高運期の波に乗るでしょう。

 

 

四緑木星 7月の恋愛運

九星占い 恋愛運

新たなご縁に恵まれる運気でありますが、逆に新たな事柄がご縁のきっかけとなる場合もあります。

いずれにしても「新規事」が影響して状況が発展する運気です。

なので、新たなご縁を求めている方は、新たな取り組みは始めて見ると良いでしょう。

直接的に「出会い」目的でなくても、趣味や学びなどのコミュニティに参加したり、ボランティア活動のようなコミュニティも良いでしょう。

そのコミュニティの中で新たな恋のパートナーが見つかるかもしれません。

今月(7月)の四緑木星は、頭脳の回転が速く、その思いが表現に現れやすい傾向があります。

素敵な人が見つかったら、軽くアプローチしてみると良いでしょう。

お返事の結果が思い通りの結果でなくても、サラッとした気持ちでいられる運気にですからストレスを感じることはないでしょう。

ただし、あまりにも軽率な発言や表現は控えましょう。

親しい人との会話では、少々ストレートな表現になる傾向が現れやすい運気です。

なので、自分の価値観を押し付けるような表現は、お相手にストレスを与えかねないので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 7月の金運

九星占い 金運

2019年の四緑木星は「基盤づくり」の年ですから、「自分づくり」に投じることは「基盤づくり」に直結します。

その基盤づくりの最中に迎える今月(7月)は、自分の天性(天賦)を発揮(芽吹く)するチャンスに恵まれる月運です。

なので、自分の資質を高めるような学びや活動に資金を投じてみる良いでしょう。

大きな目標であれば、あるほど、結果は遅れますが、必ず現れます。

そもそも今年(2019年)は、地下(自分の内側)でエネルギーがたまる運気ですから、自分の「価値」を高めるような取り組みは、結果的に運気の底上げに繋がります。

何事も投じることでリターンが発生し、それが後に実りとなって得られます。

本物の「金運上昇」の元づくりのタイミングに相応しい月運です。

 

 

四緑木星 7月の健康運

九星占い 健康運

「早起きは三文の徳」といいますが。

今月(7月)は、正にそのとおり!

「早起き」が運気を上昇させる開運行動であり、そして健康増進にも繋がります。

7月は日照時間が長く、朝の4時頃には外が明るいですねよ。

今月(7月)は、可能な限り朝早く起きて、朝日を浴びるようにしましょう。

この時期の四緑木星は、「覚醒」が早ければ早いほど、頭脳の回転に貢献します。

ただ、脳は非常にコストの掛かる臓器ですから、ストレスも感じやすいかもしれません。

夜は早めに就寝するようにして、ストレスの蓄積を回避しましょいう。

7月の運気アップパワーフードは、柑橘系・葉物野菜・木の実などのナッツ類。

 

スポンサーリンク

 

2019年四緑木星の運勢とを繁栄に向ける!開運法

四緑木星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

四緑木星 2019年 バイオリズムグラフ

2020年から始まる高運期に向けて!基盤を固める大切な2019年

四緑木星 バイオリズムグラフ2019年の流れを知る!
2019年の月運バイオリズムはこちらの記事で紹介しています。

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー 開運福来るinfo

 

四緑木星 月の運勢

四緑木星 運勢

 

四緑木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

子年 酉年 午年 卯年
1960年(昭和35)
2月5日4:23~
1961年(昭和34)
2月3日まで
庚子年

1969年(昭和44)
2月4日 8:59~
1970年(昭和45)
2月3日まで
己酉年
1978年(昭和53)
2月4日 13:27~
1979年(昭和54)
2月3日まで
戊午年
1987年(昭和62)
2月4日 17:52~
1988年(昭和63)
2月3日まで
丁卯年
1996年(平成8)
2月4日 22:08~
1997年(平成9)
2月3日まで
丙子年
2005年(平成17)
2月4日 2:44~
2006年(平成18)
2月3日まで
乙酉年
2014年(平成26)
2月4日 7:03~
2015年(平成27)
2月3日まで
甲午年
2023年
2月4日 11:43~
2024年
2月3日まで
癸卯年

四緑木星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ