四緑木星 2020年9月の運勢 変化は転換の機運

四緑木星 9月 運勢と吉方位
2020年9月7日~10月7日まで四緑木星 9月本命星: 北東(艮宮回座)天道
9月の吉方位:南東・西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:
2020年 四緑木星 年盤

 

 

四緑木星 2020年9月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南東

九紫火星が巡る 9月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南東殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 権威者からの引き立てに恵まれる
  • 教養や知識の活性化し知恵に恵まれる

 

西

三碧木星が巡る 9月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西暗剣殺方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • コミュニケーション力が高まる
  • 新たな発見や発想力が高まり趣味や好きなことを通して金運に恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

     

    四緑木星 2020年9月の運勢 ~全体運~

    四緑木星 9月「月盤と年盤の関係」
    艮宮回座により一白同会。坤宮にて七赤被同会(上記の年盤と月盤参照)

    9月の月盤では、四緑木星は丑寅に「艮」と書かれている「艮宮(ごんきゅう)」という宮に入ります。

    9月 吉神 月盤

    艮宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ「変化」の月運となります。

    開運ワードは「変化を受け入れる」

     

    周囲から持ち込まれる「変化」によって「転換の機運」となり2021年に繋がる

    今月(9月)の四緑木星は、環境・方針・システムなど様々な「変化」によって新たな事柄発生する月運となります。

    この変化は、来年(2021年)に向かうための「転換」でもあるので、変化を拒まずに受け入れると良いでしょう。

    来年(2021年)の四緑木星は、「顕現と成長」の気が高まる年を迎えるので、自らを奮い立たせ積極的に活動する「チャレンジの年」を迎えます。

    計画や対策がないまま「出たとこ勝負」でチャレンジするより、この「転換の機運」を活かして、刷新に繋がる変化に繋げましょう。

     

    東洋思想では、世界は「天の気」「人の気」「地の気」の三つから構成すると考えら、それを「三才観」といいます。

    • 「天の気」は、宇宙(天)が発する気のことで「十干」で表し10種類あります。(9月は「乙」)
    • 「地の気」は、大地が発する気のことで「十二支」で表し12種類あります。(9月は「酉」)
    • 「人の気」は、人間が発する気のことで「九星」で表し9種類あります。(9月は「一白」)

    このように各々がグルグル歯車のように回るのですが。

    「人の気」は、9サイクルなので「宇宙(天)や大地」より回転が速いことが理解できると思います。

    年の始め(1月~3月)に流行ったこと(物)が、随分前の事のように感じるのは「人の気」が発する事柄なので、色あせてしまうのも早いのでしょう。

    毎年11月立冬から巡る「人の気(九星)」は、既に2021年の「天の気」「地の気」を意識した「人の気」が漂います。

    なので、9月の転換による「変化」を拒むと現状維持バイアスに囚われる事になるかもしれません。

    今月(9月)の四緑木星には、天からの陽があたる「天道」により「知恵や気づき」に恵まれているので現状維持バイアスに囚われることなく新たな風を敏感に感じるでしょう。

    変化が促す「気づき」でカスタマイズを通して刷新!

    人によっては、大胆に「方向転換」や「進路変更」も起こるかもしれません。

    しかし、転換軸がしっかり人生の硬い岩盤に支えられているのであれば大丈夫です。

    外的な要因で持ち込まれた変化に振り回されることはないでしょう。

    ただ、転換によって意識が変わり、価値観も変わることで「自分に足りない要素(資質)」に気づくようなことを体験するかもしれません。

    今年(2020年)の四緑木星は「育成」を担う坤宮に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在し、今月(9月)は坤宮に「悦び・不満」を担当する七赤が上に乗ります。(七赤被同会)

    なので、一時的に「足らない未熟な自分」に不満を抱くかもしれませんが…

    七赤の吉象意(ポジティブ思想)を活用して「さらなるステージに必要な技や能力を楽しみながら習得する」ような気持ちに切り替えて歩みだしましょう!

    今月(9月)の四緑木星は、物事や気持ちを整理する能力が高まる月運に恵まれています。

    さらに! 心理的な安定と冷静に物事をとらえて深く考える精神性によって、素晴らしい決意を見出すことができるでしょう。

     

    四緑木星 9月の日運グラフ

    9月7日から22日まで
    四緑木星 9月 日運グラフ

    9月22日から10月7日まで
    四緑木星 9月 日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 9月の仕事運

    仕事運

    今月(9月)の四緑木星は、職場や取引先など自分を取り巻く状況に変化が起こる月運となります。

    従って、これまでも考え方や取り組み方では融通が利かないことが発生するかもしれません。

    突然の方針やシステム変更などに若干理不尽さを感じるかもしれませんが…。

    不平不満を抱かず、前向きに捉えて建設的な思考へ繋げましょう。

    今年(2020年)の四緑木星は今後必ず訪れる収穫に向けて「種蒔き」を行い「育む年」の真っ只中です。

    2月立春から半年が過ぎた、この時期に周囲の状況やこれからの予想される事柄などを俯瞰して、整理しながら改めて計画を見直してみると良いでしょう。

    もし、何らかの問題を抱えている状態なら、身の回りをよく見渡してみる良いでしょう。

    俯瞰力が高まる月運に恵まれているので、問題解決に繋がる良い材料が見つかるかもしれません。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 9月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    環境や状況など様々な変化の影響を受けやすい月ですから、四緑木星の心にも何らかの変化が起こるかもしれません。

    今月(9月)の四緑木星は北東の「艮宮(ごんきゅう)」という宮に入ります。(月盤)

    年盤では「情と深く関わる人間関係」を担う一白水星が一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在しているので、9月の四緑木星は一白の上に乗るひと月となります。(一白同会)

    また、今年一年間(2月立春から翌年2月節分まで)四緑木星が滞在している南西の「坤宮(こんきゅう)」には「喜悦と不足」を担う七赤が四緑に被るひと月となります。(七赤被同会)

    一白も七赤も「水=情」が絡む星ですので、「情」によって様々な事柄に派生がおよびやすい月です。

    その一つの例としては…

    パートナーへの依存が高まったり、その反面、満たされない穴(心)を埋める為にパートナー以外の人から供給しようとする気持ちが現れる可能性があります。

    恋愛のみならず、人間関係において発生した「不満」は、自らの心の中から発生する感情です。

    なので、自分の「情」そのものと向き合う良い機会です。

    秘密の恋愛(不倫)や三角関係を清算する良いタイミングとなる月です。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 9月の金運

    金運

    2020年から高運期に入り、今後の発展と成長さらにはその後に得る収穫に向けて具体的に歩みだす「種蒔きの年」を迎えています。

    なので、金銭面においては「投じる」ことが多くなる傾向があります。

    とは言え、堅実に手堅く歩む年運の気を受けているので大勝負に挑むことなく、地味でも確実な経済活動をされていると思います。

    今月(9月)は蓄財意識が高まるものの…

    イマイチ思うような蓄財を成し遂げることは厳しいかもしれません。

    ただ、今後の見通しや経済傾向などを調査したり、家計に対する意識を切り替えることで蓄財に繋がる「根源」を見出すことが出来るでしょう。

    家計レベルなら費用対効果をしっかり計算して、実質的価値に費用なのか?

    その辺りを検討してみましょう。

    先ずは固定費を見直すことで、その効果はかなり期待できるはずです。

    今月(9月)の月盤では、四緑木星は「停止・慎重・積み重ね」を象徴する「艮宮」に滞在するので、この気を大いに利用しましょう!

    「塵も積もれば山となる」その「山(蓄財)」となる基づくりに繋げることが金運アップへ導く開運行動となります。

     

     

    2020年 四緑木星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

    秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    四緑木星 9月の健康運

    健康運

    月運エネルギーとしては、衰退へ向かう時期なので、何事も「やり過ぎない」ことを心掛けて下さい。

    疲れが蓄積すると気持ちも落ち込み、何事にもモチベーションが上がらない状態になるかもしれません。

    今年の夏は猛烈に暑く、9月に入っても残暑が厳しいと思われます。

    その為、冷たいものを摂取する機会も多く、体の内側を冷やしているかもしれません。

    そろそろ、積極的に温かい食事や体を温める食材を摂取するようにしましょう。

    また、初物を食べて次の季節に向けた身体づくりを始めるのも良いでしょう。

    今月(9月)は「継ぎ目・引継ぎ」を象徴する艮宮に滞在し、お天道様の導きが高まる天道月なので、この時期の墓参りは心に穏やかさをもたらし、精神的健康から肉体的健康アップに繋がるでしょう。

     

     

    2020年 四緑木星の運勢

    2020年四緑木星の運勢

    四緑木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら四緑木星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 四緑木星の月運

    九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    九星気学 9月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    四緑木星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    子年 酉年 午年 卯年
    1960年(昭和35)
    2月5日4:23~
    1961年(昭和34)
    2月3日まで
    庚子年

    1969年(昭和44)
    2月4日 8:59~
    1970年(昭和45)
    2月3日まで
    己酉年
    1978年(昭和53)
    2月4日 13:27~
    1979年(昭和54)
    2月3日まで
    戊午年
    1987年(昭和62)
    2月4日 17:52~
    1988年(昭和63)
    2月3日まで
    丁卯年
    1996年(平成8)
    2月4日 22:08~
    1997年(平成9)
    2月3日まで
    丙子年
    2005年(平成17)
    2月4日 2:44~
    2006年(平成18)
    2月3日まで
    乙酉年
    2014年(平成26)
    2月4日 7:03~
    2015年(平成27)
    2月3日まで
    甲午年
    2023年
    2月4日 11:43~
    2024年
    2月3日まで
    癸卯年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ