八白土星 2019年8月の運勢 変化の流れに従って運気アップへ

八白土星 2019年8月
運勢吉方位
8月8日
(立秋)~9月7日まで
八白土星 8月 運勢 吉方位【月盤】本命星:艮宮(北東)
グレー:凶方位

年盤の吉方位:東・北西
月盤の吉方位:北西・西・南
年盤・月盤共に吉方:北西

2019年の年盤八白土星 2019 中宮2019年の吉方位:東・北西

八白土星 8月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

北西

年盤・月盤共に吉方位ですので移動距離は遠距離・引っ越し吉方位 を取ることが出来ます。

六白金星が巡る 8月の北西の祐気エネルギー

  • 金運上昇(融資や事業運営などの資金)
  • 援助運に恵まれる(スポンサーや権威者)
  • 権力者から認められる
  • 6月生まれの方は潜在意識の活性化と開運に繋がるご縁も期待できそう

西

月盤のみの吉方位ですので移動距離は近距離です。

七赤金星が巡る 8月の西の祐気エネルギー

  • 金銭運アップ
    日銭的な金運や副業で発生するお金に恵まれる
  • 恋愛運アップ
  • 趣味や好きなことに集中できる心の豊かさ(充実)を手に入れる
  • 7月生まれの方は潜在意識の活性化を促す効果あり

月盤のみの吉方位ですので移動距離は近距離です。

九紫火星が巡る 8月の南の祐気エネルギー

  • 才能開花に繋がるアイディアに恵まれる
  • 地位や名誉が上昇するチャンスに恵まれる
  • 思考力向上が期待できる
  • 9月生まれの方は潜在意識の活性化を促す効果が期待あり

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)8月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

スポンサーリンク

 

2019年 運勢関連記事

 

八白土星 2019年8月の運勢 ~全体運~

今月(8月)の八白土星は、身の回りや心情などで変化が起こりやすい月運となります。

八白土星は何事においても現実的に捉え、物事を一つ一つ確実に積み上げていく気質を持っていますから、基本的には変化はあまり好きではないのですが…

チェンジをチャンスに変える運を持っています。

なので、これまでに築上げたことに何らかの変化が訪れるということは「チャンスの兆し」として捉えると良いでしょう。

今年(2019年)の八白土星は、これまでに築き上げた事にメンテナンスを施す一年でありますから、今月(8月)に訪れる変化はメンテナンス(改善)に必要な取り組みの一部なのです。

人によっては、まるで賽の河原のように積み上げた成果を崩されたり、または、奪われたような事が起こるかもしれません。

または、しっかり計画を立てていた予定が突然キャンセルになったり…

少々理不尽な妨害に遭ったりするかもしれません。

しかし、それは「見直しを施すチャンス」として、現れた現象として捉えてみましょう。

きっと、このまま強引に進めなくて良かったと思えるかもしれません。

そのような経験の中で、これまでの習慣や拘りを捨てるきっかけとなって「刷新」へ向かうことになるでしょう。

今月(8月)に起こる変化は、自分にとって都合の良い変化ではなくても、流れに従ってみる方が良い結果に繋がるでしょう。

季節が変わると夏の洋服から秋の洋服、雨の日には雨傘をさし、晴れた日には日傘をさすように状況次第でアイテムを変えますよね。

変化の流れ従うことで経験値が高まり、人生を強く生き抜くアイテム(知恵)も増えます。

今月(8月)に大切なポイントは、些細な事ことに執着したり、小さな問題に翻弄されない、ドント構えることができるメンタルが大事。

そして、高い山の頂上で周囲を見渡すような俯瞰力を活かして、冷静に判断すると良いでしょう。

2020年の好機到来に向けて、11月から徐々に月運が上昇します。

好機に向かう前には「変化」が付きものですから、8月は次に向かう展望がイメージ的に見える月運であります。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 8月の仕事運

九星気学 仕事運

突然の人事異動やチーム編成の変更などで職場の環境が変わり、その対応に追われて気持ちが揺らぐような事が起こりやすい月です。

基本姿勢は、変化の流れに従うスタンスを取ると良いでしょう。

職場の人間関係では自分のポリシーなど、譲れない部分もあるかもしれませんが、意地を張らない方が無難です。

職場の仲間や関係者との連携を密にして、仕事に取り組むスタンスが大事です。

一見、事なかれ主義となって、成り行き任せに流されるのでは?ないだろうか…

一体、自分は何処へ向かうのだろう?と、少々不安を抱えてしまうかもしれませんが。

しかし、八白土星は潜在的に変化と共に成長する能力を持っています。

チームの解散や異動などで、これまでのスキルを無駄にすることなく、新たなステップへ歩む「きっかけ」となります。

来月(9月)に入ると自分のヤルベキことが、ハッキリと見える運気に恵まれ、それと同時に気分的にも開放的になるでしょう。

今月(8月)は、感情的になって自らが変化を起こすことは控えた方が良いでしょう。

 

 

八白土星 8月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

今月(8月)は変化運となる月運ですから、人間関係においても変化が起こる可能性があります。

これまで、恋人募集中だった方は、何らかのきっかけで出会いに恵まれる可能性もあります。

「ずーっと、パートナー探ししてます」と、言う方は行動パターンを変えてみると良いでしょう。

この機会に髪形やヘアカラーを変えるなどにイメージチェンジを試みるのも良いでしょう。

今月(8月)の八白土星は、気持ちの切り替えが上手で潔さも際立っています。

マッチングアプリやSNSなどのプロフィールも見直してリライトしてみる事をお勧めします。

親や親戚などの身内からの紹介があれば、積極的にお会いしてみましょう。

今月(8月)の八白土星は俯瞰力を上手に活かす運気に恵まれていますから、冷静に人を見る事が月運に恵まれています。

現在、お付き合いされていて、お相手の家族との関りが増えるかもしれません。

パートナーの家族とのコミュニケーションにおいては丁寧さを心掛けましょう。

また、お相手の家族に対する不満はパートナー言わない事をおススメします。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 8月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

今月(8月)の八白土星は、蓄財意欲が沸き上がる月運に恵まれています。

八白土星は土が積み重なった「山」を象徴する星です。

なので、ことわざにある「塵も積もれば山となる」を違和感なく素直に取り入れます。

それが、金銭感覚に現れますから「コツコツ貯める」ことを苦に思わないのです。

そして、今月(8月)は、八白土星の本座(本来の居場所)となる北東にある「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入りますから蓄財意識が高まる傾向が強まります。

この時期は、予想外の出費が発生しても、安定した家計が保たれます。

さらに、「整理整頓能力」が高まる月運ですから、この機会に毎月支払っている固定費を見直してみると良いでしょう。

今年(2019年)は、見直しを施す一年で、整理力が高まっているので良いタイミングです。

必要以上に契約しているカードは、一つにまとめたり、携帯電話のプランを見直したり、小さな事でも「塵も積もれば山となる」です。

 

 

八白土星 8月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

今月(8月)は「気」の滞りを感じやすくなるかもしれません。

肩こりを感じたら体の滞りサインです。

急に激しい運動を始める必要はありませんが、ストレッチで体を調えると良いでしょう。

簡単なストレス解消法としては、夜寝る前に今日あった「嬉しかったこと」を思い返して3つ書き出す

「スリー・グッド・シングス」を行うと良いでしょう。

その効果は…

  • 幸福感のアップ
  • 不安や落ち込みが減る
  • ストレスの耐性力がアップ

今月(8月)の八白土星は「停止」の象意を上手に活用することで復活を促します。

日々の生活において「停止=睡眠」です。

活動中の記憶を睡眠中に整理されますから、睡眠前の「good thing(グッド・シング)」は、ネガティビティ・バイアスの改善に効果的です。

今月(8月)は、月運における節目ですから、脳の悪い癖を修正して、来月(9月)に迎える頭脳明晰運に繋げましょう。

 

スポンサーリンク

 

2019年 八白土星の運勢を繁栄に向ける!開運法

八白土星 2019年の運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

八白土星 2019年 月運バイオリズムグラフ

2019年 八白土星の月運バイオリズム2019年の月運の流れをしっかり把握して充実を図る!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

八白土星 月の運勢

八白土星 運勢

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

八白土星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ