七赤金星 2019年8月の運勢 励ましの言霊が運気アップに!

七赤金星 2019年8月
運勢吉方位
8月8日
(立秋)~9月7日まで
七赤金星 8月【月盤】本命星:兌宮(西)
グレーは、凶方位

年盤の吉方:東・西
月盤の吉方:北・南西・北西
年盤・月盤共に吉方:なし
(移転・引越し吉方位)

2019年の年盤七赤金星2019年 歳破 巽宮2019年の吉方:西・東

七赤金星 8月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

8月の吉方位月盤のみの吉方位なので、移動距離は近距離です。

一白水星が巡る 8月の北の祐気エネルギー(天道)

  • 交遊関係に恵まれ、結束が深まるご縁に恵まれる
  • 愛情運に恵まれる
  • 子宝に恵まれる
  • 8月生まれの方は潜在意識の活性化を促す効果が期待できる
  • 6月生まれの方はご縁によるチャンスが得られる吉方位

南西

二黒土星が巡る 8月の西の祐気エネルギー

  • 勤勉さが増し持久力アップ
  • 雇用される側の人は良い勤め先が見つかる
  • 雇用主の方は働き者の従業員に恵まれる
  • 地道な努力が報われる
  • 9月生まれの方は潜在意識の活性化を促す効果が期待できそう
  • 7月生まれの方はご縁によるチャンスが得られる吉方位

北西

六白金星が巡る 8月の北西の祐気エネルギー

  • 金運上昇(融資や事業運営などの資金)
  • 援助運に恵まれる(スポンサーや権威者)
  • 権力者から認められる
  • 2月・11月生まれの方はご縁によるチャンスが得られる吉方位
  • 本命星が北西に入ると暗剣殺が付くので、北西の祐気をしっかり取り入れて守りを固めておきたい吉方位

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)8月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

スポンサーリンク

 

2019年 運勢関連記事

七赤金星 2019年8月の運勢 ~全体運~

残暑厳しい8月ですが、暦の上では「立秋」。

秋の始まり月となります。

2019年の運勢が本格的に始まる2月(立春)から半年が経ち、早くも2019年の下半期に突入です。

先月(7月)思いがけない出来事や改めて考えなければならないような事が明らかになったり…

様々な事柄に戸惑いを感じることもあったと思います。

忙しい日々を過ごす中で、「ちょっとゆっくりしたい…」「解放されたい…」といった、気持ちになりやすい傾向が現れるでしょう。

夏休みを利用して、思いっきりレジャーを楽しむことで、ストレス解消が出来そうです。

今月(8月)は、飲食が運気アップのきっかけになる運気に恵まれています。

シチュエーションとしては、水辺のバーベキューパーティーは最高です!!

人との関わりが楽しく盛り上がるのですが、その関りがディープになる可能性があります。

親密さが増すことで、よりお互いの事が理解しあえる反面、悩み事や相談を受けることもあるでしょう。

また、SNSなどで様々なコメントなどを閲覧していると、悩み事を抱えているコメントが目についたりするでしょう。

今月(8月)の七赤金星には、悩みを抱えている人が集まるかもしれません。

しかし、その雰囲気に乗って自分も一緒に不平不満を口にすると運気を損ねてしまうので、逆に楽しい話題に引き込んでしまいましょう!

今月(8月)の七赤金星は、「口(くち)」を活用する運気に恵まれています。

なので、食事・会話など楽しく盛り上げる話力を持っています。

そもそも人を楽しませるムードメーカーな七赤金星ですから、楽しい雰囲気に惹かれて人があるまります。

楽しい夏の思い出となるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 8月の仕事運

九星気学 仕事運

仕事に対するモチベーションが上がり辛い月になるかもしれませんが…

決して運が悪いわけではなく、気持ちがリラックスモードになっているだけです。

『あれ?夏休みせい?で、怠け癖がついた?』と、感じたり…

何となく集中力が途切れてしまう…

などを感じるかもしれません。

今月(8月)は、自分を追い追い込むことはせず、何事も丁寧に取り組むことを心掛けると良いでしょう。

人間関係は良好ですから、しっかりとコミュニケーションをとって親睦を深めると救いの手を差し伸べてもらえるかもしれません。

クリエイティブな仕事をされている方は、趣味や学びを探求することで新たな発想に繋がるかもしれません。

好きなことに集中する事がきっかけになって、仕事に良い刺激を与えてくれます。

営業職の方は、きめ細やかな情報収集が交渉力アップに繋がります。

クライアントや得意先の状況を深く知ることがポイントになりそうです。

 

 

七赤金星 8月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

今月(8月)の七赤金星は、自らがモチベーションを上げることで人間関係に深みが増す月運に恵まれています。

意中の方がいらっしゃる方は、仲良くなるチャンスに恵まれる月運です。

告白するなら「8月」はチャンスです!

若干、力強さに欠けてしまうかもしれませんが、それはマイナスポイントにはなりませんから、落ち着いてお話が出来るシーンをしっかりつくって、告白すると良いでしょう。

お食事しながら、少しお酒の力借りると良いでしょう。

新たな出会いを求めている方は、同じ趣味や共通の話題が出来るようなコミュニティに参加すると良いでしょう。

本来,人懐っこく、お話好きな七赤金星ですから、話が盛り上がると、そのグループ内で素敵な人が見つかるでしょう。

今月(8月)は飲み会や飲食を通じて楽しく事で運気がアップします。

現在お付き合いされているカップルで、結婚を考えている方はプロポーズに相応しい絶好の月運に恵まれています。

人間関係を深める、より親密になるチャンスに恵まれていますから、恋人から家族へコマを進めるタイミングとしては最高です!!

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 8月の金運

九星占い 金運

今月(8月)は、趣味やレジャー、それに伴う交際費などの出費が発生しやすい運気です。

お金を使うことで得られる「心の豊さ」は大事です。

お金を切り詰めて、貯金することばかり考えていると「お金に支配」されます。

お金は使うもので「支配される」ものではありませんから、価値ある使い方を行えば良いのです。

ただ、8月の月運においては、気を緩めると「湯水のごとくお金が流れる」可能性があるので気を付けましょう。

しかし、上手にやり繰りを行えば、ちゃっかりヘソクリが出来る可能性もあります。

ポイントは、しっかり探索する!

欲しいものは、しっかりネットやメルカリなどを利用して掘り出し物を見つけ出しましょう。

年間通じて交渉事に恵まれている運気ですから、この年運を大いに活かしましょう。

その方法の一例としては、情報収集やこれまでに貯まったポイントを利用すると良いでしょう。

今月(8月)は、物事が終わる・止まると言った運気も漂っています。

終わりは始まりですから、趣味を活かして副業を始めてみるのも良いでしょう。

初期投資のいらない副業がおススメです。

何事もやり始めは思うように進まないのが普通ですから、好きなことで始めることをお勧めします。

お金についての学びを始めるのも良いでしょう

 

 

七赤金星 8月の健康運

九星占い 健康運

8月は残暑厳しい季節ですから、夏バテに注意です。

著しく体調を壊すような運気ではありませんが、極力体の冷やし過ぎは避けましょう。

冷たいモノの食べ過ぎや冷たい飲み物は、内臓を冷やし消化吸収を低下させるので、暖かいものを食べる方が良いでしょう。

ただ、この暑い夏の最中に…さすがに熱々の鍋焼きうどんなんて無理!ですよね。

なので、体を温める根菜類、ショウガがおススメです。

冷たいガリでも体の中からぽかぽかしますよ!

冷房は単純に室温を下げるのではなく、湿度を下げることで体感温度が下がります。

今月(8月)は、人と関わり楽しむことで運気がアップする、楽しい月運に恵まれていますから、常にベストコンディションで過ごせるように体調管理を行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

2019年 七赤金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

七赤金星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢と月の運勢運気の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 七赤金星のバイオリズムグラフ

揺るぎない決意と自信でポジティブに歩む年の運気の流れと上手に活用しよう!

七赤金星 2019 運勢バイオリズムグラフ2019年を上半期と下半期に分けて月運のエネルギーの活用法を こちら で記事で紹介しています。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星の吉方位

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

七赤金星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ