七赤金星 2020年9月の運勢 バランス感覚と堅実さ上昇運を活かす

七赤金星 9月 運勢と吉方位
2020年9月7日~10月7日まで七赤金星 9月本命星: 南西(坤宮回座)

9月の吉方位:北西

年盤・月盤共通の吉方位:北西
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2020年の吉方位:南東・北西・北東
2020年 七赤金星 年盤

 

 

七赤金星 2020年9月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

北西

二黒土星が巡る 9月の北西の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 起業活動の発展が期待できる
  • 使命感が湧き、自立力が高まる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    七赤金星 2020年9月の運勢 ~全体運~

    七赤金星 9月「月盤と年盤の関係」
    坤宮回座により四緑同会中宮にて一白被同会(上記の年盤と月盤参照)

    9月の月盤では、七赤金星は未申方位(南西)の「坤」と書かれている「坤宮(こんきゅう)」という宮に入ります。

    9月 吉神 月盤

    坤宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「これから上昇の兆し」の月運となります。

    「坎宮」で水面下で計画したこと(思考)を実行に移し、堅実的に構築する運気とされています。

    開運ワードは「努力と忍耐で育む」

     

    地道な努力の継続が発展へ向かう

    今年は梅雨開けが遅く、梅雨が明けた途端に猛暑が始まり、肉体的にかなり辛かったと思います。

    七赤金星は、低調な月(8月)だったので体力的ダメージが精神的気力にも影響を受けたかもしれません。

    しかし、9月7日(白露)以降からは運気が上昇し、月運における高運期が始まります。

    そもそも、年運では最もエネルギーが強い年ですので、上昇運気の始まりと共に一気に駆け上がりたい気持ちになるかもしれませんが…

    足元を固めながら堅実的に歩むことが高運期の始まりにおいて最も大切な行動です。

    今月(9月)の月盤では、七赤金星は南西の「坤宮(こんきゅう)」という宮に一ヵ月間(9/7~10/7まで)滞在します。

    そして、年盤の坤宮には四緑木星が一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在しています。

    従って、今月(9月)は「堅実・育成」を象徴する坤宮に「信用・整う・遠方・通信」を担う四緑の上に本命星(七赤)が乗る状態となります。(四緑同会)

    何事も勤勉に取り組む姿勢が信用を築き、その築いた信用がさらに周囲に人々によって伝わるります。

    ただ、問い合わせや仕事の依頼などは、大小様々で中には手の掛かるモノや相談だけで終わるモノあるかもしれません。

    「信用」の気を活用して、ご縁を育てたい時期でもありますから、可能な限り対応する姿勢は維持するようにしましょう。

    同会する星の象意とエネルギーを上手に活用!

    今月(9月)の月盤は、北東に四緑が入り天道が巡っています。

    お天道様からの導きは四緑的な吉象意を活用することがポイントとなります。

    また、七赤金星は四緑と同会する月ですから、能動的に四緑の吉象意を活用させるチャンスに恵まれています。

    10月さらに11月も月運は上昇し、発展と成長を遂げますから、この機に今後の発展に向けて環境を整える取り組みを行うと良いでしょう。

    先ずは、規則正し食生活と生活リズムを整えるなら今すぐからでも始めましょう。

    また、長期的なビジョンなら普遍的な発想を取り入れつつ、足元を固めながら取り組みましょう。

    10月はアイデアがカタチになり、11月には具体的な結果に繋げるチャンスが巡るので、9月の努力こそが今後のチャンスを大きく育てる「土台」となります。

    60日分の日盤吉方のパワーを受けに行こう!

    9月の北西には七赤金星にとって吉星となる二黒土星が巡ります。(年盤・月盤共に吉方)

    月盤と日盤が同じ星の配置となる日(一白中宮)を利用して、祐気取りや開運吉方旅行に出かけると良いでしょう。(9/20もしくは9/29

    9月20日と29日は、月盤と日盤の気によって北西の二黒の気が高まり陰陽転化が起こり、六白に化けます

    北西は六白の定位置ですので、後天定位の六白の気と陰陽転化した六白の気によって、さらに陰陽転化が起こって二黒に化けます

    ちょっと、難しい話になりましたが、早い話が「二黒と六白によるエネルギーのループ」が起こり「日盤輪重吉方」となります。

    ただし、北西の方位で9月20日と29日の二日のみです。

    本命星(七赤)が北西に入るタイミング(年・月・日)には、必ず「暗剣殺」が付くので、七赤金星の方は是非とも取り入れたい祐気エネルギーなのでお勧めです!

    注意! 8月生まれの方は月命星が二黒土星なので月命殺方位となり、10月生まれの方は月命星が九紫火星なので月命的殺方位となるので用いることが出来ません。

     

    七赤金星 9月の日運グラフ

    9月7日から22日まで
    七赤金星 9月の日運グラフ

    9月22日から10月7日まで
    七赤金星 9月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 9月の仕事運

    仕事運

    発展の足がかりを構築する機運に恵まれる月です。

    真面目にコツコツ仕事に取り組む姿勢が誠実な人柄をかもしだし、信用へ繋がるチャンスのきっかけとなります。

    なので、自分のヤルベキ仕事を人に押し付けたり、都合よく避けるような「ズルさ」が現れると逆に悪評が風に乗って広がる可能性があります。

    ただ、人が見ている場や目立つところで「やってる感」や「頑張ってる感」だけを表現した「見せかけ」のような勤務態度も通用しません。

    今月(9月)は、一白水星が中宮に入り、七赤金星に被る状態となります。(一白被同会)

    この中宮は主な社会情勢を象徴する宮で、年間通して七赤金星は中心的存在となるので、「秘密」を担う一白が被る9月は表裏のある行動をとると周囲から疑われる可能性を高めるので、常に「誠実さ」心掛けて下さい。

    クライアントや職場など周囲の意見や要望などの情報の中に成長に繋がるヒントがあります。

    その要望に応えることで信用が育まれ、信頼へと発展します。

     

    七赤金星 9月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    「ドラマチックで情熱的な恋愛」と、いった華やかさには欠けるかもしれませんが…

    「誠実な愛情」を育む月運となります。

    なので、これまで友人だった人が恋人になったり、仕事仲間のひとりとして関わっていた人が恋人になったり…

    身近なところで恋愛に発展するチャンスに恵まれるでしょう。

    紹介運にも恵まれているので、身近な人からの紹介からご縁が得られるかもしれません。

    今月(9月)の七赤金星は、堅実的な思考性が高まる月ですから、婚活中の方にとっては良い運気です。

    現在交際中で結婚を考えている方は、パートナーの家族に会ってご挨拶されると良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 9月の金運

    金運

    今月(9月)の七赤金星は「堅実性」が高まる運気に恵まれているの、で堅実な金銭感覚を活用しながら収支管を行うことが出来るでしょう。

    ただ、9月から運気が上昇し始め、人間関係においても活動的になるので、交際費などの出費が増える傾向があります。

    なので、収支のバランスが重要になります。

    今月(9月)は「風」を象徴する四緑木星と同会する月ですから、風(評判)に乗って人が集まったり、散らばる場合もあります。

    身体的には離れているがオンライン上で情報のやり取りを行い、人と繋がる時代です。

    その辺りも踏まえて、物事や状況を整える事を考えて投資すると良いでしょう。

     

     

    2020年 七赤金星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

    金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 9月の健康運

    健康運

    今年(2020年)の七赤金星は年間通してエネルギッシュなのですが…

    疲れが取れ辛かったり、後からドッと疲れが現れたりしやすい一年です。

    そのような疲れを感じる方は、バランスを崩しているかもしれません。

    • 食事の栄養バランスなのか?
    • 体の姿勢なのか?
    • 生活のリズムなのか?

    人それぞれになるので、個々でこれまでの生活パターンを振り返り、その記憶をもとにしてバランスを調えるような取り組みを行うと良いでしょう。

    健康面で一切問題がない良好な方は、腸内環境を整えることで更に健康運アップに繋がりす。

     

    スポンサーリンク

    九星気学 9月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 関連のコンテンツ紹介

    2020年 七赤金星の運勢

    七赤金星 2020年 運勢

    七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    2020年 七赤金星の月運

     

    九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    七赤金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      酉年 午年 卯年 子年
      1957年(昭和32)
      2月4日 10:55~
      1958年(昭和33)
      2月3日まで
      丁酉年
      1966年(昭和41)
      2月4日 15:38~
      1967年(昭和42)
      2月3日まで
      丙午年
      1975年(昭和50)
      2月4日 19:59~
      1976年(昭和51)
      2月4日まで
      乙卯年
      1984年(昭和59)
      2月5日 0:19~
      1985年(昭和60)
      2月3日まで
      甲子年
      1993年(平成5)
      2月4日 4:37~
      1994年(平成6)
      2月3日まで
      癸酉年
      2002年(平成14)
      2月4日 9:24~
      2003年(平成15)
      2月3日まで
      壬午年
      2011年(平成23)
      2月4日 13:33~
      2012年(平成24)
      2月3日まで
      辛卯年
      2020年
      2月4日 18:04~
      2021年
      2月3日まで
      庚子年

       

      関連記事(一部広告含む)

      コメントは受け付けていません。

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ