三碧木星 2019年9月の運勢 誠実さが開運行動

三碧木星 9月 運勢吉方位
9月8日
10月7日まで
調整力を高める月

三碧木星8月 震宮 開運福来るinfo

年盤の吉方:北西・西
月盤の吉方:南東
年盤・月盤共に吉方:なし

2019年 三碧木星の年盤 離宮回座

三碧木星 9月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

月盤のみの吉方位ですので、いずれも移動距離は近距離です。

北に入る九紫火星のエネルギーは弱いので、あえて祐気取りを行う程でもない。

お出かけ方位としては問題ありません。

南西

一白水星が巡る 9月の南西の祐気エネルギー

  • 新たな人間関係が発展するチャンスにに恵まれる
  • 勤勉力向上で持久力アップ

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

三碧木星 生まれ月別(月命星)9月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

2019年 運勢関連記事

 

三碧木星 2019年9月の運勢 ~全体運~

今年(2019年)の中で最も高運期となる月運が先月(8月)からは始まり、今月(9月)も同様に強い運気に恵まれます。

9月の運気は、二十四節気の「白露」に入る、8日(午前7時17分)から始まります。

8月は発展と成長に向けて前進するような月運でしたが。

今月(9月)は、これまでの取り組みを具体的に結果へ向ける月運に恵まれます。

10月の結実運に向けて取り組みましょう!

 

信用を更なる信頼に向かうチャンス月

周囲の人々は、何事にも自信を持って行動している三碧木星の姿を見て「この人なら安心できる」「任しても大丈夫」と安心感が信頼へ繋がります。

なので、やり始めた事や引き受けた事は必ず、責任もって完成させることを心掛けましょう。

ただし、何事にも少し落ち着いて取り組む姿勢が必要になります。

今年(2019年)の三碧木星は年間通じて、向上心が強く、何事にも意識レベルが高く状態です。

それは、とても素晴らしい事なのですが。

向上心(理想)と等身大のレベルと乖離していると判断を誤るかもしれません。

見栄を張ったり、実力以上の結果を出すような約束をして、その成果を出すことが出来ないと返って信用を失うことになります。

なので、大切なのは、「前向きな気持ち」であって「強引さ」ではありません。

三碧木星は硬い殻をブチ破る「突破力」に優れた能力も持っているので、その長所を活かしたいと思われるでしょう。

ただ、この時期は、成果に繋げるための充実を図る月ですから、焦らず「信用第一」で堅実的に歩みましょう!

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 9月の仕事運

九星気学 仕事運

今月(9月)の月運におけるエネルギーは強く、何事もスムーズに進めたい気持ちが高まるのですが。

仕事の段取りにおいて、準備不足が発生するかもしれません。

しかし、そこを押し切って進めようとするとトラブルの元になります。

また、準備不足は自分の過失ではなく、相手(得意先や環境)の不備で、不可抗力的なことなのかも…

今月(9月)の月盤では、南東にある「巽宮(そんきゅう)」に入ります。

そして、三碧木星の対面(北西)には五黄土星がいます。

従って、三碧木星には暗剣殺がつきます。

なので、受動的に何らかの弊害を受ける可能性があるのですが、強引に推し進めなければ大丈夫です。

今月(9月)は、丁寧にコミュニケーションを取ることで有益な情報をキャッチするチャンスに恵まれています。

情報交換はマメで丁寧な内容で発信して、クライアントとの意思疎通としっかり築きましょう。

実質的な成果は必ずついてきますから、まず「信頼の獲得」を心掛けて業務に取り組むとラッキーな成果に恵まれます。

 

 

三碧木星 9月の恋愛運

今月(9月)の月運は、恋活よりも婚活の方が有効といえる運気です。

恋愛を楽しむことに不向きな運気ではありません。

もちろん、恋愛チャンスに恵まれる運気です。

ただ、場当たり的な恋愛は、遊び的な要素が強く現れ、結果的には「楽しかったね」だけで終わる事になります。

この月の運気は「物事を調える」ことに恵まれる運気ですから、調整に調整を重ねることで良い結果へ繋がる月運です。

なので、この時期に出会う方とは真剣に相手と向き合う「誠実さ」がポイントとなります。

出会いのチャンスを求めて活動するにあたっては、見た目を調える事は大事です。

真剣に挑んでいる「誠意」の証でもありますから、必要な事なのですが。

自分を偽らないことが大事です。

それは、見た目だけでなく、内面(心)も同じです。

出会いを良いご縁に向かわせる為にも、コミュニケーションをしっかり取ることが大事です。

ありのままの自分(本音)を見せて、お相手に安心感を与えた上で情報交換ができる、そんなお相手を見つけましょう。

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 9月の金運

今月(9月)は、交際費による出費が増えるかもしれません。

出費を気にして、交際をセーブするよりも、活動の方法や交際範囲を見極める事にエネルギーを注いてみると良いでしょう。

飲み会や交流会などの出会いがビジネスチャンスに繋がる場合もあるかもしれませんが…

場当たり的な交流会ならあまり意味がないかもしれません。

今年(2019年)の三碧木星は、必要な人や物だけが残り、自分にとって不要になるモノを手放す必要が現れる一年です。

そのような年運の最中に迎える9月は、あらゆる情報に振り回されない「バランスの取れた意志」が大事になるでしょう。

見栄を張ったり、流動的な金銭感覚だと財(お金)が無駄に漏れてしまいます。

2020年は更なるステージアップを目指して基礎を固める年運となります。

半年後には、その運気が始まりますから、自分の中にある金銭感覚を調えるような取り組みを行うと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 9月の健康運

9月に入り、まだまだ暑い日もありますが。

確実に季節は秋へと向かいます。

日中は、暑くても朝晩は涼しくなり、一日の寒暖の差が激しくなります。

運気としては好調な運気に恵まれているので、気力・体力共に自信があるでしょう。

ただ、あまり過信していると、夏の疲れが出でて、風邪をひいてしまうかもしれません。

著しく体調を壊すような運気ではありませんが、感染症に注意です。

今月(9月)の三碧木星の方は、「風・香り」がラッキーアイテムとなります。

風を通すところ(窓・換気扇)、風を起こす(扇風機・エアコン)はキレイに掃除して室内の空気環境を調えましょう。

また、アロマやお香を楽しむことで、気分がリフレッシュして健康運アップにも貢献してくれるので活用してみると良いでしょう。

 

 

2019年三碧木星の運勢と繁栄に向ける!開運法

三碧木星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 三碧木星バイオリズムグラフ

2019三碧木星バイオリズムグラフ

三碧木星のバイオリズムを活用して「頭脳明晰ひらめきも冴える年」を集大成に相応しい年にする!

詳細は、「2019年 三碧木星の月運バイオリズムグラフ」の記事こちらをご覧ください。

九星気学 三碧木星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!福来る 運勢カレンダー

 

三碧木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

丑年 戌年 未年 辰年
1961年(昭和36)
2月4日 10:23~
1962年(昭和37)
2月3日
辛丑年
1970年(昭和45)
2月4日 14:46~
1971年(昭和46)
2月3日
庚戌年
1979年(昭和54)
2月4日 19:13~
1980年(昭和55)
2月4日
己未年
1988年(昭和63)
2月4日 23:43~
1989年(昭和64)
2月3日
戊辰年
1997年(平成9)
2月4日 4:03~
1998年(平成10)
2月3日
丁丑年
2006年(平成18)
2月4日 8:27~
2007年(平成19)
2月3日
丙戌年
2015年(平成27)
2月4日 12:59~
2016年(平成28)
2月3日
乙未年
2024年2月4日
17:27~
2025年2月2日
甲辰年

三碧木星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

三碧木星 2020年 日盤 吉方位カレンダー

三碧木星 2021年 日盤 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ