一白水星 2020年7月の運勢 自己成長のチャンス

一白水星 7月 運勢と吉方位
2020年7月7日~8月6日まで一白水星 7月 運勢と吉方位本命星: 東(震宮回座)暗剣殺天道
7月の吉方位:北西・南

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北・南東
2020年 一白水星 年盤

 

 

一白水星 2020年7月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

夏の土用期間:7月19日から8月6日

土用殺方位:南西(夏の土用期間のみの凶方位)

 

北西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北西は殺気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

四緑木星が巡る 7月の北西の祐気エネルギー

  • 信用運アップ
  • 物事を調え、成果(完成)へ導くチャンスに恵まれる

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南は歳破殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

七赤金星が巡る 7月の南の祐気エネルギー

  • 恋愛・人気運アップ
  • 人々を悦ばすアイディアが浮かぶ

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

7月の吉方 生まれ月別(月命星)
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事にジャンプします。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

一白水星 2020年7月の運勢 ~全体運~

一白水星 7月「月盤と年盤の関係」
震宮回座により五黄同会。艮宮にて六白被同会(上記の年盤と月盤参照)

7月の月盤では、一白水星は「震」と書かれている「震宮(しんきゅう)」という宮に入ります。

7月 吉神 月盤

月盤において、東の「震宮」に本命星が入る月は、月運のエネルギーは「上昇高運」となります。

何事にも「積極的に行動する」その行動量に比例して成長が促されます。

しかし、何事も思いつきで物事を始めるのではなく、計画・準備はしっかり踏まえた上で「新規事を始める」相応しいタイミングです。

開運ワードは「積極的的行動」

 

自らが自発的に「奮起する」

今月(7月)の一白水星は、活動量に応じて結果に恵まれる月運です。

これまでにしっかり計画を練り、そして具体的に行動に移した結果が見え始める兆しが現れます。

何事も見通しが見え始めると「遣り甲斐」や「ワクワク感」が芽生えます。

なので、現在、取り組んている事柄を「前へ前へ」と進めるエネルギーも沸き上がります。

とは言え、月運だけに頼る依存気質ではチャンスを逃します。

「発展へ導く気力」は、自らが自発的に「奮起する」ことが重要なポイントです。

日々の行動においては、「早めの行動」が運気をさらに前進させますから、「早寝早起き」は最もお勧めの開運ルーティーンです。

何事においても、スピード重視で処理を進める「早めの行動」ではなく、物事の用意に手抜かりなく準備を調えた上で「早めに行動開始」が出来る状態がベスト!

問題解決で自己の能力が飛躍的に成長

今月(7月)の一白水星は、「勇気と発奮」を促す「震宮(しんきゅう)」に本命星(一白)が入ります。

年盤では、東の「震宮」には「破壊と再生」を象徴する五黄土星が一年間滞在するので、五黄と同会する月運であります。

なので、今月(7月)に発生する案件や依頼は、面倒な内容だったり、破壊的な状態を立て直すための後始末だったりするでしょう。

一見、『貧乏くじをひいてしまった』ような気分になるかもしれませんが…

それは、決して「貧乏くじ」ではなく「チャンスの芽」となり得ます。

しかし、一白水星に課せられた問題は、現状の能力より少しレベルアップさせて取り組む必要が発生するでしょう。

その少しのレベルが、結果的には自己成長を促し、能力開花へ導きます

今年(2020年)の一白水星は、「変化と改革の一年」ですので、既存のやり方では通用しないかもしれません。

その為には、自分自身の意識改革も必要になるでしょう。

ベースとなる年運の「変化運」は「臨機応変な対応」と「創意工夫」で乗り越える運なので、保身や自己擁護を目的に「変化」を利用することはお勧めしません。

今年(2020年)は、変化による「不安」が発生しやすい一年ですが。

今月(7月)の「勇気と発奮」の月運を大いに活用して才能開花による「変化」へ導かせるチャンス月です。

諦めない!地道な正攻法がポイント!

5月生まれの方(立夏から芒種前日)は、周囲の環境や人々とのご縁を合わらす出生時の同会星(六白)が本命星(一白)に被る月(六白被同会)となります。

なので、外的要因で発生する問題解決は一筋縄ではいかないかもしれませんが。(六白月破)

焦らず・慌てず「スピード感」よりも「内容を重視して」建設的に取り組むことで飛躍的な自己成長を遂げるでしょう。

過去に得た知識(エビデンス)や専門的な知識、さらに新たな情報などを駆使することで知恵がひらめく月運に恵まれているので大いに活用しましょう!

一白水星の月命星と同会星

生まれ月 月命星 同会星
2月・11月 八白土星 三碧木星
3月・12月 七赤金星 四緑木星
4月・1月 六白金星 五黄土星
5月 五黄土星 六白金星
6月 四緑木星 七赤金星
7月 三碧木星 八白土星
8月 二黒土星 九紫火星
9月 一白水星 二黒土星
10月 九紫火星 二黒土星

 

一白水星 7月の日運グラフ

7月7日から21日まで
一白水星 7月 日運グラフ

7月22日から8月6日まで
一白水星 7月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

一白水星 7月の仕事運

仕事運

これまでに地道に努力を重ねてこられた方は、成果に繋がる兆しを手に入れることが出来る月運に恵まれています。

今月(7月)は、自身の積極性を発動させれことで仕事運アップに繋がります。

ただ、用意周到に準備したものでも再チェックすることをお勧めします。

今月(7月)の一白水星は、進展性が促される月運です。

その影響で「スピード重視」になると、アクシデントを促すかもしれません。

常に丁寧な正攻法を心掛けて下さい。

今月(7月)の一白水星は、早めの行動が運気をさらに押し上げますから、早めの出社で早く仕事に取り掛かり、残業はせずに早めに帰宅しましょう。

夜遅くまで行う残業は非効率となる月運です。

今月(7月)は、発言や情報発信は慎重に行うことを心がけて下さい。

根拠ない情報発信や噂話はトラブルの元になり得るかもしれません。

 

一白水星 7月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(7月)は、日が昇る東に天道が巡る「震宮」に本命星(一白)は入る月です。

強い陽の光は一白水星を照らすので「輝く一白水星」となるのですが…

その反面、全てのことが明らかになる象意を強く受けます

新たな出会いを求めているフリーの方にとっては、積極的に行動する事で出会いのチャンスが飛躍的に増えます。

これまでの方針(方法)を変えて恋活するのも良いでしょう。

ただ、沢山の出会いに恵まれますが、全ての人々が「良縁」とは限りません。

過度に猜疑心を発動させる必要はありませんが。

この時期の一白水星は、非常にノリが良いので行き過ぎると、場当たり的な判断を下すかもしれません。

なので、疑うのではなく「正しく精査する(人を見る)」ことを心掛けて下さいね。

今月(7月)の一白水星は、何事にも反応に敏感になる傾向があります。

それは「言動」においては顕著に表れ、親しい間柄ではストレートに言葉を投げてしまうかもしれません。

それがきっかけとなって口喧嘩にならないように気を付けて下さいね。

人目を忍んだ密かな恋愛は表面化する可能性が高まる月運です。

 

 

スポンサーリンク

一白水星 7月の金運

金運

先月(6月)から8月にかけて、月運における成長期ですから、自分に投資を施す期間です。

なので、金運においては収穫の時期ではないのですが。

今後の収穫となり得るチャンスを見つける大事な月なのです。

なので、得た収入を「負債」にしない取り組みに意識が向けば、良いアイデアが浮かぶはずです。

しかし、今月(7月)の一白水星は、好奇心が高まる月運ですので「ワクワク感」が「物欲」に連動すると「手軽に物欲で快楽を満たす」そのような可能性が高まります。

ベクトル(意識)の向ける方向がスゴク大事

「物を購入することで快楽(欲求)を満たす」このような行動を繰り返すと、ラットレースから抜け出すことが出来ません。

また「お金=富の象徴」ではなく、お金は「富を築くツール」として捉える感覚を見出すことで、新たな気づきが促され金運アップに繋がります。

そもそも、お金は「借金」から生まれるシステム(信用創造)になっているので、搾取される側(奪われる側)にならないように「守り」を固めることも金運アップに繋がります。

新たな学びに恵まれる月運を大いに活用しましょう!

そして、マネーリテラシー強化して金運アップに繋げましょう。

 

スポンサーリンク

2020年 一白水星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 一白水星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

一白水星 7月の健康運

健康運

6月20日に夏至を迎えたばかり7月ですから、この時期の日の出時刻は地域によりますが4時半くらいです。

一般的には、かなり早朝ですが…

今月(7月)の一白水星は、ラッキーパワーアイテムは「朝日」です。

普段よりも早起きをして行動する事が運気アップと健康運アップに繋がります。

そして、夜は早めに眠りにつきましょう!

注意点としては、車の運転に注意です。

自動車のみならず、自転車やバイクなど「車輪」のついた乗り物を運転する際はベストコンディションの時に行いましょう。

今月(7月)は、健康面に関しては概ね良好ですが、若干むくみやだるさを感じるかもしれません。

ゴロゴロ横になるより、軽く血流が上がる程度の運動を行うと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

九星気学 7月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

2020年 一白水星の運勢

2020年一白水星の運勢一白水星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら一白水星 2020年の運勢」御覧下さい。

一白水星の月運

九星気学 一白水星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

2020年 一白水星 上半期と下半期のバイオリズムグラフ

一白水星 2020 グラフ変化と改革で豊かな人生へ導く!
2020年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

 

2020年 一白水星の相性 ご縁と人間関係

一白水星 相性 20202020年の一白水星は「リコネクティング(Reconnecting)」を活用しよう!
2020年 一白水星と各九星のご縁と相性期 を詳しく、こちらの記事で紹介しています。

 

一白水星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

一白水星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

一白水星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    卯年 子年 酉年 午年
    1963年(昭和38)
    2月4日 22:08~
    1964年(昭和39)
    2月4日まで
    癸卯年
    1972年(昭和47)
    2月5日 2:20~
    1973年(昭和48)
    2月3日まで
    壬子年
    1981年(昭和56)
    2月4日 6:56~
    1982年(昭和57)
    2月3日まで
    辛酉年
    1990年(平成2)
    2月4日 11:14~
    1991年(平成3)
    2月3日まで
    庚午年
    1999年(平成11)
    2月4日 15:57~
    2000年(平成12)
    2月3日まで
    己卯年
    2008年(平成20)
    2月4日 20:01~
    2009年(平成21)
    2月3日まで
    戊子年
    2017年(平成29)
    2月4日 0:35~
    2018年(平成30)
    2月3日まで
    丁酉年
    2026年2月4日
    5:02~
    2027年2月3日まで
    丙午年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ