七赤金星 2017年8月の運勢 内なる善を磨いて陰徳を積むチャンス

七赤金星 2017年8月の運勢
基盤固めの月
2017年8月7日
(立秋)~9月6日まで
【月盤】本命星:坎宮(北)(天道)
グレーは、凶方位

年盤の吉方は、北西
月盤の吉方は、南東
年盤・月盤共に吉方は、なし

上記の方位は月命星を考慮していません。
詳細は、吉方カレンダーをご覧ください。

2017年の年盤2017年の年盤

2017年の年運については、「2017年 七赤金星の運勢」をご覧ください。

毎日の運勢は、こちらの「七赤金星 運勢カレンダー」をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 2017年8月の運勢 ~全体運~

2017年 下半期の始まりとなる8月。

今月(8月)の七赤金星は、「坎宮(かんきゅう)」という宮に入ります。(上記の月盤参照)

この宮に入る時期の運勢は低調な時期になりますが、悪い運気ではありません。

内に秘めたダイヤの原石(良心)を磨く

今月(8月)は、何事においても、少々消極的になりやすく、モチベーションが下がり気味になる傾向が現れるでしょう。

また、「活動=結果」とはならず、行動のわりには結果が伴わない事を経験するかもしれません。
その様な「結果」を周囲や環境のせいにしないようにしましょう。

結果には原因が必ずありますから、その原因を探る事で新たなチャンスの元を手に入れる事が出来ます。

今月(8月)は、「天道」と言う吉神が巡る月運ですから、チャンスの元がどこかに隠れています。

凹んだり、腐ってしまうと「チャンスの元」を見つける事ができません。
また、自分を偽って、見栄をはったり、傲慢な態度を取ると人間関係の徳を減らしてしまいますから注意しましょう。

今月(8月)の七赤金星は、探究力に長け、落ち着いても物事を取り組む事に恵まれている月運です。

自分の内面を磨くには良い時期です。
内から醸し出す「心根の良さ」をしっかり磨くことで、良い結果に繋がります

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 8月の仕事運

九星占い 仕事運

今月(8月)は、気分的にモチベーションがアップし辛い運気ではありますが、内に秘める野心的な気持ちはしっかりあります。

運気としては人の前に出るような事に恵まれた運気ではありませんが、水面下での活動においてはしっかり構築できる運気に恵まれています。

今月(8月)は、基盤構築に良い運気です。
また、物事を根本的なあり方などをしっかり捉える探究力に恵まれています。
今の仕事に必要なスキルを身に着けるような事を始めてみるのも良いでしょう。

今年(2017年)の年運としては「良い種を撒く」一年ですから、この時期に構築した事や経験は活かされるでしょう。

 

 

七赤金星 8月の恋愛運

九星占い 恋愛運

今月(8月)の七赤金星は能動的に活動すほどのバイタリティーには欠けるかもしれませんが…。
しっとりとした雰囲気が良い感じで現れますから、恋愛チャンスに恵まれるでしょう。

ただし、ムードに流されないように気を付けるようにしましょう。

人間関係においては、親睦を深めるような事は吉!
仲良しのお友達や夫婦で過ごす時間をしっかり設けて、イージーな会話を楽しむと良いでしょう。

この時期は、気持ちが落ち着くような関わりが大切で気分転換にもなります。

 

 

七赤金星 8月の金運

九星占い 金運

今月(8月)は、金銭的に一時的な停滞を感じかもしれません。
ただ、その停滞も一時的なことですから重く受け止める必要はありません。

今年(2017年)の収支を確認しながら計画を立てたり、たまっている領収書などの整理を行いましょう。
意外に…不必要ところに無駄な出費をしている現状を見つける事が出来るかもしれません。

しっかり、数字で確認すると良いでしょう。

 

 

七赤金星 8月の健康運

九星占い 健康運

体調管理を第一に取り組むようにする事をおススメします。

今月(8月)の七赤金星の方は、運の勢いが低調であるのと同時に体力も低下している状態です。

夏の疲れも現れやすい時期ですから、しっかり休養をとるようにしましょう。
冷たい物の摂取は控えて、身体を冷やし過ぎないように注意すると良いでしょう。
夏は身体の熱を放熱するようになっている為、自分自身が感じる以上に身体は冷えています。

運気を上げるには、まず!身体健全であることが一番大切です!!

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 月の運勢

七赤金星 運勢


 

七赤金星 関連のコンテンツ紹介

2020年 七赤金星の運勢

七赤金星 2020年 運勢

七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

2020年 七赤金星の月運

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ