七赤金星 2018年11月の運勢 楽しい話題で運気アップ

七赤金星 2018年11月の運勢
2018年11月7日
(立冬)~12月6日まで
【月盤】本命星:兌宮(西)。
グレーは、凶方位

年盤の吉方は、北西・南西
月盤の吉方は、南西・北西・北東・北
年盤・月盤共に吉方は、北西・南西

上記の方位は月命星を考慮していません。
詳細は、吉方カレンダーをご覧ください。

2018年の年盤

2018年の年運については、「2018年 七赤金星の運勢」をご覧ください。

七赤金星 2018年11月の運勢 ~全体運~

今月(11月)の七赤金星は西にある「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。(上記月盤参照)

兌宮は、七赤金星にとって実家(宮)です。

居心地の良い環境に居ると本来持っている能力を十分生かせる状態になります。

五黄土星が中宮に入る時期は、七赤金星だけでなく九星全てが「自分の家(宮)」に収まる状態になります。

人との繋がりに悦び多い月

先月(10月)は、物事が思うように進み辛い月。

自分自身の心の中にあった息苦しさや腑に落ちない出来事、若しくはプレッシャーなど人それぞれに色々あったかもしれません。

しかし、11月に入ると運気は一転して、これまでのわだかまりが「スーッ」と、どこかに消えていくような気分になるでしょう。

今月(11月)は、人間関係や交遊関係が好調になるので、七赤金星が最も好む「楽しいの運気」に恵まれます。

交流会やパーティーなど、人と合う機会を積極的に増やすと良いでしょう。

この出会いがきっかけになって、交友だけでなくビジネスチャンスにも繋がるかもしれません。

来月(12月)は、意識の変化も起こりやすい月ですから、この時期(11月)に様々な情報や色んな人と語り合うことで非常に良い刺激を受けるかもしれません。

また、11月に知り合う人と今後繋がることがなかったとしても「一期一会」の中で「心が豊かになる」何かを得るかもしれません。

有意義な11月にする

人間関係に恵まれる運気を有意義に過ごすには、「奉仕的な意識」を持つと良いでしょう。

この「奉仕」は「自己犠牲」に至るような「奉仕」ではありません。

また、「ギブ&テイク」でもありません。

自分の心から溢れ出た分の「慈愛」を「奉仕」するだけでOKです。

良い運気に恵まれた月ですが、「言葉・表現」に注意です。

批判的な発言は絶対NGです。

今月(11月)は、発した言葉が素早く伝わりやすい運気に恵まれているのです。

ポジティブな内容なら良いのですが、そうではない場合は運気を損ねてしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

七赤金星 11月の仕事運

九星占い 仕事運

今月(11月)の七赤金星は、リラックスムードに偏り気味になりやすいようです。

公私のケジメをつけて、仕事と遊びの切り替えはしっかり行いましょう。

職場では同僚や仲間との関係が好調ですから、仕事の連携においても良いでしょう。

七赤金星の方は対人関係においては非常に良いバランス感覚を持っています。
鋭い感性と頭の回転にも優れていますから、コミュニケーション能力にも優れています。

この優れた能力を活かすチャンスに恵まれた月運ですが。

言葉の歯車が食い違うと負けず嫌いな一面が発動する可能性があります。

せっかく好調な運気を損なわない為にも「口論」避けるべきです。

ただ、仕事上発生したお客様からのクレームには細心の注意を払って対応しましょう。

七赤金星 11月の恋愛運

九星占い 恋愛運

新たな出会いを求めている方、婚活中の方にとってはチャンス到来!

今月(11月)は、出会いのチャンスに恵まれる月ですから、積極的に人と出会う機会を作りましょう。

趣味やサークルなどのコミュニティに参加するのも良いでしょう。

ある程度、自分の趣味や感覚にあったコンセプトで開催しているイベントに参加する方が良いでしょう。

ほのぼのとしたグループ交際の中から、素敵な人が見つかるかもしれません。

現在、交際中のカップルはお互いの家族にパートナーを紹介するチャンスです。

結婚を意識しているのなら、是非行動に移してみましょう。

スポンサーリンク

七赤金星 11月の金運

九星占い 金運

今月(11月)は、交際費による出費が多くなるかもしれません。

ただ、節約家タイプの人にとっては、少々出費が気になるかもしれません。
実は…七赤金星の方はお金儲けが上手で締まり屋が多い傾向があります。

しかし、「お金を使う=お金がなくなる」という意識から「次の収穫に備えて種を蒔く」。
「先行投資」として捉えると良いでしょう。

お金を貯めることも大切ですが、「蒔かぬ種は生えぬ」です。

ただし、「お金を支払う=価値」はしっかり見極める必要があります。
また、収支のバランスも大事です。

利己的で快楽的なお金の使い方や、知識不足、準備不足な状態では先行投資にはならないので注意しましょう。

 

七赤金星 11月の健康運

九星占い 健康運

今月(11月)は、お付き合いが多くなる為、飲み過ぎ、食べ過ぎに注意です。

さらに、12月になると忘年会などの飲み会シーズンに入ります。

カロリーオーバーから体重オーバーに発展するかもしれません。

そもそも、美味しい物に目がない七赤金星ですから、この時期は自制力が必要になります。

しかし、お付き合いでの飲食は心から楽しみたいですよね。
美味しそうなお料理を目の前にして、カロリー計算なんてしたくないですよね。

楽しい食事会は、しっかり楽しんで、その後日からはしっかりカロリーを抑えたヘルシーメニューに切り替えると良いでしょう。

今月(11月)は、何事においてもオンとオフの切り替えが大切になります。

 

スポンサーリンク

七赤金星 2019年の運勢

七赤金星 2019年の運勢 を仕事・転職・恋愛・健康・金運の各ジャンルを詳しく紹介しています。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

 

七赤金星 2018年 上半期と下半期の運気

2018年の流れを知る!
2018年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 月の運勢

七赤金星 運勢

 

七赤金星 2018年 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

七赤金星 2020年 日盤 吉方位カレンダー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ